横浜のおすすめ転職エージェント7つと転職活動のポイント!

横浜のおすすめ転職エージェント7つと転職活動のポイント!

神奈川エリアには、横浜市、川崎市、相模原市などの地域が存在します。事業所が存在する企業数も多く、大手企業や業績の安定した優良企業、横浜にに本社を置く企業、大中小様々な規模の企業求人や幅広い業界の求人があり、幅広く活躍の場を求めることができそうです!

横浜の転職エージェントを選ぶ際のポイント

横浜近辺でおすすめの転職エージェント

転職エージェントは数多く存在しています。企業にとって中途採用は、人員計画につながるため、信頼できる転職エージェントだけに求人募集が公開されます。

ですから、信頼できる転職エージェントを選ぶことはとても大切です。

では、数多くある転職エージェントの中から、どのように信頼できる転職エージェントを選ぶことができるでしょうか?転職エージェントを選ぶ際の4つのポイントをみてみましょう。

◯1、自分の世代、転職を希望する職種や業界求人案件をたくさん保有している転職エージェントを選ぶこと。

20代、30代、40代といった自分の世代の求人をたくさん持っている転職エージェントを選ぶことはとても大切です。また、自分が希望する職種や業界に特化しており、良質な求人案件を豊富に保有している転職エージェントを選ぶようにしましょう。

◯2、プライバシーマークを取得していて、個人情報保護に積極的に取り組んでいる転職エージェントを選ぶこと。

個人情報を徹底的に保護し、管理している転職エージェントを選ぶようにしましょう。その際に、プライバシーマークを取得しているかどうかを確認することができます。

◯3、キャリアコンサルタントの質が良い転職エージェントを選ぶこと。

転職の成功率は、キャリアコンサルタントにかかっているといっても過言ではありません。なぜなら、キャリアコンサルタントは求職者と応募先企業を結び付ける大事な役割があるからです。ですから、キャリアコンサルタントの質やサービスが良い転職エージェントを選ぶことはとても大切です。

◯4、希望の勤務地の周辺にある転職エージェントを選ぶこと。

横浜での転職を希望しているなら、横浜に事業拠点をもつ転職エージェントを選ぶことで転職を有利にすることができます。

転職エージェントの初回面談

転職希望者の方が転職エージェントを利用したい!と思ったら、まず転職エージェントに登録する必要があります。もちろん、転職サイトを利用して個人で転職活動を行うこともできますが、転職のプロのサポートを受けることで転職成功率をアップさせることができます。

特に20代の方は転職活動が初めてという方も多いことでしょう。転職エージェントを利用すれば、転職の不安を払拭することができ、転職をスムーズに行うことができます。

また、30代以降転職の場合、キャリアアップや新しい職種や業界への挑戦などを考えている方もいることでしょう。良い求人案件を探すために転職のプロである転職エージェントを利用することで効率よく転職活動を行えます。

このように転職を成功させるために、無料で利用できる転職エージェントを利用することができますが、登録後、必ず最初に1度は対面で面談をする必要があります。

その面談では、今の仕事の内容、転職先に求めることなど将来を見据えた大事な面接です。そのため、転職エージェントのオフィスが自分の生活拠点範囲内にある必要があります。

では、横浜を拠点としている方や、横浜周辺で転職したいと考えている方におすすめの横浜を拠点としている転職エージェントをいくつかご紹介しましょう。

横浜でおすすめの転職エージェント

横浜での転職を希望しているなら、横浜に事業拠点を持つ転職エージェントを選ぶことができます。しかし、地元横浜に特化した転職エージェントはとても少なく、大手転職エージェントと比較すると求人案件の差が出てしまうのが現状です。

なので、大手転職エージェントで横浜に支店を持つ大手転職エージェントを利用することで、希望する転職先を見つけることができます。

では、横浜に支店をもつおススメの大手転職エージェントをご紹介しましょう。

「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントです。東京はもちろんのこと、横浜でも公開されている求人案件の数は業界トップクラスです。

取引をしている企業数は、約13,000社という背景をもつので、圧倒的な求人数が可能となっています。取引をしている企業数が多いということは、求人数だけでなく、求人のレパートリーも業界トップクラスで多いということです。

ですから、他の転職エージェントでは紹介されないような求人も紹介される機会が多い、つまり、選択肢が多いということになります。

また、リクルートエージェントは組織規模がとても大きいので、20代~40代以上の幅広い年齢層に対応した職種や業界を紹介することができます。それには第二新卒をはじめとした案件から、営業、外資系、エンジニアなど専門分野の転職にも対応しています。

なので、転職活動を始める方にとって、業界やポジション、年齢に関わらず、登録必須の転職エージェント言えるでしょう。

リクルートエージェントの評判チェック!利用した口コミも!

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで転職や就職業界最大手のリクルートグループ・リクルートキャリアが運営しています。最大手のリクルートエージェントの特徴や実際利用した方の評判をチェックしよう!

https://career-step.fun/%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%82%EF%BC%81

「DODA」

DODAは、人材大手パーソルキャリアが運営する転職エージェントで、業界№2の規模を誇ります。

転職エージェントだけでなく、転職サイトのサービスも一緒に提供しています。そのため、豊富な求人案件を扱っており、その中には大手有名企業からベンチャー企業まで揃っているので、幅広い求人案件の中から自由に自分が希望する求人を探すことができます。

ですから、数多くの選択肢の中から選びたい方には、おススメの転職エージェントとなっています。

キャリアコンサルタントがつくエージェントサービスのほかに、スカウトサービス登録をすることで、企業側からオファーが直接メールで届き、メールにて面接を確約することもできます。エージェントサービスとスカウトサービスの2つを登録することで、効率よく転職活動を進めることができます。

「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントです。特に外資系・国内企業のグローバルポジションに特化しており、国内実績トップクラスとなっています。

大手転職エージェントの中でも、ハイキャリア求人案件を豊富に扱っており、その質や量、サービスは最高クラスの評価を獲得しています。ですから、ハイキャリア求人案件を探している方や、キャリアやスキルに自信がある方、キャリアアップしたい方は、必ず登録すべき転職エージェントと言えるでしょう。

また、海外9ヵ国に支店を構えているので、海外で働きたい方や英語などの語学力を使って転職したい方にもおススメの転職エージェントとなっています。

JACリクルートメントは、リクルートエージェントと同じ、横浜駅直通のスカイビルに支店を構えています。リクルートエージェントは16階ですが、JACリクルートメントは18階となっていますので、間違えないようにしましょう。

スカイビルは横浜駅周辺の一等地で、アクセスなどの立地条件がよい場所にあるので、利用しやすいのがとても魅力的です。

「パソナキャリア」

パソナキャリアは、人材派遣業界№2のパソナが運営している転職エージェントです。パソナという名前の方が知られているかもしれませんが、16,000以上の企業と取引実績をもつ転職エージェントとして高評価を得ています。

特に、キャリアコンサルタントの質やサポート体制が高評価の理由となっています。具体的には、担当のキャリアコンサルタントが転職希望者に対して無理やり転職をすすめるようなことはせず、だれに対してもサポートがとても丁寧なことです。

また、電話やメールのレスポンスがとても早いことや、自分たちの利益ではなく転職希望者のことを第一に考える社風が高評価を得ています。求人数は、業界大手のリクルートメントエージェントやDODAには劣りますが、20,000件以上の求人案件を扱っています。

ですから、転職が初めての方や、質の良いサービスを希望する方、転職に不安がある方などはパソナキャリがおすすめです。

「ワークポート」

ワークポートは、IT、WEB、ゲーム業界を強みとしている老舗のIT特化型の専門系転職エージェントでしたが、2014年7月から総合転職エージェントとして、株式会社ワークポート(WORKPORT, inc.)が運営しています。

総合転職エージェントとなるまでの10年以上、IT、ゲーム、インターネット業界のみを取り扱っていたため、元エンジニアの方がキャリアコンサルタントとして経験を活かし活躍しています。 専門性の高いサポートを提供しながらIT業界の求人を中心に、現在は2,000以上のクライアントを抱えている総合型の転職エージェントしてサービスを提供しています。IT、WEB、ゲーム業界の転職を希望している方はもちろんのこと、若年層の方など幅広い年齢層の方にも対応している転職エージェントです。

「MS-JAPAN」

MS-JAPANは、管理系職種に特化した転職エージェントです。特に弁護士、公認会計士、税理士、簿記一級など有資格者の方の利用がとても多いのが特徴となっています。

また、実務経験10年以上というベテランの方が約4割以上登録しています。つまり、ベテランを必要とする応募先企業が多く利用している転職エージェントです。管理職系への転職を希望している方は、登録必須の転職エージェントです。

「ハタラクティブ」

ハタラクティブは、特に第二新卒などの若年層に特化している転職エージェントです。そのため、利用者の約90パーセント以上が20代となっており、若年層に人気となっています。

未経験分野の職種や業界でも求人案件を紹介してもらえることができるので、20代なら登録すべき転職エージェントと言えるでしょう。

転職エージェントを活用すべき理由とは?

転職活動は個人で行ったほうが効率が良いのでは?と思われている方もいるかもしれません。

では、転職活動を行う上で、転職エージェントを活用したほうが良い理由とは何でしょうか?

転職エージェントは自分が気づいていないキャリアを発見してくれる。

転職エージェントを活用すべき理由のひとつに、担当のキャリアコンサルタントが自分の気づいていないキャリアや強みを発見してくれることを挙げることができます。

各転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントは、転職のプロとして、今まで数多くの転職希望者の転職をサポートしてきました。そんな転職のプロだからこそ、視点を変えてキャリアや強みを発見してくれます。

転職エージェントを利用することで、自分のキャリアの幅を広げることができるでしょう。

自分で行いにくい交渉を応募先企業にしてくれる。

転職を考えている方の中には年収アップを目的で行う方もいることでしょう。しかし、個人で年収を上げるように企業側に交渉を持ち掛けるのには勇気がいります。

転職エージェントを利用すれば、担当のキャリアコンサルタントが年収交渉を行ってくれます。なぜなら、転職エージェントは、転職希望者の年収に応じて報酬が異なってくるので、少しでも高い年収で転職して欲しいと思っているからです。なので、年収交渉も徹底的にサポートしてくれます。

応募書類の添削や面接対策をしてくれる。

転職をする際に一番苦労するのが、履歴書や職務経歴書などの応募書類の作成と、面接対策です。

人事の目に留まるような魅力的な履歴書や職務経歴書を作成するためには、企業側が求めている人材をよく知り、それに合わせて自分の強みをアピールしなければいけません。

応募先企業側にも通じている転職エージェントは、魅力的な書類を作成するためのアドバイザーとして添削を行い、徹底的サポートしてくれます。

また、応募先企業に合わせた面接対策も徹底的に行ってくれるので、面接を苦手とする方でも練習のおかげで、本番はリラックスして面接に臨むことができます。

転職エージェントを複数利用すべき理由とは?

転職エージェントを複数利用することは、転職活動をする上での基本です。なぜなら、複数の転職エージェントを利用することで、より効率的に転職活動を行うことができるからです。 では、転職エージェントを複数利用すべき理由について詳しくみてみましょう。

最適な転職エージェント・担当のキャリアコンサルタントを選ぶことができる。

複数の転職エージェントを利用することで、サービスの質を比較でき、自分にとって最適なエージェントを選ぶことができます。

しかし、もし1つの転職エージェントしか登録していないなら、他のエージェントと比較することができないので、優秀な担当者なのかどうか分からないまま転職活動を続けてしまうことになります。もし1つの転職エージェントしか知らないまま転職活動を行えば、転職を成功へと導くのは難しくなってしまうことでしょう。

目的や用途に応じて転職エージェントを使い分けることができる。

各転職エージェントには、それぞれ異なる特徴があります。それには求人の量、サービス内容、専門分野の求人に長けているなどがあります。

なので、複数のエージェントを利用することで、それぞれのエージェントが得意としているサービスを同時に受けることが可能です。つまり、1つのエージェントで受けることができないサービスを他のエージェントを利用することでカバーすることができるので、複数の転職エージェントを利用することは大切です。

各転職エージェントの非公開求人を知ることができる。

転職エージェントを複数利用ことで、それぞれのエージェントが独占している非公開求人を利用することができます。つまり、より多くの求人案件から自分にあった求人を探すことができます。

非公開求人は、応募が殺到することを控えたい企業や自社内でも求人があることを内密にしたい企業、競合他社に動きを察知されたくない企業などが、得意先の転職エージェントだけに依頼する求人案件です。そのため、複数の転職エージェントを利用しない限り、発見することはできません。

応募できる求人の幅が広がるので選択肢の幅も広がる。

複数のエージェントを利用することで、母体となる求人案件の量を増やせます。つまり、選択肢の幅を広げることができます。

利用を考えている方の中には、大手エージェント1つを利用すれば求人をカバーすることができるのでは?と思われている方もいるかもしれませんが、たとえ大手転職エージェントだとしても、カバーすることができる求人には限りがあります。なぜなら、大手転職エージェントはコンサルティング料金が高いので、比較的料金が安い中小企業のエージェントに求人の依頼をする企業もあるからです。

ですから、複数のエージェントを利用すれば、求人案件の幅・選択肢を広げることができます。

的確なアドバイスを受けることができる。

複数のエージェントを利用することで、さまざまなタイプの転職のプロであるキャリアコンサルタントから異なる観点から意見を聞くことができます。

複数のキャリアコンサルタントと面接することで得ることができる情報も異なり、新たな自分を発見することができるチャンスとなります。

転職エージェントの賢い使い方

転職エージェントを利用して転職を成功させためには、賢く利用する必要があります。転職成功のカギは、担当のキャリアコンサルタントにかかっていると言っても過言ではありません。

では、キャリアコンサルタントとどのような関係を築きながら、賢く利用することができるでしょうか?そのポイントをいくつかみてみましょう。

1、紹介された求人案件に目を通して、感想を率直に伝えること。

キャリアコンサルタントから紹介された求人案件は、可能ならすべて目を通すよう努力しましょう。そして、自分が感じた感想を率直に伝えることができるます。

また、気になる求人案件を見つけたなら、その背景や社風など多くの情報を収集しましょう。一方、自分の希望に合わない求人案件が多いと感じるような場合は、その旨を正直に伝えることも大切です。

2、報告や最新の状況などを素早く伝えること。

面接後だけに限らず、報告や最新の自分の状況などをスピーディーに伝えることで、キャリアコンサルタントとの間に信頼関係が生まれます。

ですから、頻繁に連絡をとるようにしましょう。

3、気になることは本音で伝えること。

担当のキャリアコンサルタントは、転職希望者の味方としてサポートしてくれます。なので、転職やキャリアに関することで気になることや悩みがあるなら、本音で伝えるなら、転職を成功へと導くことができます。

要望をしっかり伝えることで、キャリアコンサルタントはそれに応じることができるようサポートしてくれます。

4、返信は早めにすること。

キャリアコンサルタントからのメールの連絡や報告は、早めに対応することはとても大切です。

特に、面接の日程調整の連絡など、すぐに返答をしないなら、他の転職希望者の選考がドンドン進んでしまい、採用枠が埋まってしまうこともあります。企業側も、転職意識が強い人を採用したい傾向があるので、日程調整の反応が遅いと転職の意思がない人とみなされ転職を成功させることが難しくなってしまいます。

ですから、転職を成功させるために、キャリアコンサルタントからの連絡にはスムーズに対応しましょう。

5、とりあえず”良いところがあればすぐにでも転職したい”旨を伝えること。

キャリアコンサルタントには、売り上げの目標があり、そのノルマを達成する必要があります。ですから、転職意識が強い人を優先的にサポートする傾向があります。

最初の面談の際に必ず転職時期について質問される際には、良いところがあればすぐでも転職したい旨をしっかり伝え、転職意識が強いことをアピールするようにしましょう。

6、担当者との相性が合わなければ変更すること。

転職成功のカギは、担当のキャリアコンサルタントにかかっています。ですから、担当者との相性が悪いと感じたり、サービスの質が良くないと感じるなら、遠慮することなく担当者の変更を申し出るようにしましょう。

どうしても変更の申し出をすることが出来ない場合は、他の転職エージェントを利用することをおすすめします。

7、推薦文は必ず確認すること。

応募先企業に応募書類を提出する際、担当のキャリアコンサルタントが200文字から1,000文字程度で応募希望者を紹介する推薦文を作成します。

あまり優秀ではないキャリアコンサルタントの場合、推薦文の内容が経歴をただ書き写すだけのひどい内容のものもあります。なので、推薦文の中身を確認したいことを伝え、しっかり内容を確認するようにしましょう。

8、同じ求人案件に複数の転職エージェントから応募しないこと。

転職エージェントを利用する場合、たいてい複数のエージェントを利用していることでしょう。その際、同じ応募先企業に複数のエージェントから応募することは絶対にしてはいけません。

応募先企業側にはもちろんのこと、転職エージェント側にも大きな迷惑をかけることになり、場合によっては決まりかけていた転職も破談をなる可能性もあります。

9、経歴や資格など正直に申告すること。

当たり前のことですが、個人情報を登録する際には、嘘をつかずに正直に申告するようにしましょう。一度登録したものは、申し出がない限り、情報は残ります。そのため、数年前に登録した情報と、今回の情報が異なっているなら、虚偽の報告をしたとみなされマイナス評価となります。

ですから、経歴やスキル、資格など正直に正しい情報を登録することは大切です。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事