【歯科衛生士の仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格も解説!

【歯科衛生士の仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格も解説!

虫歯が痛くて歯医者に行くと、先生の他に歯科衛生士として働いておられる方の姿を見ることも多いと思います。キビキビと働いている姿を見たり、優しく説明してくれたりしていると歯科衛生士になりたいと憧れを抱く人もいるかもしれません。実際にどのような仕事内容なのか、どのように歯科衛生士として働くことができるのかという点を考えていきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

歯科衛生士とはどのような仕事をするのか?どのようになれるのか?

Young blond hair female dentist standing in his office and looking at camera.

虫歯が痛くて歯医者に行くと、先生の他に歯科衛生士として働いておられる方の姿を見ることも多いと思います。キビキビと働いている姿を見たり、優しく説明してくれたりしていると歯科衛生士になりたいと憧れを抱く人もいるかもしれません。

実際にどのような仕事内容なのか、どのように歯科衛生士として働くことができるのかという点を考えていきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

まずは、質問の多い「歯科助手」と「歯科衛生士」の違いについて見てみたいと思います。

歯科助手と歯科衛生士の違い

大きな違いとしては、歯科助手は特に資格が必要ないのですが、歯科衛生士は専門学校や短期大学などで一定の教育を受けて国家試験に合格しなければ歯科衛生士として仕事をすることはできません。

歯科助手は患者さんの口の中に手を入れてはいけないとされています。その為、歯科助手の主な仕事は診察アシスタント業務、受付業務、カルテ管理、掃除や洗濯といった治療行為以外の業務を担当しています。歯科助手は歯の型を取るための材料を作ったり、セメントを練ったりするところまではやりますが、患者さんの口の中に手を入れて型をとることはできません。

その反面、歯科衛生士は歯科医師の指示の下、患者さんの口の中に手を入れて状態改善する処置ができます。仕事内容は次で書いていきたいと思います。

このように、歯科助手と歯科衛生士との違いは、国家資格を持っているかどうか、患者さんの口の中に手を入れて作業することが許されているかどうかということです。

では、歯科衛生士の仕事内容を詳しくみていきましょう。

歯科衛生士の仕事内容

Female patient with dentist and assistant in a dental treatment, wearing masks and gloves

歯科衛生士とは実際にどのような仕事をするのでしょうか?

「歯科予防処置」

虫歯や歯周病を予防するために歯石や歯垢などの口の中の汚れの除去をしたり、虫歯予防の為のフッ素という薬を塗布する処置を歯科衛生士は行ないます。

歯に汚れが残ってしまうと歯垢となり、それをそのままにしておくと固くなり歯石となってしまいます。歯垢は患者さん自身が歯ブラシや歯間ブラシなどで取り除くことができますが、歯石になってしまうと自分ではできません。そのために、歯科衛生士が専用の器具を使って取り除き、フッ素を塗ります。

こうしたことを行なうことにより、口腔内が綺麗になり虫歯や歯周病を防ぐことができます。歯科衛生士は薬の使い方や副作用の知識がありますから、処置を行なうことが許されています。

「歯科保健指導」

虫歯や歯周病にならないためには、日頃の歯ブラシをしっかりとしなければなりません。歯ブラシをどの角度で歯に当てたらよいのか、力の入れ方、正しい磨き方を身に付けるように指導するのも歯科衛生士の大切な仕事の一つです。

歯科医院や病院以外にも、幼児検診、学校の歯科検診、介護施設などで指導をすることもあります。また、歯ブラシ以外にも生活習慣や食事、噛み方などの指導も行ないます。

「歯科診療補助」

歯科医師の指導の下、医療行為のサポートも行ないます。どの分野をどの程度手伝うかは、能力や経験、勤務場所、歯科医師の人数によっても変わってきます。

例えば、診療器具の滅菌、準備、レントゲン撮影の補助、院内の清掃や受付診療報酬業務なども歯科衛生士の仕事です。また、不安を抱えて来院する患者さんをサポートしていくのも大切な仕事となってきます。

こうしてみると、歯科衛生士の仕事は多岐にわたることが分かりますね。

では、実際に歯科衛生士の1日について見てみましょう。

歯科衛生士の1日

Scheduler Concept

フルタイムで働らく基本的な歯科衛生士の1日の仕事内容です。病院によっては全く違うところもありますので、参考程度に見てください。

出勤から午前診療まで。

出勤して、仕事着に着替えます。その時には、きちんと身なりを整えます。患者さんが気持ち良く診察や治療を受けられるように、まず最初の仕事は院内の清掃です。その後、機材の準備や予約の患者さんのカルテを見て、1日の仕事内容やスケジュールなどを把握し確認します。情報共有のためにスタッフ全員でミーティングを行なうところもあるようです。

診療が始まる時には笑顔で患者さんを迎えます。患者さん一人一人に合わせた治療を行なう為に、患者さんとコミュニケーションをよく取ります。歯石の除去、歯ブラシ指導、フッ素塗布を行なっていきます。

昼休みから午後診療まで。

午後の診療に備え、昼休憩はしっかりと取ります。歯科医院の昼休みは大抵が比較的長めになっています。

診察が始まる5分から10分前には診察に入れるように準備しておきます。午後には学校が終わった子供や仕事帰りのサラリーマンの方などが多く来院されます。ですから、夕方から比較的混みやすく、患者さんの待ち時間がどうしても長くなってしまう為、丁寧に患者さんに向き合うと共に、迅速さも求められてきます。

また、手の空いた時間には歯科医師の横について診療アシスタントも行ないます。

診療終了から帰宅まで。

全ての診療が無事に終わると、スタッフ全員で後片付けや清掃を行ないます。

そして、やっと歯科衛生士としての1日が終わります。着替えて、帰宅します。

仕事内容は多いですが、やりがいのある仕事ですね!では、どのように歯科衛生士になることができるのでしょうか?次にその点を見てみましょう。

歯科衛生士になるには?

Female student taking notes from a book at library. Young asian woman sitting at table doing assignments in college library.

歯科衛生士になるためには、国家試験を受けて合格しなければいけません。その為にはまず国家試験を受ける為の受験資格を満たす必要があります。受験資格は、歯科衛生士の勉強ができる教育機構に通うことです。

高校卒業後に厚生労働省と文部科学省が認定する歯科衛生士養成の専門学校か短期大学に3年間通い勉強します。中には、4年生大学に通う人もいますが、ほとんどの場合は3年で学べる課程を選ぶようです。平成17年4月1日以前には2年以上と決められていましたが、それ以降は3年以上となりました。講義や実習の質の向上の為と言われています。1年目は講義、2年目は基礎実習、3年目は応用の実習となります。

3年間勉強すると、やっと国家試験を受ける為の受験資格を満たすことができます。

国家試験は毎年3月に実施されていて、試験内容としては歯科に関する知識、人体の構造、機能について出題されます。

国家試験の合格率は、例年95パーセントと高い数字が出ています。ですから、養成学校できちんと勉強して、技術も身に着けていればほぼ合格できると言っていいでしょう。しかし、国家試験を受けることができるのは1年に1回ですので、注意する必要があります。

では、歯科衛生士になった時の給料や待遇についても調べてみましょう。

歯科衛生士の給料や待遇について

Portrait of a cheerful young woman holding money banknotes and celebrating isolated over yellow background

歯科衛生士の給料は職場によってもかなりの差があります。平均月収は25万円程度で年収は335万円程度です。給料はキャリアと能力によって変わってきます。勤務年数が増えれば増えるほど昇給も望めるでしょう。ただ、その額はやはり職場によって変わってきます。昇給も微々たるものであったり、かなりの期待が持てたりと違うことでしょう。

待遇についてはどうでしょうか?

待遇も職場によって差があります。ほとんどのところでは、交通費手当や残業手当、住宅手当、退職金制度、研修制度が整っています。雇用保険、労災保険、健康保健などの保険も加入できるところが多いです。

歯科衛生士としてのやりがいと大変なこと

Positive and negative gestures concept. Young woman showing thumbs up and down gesture. Choosing between good and bad

仕事が楽しいと思える為には、仕事にやりがいを感じる必要があります。歯科衛生士としてはどのようなやりがいがあるのでしょうか?

「患者さんからの感謝の言葉」

歯科医院には、子供からお年寄りまで毎日のように幅広い年代の患者さんが来院します。そのため、診察補助や予防処置などを行なって患者さんの口の中の改善が実際に見られると達成感を味わえるのと共に、患者さんから直接「ありがとう」と言われることもあるでしょう。

特に、不安な顔をしながら来院した患者さんが治療を終えて安心した表情で帰る姿を見れることこともやりがいの一つとなるでしょう。

「ステップアップできる」

歯科衛生士は特に歯科医院に勤める場合がほとんどですが、中には大学病院、総合病院、保健所、福祉施設など活躍の場所というのも様々です。

歯科医院で多くのお年寄りと接することにより、介護施設でケアマネジャーになる人もいれば、企業で歯ブラシや虫歯予防の製品の開発に携わったり、歯科衛生士を育成する為に歯科衛生士学校などで指導に当たったりなど、ステップアップしていくことが可能です。

では、やりがいとは逆に歯科衛生士として大変な面に目を向けてみましょう。

「人間関係」

どの職場でも言えることですが、職場の人間関係というのはどこでも難しい問題と思っている方が多いと思います。特に歯科医院は歯科医師、受付スタッフ、歯科助手、歯科衛生士がいて、大体が4人から10人のスタッフで構成されているところが多いです。小さな職場といっていいでしょう。

ですから、人間関係が良い職場ならいいのですが、一度人間関係がこじれてしまうと、退職しなければならないほどに人間関係に悩んでしまうかもしれません。

また、スタッフ同士だけでなく、患者さんからもクレームがきたり、相性が合わないなどと声が上がったりするかもしれません。そうなってしまうと、治療がやりにくいと感じる人もいるでしょう。

「入社一年目のつらさ」

新人歯科衛生士は、歯科医師を上手にサポートできなかったり、注意されてしまったりと仕事がうまくいかないという悩みが多いようです。この悩みというのは、他の職種でも言えることですが、人の役に立ちたいと思って歯科衛生士になった人にとっては特に辛いことかもしれません。

モチベーションも下がってしまいますし、やりがいも無くなってしまいます。しかし、これは、大抵一年目だけで次第に仕事に慣れてくれば解消される悩みだと思います。ですから、新人として入った場合には、目の前の仕事を正確にこなし、先輩方を見習っていくことが大切です。

「患者さんに理解してもらえない」

患者さんに治療方法や症状などを説明してもなかなか伝わりにくいこともあり、患者さんをイライラさせてしまうということもあるかもしれません。

しかし、この問題に関してもコミュニケーション能力を徐々に高めていくことでスキルが身についてきます。経験を積むなら、この患者さんにはどのような言い方をすればよく伝わるのかなどと考えることができます。時には、それでも伝わりづらい患者さんもいるかもしれませんが、きちんと向き合って、誠実な対応をしていけば必ずいつか「ありがとう」と言ってくれる時が来るはずです。

こうしたことの他には、立ち仕事の為に足がむくんで辛いとか、感染症に気をつけなければいけないので気が抜けないなどという悩みもありました。

こうした歯科衛生士として仕事していく上での大変さや悩みというのは、歯科衛生士が誰でも通る道です。ですから、辛いと言ってすぐにあきらめてしまうのではなく、乗り越えられれば一人前の歯科衛生士になれる!と目標を持ってみてください。

しかし、職場に行くことさえ辛い、仕事に全く喜びを感じれないというのであれば、職場を変えたり、全く違う職種を探して、気分良く楽しく働ける環境を探すことも大切かもしれません。

ではどのような人が歯科衛生士に向いているのでしょうか?次にその点も見ていきましょう。

歯科衛生士に向いている人

Portrait of beautiful assistant, crossed hands, against dentist treats teeth little girl

では、歯科衛生士に向いている人とはどのような人でしょうか?歯科衛生士に求められている能力についてまとめてみました。

「清潔感があり、細かい作業が好きな人」

歯科衛生士は患者さんの口の中に手を入れて治療を行なっていきます。ですから、清潔感を保つ事が大切となってきます。例えば身だしなみがだらしなく清潔さが感じられないと、患者さんからはこの人に担当して欲しくない、歯の治療を任せて大丈夫なのか?と不安に思われてしまうこともあるでしょう。

特に医療機関では院内感染を防ぐ為に「清潔さ」に敏感でなければいけません。患者さんの健康を守る為には、手先の消毒や器具の滅菌といった清潔さを徹底できなければ、仕事をする上で支障をきたしてしまいます。

手先が器用であることも大切な事となってきます。歯石や歯垢をとったり歯型を取ったりと、細かい作業が多いので手先が器用であるならば、患者さんへ安心できる治療を提供するということにつながっていきます。

「人と接するのが好き」

歯科衛生士というのは毎日のように様々な人達と接することになります。中には不安を抱いてやって来る人もいますから、そうした患者さんに対して真摯に向き合い、コミュニケーションをとっていくことでリラックスして治療に望めるようにするのがとても大切となってきます。

また、患者さんのやる気を出させるようなアドバイスをしたり、歯磨き指導をする事なども大切な事となってきます。その為には、知識や技術だけでなく、はじめての患者さんに対しても笑顔で上手にコミュニケーションを図れる人が向いていると思います。

「向上心のある人」

歯科治療に必要となる器具や機器は日々進化しています。また、新しい治療法や新薬なども開発されていますから、そうしたことがある度に使い方を覚えたり治療方法を変更する必要が出てきます。その為、そうした技術や治療によく精通したいと思える向上心のある人でなければ歯科衛生士として向いていません。

院内を見てみると、女性の歯科衛生士がほとんどだと思われる方も多いことでしょう。では、男性で歯科衛生士はいないのでしょうか?男性で歯科衛生士を目指している方の為に、調べてみましょう。

男性の歯科衛生士

Male dentist standing in dental office with hands crossed looking at camera

昔は歯科衛生士は女性だけが就ける職業でした。しかし、法が変わり2002年に看護婦や保健婦という名称が看護師や保健師に変わった時に、歯科衛生士法も見直されることとなり、今では男性であっても歯科衛生士の仕事に就けるようになりました。

男性歯科衛生士のメリットとしては、機材や薬品の持ち運びなどの力仕事が多いので重宝されますし、患者さんの中には女性の歯科衛生士ではなく男性の衛生士に診て欲しいという人もいるでしょう。このように、男性の歯科衛生士も一定のニーズがある為、女性しか向いていないと考えて諦めてしまうのでなく、男性であっても歯科衛生士を目指してみてください!

まとめ

Female assistant sitting beside tools tray in clinic

歯科衛生士とはどんな仕事をするのか、どのようなタイプの人が向いているのかなど調べてみることができました。歯科衛生士は患者さんと向き合い、治療し、口腔内を正常に戻す為の大切な仕事です。やるべきことはたくさんありますが、非常にやりがいのある仕事だと言えます。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事