沖縄県の看護師事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

沖縄県の看護師事情とおすすめの転職サイトや求人の探し方!

沖縄県は押しも押されぬ観光立国ですが、観光地だけでなく歴史や自然も豊かな都道府県です。例えばさとうきびや菊などの農業が発展している他、離島も多くあります。看護師数や医師数や病床数に関しても比較的充実しています。沖縄県で転職したい方にとって役立つ情報をご紹介します。

沖縄県で転職したいなら

japan okinawa ishigaki kabira bay

沖縄県は押しも押されぬ観光立国ですが、観光地だけでなく歴史や自然も豊かな都道府県です。例えばさとうきびや菊などの農業が発展している他、離島も多くあります。看護師数や医師数や病床数に関しても比較的充実しています。沖縄県で転職したい方にとって役立つ情報をご紹介します。

沖縄県の医療現場の概況

「日本医師会地域医療情報システム」によると、2010年~2015年における人口増減率は2.93%です。つまり人口は速いペースで増加しています。高齢化率に関しては19.70%となっています。

他の多くの県とは違い約5人に1人が65歳以上の高齢者という数字です。多くの県は4人に1人や10人に3人という数字のため、高齢化の状況は比較的低い水準です。

なお予測によると65歳以上の高齢者人口は 2020年には330,108人、2025年には361,649人、2030年には384,357人、2040年には436,336人と右肩上がりになると予測されています。それに対して総人口は少しずつ減っていくことが予想されているため、今後高齢化率は伸びていくと考えられます。

また医療需要予測指数(各年の医療需要量の計算式=~14歳×0.6+15~39歳×0.4+40~64歳×1.0+65~74歳×2.3+75歳~×3.9)は2020年には108(全国平均値104)、2025年には114(全国平均値106)、2030年には119(全国平均値106)になると考えられます。

いずれも全国平均値より高くなっているため、沖縄県における医療需要は今後十分にあると言えるでしょう。

沖縄県で看護師はどれくらい稼げる?

Portrait of a cheerful young woman holding money banknotes and celebrating isolated over yellow background

まずは沖縄県でどれくらい年収を稼げるのかを見てみましょう。厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」によると、沖縄の年収は約428.2万円です。これは全国で41番目の数字です。全国平均は478.3万円なので約50万円も下回っています。月ベースでは4万円以上も下回っています。しかしこれはあくまで県の平均です。

沖縄県の看護師給与の目安

沖縄県で看護師として働く場合にどれくらいの給与を稼げるか、目安を見てみましょう。項目別に平均年収を紹介します。

職種別平均年収 ・看護師・准看護士435万円 ・助産師533万円

勤務形態別平均年収 ・常勤(夜勤あり)452万円 ・常勤(日勤のみ)382万円 ・常勤(夜勤のみ)480万円

夜勤を多く入れると年収が大きく上がっている事が分かります。夜勤の実がきついとしても夜勤を適度に織り交ぜることで年収の底上げが目指せます。

診療科目別平均年収 内科 429 万円 循環器内科 386 万円 腎臓内科 316 万円 救命救急科 452 万円 消化器外科 381 万円 乳腺外科 330 万円 リハビリテーション科 433 万円 耳鼻咽喉科 420 万円 総合診療科 527 万円 泌尿器科 459 万円 病理診断科 388 万円 麻酔科 450 万円 胃腸科 399 万円 口腔外科 460 万円 消化器科 462 万円 消化器内科 378 万円 心療内科 467 万円 形成外科 443 万円 心臓血管外科 425 万円 脳神経外科 448 万円 眼科 440 万円 小児科 417 万円 精神科 442 万円 皮膚科 446 万円 婦人科 476 万円 肛門科 475 万円 アレルギー科 342 万円 歯科 464 万円 緩和ケア科 518 万円 呼吸器内科 388 万円 神経内科 368 万円 糖尿病内科 527 万円 外科 433 万円 呼吸器外科 485 万円 整形外科 470 万円 美容外科 288 万円 産婦人科 493 万円 人工透析 415 万円 人間ドック・検診 372 万円 放射線科 448 万円 リウマチ科 448 万円 循環器科 470 万円 呼吸器科 456 万円 産科 484 万円

沖縄県の学校養成所と就業状況

Smiling college student

沖縄県における看護師養成所の数や就業状況について見てみましょう。「日本看護協会の『平成29年 看護関係統計資料集』」によると、看護師3年課程のナーシングスクールは、 沖縄県では全部で5校あります。大学は3校で短期大学はありません。

全部で学校数は8校ですが、全国平均は約18校のため、学校数はかなり少ない方です。沖縄県内学校養成所の卒業者数のうち、看護師・准看護師として就業した人に対して、沖縄県内で就業した人の割合は4人中3人くらいです。

県外からの流入者(各都道府県外の学校養成所を卒業し、当該県内で就業した人)も少なからずいます。県内学校卒業&県内就業者と県外からの流入者を合わせた数と県内学校卒業者の数がほぼ同じようになります。

看護師者数と施設数

続いて就業者数の多さですが、日本看護協会の「平成29年 看護関係統計資料集」によると、看護師として就業している人は 10,767人、准看護士として働いている人は 5,322人います。合計で 16,089人です。人口10万人に対する看護師・准看護士数を対比すると 1,169.3人となります。全国では1030.2人なので高い水準です。

続いて施設数に関する統計ですが、2017年10月時点における沖縄県の一般診療所数は785軒あります。うち内科系診療所が491軒、外科系診療所が234軒あります。

病院は93軒あります。沖縄県の一般診療所の人口10万人あたりの数は約54.76軒ですが、全国平均が68.04軒のため、平均より低い水準にあります。病院は沖縄県が6.49軒、全国平均が6.56軒でこちらも平均を下回っています。

沖縄県の大規模病院

沖縄県での求人は多くありますが、最新医療を学んだり給与の高さを重視する場合はやはり大病院が狙い目です。沖縄県の大規模病院の求人情報をいくつかご紹介しましょう(参照:かがやきナース、ナースリンク、公式サイト)。

おもと会 大浜第一病院

おもと会 大浜第一病院

www.omotokai.or.jp

おもと会 大浜第一病院は那覇市にある総合病院です。23ほどの診療科目を持ち、地域医療連携に力を入れています。2人主治医制を導入していて、当院の医師とかかりつけ意志が連携して患者のケアに当たっています。また救急告示病院として地域の急性期医療のニーズに対応しています。求人や待遇情報は以下の通りです。

給与 (看護学校3卒)

初任給 基本給 185,400円(均等三交代) 諸手当 職務手当 8,000円 免許手当 20,000円 厚生手当 5,000円 夜勤手当 準夜 3,800~・深夜 5,700~ 概算 36,000円 通勤手当 通勤距離に応じて上限25,000円まで支給 定期昇給 年1回 退職金制度 有り(連続3年以上)

※経験者は、おもと会給与規定に準じ、支給致します。 賞与 年40割(夏15・冬25)

那覇市立病院

那覇市立病院

www.nch.naha.okinawa.jp

那覇市立病院は40年近い歴史を持つ病院で、33の診療科を擁しています。高度医療に対応するために最新医療機器を導入したり施設を拡大しています。24時間365日体制で小児専門医が滞在している数少ない小児救急施設です。がん拠点病院としてがん治療にも力を入れています。求人や待遇情報は以下の通りです(非常勤フルタイムの場合)。

雇用契約 入職可能日より~(年度更新制)

業務内容 看護業務(病棟など)

勤務形態 1日7時間44分/週5日(週38時間40分、4週8休) 2交替制もしくは3交替制

給料 日額制※免許取得後経過年数により異なります

賞与あり(年44日分)※賞与は勤務期間による割落とし有 1年未満 日額:9,930円 賞与:436,920円(年) 1年以上3年未満 日額:10,360円 賞与:455,840円(年) 3年以上5年未満 日額:10,620円 賞与:467,280円(年) 5年以上 日額:10,890円 賞与:479,160円(年)

手当 通勤手当:有り ※当院規程により支給 夜勤手当:有り 祝日勤務手当:有り

年金・保険 厚生年金、協会けんぽ、雇用保険、労災保険 その他 職員用駐車場:無し ※バイク通勤の場合、敷地内指定スペースに駐輪可能(有料)

病院見学・病棟見学も随時受付中

琉球大学医学部附属病院

琉球大学医学部附属病院

www.hosp.u-ryukyu.ac.jp

琉球大学医学部附属病院は、国立大学法人医学部附属病院のひとつとして特定機能病院の指定を受けています。エイズ治療中核拠点病院、都道府県がん診療連携拠点病院、地域周産期母子医療センター、感染症指定医療機関(第一種・第二種)など数々の指定を受けています。国内だけでなく東南アジア地域における医療拠点として貢献する事も目指しています。国際性豊かな医療を目指している方におすすめです。求人や待遇情報は以下の通りです。

給与 基本給 月額約174,930円 ~ 272,160円 その他、各種手当有り(通勤・住居・夜勤手当等) その他、琉球大学非常勤職員就業規則及び給与規程による

賞与 年2回支給、昨年度実績3.89ヶ月分)

各種手当 通勤手当、住居手当、扶養手当、超過勤務手当等

休日制度 2交代制(12時間夜勤):13部署 日勤1:8:00~16:45日勤2:8:00~21:15日勤3:12:30~21:15 夜勤:20:00~9:15 2交代制(16時間夜勤):1部署 日勤1:8:00~16:45夜勤:16:30~9:45 3交代制:3部署

福利厚生 文部科学省共済組合へ加入、雇用保険、労災保険、育児・介護休業制度

沖縄県での看護師おすすめの転職サイト

沖縄県は観光地としても人気が高いですが、居住地としても人気が高い都道府県です。

沖縄県の自然や文化に魅せられて看護師転職したい方も少なくないでしょう。沖縄に転職する場合に有効な方法の一つは転職サイトに登録してキャリアアドバイザーのサポートを受ける事です。キャリアアドバイザーは個人では難しい転職活動を細やかに行なってくれます。

例えば病院の内部情報が分かるため、事前に働きやすい職場を見つけやすくなります。給料や休暇も大切ですが、人間関係なども働きやすさに大きく影響するため内部情報が知れるのは非常にありがたいです。またキャリアアドバイザーは待遇交渉も行なってくれます。

給料アップや夜勤回数の交渉などを行なってくれるため、より希望条件に案件内容を近づけることができます。おすすめできる転職サイトをご紹介します。

「看護roo」

看護rooは利用者満足度96.2%を誇る人気サイトです。看護師求人は37000件もあり1年に2万人以上が利用しています。病院の内部情報を事前にたっぷり提供してくれるため、給料の実態はどうか、離職率は高いか低いか、離職する理由は何かなどといった情報が手に入ります。また今の職場をスムーズに退職するためや給料をアップするためのサポートも行なってくれます。ユーザーの口コミとしてはこのようなものがあります。

「病院を絞ってから、面接に行くことにしました。そのとき、担当者の人と同席面接だったので緊張せずに自分の言いたいことが言えました。隣にいてくれて心強かったのですが、希望条件に合った病院を探してくれたことが一番ありがたかったです。できれば家の近くの病院がいいんですがということを話してみると、近くの病院の情報を何件か持ってきてもらえ、そこから自分で行きたい病院を選ぶことができました。働き始めてから選ぶのに失敗した~ってこともなかったのでとっても感謝しています。」

「看護roo!さん個人的にオススメのサイトです。サイトで病院を探す場合でも、いろいろな条件を選ぶことができるし、自分にあった病院を調べることができるんで。また、サイト上に無い条件がある場合でも、電話で聞いてみると探してもらえたので、病院選びで失敗することは少ないと思います。私は前、勤めていた病院の先生の性格がきつく辞めてしまったので、第一に性格のきつくない先生がいる病院を探してほしいとお願いしてみました。すると、探してみますと言われ、数日後とある病院を紹介してもらいました。」

「ナースではたらこ」

ナースではたらこは日本最大級の看護師専門転職・求人サービスです。年収や有給、残業など担当者に聞きにくい情報をしっかりとアドバイザーが確認してくれるため、妥協した転職になることはありません。またWeb上に公開されていない非公開求人も多数あり、希望条件にあった案件を見つけやすくなっています。運営しているのは東証一部上場会社のため安心して登録できます。ユーザーの口コミとしては次の様なものがありました。

「でも、こちらを利用させてもらってからはコンサルタントの女性が、おすすめの病院を紹介してくれたので、あとは病院の情報を見て自分で選ぶだけだったので楽チンでした。無料で探してくれるので、対応の質が悪いのでは?と思っていましたけど、コンサルタントの女性はそうでは無かったです。」

「紹介会社に数件登録しましたが、一番親切でした。結局、就職には至りませんでしたがいろいろな病院を紹介していただきました。上手いこと言って意見を押し付けてくる会社が多いですが、ここはこちらの意見を尊重してくれました。担当者のお姉さんがいい人だったのかもしれませんが。今後、会社を利用する機会があればこちらを利用したいと思います。」

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事