【水産業界の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【水産業界の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

日本は水産業が発達している国です。水産業とは、簡単に言えば水産物を扱う業種です。漁業は水産業の一分野です。漁業は水中にいる魚やその他の海産物を捕獲する業種です。漁業汚染の問題や近隣諸国との漁業協定などを経て、少しずつ漁獲高は減少してきました。そのため最近の水産業は漁業から加工業や冷凍産業などに比重を移しています。

水産業界の基本情報

Seafood in a fish market

水産業には水産物を加工する業種や養殖業、倉庫業なども含まれます。広義では塩づくりも水産業の一つと言えます。四方を海に囲まれた日本は漁業が発展してきました。しかし近年では状況が少しずつ変化しています。

水産業界への転職事情

現在水産業への就業者は増加している傾向にあります。漁業就業支援フェアが開催されていたり、研修制度が充実されるなどしています。国内消費は減少しているものの、水産業への意識は比較的高まっていると言えるでしょう。

水産業には上記で紹介したような大きな会社もありますが、加工業界に関して言うと、従業員が100人に満たない小規模の事業者が多く参入しています。転職希望者は大手を狙ってもいいですが、そのような小規模事業者に的を絞ってもよいかもしれません。

水産業界の仕事内容

水産業界の仕事には以下の様なものがあります。

漁師

fisherman with a fish box inside a fishing boat

魚などの海産物をとってくる仕事です。体力が求められる仕事であり、命の危険がある場合もしばしばです。

研究、開発

魚や貝などの人工飼育技術の開発を行なったりします。その他生活を豊かにする技術開発に携わります。

管理

Photo shot of water spatter from fisherman while throwing fishing net on the lake. Silhouette of fisherman with fishing net in morning sunshine. Stop motion water drop.

漁場の維持管理や運営スタイルの実施などを担当します。

工場スタッフ

海産物の加工や出荷作業などを工場で行なう作業です。

マーケティング

加工出荷された食品などがどのように売れているかを把握します。

水産業界のデータ

水産物の需要は現在世界中で増加しています。海産物は体に良いという認識が広まっているのがその理由の一つです。またそれに伴って養殖業が盛んになっています。養殖業によって海産物の供給量を増やすためです。このような流れの中で、現在養殖生産が漁業・養殖業全体に半分を占めるまでになってきました。

その生産量は約9,000万トンにもなり、牛肉生産量に勝るとも劣らない量になっています。国内の方は少しずつ養殖生産が減少しています。魚をあまり食べなくなってきているのがその理由と考えられています。

そのため養殖に携わる会社は、養殖技術を海外輸出する事を考えるなど、新たなビジネスチャンスの開拓に力を入れる必要があるでしょう。また最新の研究では海藻からバイオエタノールを作るというテクノロジーも注目されていて、今後水産業とテクノロジーとの新たな融合によって別のビジネスが発展する可能性もあります。

政府は現在農林水産物の輸出額を2019年に1兆円とする目的を掲げています。また国内における養殖生産の拡大や冷凍製品の高品質生産、低コスト生産などにも力を入れています。今後政府の施策も踏まえた水産業界全体の盛り上がりが期待されています。

役立つ資格は?

Paper with words Pre-qualification on a wooden surface.

役立つスキルの一つとしては、英語などの語学力をあげることができます。食の欧米化によって、現在日本の水産物消費量は減少傾向にあります。肉食もすでに市民権を得ていて、「魚よりも肉が好きだ」という人は少なくありません。

一方海外では消費量が増加しています。そのため国内水産関連会社は、海外を視野に入れたビジネスを展開する必要があるでしょう。そのためコミュニケーションツールとして英語が求められる場面が想定できます。また漁業を行なう場合は、やはり体力が必要となるでしょう。小型船の船を動かす場合は「小型船舶操縦士免許」や「会場特殊無線技士免許」などの資格が役に立ちます。

水産業界の代表的企業

水産業界の主要な企業を簡単に紹介して、企業に関する口コミ情報も合わせて参照したいと思います。各社の求人情報も合わせてご紹介します。

マルハニチロ

マルハニチロ

www.maruha-nichiro.co.jp

マルハニチロは有名企業の一つですが、水産加工食品だけでなくピザやゼリーなどの幅広い食品を扱っている会社です。国内だけでなくオーストラリアやニュージーランド、ベーリング海などでも事業を展開しています。海外でも活躍したいと思っている人には魅力的な会社でしょう。2019年3月期の連結売上高は9,200億円と予想されています。過去5年間の平均年収は705万円でした。

「【キャリアアップを目指せる環境か】目指せる環境と思います業務を少人数で行うため、若くても裁量権が大きくなります。従って提案実行の機会が増えることに繋がりました。基本的に「可愛い子には旅をさせよ」の考えを持つ上司が多かったこともあると思います。」

「食品を世の中へ送り出すと言う点で、社会貢献度は高いと思います。また、かなり大きな取引を毎日しているので、世の中の景気を動かしている役割も大きいと思います。」

「年功序列。管理職になると急に給与が上がる。駐在員と国内社員との給与差が大きい。運が良く、暇な部署に配属されると、非常に楽。ノルマも無く、定時に帰宅できる。給与も減ることが無い。以上部署によって差が激しく、運が良い人には良い会社」

「部署によりフレックス制度、時短勤務等をを導入し働き易い環境は整理されている。本社勤務は基本9:00-17:50が定時勤務工場は早出、夜勤もあり変則労働体で36協定も各工場の体制にあわせて締結している。」

「在宅勤務の取り入れも検討され、非常に整備されてきている。本社機能は非常に整備されており女性等は働きやすい職場だと思う。運動会なども非常に楽しく家族も大喜びです。」

求人情報 業務内容 (1)水産物・畜産物の買付・加工・販売 (2)冷凍食品、加工食品、化成品、デザートの商品開発・製造・販売 (3)研究 (4)管理業務(経理・財務・人事・総務・法務等) 応募資格 総合職 2018年4月から2019年3月の間に高等専門学校、大学・大学院(修士・博士)卒業予定の方 (文系理系問わず)

エリア職 東京・つくば地区 2018年4月から2019年3月の間に短期大学・大学卒業予定の方(文系理系問わず) 募集職種 総合職※国内外を問わず転勤が有ります。 エリア職※東京もしくはつくば地区での勤務となります 募集人数 総合職 70名程度 エリア職 20名程度 給与(基本給) 総合職 高専卒 月給20万2,000円 大卒 月給21万2,000円 院卒 月給21万8,000円

エリア職 短大卒 月給17万5,000円 大卒 月給18万5,000円 諸手当 住宅手当、子供手当、特殊資格手当、通勤交通費等 昇給 年1回(4月) 賞与 年2回(7月、12月) (参考) 2017年度の全正社員の年間平均支給月数 6.1ヵ月 勤務時間 原則7時間50分 休日休暇 【休日】土日、祝日、夏期休暇、年末年始休暇等 ただし工場及び一部の部署においては土日・祝日出勤もあります。 【休暇】有給休暇、慶弔休暇、保存休暇等 福利厚生 【制度】育児・介護休職制度、従業員持株制度等 【施設】社宅(総合職のみ)

日本水産

日本水産

www.nissui.co.jp

日本水産はマルハニチロに次ぐ業界大手です。漁業、養殖、加工、販売まで総合的に水産物を扱うメーカーです。健康食品や医薬品にも事業展開しています。2019年3月期の連結売上高は7,065億円と予想されています。過去5年間の平均年収は803万円でした。

「働く環境は良いと思います。変な人もいないし仕事に集中出来る。社内の飲み会も多からず少からず、みんなフレンドリーで話しやすく接しやすいので、人間関係はいい会社だと思います。その辺が1番いい。」

「季節的に売上が違うので生産量が多い時は残業する事があったか最近は、あまり残業がない し、工場長が変わりちょっとずつ取り組みが変わった様に見受けられます。改善を期待します」

「大手だけにいろんな優遇があったり、社割があったり、健康診断も手厚く診断してもらえるので、その辺は安心である。休みも多いし仕事の都合さえつけられれば有給も取りやすいので、休暇を楽しむことも十分可能だとおもう。」

「有給休暇は、比較的に取りやすいです、外国人が多い事もありますが、母国に帰省するのにまとまった休みを取得する人がいるので、たまにですが自分が帰省する時も何日か有給休暇取りました」

「衛生管理は、とてもきちんとしていて、ゴミや異物など、ないきれいな環境になっています!ライン上に流れてくるものをきれいに詰めたり、作ったりと仕事はちょっと大変なところもあります!でも、速さが勝負なので、とても厳しいです!」

求人情報 2019年1月現在、公式サイトに中途採用情報なし

極洋

極洋

www.kyokuyo.co.jp

極洋は業務用の水産物加工食品で有名な大手です。原料調達、加工、販売などを幅広く手掛けています。2019年3月期の連結売上高は2,670億円と予想されています。過去5年間の平均年収は669万円でした。社員の口コミ情報も見てみましょう。

「派遣ですが、時給は普通の金額でした。仕事量の多くない部署であれば、十分な時給だと思います。残業があまりないので、月給にすると少し寂しい金額になりますが。社員の方は、給料はそれほどではないけどボーナスが多いようでした。」

「【1日の平均勤務時間】9時~17時30分(7時間30分)プラス残業【勤務時間に納得できるか】平均的な勤務時間だと思いますが、毎日30分~1時間の残業がありました。特に月末月初は締めの業務が終わらず、21時~22まで残業することもしばしばありました。1番遅かったのは、23時過ぎたこともありました。結婚して夫から家事全般を任されていたので、残業が続くとさすがに疲れ切ってしまいましたそれでもやりがいのある仕事を任され ていたので、頑張って勤務しました。」

「「入社理由の妥当性」と「認識しておくべき事」:自分の大学での専攻と英語力が配属先で要求される職務にマッチしました。充分過ぎる海外経験も得ることが出来ました。入社理由の妥当性と言われれば妥当であったと思います。近年ではTOEIC スコア 800、900アップと言う社員も多く在籍していますが、海外取引先との円滑な関係は語学力よりも、人間力や幅広い知識に左右されると思います。就職活動を始めてから安易に海外へのあこがれでこの会社を選ぶのではなく、一定の基礎は持っておくことは認識しておいた方が良いと思います。」

求人情報 募集職種 営業(水産商事部門・加工食品部門) 水産商事部門 加工食品部門

仕事内容 海外水産物の買付業務 卸売市場・加工業者・問屋等取引先向けに水産商材を販売 農水産物を主力に様々な常温・冷凍 食品を量販店・コンビニ・寿司チェーン・居酒屋チェーン・問屋・産業給食等取引先に販売

資格 上記労務業務の経験が3年以上ある方 上記部門の営業経験ある方 普通自動車免許を取得している方

勤務地 全国各地 【本社(東京)、各支社・営業所(札幌、仙台、東京、 名古屋、大阪、広島、福岡他)】

勤務時間 9:00~17:45

給与 経験・能力を考慮の上、当社規定により決定 昇給 年1回(4月) 賞与 年2回(6月・12月) 諸手当 住宅手当・家族手当・食事手当他 休日・休暇 完全週休2日、祝祭日、盆、年末年始、年次有給休暇(初年度10日)他 福利厚生 社宅・独身寮(全国各地に完備)、保養所、各種社会保険、 年金、貸付金、財形貯蓄他 教育制度 中堅社員研修、管理職研修、海外研修など

水産業界のオススメ転職サイト

水産業界に転職する場合は、以下に紹介するような転職サポートサービスを利用すると便利です。転職サイトには通常、エージェントやコンサルタント、アドバイザーなどと呼ばれる転職サポーターがいます。そして求職者がスムーズに転職活動を行なえるように細やかに手伝ってくれます。

これまでの経験等を客観的に把握してキャリアの棚卸をしたり、希望転職先との面接調整をしたり、条件の交渉などを代行してくれます。さらに魅力的な点として、非公開求人を多数紹介してくれます。

転職支援サービスの優れている点は、利用料が無料という点です。サービス運営会社は人材紹介をする代わりに企業から報酬を得ています。そのため求職者からお金をもらうことなく運営が可能です。そのため求職者は複数のサイトを同時に使うといった工夫もできるでしょう。ではおすすめ転職サービスサイトをいくつかご紹介しましょう。

DODAエージェントサービス

DODA

業界最大手のリクルートエージェントに次ぐ、第2位の実績を誇るエージェント。求人の数の多さや質の高さ、エージェントの細かい対応と情報量の多さに加え、スピード感のある転職活動が可能な転職エージェント!

DODAエージェントサービスは転職サービスの大手です。提供しているサービスには非公開求人を含む10万件以上の求人情報や、必要書類や面接対策、年収の交渉などにおいて様々なサポート体制が含まれます

リクルートエージェント

リクルートエージェント

常に10万件以上の非公開求人を保有している、他のエージェントと比較するトップクラスの案件数を抱えている必須の転職エージェント!

リクルートエージェントも業界最大級の非公開求人数を誇るサイトです。非公開求人だけでも10万件以上という豊富な量が魅力です。DODAと同じくアドバイザーは書類添削や面接調整、条件交渉など幅広いサポートをしてくれます。

エンエージェント

エンエージェント

エンエージェントはエン・ジャパン株式会社によって運営されている、 全国エリアをカバーした転職サポートを行っている転職エージェント。1万件以上の求人情報を保有しているので、求職者との条件に合ったマッチングが可能!

エンエージェントでは、専任のコンサルタントがキャリアの棚卸を一緒に行なってくれます。求職者がよりマッチングした案件を見つけられるようにしています。条件交渉や面接調整などもしっかり代行してくれます。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

第二新卒などの若い世代の転職や優良な中小企業への転職に力を入れている転職エージェント!平成27年度に厚労省の厳しい審査基準をクリアして職業紹介優良事業者認定マークを取得したので、きめ細やかな安心のサービスが期待できる!

マイナビエージェントは約8割が非公開求人というサイトです。独占求人を抱えている大手で、自分から聞きにくい条件面の交渉などもサポートしてくれて、長期間にわたって転職活動を支えてくれます。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは業界トップクラスの取引企業【16,000社】の求人情報を扱う転職エージェントです。高い専門性を持つ専任のキャリアアドバイザーがあなたの転職成功までを支援します。

パソナキャリアの求人は80%が非公開という構成になっています。2019年オリコン顧客満足度調査「転職エージェント第1位」になった実績があります。求人件数は30,000件以上、取引実績企業は16,000社以上という実績を持ちます。面接の日程調整や年収交渉、面接対策など、幅広くサービスを提供しています。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事