【求人サイト・求人メディアの仕事】求人の探し方や給料・待遇を見てみよう!

【求人サイト・求人メディアの仕事】求人の探し方や給料・待遇を見てみよう!

求人サイトとは、求職者と企業を結び付けるサイトです。企業に対して優良サービスを用意して、利益を確保します。求人情報を扱う広告代理業には営業の仕事と制作の仕事があります。求人系の大きな会社といえば、まずは何といってもリクルートです。グループ全体で連結売上高は1兆2千億もある大きな会社で、実際、求人広告というのは同社の創業者である江副さんが切り開いたといっても過言ではありません。

求人サイト・求人メディアの仕事の特徴や種類

Web Design Template Copy Space Concept

業界はリクルート社を筆頭に全国エリアを対象にした企業、地域に根差した中小の求人広告代理店、さらにはその代理店の2次代理店まで多数存在します。世の中には会社がある以上、人材の募集(求人)は必ずありますので、いかに自社を経由して発注してもらうかがポイントになります。

業界の構造としては、リクルートなどテレビCMなどで有名な媒介を自社販売する1次代理店、その下に自社媒介は持たないけど営業のみを行なう2次代理店、さらにその代理店の3次代理店までも多数存在します。同じ求人の案件を本体の大手企業と代理店が取り合うことも多くあります。営業力が問われる業種です。

また求人広告代理店には様々なタイプがあり、代表的な取り扱い媒体としてはタウンワーク・リクナビNEXTといったリクルート系、Waban・DODA等のインテリジェンス系、マイナビバイト等のマイナビ系、バイトルといったディップ系があります。ガールズバーやキャバクラといった業態の募集の場合は代理店でしか取り扱っていないのも特徴です。

営業の仕事

広告代理店で働く人はほとんどが営業を担当しています。自分担当エリアの企業を訪問し、採用を担当している人事や総務の人と話しながら、情報を集めていくことになります。広告代理店というのは、有形の物を売っているわけでも、何かのサービスを提供しているわけでもありません。人がすべての業種です。

自社媒体となり、他社媒体にクライアントの採用情報を載せて、実際に求人募集者を増やすのが最大の仕事になります。広告代理店にかかわらず、各種代理店の宿命として、基本的にそどこの会社を経由してもそれほどサービスの質に差がないということがあります。だから、企業のアイデンティティーとか、営業担当者本人の信念がないと価格競争に陥りやすくなるでしょう。

営業担当者として価格競争に陥ってしまっては、利益は減るし、高いものが売れなくなるし、まったく良いことがありません。やはりそこは提案力とアイデアで補っていかなくてはなりません。クライアントの人材に関する悩みを聞き出し、一緒になって解決しようと努力するのです。求人広告の枠を売る仕事ですが、自分をいかにして売り込印象づけられるかもと大切ですね。

結果的に、信頼関係を築けることにより仕事を任せてもらえるようになって、人脈が広がっていくと、さらに新規のお客様を紹介していただけたりという流れになって、仕事がとても面白くなっていくことでしょう。人間として魅力のある人になるならば、あなたの雰囲気に引き寄せられることもあるでしょう。

制作の仕事

Web Page Design Development Graphic Concept

営業が原稿を作ることもありますが、多くの会社は制作スタッフが原稿を作ります。基本的には画像加工(フォトショップ&イラストレーター)、原稿作成、事務といった仕事を担当しています。実務未経験でもOKですが、制作スキルはやはり必要と言えるでしょう。イラレは使えないけどフォトショは使えるとかはOKです。

大手メーカーは別として、原稿作成(ライティング)だけの担当スタッフは基本的にはいないと考えてよいでしょう。WEBデザイン・プログラミング・コーディングのスキルを活かせるお仕事と言えるでしょう。

大手と言われる求人メディア

求人メディアは数多くあり、人材確保に頼もしい求人媒体を見つけたいと思っておられることでしょう。大手と言われて求人メディアにはどのようなサイトがあるのでしょうか。求職者の幅もサイトによっては変わってきますので、自分がどのような年齢層の人たちと関わっていくかを考えるうえで助けになるでしょう。

エン転職

エン転職

インターフェースが使いやすく、非公開求人を80%の割合で保有し、スカウトサービスも運用するなど、自分に合った転職先がきっと見つかる必須の転職サイト!

総合満足度NO.1のエン転職。毎週月曜と木曜に情報が更新されており、会員登録数が多いのが特徴です。探したい職種や年収、会社の条件など事細かに検索することができ、独自の転職のノウハウから面接サポート、スカウト機能なども使いやすさにすぐれています。もちろん無料で使うことができ、求職者にはありがたい機能が満載と言えるでしょう。

そして何より、サイトが綺麗で使いやすいことも魅力です。求人サイトNO.1の信頼性があるので、その分人材も集まりやすく、求人掲載を検討中であれば外せない求人広告のひとつと言われています。掲載している企業すべて取材しているので、企業の雰囲気なども伝わりやすいのが求職者にとっても嬉しいですね。

エン転職は価格も使いやすさも申し分がなく、各種サービスも充実していて、エン転職から担当者の方が取材記事を記載してくれるので、伝えたい企業PRも存分に伝えられることから支持されていることが分かります。

DODA

DODA

業界最大手のリクルートエージェントに次ぐ、第2位の実績を誇るエージェント。求人の数の多さや質の高さ、エージェントの細かい対応と情報量の多さに加え、スピード感のある転職活動が可能な転職エージェント!

日本最大級の企業説明会は有名なDODA。(企業説明会はDODA転職フェア)非公開求人を紹介してくれるエージェントサービスや企業からオファーが届くスカウトサービス、求職者が求めるサービスがすべて揃っていると言えるでしょう。転職フェアや合同転職面談会やセミナーといったイベントが充実しています。

DODAに掲載すればエンジニアの方も無料で掲載が可能です。技術系の採用に強いと評判があります。職種問わずどの企業でも掲載が可能ですが、技術系が多いため、仕事を探している人も技術系が多いと見られます。電車内の中吊り広告や専門サイトでのプロモーションに力を入れているので、転職者の目に留まることが多いと言えるでしょう。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している人気の高い転職サイト。人気の大企業だけでなく優良な中小企業の案件も豊富ながら、条件に合った案件を検索しやすい、必須の転職サイト!

会員数NO.1のリクナビNEXT。幅広い年連想や職種、経験者が多いとの口コミが多くよせられています。転職者の調査資料などでは、半数以上はリクナビNEXT利用経験があると答えるほどの求人媒体の最大のメディアプレイヤーです。知名度も高く利用者も多いので、求職者も求人掲載企業も安心して使えることが最大のメリットと言えるでしょう。

更新は毎週水曜と金曜で、採用決定数が業界NO.1。また。リクルートエージェントは成功報酬型で採用が決まるまで費用がかからないので、最小限のリスクで運営することができます。口コミや評判が良く、掲載内容と価格を考えるとお得に感じるため企業側ととしても高評価です。掲載オプションも多く、さまざまな組み合わせが可能な料金体系も魅力のひとつです。

マイナビ転職

マイナビ転職

非常に質の高い求人が10,000件近く掲載されており、新着・更新求人が毎週2,000件以上ある上に、マイナビが主催する転職イベントで採用担当者や先輩社員から詳しい仕事内容や社風などのリアルな情報を得ることも出来る、登録必須な転職サイト!

転職先を決めたサイトNO.1・満足度NO.1・使いたいサイトNO.1のマイナビ転職。求人案件が日本最大級である。マイナビ転職以外にも「マイナビミドルシニア」「マイナビAGENT」「マイナビバイト」など様々なサービスがある、ネットや口コミなどの評価では圧倒的に”良い”という評価が多くされていある、知名度もあるが、指示されている転職サイトの代表と言えるでしょう。

テレビCMをはじめとしてプロモーションにも力をいれている印象が強いと言えます。大手企業から中堅・中小企業までの活用や60%が20歳~39歳までの若手社会人と確かに転職を決めたサイトNO.1という感じで、仕事を探す側にも掲載する側にもメリットが多いと感じられます。

タウンワーク

説明不要の認知度NO.1の求人媒体。若い年齢層から高齢者まで、幅広い年齢層から圧倒的な認知度を誇っているタウンワーク。タウンワークのフリーペーパーを見たことがない日本人はいないのでは…。

求人系広告代理店への転職事情と求人の探し方

広告代理店とは、人がすべての業種です。人しかない業種です。営業主体の業種なので、どこの会社も男女の差はないように思えます。女性なので許されるとか男性なので何とかという考えは一切なく、同じ営業としてバリバリやります。

だからでしょうか。人間的に魅力のある人が多いように思えます。オンとオフがきちんと使い分けられる趣味人も多く、みんなアクティブです。実際に大学時代に体育部だった人は多くないのですが、体育会系のような雰囲気というと分かりやすいかもしれません。明るい、楽観主義、物怖じしない人が集まる業種です。

営業職は、どんなにがんばったと自分で思っても仕事が取れないこともありますが、努力は絶対に裏切りません。売上や数字がいつも目の前にあることは確かで厳しいこともありますが、それ以上に「自分のことを信用して、大切な採用活動を任せてくれる」ということが喜びにつながるでしょう。

求人系の広告代理店で営業職をすることのメリットとして、企業の社長や役員と同じ考えで仕事が出来るようになることです。一般的に採用というのは、その企業にとってとても大切な部分なので、経営者であったり役員が担当することが多いわけです。そのような上層部の人たちから人材についての悩みや課題を聞き、解決しようと共に考えます。

頑張っているうちに、いつの間にか自分も「経営者のような考え方になてくる」と経験者の声があります。社長や役員から怒られたり、厳しい要求をされることにより鍛えられて、考え方も前向きで主体的になるように訓練されて会社に貢献できる人材へと自分自身が磨かれていくことを実感できるでしょう。

Bizreach

BIZREACH(ビズリーチ)

通常の求人サイトと同じ機能に加え、登録することでヘッドハンターからのスカウトを受けることもできる年収600万円以上のハイクラス転職に必須の転職サイト!

広告代理店に強い転職サイトとしてはBIZREACH(ビズリーチ)が人気があります。ビズリーチは、リクナビNEXTやDODAなどの総合転職サイトとは異なり、「ハイクラス向けの会員制転職サイト」です。高年収求人をメインに扱っているので、年収500~1000万円の方に非常におすすめです。

ビズリーチの特徴 1.無料で求人を閲覧できる 2.ハイクラス向けの会員制転職サイト 3.会員数は100」万人以上 4.高収入で質の高い求人が多い 5.スカウト機能が充実している 6.ヘッドハンターの検索&相談ができる 7.採用企業の満足度が高い

ビズリーチの会員プランには「無料プラン(スタンダード)」と「有料プラン(プレミアム)」があります。有料プランは。「タレント会員」と「ハイクラス会員」に分かれています。タレント会員は30日間で2,980円、ハイクラス会員は30日間で4,980円になります。

タレント海員とハイクラス会員の違いは、大きく2つあります。ひとつには年収1000万円以上の求人に応募できるかです。ハイクラス会員は応募できますが、タレント会員は応募できません。もうひとつはヘッドハンターへの相談の制限があるということです。タレント会員は一部ハイクラス会員専門のヘッドハンターに相談することができないということがあります。

ビズリーチは年収500万円を超えている方、外資系企業に勤めている方、管理職を経験したことがある方、グローバル求人を探している方、長期的に転職活動をされる方にとって登録することがプラスになるサイトと言えるでしょう。他の転職サービスに比べて年収が高い求人ですが、その年収に達していなくても応募できます。履歴書や職務経歴書だけでなく、経験やスキルもしっかりと見てくれる企業もありますので、自信をもって応募しましょう。

また、人材紹介会社であるリクルートが運営しているリクナビNEXTもおすすめです。圧倒的な求人数を誇り、会員数は約800万人。転職活動をされている方の中に、利用されている方が多いことが分かります。求人は全国を網羅しており、幅広い職種を扱っていることが希望の条件にあった求人を見つけることにつながるでしょう。

履歴書や職務経歴書の作成ツールが無料で使えるので重宝されているとの声もあります。約85%がリクナビNEXTの限定求人で、毎週水曜・金曜に数千件の新着求人がアップされます。検索機能が使いやすいところも魅力です。

まとめ

求人広告代理店への求人を探すためには、その会社でどのような仕事を行ないと思っているかによっても変わってくるでしょう。

制作を手掛けたいのであれば、WEBデザインにおいてのスキルや経験を磨いておくこともできるでしょう。自分の仕事を探しながら、求人サイトや広告におけるさらなる向上を自分が働いたらどの面でできるか考えてみるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事