沖縄のおすすめ転職エージェント3つと転職活動のポイント

沖縄のおすすめ転職エージェント3つと転職活動のポイント

【沖縄在住で転職を考えている人】必見! 転職を有利に進めるための転職エージェントの賢い選び方と沖縄県のおすすめの転職エージェント、転職エージェントを賢く利用するための方法をご紹介します! 自分の人生を大きく変えるチャンスともなる転職が失敗に終わってしまうことのないよう、自分に合った転職エージェントを見つけてくださいね。

転職エージェントの果たす役割

Happy smiling black and white businessmen handshaking after signing contract at multi-ethnic meeting with businesswoman, multiracial partners shaking hands, sealing closing deal with satisfied client

転職エージェントとは、いわゆる人材派遣会社のことを言い、求職者と企業の仲介役の働きをしてくれるサービスです。

転職エージェントに登録すると、自分を担当してくれる個別のアドバイザーがつきます。そしてそのアドバイザーが、求職者のスキルや能力に見合った求人を探してくれます。

他にも仕事探しだけではなく、採用してもらえるような履歴書の上手な書き方や、面接の準備なども手伝ってくれたり、教えてくれます。

さらには、面接が決まれば、日程の調整も代わりに行なってくれます。働く上での求職者の提示する条件を代わりに会社と交渉してくれますし、内定が決まったら入社するまでの準備や手続きまで、しっかりとサポートしてくれるのがエージェントの仕事です。

また、自分だけで応募すれば書類選考であっという間に落選する可能性が高い会社でも、エージェントを経由することで、応募書類が通る場合もあります。それはエージェントがあなたを企業側に推薦して後押ししてくれることで、採用には有利に働く場合があるのです。

転職エージェントを利用することのメリット

Business adviser analyzing financial figures denoting the progress in the work of the company

エージェントはプロの視点から、転職がスムーズにいくための一連の流れをサポートしてくれます。専門的かつ客観的なアドバイスをもらえるので、ほんとうに自分に合った職業や業種を冷静に見きわめるのに役立ちます。

担当のコンサルタントは、個々の求職者の長所やスキル、実績など、アピールできるポイントを一緒に考え、整理してくれます。ですから、自己分析をきちんとしたうえで、企業の求めることにどのように自分をマッチングさせられるかが明確になります。

たとえ未経験の業界や職種だったとしても、いまその人が持っている資格やスキルをうまく活用できる企業や、それを必要としている企業についての情報や知識をたくさん持っているので、ここを目指すと良い!というポイントを教えてもらうこともできるでしょう。

さらに、転職エージェントはそれぞれの会社によって、対象とする年齢層やターゲットが違ったりするので、自分の条件に見合ったエージェントを選んで比較することができるのもメリットの一つです。

転職エージェントは無料で利用することができるので、仕事を探す際に料金が発生することがありません。ですから安心して、納得がいくまで利用することができます。

転職エージェントを賢く選ぶためのポイント

Mature businessman using a digital tablet to discuss information with a younger colleague in a modern business lounge

転職をサポートしてくれるエージェントは、全国にたくさんあります。だからといってどこのエージェントを利用しても良いというわけではありません。

あまり評判の良くないところを利用してしまったために、逆に転職しない方が良かった…という結果に至ってしまった失敗例もあるのです。

ですから、おすすめの転職エージェントを賢く選んで、活用するようにしていきましょう。

ここからは、転職エージェントの賢い選び方として、4つのポイントを取り上げます。どこを見ると良いか、押さえておきましょう。

ポイント① 求人の量と質はどうか

転職エージェントには、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社が存在します。

どこのエージェントでも同じ量の求人数を持っているかというと、それはピンキリで、エージェントごとに全く異なります。

さらに、ハイクラスに特化した大手企業や、優良中小企業の案件が多いところもあれば、給与や待遇などがあまり良くない、質の低い求人ばかりを紹介してくるエージェントもあるのです。

もし求人の量や質の良くないエージェントを選んでしまうと、自分の希望する条件にかなった転職ができるどころか、なかなか転職先が見つからないということにもなりかねません。

そのエージェントがどれほどの案件を持っているか、質の高さはどうか、公式サイトや口コミなども参考にしながら、よくチェックしてから選ぶようにしましょう。

ポイント② コンサルタントの提案力が高いか

Handsome young business entrepreneur holding a digital tablet while talking about ideas with his mature corporate manager

エージェントに登録すると、自分を担当してくれるアドバイザー、つまりコンサルタントが必ず付くことになります。

再就職先が決まるまで、その担当者と何度も面談を繰り返し、自分の能力やスキルに見合った業種は何かを見きわめ、転職活動をサポートしてもらうことになります。

しかし中には、担当アドバイザーの質が低く、提案力が弱かったために、望む企業に就職できなかったり、逆に何度も落とされてしまうという場合もあるようです。

コンサルタントは、求職者側と企業側のいわゆる“橋渡し”をしてくれる、非常に大切な役割を担っています。口コミなどをよく見て、「担当者が優秀だった」という評価の多いエージェントを選ぶのが賢明でしょう。

もしコンサルタントが自分に合っていないと感じるなら、たとえ同じエージェントの中であったとしても、早い段階で担当を変えてもらうことをお勧めします。

ポイント③ サポート体制ができているか

転職活動は、しなければならない手続きがたくさんあります。いまの仕事を続けながらの転職準備に踏み切る方の方が多いと思いますので、スケジュールの管理や調整など、何かと忙しくなることでしょう。

求人探しから書類の作成、面接対策まで、転職に関わるいろんな面倒な手続きをエージェントが代わりに行なってくれるわけですが、そのサポートがエージェントによって雑だったり、レスポンスが遅いといったこともあるようです。

せっかく登録するので、丁寧で親身になってくれるサポートを期待できるエージェントを選ぶことが、転職を成功させる近道になると言えると思います。

ポイント④ エージェントの拠点があるか

転職エージェントを利用する際は、何度もアドバイザーと面談を繰り返すことになります。もちろん電話やオンラインでの応対も可能ではありますが、やはり直接会って話せた方が安心できる、という方も多いと思います。

また、特に地元に拠点を持ついわゆる「地元特化型」のエージェントは、地元企業とのパイプやコネクションがしっかりしていることも多いです。ということは、条件や待遇の良い、より有力な企業を紹介してもらえる可能性も高くなると言えます。

そうしたことを踏まえると、自分の住んでいるところに拠点を持つエージェントがあるならば、そこを優先して利用することは良いでしょう。

沖縄でおすすめの転職エージェント3選

Nago, Okinawa, Japan downtown skyline.

転職エージェントは、全国規模で展開している大手の総合エージェントと、それぞれの都道府県にある、地元に特化したエージェントが存在します。

沖縄で、大手の総合エージェントの支店はほとんどありません。それでも先に取り上げたポイントを総合して比較してみると、やはり大手のエージェントに登録して、利用することには大きなメリットがあります。

ここでは、沖縄の転職エージェントの中でも特におすすめできる、沖縄に特化した地元エージェント1つと、大手の総合エージェント2つの合計3つをご紹介していきたいと思います。

おすすめその① リクルートエージェント

沖縄に支店はないので、登録した後は電話やオンラインにて、コンサルタントと面談をすることになります。

リクルートエージェントはこの業界の中でも、国内最大手と言われている会社です。求人の案件総数や内定決定数も業界1位で、サービスもトップレベルと言われています。

第二新卒からハイキャリアに至るまで、幅広いタイプ層から支持を集めているエージェントでもあります。面接対策も充実しており、登録しておいてまず間違いのないところと言えるでしょう。

リクルートエージェントが沖縄で保有している求人数は300件以上あり、そのうち優良条件を期待できる非公開求人数が200件以上、公開求人が100件以上となっています。求人数においても質の面でも間違いのない会社です。

しかし大手の企業ということもあり、コンサルタント一人あたりが担当する仕事量が多く、その分サポート体制にムラがあったり、メールのレスポンスが遅いといった、細かい仕事が雑だと感じた人もいたようです。

それでもサポート体制においては高い評価が見られました。丁寧かつ親切なサポートであったり、企業との交渉力の高さ、内定が決まりやすいことなどが評価として挙げられています。

おすすめその② DODA

こちらも沖縄には支店がないので、電話やオンラインでの対応のみとなっています。

DODAはリクルートエージェントに続いて、業界№2の大手エージェントとなっています。求人案件数や、内定決定数もリクルートエージェントに匹敵するほどの優良エージェントであると評価されています。

ちなみに、沖縄での求人数を見てみると、公開求人だけ見れば約350件ほどと、一番の案件数を保有しています。これ以外に非公開求人もあるので、求人数・質共に間違いのないエージェントです。

担当者の当たりハズレも少なく、第二新卒や未経験者、女性など万人におすすめとなっています。面接対策や、職務経歴書のテクニックの良さなども高い評価を受けています。

コンサルタントに関しては、専門的分野においては知識レベルが低い人もいるという評価もありましたが、基本的には「説明が丁寧で分かりやすい」「親身に対応してもらえた」「未経験分野にも対応してくれて、選択肢が広がった」など、高い評価を得ています。

さらにDODAでは、セミナーやイベントもたくさんあり、そうしたサポート体制は業界ではナンバーワンとも言われています。すべて無料で利用できるので安心してサポートを受けられるのが魅力です。

おすすめその③ JTB沖縄人材バンク

所在地:沖縄県那覇市おもむろまち4-19-30新都心DLビル3階

・おもむろまち駅より徒歩2分

JTB沖縄人材バンクは、大手旅行会社JTBのグループ会社です。やはり魅力は地元に拠点を置いているので、アクセスしやすいというところでしょう。

求人数は公開されているものだけ見れば約180件ほどあり、リクルートエージェントさえもしのぐほどの案件数を保有しています。

ここは、特に沖縄の観光業界への転職や就職を考えている人におすすめしたいエージェントです。沖縄の宿泊施設やウェディング関連など、観光や旅行業界に特化した求人情報がたくさんあります。

さらには、沖縄には海外からの観光客も多いため、英語や中国語、韓国語などを話せるバイリンガルの方のニーズも高まってきています。語学力を活かした仕事をしたいという人にもおすすめしたいエージェントです。

沖縄での観光業界事情や業務により詳しいアドバイザーが、プロの視点から的確な提案やアドバイスをしてくれるので、安心のサポートを期待できるでしょう。

転職エージェントを最大限活用するために

複数のエージェントに登録する

Register Membership Application Registration Join Office Browsing Concept

エージェントによって、得意とする業界や職種も異なりますし、担当するアドバイザーの視点やアドバイスもそれぞれ変わってきます。

複数のエージェントに登録して、さまざまなコンサルタントからのアドバイスをもらうことで、自分にほんとうに合った職種や業種の企業を見つけることができます。視野も広がるので、思ってもみなかった分野に進んで、成功する場合もあるかもしれません。

ただし、一つ注意点があります。エージェントは企業に人材を紹介し、あっ旋することで企業から報酬を得ています。それで、複数のエージェントに登録した場合、同じ企業に複数のコンサルタントを通して応募するなら、のちのちトラブルの原因にもなりかねないのでやめましょう。

担当コンサルタントに希望条件を明確に伝える

Attentive businessman listening to business partner talking during negotiations, thinking over his ideas, business team discussing project, financial adviser consulting client at meeting in office

エージェントに登録すると、何度も担当アドバイザーと面談をして打ち合わせをすることになります。

自分がこれまでに培ってきた経験やスキル、キャリアをきちんと伝えるようにしましょう。就いていたポジションや役職、与えられていた業務内容、さらには保有している知識やスキルもハッキリ伝えておくことが大切です。

そのうえで、今後どういった仕事に就きたいのか、どんな人生設計プランを考えているのかを伝えます。もしかすると、転職のプロの視点から、自分が思ってもみなかった業界や職種での仕事が合っているとアドバイスを受けることもあるかもしれません。

また、勤務場所や年収の希望をきちんと伝えておけば、エージェントが代わりに企業と交渉してくれるので、条件を明確にしておくことは重要です。

連絡はこまめに取る

Business man using smart phone on window with city building background and copy space.

エージェント側は、企業から依頼を受けると、データベースの中から条件に合う人を探していきます。その際にデータベースに表示される順番は「更新日」の順なのです。

つまりどういうことかというと、閲覧が更新されている日付が新しい順から優先的に紹介していくということです。なぜなら、ずっと更新していない人は「もう転職が決まったのだろう」とエージェント側は判断するからです。

ですから連絡を怠ってしまうと、案件の紹介メールも後回しになって次第に届かなくなってしまう可能性があります。連絡はこまめに、特にスカウトメールを希望している場合はなるべく2週間に1度は確認するようにしましょう。

担当コンサルタントが合わなければ変更する

People of having an interview. Job hunting concept.

自分を担当してくれるコンサルタントとどうしても性格やうまが合わないとか、コンサルタントの質や提案力、サポート力に不安や不満がある、という場合が出てくるかもしれません。

自分が志望している特定の専門業界への知識レベルが低いと感じ、もう少し詳しい人に依頼したい場合も出てくるでしょう。

「担当を変えて欲しいと言ったら気を悪くされるのではないか」と遠慮するのではなく、別の担当者に替えてもらうお願いは早いうちにしましょう。

もし変更しづらいという場合は、別のエージェント会社に依頼することもできます。自分の人生がかかった転職ですから、絶対に失敗しないためにも“こちらの側から担当コンサルタントを選ぶ”というくらいの強い気持ちを持つことが大切です。

年齢や分野別で自分に合うところを選ぶ

Changing occupation

エージェントによって得意とする分野の企業は異なります。20代の新卒や第二新卒に強いところもあれば、正社員採用や転職初心者向けに強い会社もあります。

ハイキャリア向けや、専門的スキルを持った人に強いところもあるので、そうしたエージェントは30代や、40代といった実務経験や業績を積んできた人たちに向いていると言えるでしょう。

また、転職成功率の実績が高いエージェントを選ぶことも大切です。大手のエージェントであれば、それだけたくさんの求人情報も持っていますし、年齢別で採用されやすい企業や会社をたくさん保有していると考えられます。

まとめ

businessman has to decide which direction is better

転職エージェントといっても、さまざまです。どんなエージェントを選ぶか、どのようなアドバイザーにサポートしてもらうかによって、転職が成功するか失敗に終わってしまうかに大きく影響してくる場合があります。

どこのエージェントに登録するかを決める時には、見きわめに役立ついくつかのポイントを参考にしてみてください。

すべてを総合的に判断したうえで、自分の転職に有利に働くエージェントを活用することが、転職成功のかぎになってくるに違いありません。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事