【社会福祉士の仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格も徹底解説!

【社会福祉士の仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格も徹底解説!

社会福祉士という仕事を聞いたことがある方は多いと思います。しかし、具体的にはどのような職業なのでしょうか?社会福祉士として働きたい場合はどうしたらいいのでしょうか?社会福祉士になる方法について詳しくまとめてみました。参考にしてみてくださいね。

社会福祉士として働くには?どのような仕事をするのか?

Pretty Young Office Woman Smiling at the Camera Against her Two Female Colleagues

社会福祉士という仕事を聞いたことがある方は多いと思います。しかし、具体的にはどのような職業なのでしょうか?社会福祉士として働きたい場合はどうしたらいいのでしょうか?

社会福祉士になる方法について詳しくまとめてみました。参考にしてみてくださいね。

まず最初に、社会福祉士とはどのような内容の仕事を行なうのかについて見ていきましょう。

社会福祉士とはどのような仕事か?

簡単に言ってしまうと、社会福祉士は病気になってしまったり、障害を抱えてしまった人から生活状況や日常生活などの相談を受けて、安定した生活ができるようにサポートしていく仕事をします。

しかし、その相談内容は多岐にわたり、例えば高齢者介護、障がい者支援、生活保護、児童福祉などの福祉の全てが対象となります。それぞれが抱える悩みを聞いて、その人にとって最も最適な支援やサービスを提案し提供して、共に解決していきます。ですから、膨大な量の知識が必要とされる職業だといえます。

具体的な業務はどの分野の職場で働くかによっても異なります。例えば生活相談員としての業務の場合、施設で暮らす利用者や家族に対して生活上の相談を受け、利用者が自立した生活ができるように援助計画を立てます。また、援助計画に沿った施設生活を実行して定期的に確認し、見直しが必要な場合には計画に調整を加えていきます。そして、利用者が関わっていく行政などの関係機関と連絡を取り、必要な公的手続きの代行を務め、公的な支援を利用者や家族に情報伝達し提供します。

社会福祉士はほかにも、特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設、障がい者支援施設、地域包括支援センター、ケアハウス、児童福祉施設などでも働きます。介護施設の場合は、施設の入所希望者とその家族の相談も受け付けます。

こうした施設で働く場合には、施設利用者やその家族に対して細かな要望を汲み取っていく必要があります。例えば、どのように施設を利用したいのか、週に何回程度の利用を希望するか、などの要望を聞いていきます。そして家族にも、そのようにします。特に、家族には家庭内の生活スタイル、困難なこと、どの程度の支援を必要としているのか、利用者の性格、要望をさらに詳しく聞きます。

そうして、利用者と家族が何をどれほど希望しているのか理解し、それらを踏まえてどのようなサービスを提供できるか考えていきます。一度ではなく、何回も行なっていきます。そうすることで、信頼関係を築いていく事ができますし、食い違いがあっても解決に向けて歩み寄っていく事ができます。

では、社会福祉士として働くやりがいや魅力にはどのようなものがあるでしょうか?次にその点を見てみましょう。

社会福祉士として働くやりがいや、魅力について

Man answer questions of social worker in home

沢山の業務をこなさなければならない社会福祉士ですが、どのようなことが魅力となるのでしょうか?見ていきましょう。

「コミュニュケーションスキルが身につく」

社会福祉士は相手の心を開く為に、カウンセリングの知識やコミュニュケーションの方法を開拓していきます。そうすることで、常に相手の立場に立って物事をみて考えたりするようになります。こうした能力はなかなか普段の生活では身につけられるものではありません。ですから、普段の生活の中でも家族や友人の悩みや相談を親身になって聞くことができるようになります。そうすると、相手から感謝され信頼関係をますます強くする事が出来るでしょう。

他にも、コミュニュケーション能力以外にも医療の知識、福祉に関する様々な点、歴史、法律関係などの分野にも強くなっていきます。初めは、全く分からなかった分野でも勉強していくことで知識を増やしていくことになります。

「喜びを共有しやすい」

社会福祉士は常に相手と一緒に悩みを解決していき、相談者が自立した生活ができるように助けます。そうした時に、今まで出来なかったことが出来るようになったり、表情が暗かった人が笑顔を見せてくれた時には、共に幸せを感じることのできる数少ない貴重な職業だと思います。

また、喜びの他にも達成感を感じることもできますし、感謝される仕事なのでそうした点でも喜びを感じることができるでしょう。そうするなら、また次も頑張ろうという気持ちになるはずです。

「努力次第でステップアップすることが可能」

社会福祉士として長年従事してきた人達の中には、その経験や実績が買われて大学や専門学校に教授として招かれるという人もいます。また、国の機関に特別採用されるということもあります。このように、年齢に関わらずキャリアアップの道が数多く開かれているので、自分が努力して経験を積めば将来に様々な選択肢があるというのも、可能性があり嬉しいことですね。

「待遇も良い」

介護業界は土日祝日関係なしに年中無休というイメージがあると思います。しかし、社会福祉士は別です。職場によってはもしかすると土日出勤という所もあるかもしれませんが、基本的に相談業務は平日が中心となっていますので、土日はお休みになります。公務員の場合ですと間違いなく土日祝日は完全に休みとなります。

また、社会福祉士の職場は自治体、社会福祉法人、病院など経営が安定している職場が多いですから、福利厚生もしっかりしていて各種手当も優遇されているところがほとんどです。

社会福祉士には沢山のやりがいと魅力がある事が分かりましたね。では、社会福祉士としての業務の大変な面も見ておきましょう。

社会福祉士として働く大変さ

business, overwork, people, deadline and technology concept - stressed businessman in glasses with laptop computer thinking at night office

仕事をしていく上でどのような大変な面もあるでしょうか?まとめてみました。

「人間関係」

これは、社会福祉士だけではなくどの職業でも言えることですね。しかし、社会福祉士は人との関わりが主な仕事となりますから、人間関係のトラブルも生じやすいといえます。

特に、何かの問題を抱えている人が相談に来られますから、時には不安定な精神状態で相談にみえることもあります。その為、相談内容が支離滅裂になったり、感情的になったりすることもあるでしょう。そうした時にも社会福祉士は冷静に対応しなければなりません。その冷静さが相談者にとって冷たい対応と受け止めたり、事務的だと思われてしまったりということもあります。

どれだけ自分が努力しても、相談者と良好な信頼関係を築けずに終わってしまうという時には、ストレスを感じてしまうかもしれませんね。

「理想と現実とのギャップを感じる」

社会福祉士を目指す理由の1つに、困っている人を助けたいと思う人が多いと思います。しかし、現実といえば相談者と法律の間で支援の限界を感じてしまう方も多くみられます。時には同じ問題を扱っていても、この家族にはこの支援が提案出来るけど、こっちの家族にはこの支援を提供できないということもあります。例えば、相談者の住民票と居住地が違う場合には、自治体の定めによって、通常は受けることのできる支援提供が難しいという事もあるからです。

このように、助けてあげたくても自分では助けることもできない問題が出てきてしまう場合、大きなジレンマとなります。

「常に高い志が必要」

先程取り上げたように、精度の限界を感じる事があっても、そこで諦めてはいけないのが社会福祉士の仕事です。そうした態度というのは相談者にも伝わっていきます。社会福祉士が頑張れば頑張るほど、相談者も何か自分にできることをしなくてはという気持ちになっていきます。

ですから、どのようなケースであっても問題に向き合い、問題を解決しようという強い気持ちが常に必要となってきますので、常にそのような気持ちを持ち続けていくことに、時には疲れを感じてしまうかもしれません。

しかし、最初は沈んだ顔をしていたのに、一緒に問題を徐々に解決していくにつれて、自ら立ち直っていく姿を身近で見れるとそうした疲れも吹っ飛ぶことでしょう。

では、どのような人が社会福祉士に向いているのでしょうか?

社会福祉士に向いている人

Picture of smiling nurse assisting senior man

どの職業でも向き不向きがありますが、社会福祉士に向いている人はどのようなタイプでしょうか?みていきましょう。

「人と接する事が得意な人」

すでに挙げた通り、社会福祉士とは人と多く関わる仕事です。その中には、高齢の方、障害を抱えている方もおられます。その方達と、様々な行政の方達とを結ぶ橋渡し的な存在となる必要があります。そうした時に、人と接するのが苦手では、仕事がなかなか進まなく、迷惑をかけてしまうことになりかねません。ですから、普段から人と接するのが好き、または得意という方が向いているでしょう。

ただ、人と接するのが苦手という方でも、人の役に立ちたいという強い気持ちがあれば、苦手な気持ちを次第に克服でき、社会福祉士として働き続ける事ができるでしょう。

「相手の話をしっかり聞き、理解できる人」

社会福祉士の仕事は相談業務がほとんどです。ですから、人の話を聞くことが得意という方が必要とされています。人の話を最後まで聞くというのは簡単そうに見えますが、意外と難しいことです。人の話を遮って、どうしても自分の話をしがちです。しかし、相談業務で問題解決する為には、相手の話をよく聞き状況を正確に判断し、相談者の気持ちを詳細まで汲み取って理解するという事が必要です。相手の話を聞き、相談者に向き合いながら話を聞くことのできる人は社会福祉士として向いているといえます。

「ニーズを読み取る能力がある人」

社会福祉士として必要な能力は相手のニーズを素早く読み取るということです。相談者との会話から、相手がどのようなことをどれほど求めていて、何がしたいかなどを読み取る必要があります。相談内容に応じ、的確な判断と相手に合わせたサポートや情報の提供ができなければなりません。その為には、読み取る能力と共に、情報が提供できるように情報の引き出しというものも持っている事が大切となってきます。

また、相談者だけではなく、相談者の家族や他の専門家達の気持ちを理解し、何が最善のサポートになるのかということを把握する能力があれば、信頼の置ける社会福祉士となることができるでしょう。

「信頼関係を構築することができる人」

社会福祉士が相談者のニーズに応えて、相手にあった支援や援助また相談を繰り返し行なうには、まずは相談者から信頼されることが1番のポイントとなってきます。信頼関係ができていなければ、相談者の本当の気持ちを聞き出すということは難しくなってきます。相手の立場に立って物事を考え、相手の要望や相談を丁寧に聞くなら徐々にではありますが、信頼関係が生まれてくることでしょう。

「向上心がある」

相談を受けても自分一人で解決できないような問題の場合には、各機関や病院などと連携してサポートしていく必要があります。問題1つとっても、問題解決する為に様々な角度からアプローチしていかなければなりません。そうなった時に、すぐに諦めてしまうのではなく向上心を持って、どんな問題であったとしても現状に向き合い、自分の知識や技術の向上を目指していく、そのような態度が欠かせません。

普段順調な時だけではなく、途中でつまずいた時や難しい問題があった時ほど、さらに上の自分を目指せるかどうかで社会福祉士として成長できるかどうかが決まってくると思います。

社会福祉士になる為にはどのような道があるのでしょうか?見てみましょう。

社会福祉士になる方法

Focused millennial african american student in glasses making notes writing down information from book in cafe preparing for test or exam, young serious black man studying or working in coffee house

社会福祉士になるにはまずは社会福祉士の国家試験に合格しなければなりません。介護現場の相談員として働く場合には資格は必ず必要というわけではありませんが「社会福祉士」と名乗って仕事する為には、社会福祉士国家資格を取得する必要があります。

社会福祉士国家試験は誰でも受験資格があるわけではありません。国家試験を受ける為には4つの方法があります。1、福祉系の四年制大学で所定の過程を終了する。2、福祉系の短大で所定の過程を修了し、実務を一年から二年経験する。3、一般の四年制大学を卒業し、一般養成施設に一年以上通学する。4、一般の短大を卒業し、実務を一年から二年経験して、一般養成施設に一年以上通学するという方法です。

受験資格を得るために代表的なルートとしては、福祉系の大学に行き四年間学んで講義や実習から学び卒業するコースです。このコースだと、卒業と同時に社会福祉士国家試験の受験資格を取得することできます。

社会福祉士の国家資格を得る為に、一般的には一年で300時間以上は勉強をした方がいいと言われているようです。福祉の法律、制度、医学、心理学などの専門分野の知識も必要となってくるからです。過去問を解くと同時に、実務経験などの現場での経験も役に立ってくるでしょう。

合格率は毎年平均30パーセント弱だそうです。この数字から見ても試験は難しいということが分かりますね。

社会福祉士の給料や待遇についても気になるところだと思います。次にその点を見てみましょう。

社会福祉士の給料と待遇について

Women hands hold a money bags and dropping on the top in the public park for loans to planned investment in the future concept.

社会福祉士というのは様々な分野で活躍することのできる資格ですから、職場や業務によって年収や待遇というのは大きく変わってきます。しかし、先ほども少し触れましたが、福祉関係の仕事の中では比較的恵まれた水準にある職業だといえます。

自治体の社会福祉協議会や福祉事務所、児童相談所などは公務員としての採用となります。そうなると、安定した収入を得ることができ、休日数や福利厚生の面からもかなり良い待遇を得ることができます。民間の施設で働いた場合では、その地域での公共機関の勤務と同じ程度の給与となることが多いです。社会福祉士としての資格手当というものが付きますし、社会福祉法人や医療法人の職員として採用されますので、一般の会社より安定性から見れば安心できる範囲といえるでしょう。

また、経験を積めば積むほど、昇進の機会や年収アップの機会もあり、そういった面から見てもやりがいのある仕事と言えるかもしれません。

では、実際はどうなのでしょうか?

職場や職種によってばらつきはありますが、平均的な例としてみてみましょう。

社会福祉士の初年給は大学卒業であれば、月に17万円から20万円。年収は約270万円から310万円です。短大や専門学校卒業だと月に15万円から18万円。年収は約230万円から280万円ほどです。

では、特別養護老人ホームで勤続10年で社会福祉士の国家資格を8年目で取得し社会福祉士として2年目の生活相談員のケースはどうでしょうか。基本給は26万円程度。賞与は4ヶ月。役職手当2万円。資格手当2万5千円。扶養手当1万3千円。住宅手当や保育手当など2万円。合計で年収が約510万円です。

このように、新卒者の給与は高いものではありませんが、経験や資格を得ることで昇進や昇給の機会があることが分かります。

最近の傾向として個人で事務所を構えて相談支援、成年後見人代行などを行なう独立型の社会福祉士も増えているようです。働き方によっては、どこかの会社で勤務するより給与や待遇が良くなる場合もあります。しかし、それは自分の工夫と頑張り次第となってくるので、収入の安定性の面からすれば不安になるという方もいることでしょう。自分にあった働き方を是非みつけてくださいね。

まとめ

people, age, family, care and support concept - close up of senior and young woman  holding hands

社会福祉士とはどのような仕事をするのか、どのように資格を得ることができるのかを考えていくことができました。相談者との信頼関係を築くために誠実に聞くこと、ニーズを把握する能力などが必要だと学べましたね。これから社会福祉士として働きたいと思っておられる方は、そうした点を考慮しつつ頑張ってくださいね!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事