海外に転職したい!後悔しない海外就職・海外転職について徹底解説!

海外に転職したい!後悔しない海外就職・海外転職について徹底解説!

グローバル化が進んでいるので、海外で転職する道もあります。自分の英語力を生かしてグローバルに活躍している人や、海外でキャリアを磨いていく人がたくさんいます。実際に海外に転職する人はどのようなパターンで転職するケースが多いのでしょうか?必要な考え方も含めて解説します!

海外に転職する人は、まず第一歩を踏み出す人

海外に転職したい!

近年、グローバル化が進んでいるので、海外で転職する道もあります。自分の英語力を生かしてグローバルに活躍している人や、海外でキャリアを磨いていく人がたくさんいるのです。

このような人たちは、勇気を出して海外に転職することによって、自分の理想のキャリアを掴むことができたり、海外で充実した生活を送ることができるようになっています。

海外に転職するメリットにはどんなことが挙げられるのでしょうか?海外に転職するメリットには、毎日定時で仕事が終わり、私生活が充実できることです。

日本では、職場の上司や仲間の付き合いで食事や飲み会などに行く必要が出てきますが、海外の職場ではそのようなことはほとんどありません。また、残業もほとんどありませんので、毎日の私生活が日本よりも充実できる日々を送ることができます。

また、自由に仕事ができるというメリットもあります。やりたい仕事を担当させてくれたり、経験できない責任ある仕事を任せてもらえることもあります。さらに、職場の勤務時間が融通が効くメリットもあります。日本は、定時に出勤するシステムがまだ多いですが、海外ではゆっくり出勤しても許されるケースが多いようです。

さらに、日本で生活するよりも広くて大きな家に住めたり、海外で労働経験をするため、広い価値観を持つこともできます。このように海外に転職するメリットはたくさんあるのです。

このようなメリットを考えると海外の転職も良いかも、と思いませんか?しっかり準備をするなら、海外勤務も難しくありません。しかし、海外勤務の人のほとんどは、海外に行くという強い意志を持って海外の転職活動をしたというのではなく、とりあえず話だけでも聞いてみようという軽い気持ちから始めて、それから海外に転職した人が多いようです。

ですから、まず海外に転職するための第一歩を踏み出している人たちが海外に転職するチャンスを掴んでいます。海外に転職するどんなケースがあるのでしょうか。

海外の転職には2つのケースがある

・現地採用 現地採用だと、日本の会社の現地法人や海外支社に直接採用されるケースがあります。日本人にしかできない仕事をするケースが多く見られます。

・海外駐在 海外駐在は、日本で日本企業に転職し、一定期間海外勤務を命じられます。収入は現地採用より良くなる傾向があります。しかし、国や期間は会社が決めるので自分で決められる自由度は低くなります。

海外駐在は、社内でキャリアを積んできた人が抜擢されることが多く、転職で狙うのはかなり難しいので、無料の転職エージェントと対策を練ることがおススメです。

現地採用の場合、経験が少なくても受かる転職先があります。例えば、現地のツアー会社(日本人添乗員として日本人を案内)、日本語教師、引越し業者(駐在日本人向け)などがあります。特にスキルがなく自信がない人は、自分が得意なことを活かせる仕事がないか無料の転職エージェントに相談してみるのも良いかもしれません。

このような海外の転職をするかどうか迷っている場合、まず踏み出してみるという第一歩が大切です。それはなぜでしょうか?その理由を見てみましょう。

海外に転職するか迷ったら、まず準備するのはなぜ?

・将来、自分が後悔しないため 海外に転職するかどうか悩んでいる人は、まず準備をしてみることがおススメです。それは、思い立った時に動かないと5年後や10年後、後悔することになるからです。

今は独身でも家族ができたならば、家族の同意も必要なので海外に転職するのが以前より難しくなることでしょう。「あの時、行っておけば良かった」と後悔することになりかねません。

また、年齢がいけばいくほど、海外の転職するのが難しくなりますし、今現在日本でもらっているお給料と同じ額をもらえる会社の求人を探すのもとても大変です。さらに、海外で仕事できる専門的な技術がない人であるならばなおさら、時間がたつほど海外の転職が不利になります。

・一歩踏み出して、成功している人がたさんいる

海外に転職するかどうか悩んでいた人が、勇気を出して踏み出した人の多くが海外で充実した生活を送っています。そして、自分に合った希望の職場で仕事ができるようになった人もたくさんいます。

一歩踏み出して海外に転職した人の中には、最先端の技術を学ぶことが出来た人や、語学力を鍛えることが出来た人もいます。残業のある日本と違って、スローライフを楽しむことができて楽しんでいる人もいます。

自分が憧れていた国で働くことができた充実感や、日本に帰国した後も海外で働いた経験が転職に役立ったという人もいます。このように、自分の理想の生活やキャリアを掴むためにも一歩踏み出すことが大切なのです。

・まず踏み出す努力をした人は、日本に残るとしても日本の仕事に満足できる

海外での転職を夢見て踏み出す努力をしていた人が、自分のキャリアを見直し、日本の企業で働く決断をした人は、海外で転職することに未練はありません。

まず踏み出して海外の転職を真剣に考えてから決めた人は、日本の企業で毎日充実して働くことができます。自分できちんと考えて日本に残ることを決定したのであれば、後悔することはありませんし、自分の人生にプラスとなるのです。

海外に転職するための一歩を踏み出す方法

海外の転職を考えたならば、踏み出す一歩として「転職エージェント」に相談することから始めた方が良いでしょう。海外の転職を成功させている人のほとんどは、「転職エージェント」の無料サービスを活用しています。

エージェントとは代理人を意味しますが、転職エージェントというのは、キャリアを考えながら海外に行くべきか、どの国でどんな仕事をしたらよいかをプロの目線でアドバイスしてくれるサービスのことです。

初めての人はあまり知らないかもしれませんが、慣れている人はエージェントにコンタクトを取り、海外勤務の会社へ転職しています。まず、登録すると担当者から連絡がきますが、その人と相談して転職することや、どこが良いのか相談し決定することができます。

転職エージェントは無料ですから、転職について話をした後途中でやめたとしても問題ありません。そして、良い転職エージェントに出会うと、満足した海外の転職をすることが可能です。

転職エージェントに登録すると、自分に合った求人をたくさん紹介してくれます。求人情報の中には、ネット上では出ていない求人(非公開求人)もあるので、転職エージェントはおススメです。非公開求人は、少人数の人しか知ることができないため、良い条件・良いポジションであっても競争倍率が高くなりすぎない、というメリットがあります。

海外の転職は、勤務が始まってから失敗したことに気づいても簡単に転職できないこともあります。海外の転職の際、雇用契約に関係したトラブルが頻発しているので、気を付ける必要があります。

例えば、次のようなケースがあります。32歳のTさんは、雇用契約書で知らぬ間に不利な契約を結んでしまい、2年後キャリアアップを考えて同業他社に転職した結果、訴訟を起こされてしまいました。「Non-Competition(競業避止)の条項に気づかなかったようです。

このようなことにならないためにも、転職エージェントのサポートは大切です。海外の転職は日本の転職とは違い、転職手続きが複雑だからです。

転職に必要な手続きの中には、現地の文化に合う履歴書を作成したり、現地企業の人事と面接日程を調整しなければなりません。また、入社条件について現地企業の人事と交渉もします。雇用契約書の確認をして締結したり、給与規定の確認もします。

現地医療保険制度の確認をして手続きもしなければなりません。労働関連の法律の確認や、ビザ申請、渡航前の感染症対策(ワクチン等)も必要になります。ですから、信頼できる転職エージェントを必ず使うようにしたいものです。

どこの転職エージェントが良いか迷うことがあります。海外で転職する目的やどの地域で働きたいかによって違ってきます。しかし、大手だからという理由で転職エージェントを選ぶと、海外勤務が始まってから自分のイメージと違っていたり、雇用契約トラブルが起きることがありますので、注意が必要です。

求人を検索する「転職求人サイト」と呼ばれるものがありますが、転職求人サイトでは、相談できる担当者がつきませんし、雇用関連の手続き等は自分一人でしなければならないため、あまりオススメできません。では、どの転職エージェントが良いのでしょうか?見てみましょう。

海外の転職エージェントでキャリアにオススメはどこ?

海外の転職エージェントに相談したくても、転職エージェントはたくさんあります。ですから、相談して親身になってくれる転職エージェントを選ぶと良いでしょう。

キャリアに自信がある人は、ハイクラスの求人をたくさん揃えている転職エージェントがおススメです。一つではなく、まずは3つの会社に登録して担当者の話を聞くのが良いでしょう。それから、どこのエージェントにするかを選ぶことができます。

「JACリクルートメント」

英国発祥の転職エージェントで、シンガポールやマレーシア、インドネシア等アジアを中心に9ヶ国にネットワークを持っており、海外拠点と情報を共有して現地の転職情報を知ることができます。

海外の転職の実績は高く、海外転職専門のコンサルタントチームによるサポートを受けることができます。キャリアに自信がある人にオススメのエージェントです。

「リクルートエージェント」

案件数や決定数業界トップの最大手転職エージェントになります。海外求人や海外転職のサポート実績は国内でトップになります。

海外に行く場合の今後や、豊富な求人と転職のデータをもとに相談に乗ってくれます。しかし、コンサルタントの質に差があると言われています。JAC等と併用して登録したほうが良いでしょう。

リクルートエージェントの評判チェック!利用した口コミも!

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで転職や就職業界最大手のリクルートグループ・リクルートキャリアが運営しています。最大手のリクルートエージェントの特徴や実際利用した方の評判をチェックしよう!

https://career-step.fun/%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%82%EF%BC%81

「Spring転職エージェント(アデコ)」

スイスに本社があるグローバル企業です。派遣事業等を含め人材事業では世界1位の規模を誇っています。

外資系企業でここでしか求人を出していないグローバル企業が多く、世界60の国と地域に5,100拠点を展開し、10万を超える企業の顧客を持っています。幅広い国の知識や案件を持つため、とても心強いエージェントです。

海外の転職エージェントで語学力・キャリアに自信がない人にオススメはどこ?

キャリアがなく、目立った経歴や経験がない人は、大手の転職エージェントでは求人を紹介してもらえなかったり、電話もこないケースがあります。ですから、語学力・キャリアに自信がない人でも転職ができる転職エージェントがおススメです。

「REERACOEN」

ネオキャリアが運営する転職エージェントです。案件はアジアが中心でインドネシアの案件は5,000件位を保有しており、現地会社から日系企業現地法人まで幅広く扱っています。コンサルタントが海外に転職する良さや悪いところも教えてくれるので相談するのにオススメのエージェントです。

「GJJ海外就職デスク」

海外就職を支援する初めてのポータルサイト・エージェントです。語学力がなくても海外で働ける可能性のある比較的ノンキャリア向けのエージェントです。無料カウンセリング、説明会などを開催しているので相談に行くことができます。

「EARTH TIMES」

格安留学や海外求人を紹介しているサイトになります。ツアー運行や日系飲食店の求人などの経験を問わない案件が多いです。しかし、収入はローカル価格のケースも多いため、雇用契約内容をきちんと確認しましょう。

海外に転職する際のよくある質問

海外に転職を考えている人であれば、ここだけは聞いておきたいと思う質問があるものです。よくある質問について見てみましょう。

海外の転職に語学力はどれくらい必要?

語学力は日常会話レベルはある方が良いでしょう。語学力があまりなくても、誇れるスキルや経験を持っているならば可能なところもあります。語学力は、海外に住んでから徐々に覚えていく人もいます。

しかし、スキルや経験がない場合、日本のように海外では未経験者を育てることは期待できないので、語学力がないと採用されにくい可能性があります。しかし、中には日本人向けの接客業があり、スキルや語学力を必要としないケースもあります。転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

海外の転職に学歴は関係ある?

4年生の大卒以上でなければ、単純作業員としての採用になってしまい、就業ビザが発行されない場合もあります。ですから、海外では学歴に厳しい国が多いようです。

しかし、大学の学位を持っていれば大学名は気にしないケースが多いようです。なにより、何を学んだのかが大切です。国により学歴に関する考えも違ってくるので、転職エージェントに相談してみるのが良いでしょう。

海外の転職は給料が良くなる?

日本の転職と同じように、どのようなスキルや経験があるかにより給与が異なってきます。給与が上がるかは、国や仕事やポジションにより違ってきます。例えば、タイのバンコクで日本企業・製造業・現地採用の営業だとすれば、月収は22万円位になります。

ベトナムで日本企業・サービス業・現地採用の翻訳だとすれば、月収は13万円位になります。

給料が心配な場合は、転職エージェントにしてみると良いでしょう。転職エージェントは、希望に合うように年収交渉を努力してくれます。

どこの国が転職におすすめ?

どこの国が良いかは、人それぞれの求めるものによって変わってきます。ですから、自分の希望を転職エージェントに相談してみると良いでしょう。その際は、その国の政治経済状態や、住む環境(宗教・気候・食事・医療等)を考えます。

転職したい国があれば、一度試しに行ってみてどんな環境かを見てから考えた方が後で失敗することはないでしょう。

海外転職の面接は現地?

現地採用の場合は、現地で面接が行われるケースが多いです。しかし、会社によってはSkypeで面接をしてくれるところもあります。海外の現地の面接は準備が大変ですが、面接が遅くなると、イメージが悪くなるので面接に呼ばれたら早めに行くようにしましょう。

採用までは3~5日で内定が出ることもありますので、滞在期間は1週間位と考えます。面接では、なぜこの国のうちの会社を選んだのか聞かれることが多いので、事前に質疑応答の準備をします。面接で不安な場合、転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

まとめ

海外の転職に関心がある人は、まず相談することが大切です。手続きなど分からないことがありますから、転職エージェントに登録して相談に乗ってもらうならば、安心です。海外に転職することに迷ったら、後悔しないためにもまず、一歩踏み出してみるならば、幸せな人生を歩むことができることでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事