【百貨店の仕事】求人の探し方や給料・待遇を見てみよう!

【百貨店の仕事】求人の探し方や給料・待遇を見てみよう!

百貨店業界は全体的に厳しい状況にあり、どの百貨店も独自の戦略で売上アップにつながる事業展開をしようと力を注いでいます。各社の競争がますます激しくなっているなか、各社ともいかにお客様にとって魅力的な商品を取り揃え、オリジナリティあふれる快適な売り場づくりができるかが生き残っていくポイントとなっています。

百貨店の仕事の特徴と種類

People shopping in department store.  Defocused blur background.

景気や消費動向に左右されやすく、ここ数年は激動の百貨店業界ですが、業能を変えるなどリニュアルで巻き返しを図っています。

洋服、服飾品、雑貨、家具、食器、食品、玩具など、人々が生活するうえで必要としたり、ライフスタイルを豊かにするためのありとあらゆる商品を取り扱っっていて、そこではたくさんの人が活躍しており、それぞれが担当業務を持って働いています。

販売

店頭に立ち、お客様に接客をする仕事です。お客様のニーズをくみ取ったうえで、商品説明をしたり、おススメのアイテムを紹介したりすることで売上アップに貢献します。商品知識はもちろん、お客様のニーズをヒアリングする力、プレゼン力、待遇能力などが求められるでしょう。

また、常にお客様が快適に買い物を楽しむことができるように、商品の在庫管理や発注、伝票処理、店舗レイアウト、清掃なども担当します。百貨店店員のなかでは、お客様と直接触れ合うことが多い仕事と言えるでしょう。

仕入れ

いわゆる「バイヤー」と言われる職種に就く人の仕事です。どのような時期に、どのような商品をどのくらい仕入れるかといったことを考え、実際に動きます。季節ごとの展示会を回ったり、生産者の元を訪れたりしながら、実際に買い付けや仕入れ業務に携わります。

流行や時代のニーズを捉え、時期を先取りして売れそうなアイテムを仕入れる必要があります。販売職のように表に立つことはあまり多くありませんが、一流ブランドやショップには、必ず優秀なバイヤーがいると言われています。百貨店の売上はバイヤーにかかっていると言っても過言ではありません。

マーチャンダイジング

Collaboration is a key to best results. Group of young modern people in smart casual wear planning business strategy while young woman pointing at infographic displayed on the glass wall in the office

マーチャンダイジングとは、直訳すると「商品化計画」という意味で、具体的には「消費者が求める商品を適切な価格・数量・タイミングで提供すること」を表します。商品の企画開発・販売・流通などを総合的に管理・監督する仕事です。

「売れる商品は何か?」ということを念頭に置いて、市場調査や売上動向の分析、商品の開発計画考案などを行ない、商品が実際に売り場に陳列されるまでを全体的に取り仕切る責任者として働きます。ときにはバイヤーのように自ら商品を仕入れたり、開発した商品を世の中に広めるために広告制作や販売促進にまで携わることもあります。

営業

個人や法人の常連客、いわゆる「お得意さま」に対して、お客様のところを訪問して直接商品を販売する「外商営業」という仕事があります。このほか、企業に対して商品を提案していく「法人営業」として働く人もいます。特に、お中元やお歳暮などのギフト商品を積極的に取り扱うことが多いです。

販売促進

より多くのお客様に来店していただけるように、百貨店でのイベントや催事の企画と運営を行ないます。また、売り場づくりにも中心となって取り組み、お客様の導線などを踏まえたうえで、見やすくよりたくさんの商品を買っていただけるように売り場を完成させていきます。

販売促進は実際の購買行動につながるような仕掛けを考えることが役割です。新商品の販売に伴うキャンペーンやイベントを企画したり、特典やノベルティを考案したりします。こうした企画を成功に満ちびくためには、柔軟な発想力に加え、ターゲットとなる消費者層ニーズをつかむためのデータ分析やマーケティング能力が求められます。

管理系

上記のほか、総務、経理・財務、人事、広報など、一般的な企業と同様に会社を支える管理系の部門で働く人たちもたくさんいます。社員たちが働く上で必要な制度を整えたり、教育を行なったり、勤怠管理をしたり、会社の窓口として外部とのやりとりを行ないます。一人一人が役割を持ちながら、裏方で多岐にわたる業務をこなしていきます。

百貨店社員の魅力

百貨店社員はお客様に対して、どのような時でも笑顔で、誠実に向き合う姿勢が求められます。疲れていたり、落ち込んでいたりする時にも気持ちを入れ替えて接客し続けることは大変なこともあるでしょう。百貨店社員として働くことがやりがいのある魅力的な仕事と思えるときはどのような時でしょうか。

たくさんの人の笑顔に出会えること

Close up of pre-teen friends in a park smiling to camera

百貨店社員のやりがいは、若い人からお年寄りまで幅広い年代のお客様に魅力的な商品をお届けし、笑顔を生み出すことにあります。百貨店は多種多様な職種があるため、決して全員が直接お客様とコミュニケーションをとるわけではありません。裏方として百貨店の経営に携わったり、従業員にとって働きやすい職場環境を整えたりする役割を担う人もいます。

しかし、一社員としてその百貨店の看板を背負って働くということは、やはり「お客様に感動や喜びを届けたい」という強い思いを抱いて働くことでもあります。自分に任された仕事で成果を出し、見えないところでもお客様の笑顔につながっていると感じられた瞬間には、ものすごく大きな達成感を味わうことができるでしょう。

売上アップに貢献できたとき

百貨店社員の代表的な職種のひとつである販売員。自分がいいと思っている商品をお客様にお勧めして、それを気に入っていただきご購入していただけたときは、素直に喜びの気持ちが膨れ上がってくることでしょう。お客様に満足していただける瞬間に立ち会うことができるのは嬉しいことです。

また、百貨店におけるもうひとつの花形職種がバイヤーです。バイヤーは、市場動向やお客様の求めるものを敏感に察知しながら、自分がいいと思うものを仕入れ、より魅力的な方法でお客様にお届けする方法を考えます。同じ商品でも、仕入れる時期や価格、また売り場の展開方法ひとつで、売れ行きは大きく変わることも珍しくありません。

売れる、売れないという結果は、お客様の反応はもちろん、最終的には目に見える「数字」で返ってきます。責任がある分、売上に貢献できたと実感できたときには、おおきなやりがいを感じることができます。

「モノの動き」を追えること

World map with logistic network distribution on background. Logistic and transport concept in front Industrial Container Cargo freight ship for Concept of fast or instant shipping, Online goods orders

百貨店に勤務していると、「モノ」の一連の動きを追うことができます。消費者の立場であれば、すでに店頭で並んでいる商品を目にして、気に入ったものを購入し、自分で使用するというところでまでで終わることがほとんどです。しかし、百貨店では職種によってモノの生産や仕入れの現場を目にしたり、自分で関わることができます。

さらに仕入れた商品がお客様にお届けされるまで、自分の目で見ることもできるのです。こうした流れを知るようになると、自分がプライベートで買い物をする時にも、また違った観点から商品を見ることができるようになるものです。買い物しているときの楽しみ方も変わってくるかもしれませんね。

人気の百貨店

日本の百貨店は、再編が進み各々付加価値や差別化を図ることによって百貨店本来の「売り」を打ち出すことで、各々の百貨店へ来店する客層も変わってきています。インターネット上によるオンラインサービスやショッピング金額に対するポイント付与など個性も活かされています。あなたはそれぞれの百貨店についてどのくらいの知識を持っておられますか?

高島屋

高島屋

www.takashimaya.co.jp

高島屋グループは、1991年に「いつも、人から。」という経営理念を掲げましたが、2008年3月に新しく制定し直しました。時代の変遷とともに、環境問題をはじめとする企業に対する社会の要請や期待が大きく変化しており、理念の見直しが必要であると判断したからです。

経営理念「いつも、人から。」に込められた「人の心を大切にする」という精神は変わりませんが、企業活動を通じて、社会に貢献していくことこそが、今後の企業のあるべき姿であるという考えを強調しています。「人を信じ、人を愛し、人につくす」こころを大切にして社会に貢献していくことを目指しています。

高島屋は、大阪の難波に本店を置き、日本橋や横浜、二子玉川、新宿などに店舗を構え、高島屋ならではの高品質な商品やサービス、インターネット上のオンラインショップ限定などの商品に人気があります。日本国内では約20店舗を展開しており、取り扱う製品やサービスは高品質と好評です。ファミリー対象として利用者から高い評価を受けています。

三越伊勢丹

三越伊勢丹

www.imhds.co.jp

三越伊勢丹は、平成20年4月に三越と伊勢丹が合併し三越伊勢丹として発足しました。私たちの考え方として、「人と時代をつなぐ三越伊勢丹グループ」変化せよ。1.データを自分がつくる・2.時代より先に変わろう・3.他者が私を新しくするbe a newoneとして一人ひとりがどのように変化すべきかを表しています。

本店は、東京・新宿3丁目の伊勢丹であり、北は札幌から福岡まで9都市で展開しています。三越伊勢丹の最大の魅力は、バイヤーの目利きであり国内外から最先端のおしゃれでセンスの良いアイテムを揃え、メーカーの規模に関わらず「顧客にいいものを提供する」という姿勢がうかがえ人気となっています。

阪急百貨店

阪急百貨店

www.hankyu-dept.co.jp

地域社会への生活モデルの提供を通して、地域になくてはならない存在であり続けることを企業の基本理念としています。阪急百貨店は、阪急沿線に7店舗、関東にも3店舗展開しており、大阪では1.2位を争う人気の百貨店で品揃えも充実し、老若男女から高い支持を受けている百貨店です。

ここ数年では、訪日外国人の急増で、化粧品や宝飾品など単価の高い商品も売れ、ブランドをうまく誘致しています。一人ひとりがどのように変化すべきかを表しています。関東のひとからは阪急百貨店のイメージはあまり強くありませんが、インターネット上のオンラインショップの「ペルソナカード」では年間50万円以上の利用で翌年は10%還元させるなど好評です。

西武百貨店

西武百貨店

www.sogo-seibu.jp

そごう・西武の企業理念は「想像以上の提案で、お客さまに発見を。」とし、今までにない提案をして、お客様自身をも気づかなかった想像を超えた自分に、時代に合った方法で出会っていただくことを目指しています。ご提案によって、お客様の表情がまたたく間に明るくなる瞬間に立ち会うために心を尽くすことを大切にしています。

西武百貨店は、入会金や年会費無料の「クラブ・オン・ミレニアムカード」を作ることで、ショッピングなど1,000円に対し1ポイント永久不滅ポイントが付与されます。西武百貨店は、そごう同様に「ミレニアムリテイリンググループ」の百貨店であり、北海道から関西まで18店舗を展開しています。「クラブ・オン・ポイント」ではショッピング金額に応じてポイントが貯まり、2,000ポイント以上では西武百貨店ほか、そごうでも利用できるギフト券に交換できるのが魅力となっています。

そごう

そごう

www.sogo-seibu.jp

そごうは西武百貨店同様に入会金や年会費無料の「そごう・ミレニアムカード」に加盟することで1,000円に対して1ポイント永久不滅ポイントが付与され、1,000以上のショッピングで2%のポイントが貯まります。そごうは、高島島屋同様に婦人・紳士・キッズ、家庭用品、食器など幅広い優れた商品を取り揃えています。

専門的なアドバイスも教育されたスタッフが丁寧に説明してくれるのは嬉しいですね。旗艦店となる横浜店は、人気が高く訪日外国人客の数も年々増加傾向にあります。

百貨店の仕事の転職事情と求人の探し方

各百貨店では、契約社員やアルバイト・パートの採用も比較的よく見られます。特に販売職に関しては、契約社員やアルバイト・パートで活躍している人も多いです。全体としては女性社員やスタッフの割合が高い業界あることから、人材の流動性は比較的高いと考えられます。女性が仕事を長く続けることはできますが、結婚や出産といったライフステージの変化によって転職や離職する人も少なからずいるからでしょう。

経験豊富で、個性豊かな人が求められる

百貨店各社は伸びしろのある若手を集める新卒採用だけではなく、すでに外での経験がある人を集めるための中途採用を積極的に行ない、新しい風を社内に取り入れようとしているようです。もちろん「販売の達人」のようなプロフェッショナルな一面に期待を込めているところもありますが、「豊かな個性の新たな能力を持つ人が欲しい」と考えている企業も多いようです。

したがって、前職が百貨店という人だけでなく、まったく異なる業界からの転職組も採用される可能性は十分にあります。

どのような人が採用されるのか

Hands typing, shaking, pointing, showing in different business situations

百貨店は、販売以外にも、営業や企画、マーケティング、仕入れ、管理などさまざまな部門で成り立っています。新卒採用の場合は、「総合職」といった形で一括採用され、入社後に各部門に振り分けられることが一般的です。しかし、中途採用の場合は最初から「営業」「バイヤー」といった形で、職種別に採用活動が行われることもしばしばあります。

そのため、やはり前職などでの経験を活かせる部門に応募したほうが、採用される確率は高くなるでしょう。小売店や量販店、サービス業などにおける接客や販売経験、あるいは個人や法人向けの営業経験などは生かしやすいですし、語学力や事務処理のスキルなどに自信がある人も百貨店は力を発揮することができます。

一年のうちに決まった時期に実施される新卒採用とは異なり、中途採用は通年で行なわれているケースが一般的です。欠員が出た時点で募集がかけられることも多いため、こまめに情報をチェックしておくことをおすすめします。

百貨店に求人の探し方

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している人気の高い転職サイト。人気の大企業だけでなく優良な中小企業の案件も豊富ながら、条件に合った案件を検索しやすい、必須の転職サイト!

「リクナビNEXT」はリクルートを母体とする「リクルートキャリア」が運営する社会人向けの大手転職サイトです。会員数(登録者数)は786万人にのぼり、転職希望者の約8割が利用していると言われるほど人気が高いのが特徴です。人気の秘密は業界最大級の求人数と魅力的なサービス内容にあります。

リクナビネクストの掲載求人数は約1万件、新着・更新求人は毎週1,000件を超えることがあります。これは国内の転職サイトのなかでもトップクラスの数字です。会員登録すれば、スカウトサービスをはじめとした会員限定サービスをすべて無料で利用することができます。

リクナビネクストを運営するリクルートキャリアは、新卒採用でおなじみの「リクナビ」や人材紹介の「リクルートエージェント」、就職情報サイトの「就職ジャーナル」など、人材関係サービスを提供している大手企業です。リクルートグループ独自の就職・転職ノウハウを活かし、中小企の転職サイトでは太刀打ちできないような充実したサービスを提供しています。

社会人歴が浅い方からベテランの方まで安心して使える、中途向けの王道転職サイトとも言えるでしょう。自分の経歴や転職時に希望条件を登録するだけで、企業の採用担当者からスカウトメールが届く使うとサービスを利用するなら、書類選考が免除になることもあります。スカウトサービスを活用すると、仕事を見つけやすくなるだけでなく、自分でも気づかなかった市場価値や可能性に気づくきっかけを得ることもできるでしょう。

やりたいことが明確に決まっているのであれば、ぜひ利用していただきたいサイトと言えるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事