社労士の仕事ってどうなの?求人の探し方や資格について!

社労士の仕事ってどうなの?求人の探し方や資格について!

社労士とは、正式的な言い方をすると「社会保険労務士」と呼ばれています。社会保険労務士は国家資格となっており、その名前の通り「社会保険」に関係するさまざまな書類の作成、あるいは申請や給付に至るまでの事務的な作業や手続きを行ないます。また、企業の「労務」に関わる相談やコンサルティング、管理も行ないます。労働に関係するさまざまな法律に乗っ取って、企業が雇用を適切に処理し管理できるように助けたり、個人の年金や労働の相談に応じることもあります。では、「社労士」あるいは「労務士」とも呼ばれている社会保険労務士の主な仕事内容について、さらに取り上げてみましょう。

社労士って何?

Businesspeople handshaking after negotiation or interview at office

社労士とは、正式的な言い方をすると「社会保険労務士」と呼ばれています。名称だけは何かと耳にする機会がある方は多いと思いますが、実際にどんな仕事をしているかはあまり知られていないかもしれません。

社会保険労務士は国家資格となっており、その名前の通り「社会保険」に関係するさまざまな書類の作成、あるいは申請や給付に至るまでの事務的な作業や手続きを行ないます。

また、企業の「労務」に関わる相談やコンサルティング、管理も行ないます。労働に関係するさまざまな法律に乗っ取って、企業が雇用を適切に処理し管理できるように助けたり、個人の年金や労働の相談に応じることもあります。

では、「社労士」あるいは「労務士」とも呼ばれている社会保険労務士の主な仕事内容について、さらに取り上げてみましょう。

社労士の主な仕事内容とは

労働や社会保険のプロフェッショナルとして重要な役割を果たす社労士ですが、おもにどんな仕事をしているのでしょうか。5つに分けて主な業務内容をご紹介したいと思います。

<業務その①労働社会保険の業務の代行>

企業で働く従業員の方々が、何らかの労働災害やケガ、病気に面した時、あるいは失業や定年した時に、適切な手当てや給付金を受けられるようにすることは、安心して働ける職場環境を整えるために大切です。

そのためには、企業は労働社会保険にきちんと加入していなければなりません。適切な加入や手続きをしていないと、社会的責任を問われることにもなりかねないからです。

しかしそうした労働社会保険の制度は複雑で、法律に関する専門的な知識も必要ですから、企業が独自で行なうのは、時間や労力の面から見てもとても大変です。

そこを代わりに代行して行なうのが「社労士」の仕事です。保険の諸手続きや、年度更新、算定基礎届、国の助成金の申請、従業員名簿や賃金台帳の管理などを社労士が円滑かつ適切に行なうことで、企業の負担を軽くしたり、法に乗っ取った業務を果たせるよう助けます。

<業務その②労務管理の相談や指導>

企業がさらに成長し、飛躍を遂げていくためには、そこで働く従業員がいきいきと働ける環境を整えてあげることがとても重要になります。

それを実現するために、社労士がプロの視点から人事労務管理を行ないます。

適切な労働時間や就業体制を整えること、賃金の提案、優秀な人材の採用や育成につながるコンサルティングを提供することで、企業の発展をサポートしたり、トラブルや不満を未然に防ぐ手伝いをします。

<業務その③年金に関わる相談業務>

私たちの老後の生活を保障するための年金制度ですが、受給資格があっても自動的に支給さるわけではありません。自分で申請をする必要があるのです。

しかし、法律がどんどん改正されたりすることもあり、年金制度についてよく分からないでいたゆえに、適切に受けられるものを受け取れなかった、なんていうこともあります。

年金といっても「国民年金」だけが制度ではありません。「障害年金」とか「遺族年金」と呼ばれる年金制度もあります。離婚時に厚生年金が分割できる制度もあるのです。

社労士はこうした公的年金を扱える唯一の国家資格者となります。複雑な年金制度について分かりやすく説明したり、年金をいつから、どれくらい受け取ることができるのかを教えてくれます。

<業務その④裁判外紛争解決手続きの代行業務>

企業の経営者と労働者の間で何らかのトラブルが生じた時、裁判に発展するケースもありますが、裁判を起こさずにトラブルを解決したいと願う人もいることでしょう。

「特定社労士」の資格をもつ社労士であれば、こうしたトラブルの仲介業務を行なうことができます。

当事者双方の言い分を聞き、労務管理の専門家としてあっせん、調停、仲裁の手続きをし、迅速かつ円満な解決に導くのです。

<業務その⑤弁護士の補佐人としての業務>

経営者と労働者間のトラブルがこじれて、裁判で解決するケースがあるかもしれません。そうした時は、双方が弁護士を間に立てて裁判を行なうわけですが、その際に社労士は補佐人という立場で、弁護士と共に訴訟の対応に当たります。

社労士になるためには

Hands university student holding pen writing /calculator doing examination / study or quiz, test from teacher or in large lecture room, students in uniform attending exam classroom educational school.

社労士は国家資格になりますから、「社会保険労務士試験」とよばれる国家試験を受けて、合格しなければなりません。

しかし誰でもこの試験を受けられるわけではなく、受験資格として「学歴」「実務経験」「その他の国家試験合格」のいずれかを満たしている必要があります。

○学歴の基準資格

・高等専門学校、短期大学、大学を卒業した ・大学で62単位を修得した ・修業年限が2年以上で、課程の修了に必要な授業時間数が1700時間以上の専修学校の専門を卒業したなど

○実務経験の基準資格

・社会保険労務士や弁護士業務の補助に通算3年以上従事した ・国や地方公共団体の公務員として、通算3年以上行政業務に携わっていた ・労働社会保険諸法令の規定に基づき設立された法人に、役員や従業者として通算3年以上実務に携わっていたなど

○その他の国家試験合格

・厚生労働大臣が認めた国家試験に合格している ・司法試験第一試験、また高等試験予備試験に合格している ・暁星書士の資格を持っているなど

「社会保険労務士試験」を受けるにも資格が必要ですが、さらに試験を合格するのも難関で、合格率は5%とも10%未満とも言われるほどです。

また、試験に受かってからもすぐに社労士になれるわけではなく、実務経験を2年以上積むこと、そして事務指定講習を修了する必要もあります。

社労士に向いているタイプ

Japanese men and women of the young company employee

社労士は複雑な手続きや計算を行なう仕事です。ですから几帳面な人や、計算スキルや事務処理能力に優れている人に向いていると言えるかもしれません。

また、法改正が多い分野ですから、常に新しいことを取り入れて学び続けていかなければなりません。コツコツ努力型の人に合っているとも言えそうです。

さらには難しい専門的な内容を素人の人に分かりやすく説明したり、労働者のトラブルの仲介に当たったりもしますから、コミュニケーションに長けている人でなければ難しい仕事でしょう。

社労士の給与や年収はどれくらい?

Women hold a money bag on the vintage wood background, a loan or saving money for future investment concept.

社労士としての働き方としては、社会保険労務士事務所で働く方法と、どこかの企業で専任の社労士として働く方法があります。

サラリーマンとして企業の総務や人事部で働いている間に、社労士の資格を取って「資格手当」を給料にプラスしてもらっている人もいるようです。

勤務する企業先、あるいは社会保険労務士事務所によって給与や年収には違いがあるとは思いますが、平均的な年収は530万円ほどで、だいたい450万円~800万円程度と言われています。月の平均給与は36万円前後、それに年間のボーナスが100万円前後で加わります。

これはあくまでも平均的な目安で、中には独立して事務所を開いたり、より良い顧客を掴んだり名の売れた社労士になることで、年収1000万円またはそれ以上高い報酬を得ている人もいます。

社労士の求人の探し方

社労士としての資格を活かせる仕事をどうやって探したら良いでしょうか。

社労士といっても、企業に勤めるか事務所で働くかなど、働き方はさまざまですし、給与や年収も違いますから。いろいろな求人情報を比較して検討したいと思われる方も多いでしょう。

そんな時にはぜひ、「転職サイト」と「転職エージェント」という就職支援サービスを使って求人を探してみましょう。

では「転職サイト」と「転職エージェント」はそれぞれどのようなサポートを受けられるのかをご紹介していきます。

転職サイトと転職エージェントの違い

簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用するのが「転職サイト」です。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

一方で転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくのが「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。

自分が持っている資格を役立てられて、なおかつキャリアアップできる会社を独自で見つけるのはなかなか難しい方もいることでしょう。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用なさってください。

転職サイトで受けられるさまざまなサービス

Close up Serious Young Businessman with Eyeglasses Sitting at his Worktable inside the Office and Facing a Computer Monitor

大手の転職サイトであるなら特に、全国規模で支社を持っていたり、各地の優良求人の情報もたくさん保有しています。

自分で求人を探す方法とは言え、転職サイトの中には就職に役立つたくさんのサービスがありますから、そうしたサービスを積極的に利用しながら、スマートな求人探しを目指しましょう。

各転職サイトによってそれぞれ多少の違いはあるものの、大まかにどんなサービスを提供しているかを取り上げてみます。

<その①WEB履歴書の添削を無料で受けられる>

転職専任のキャリアアドバイザーがWEB履歴書を無料で添削してくれるところもあります。具体的な改善点などをアドバイスしてもらうことで、就職をスムーズに進められることでしょう。

<その②条件にマッチする求人の情報をすぐに見つけることが可能>

希望する条件を設定しておくだけで、条件に合った最新の求人情報が、週に1日か2日メールで更新されて届くので、求人情報を逃すことが無くなります。

<その③検索リストにリマインドしておける>

検索リストに気になった求人をリマインドしておくだけで、忘れずにチャンスをモノにすることができます。それにより、円滑かつスピーディーな応募が可能となります。

<その④スカウトサービスを利用できる>

WEB履歴書を登録しておくと、あなたのスキルや経歴、キャリアを必要とする企業から、直接スカウトのオファーが届くのが「スカウトサービス」と呼ばれるものです。

匿名で利用できるので安心ですし、うまくいけば条件の良い企業に就職できる可能性も開けるので、積極的に活用しましょう。

<その⑤セミナーなど転職に役立つサービスが満載>

転職するのに役立つセミナーを随時開催している支援会社がたくさんあります。転職に役立つノウハウを、転職のプロから無料で直接伝授してもらうことができます。

転職サイトを有効活用するために

○気になる求人にはどんどんアプローチしよう

社労士の仕事の求人も、転職サイトには多数掲載されています。

たとえ経験が少ないとしても、自分で気になる求人があるなら積極的にアプローチしてみてください。

求人情報は気軽に検索できますし、会員登録も手軽にできるようになっています。サイト上に職務経歴や、自己PR、志望動機などを登録することで、複数の気になる求人にすぐにアプローチできます。

○ウエブから転職ノウハウに役立つ情報を得よう

転職エージェントのように、キャリアアドバイザーと直接対面してアドバイスをもらうことはできませんが、履歴書の添削や面接対策に役立つノウハウを、ウエブサイトから知ることができます。

ノウハウを知ったうえで、自分で就職対策ができますし、書類選考の通過率アップにもつながるので、積極的に活用してみてください。

転職エージェントの利用方法とは

Businesswoman attending listening to a client who is talking at office

転職エージェントは、人材を欲しがっている企業に対して、求職者の経験やスキル、給与などの労働条件などを確認したうえで、お互いのニーズに合ったところを紹介をしてくれます。

つまり、就職活動を円滑に進めるための手助けやサポートをしてくれる、というわけです。

しかも、ただ求人探しをしてくれるというだけではなく、専門的なプロの視点から、客観的に見てそれぞれの求職者に合ったアドバイスもしてもらうことができます。

ですから、ほんとうに自分に合った職業や業種を冷静に見きわめて、判断することができるのです。

ではどのように転職エージェントを利用すれば良いのでしょうか。エージェントによって多少の違いはあるものの、転職が決まるまで、おおよそこのようなステップで手順を踏んでいくようになります。

◇ステップ①ホームページから登録して申し込む

まずは自分が利用したいと思うエージェントのホームページを開き、サイトの専用ホームからエントリー(登録)します。

そののち、コンサルタントの方から電話やメールにて連絡が来るので、面談する時間や場所等の打ち合わせをします。

◇ステップ②カウンセリング(面談)

予約した日時と場所で、コンサルタントと直接もしくは電話で面談することになります。

地方に支店を置いているエージェントはなかなか少ないですが、今は電話やメールでやり取りができますし、都市部で個別相談会を開催してくれるエージェントも多いので、そうした情報をチェックしておくようにしましょう。

面談では、現在の状況、転職に望むこと、職歴や経験やスキルなどのヒアリングを詳しく行なった後、個々の求職者に合った求人企業を紹介してもらうことになります。

◇ステップ③企業にエントリーする

応募したい求人が決まれば、コンサルタントの推薦状と共に、企業にエントリーすることになります。

履歴書や職務経歴書などの、書類の上手な添削方法のアドバイスもしてもらうことができます。待遇や条件面での交渉などの打ち合わせもします。

企業へのセッティングが済み次第、面接の日時や場所の案内をしてもらうことになります。

◇ステップ④企業での面接

面接を受ける日時をコンサルタントが調整してくれます。

コンサルタントは企業から直接聞いている情報をたくさん持っています。面接が通過しやすいように、そうした企業情報や面接官の情報、想定される質問など、面接に役立つアドバイスを教えてもらうことができます。

◇ステップ⑤内定と入社の手続き

面接の合否連絡は、企業の人事担当者からコンサルタントのほうに連絡がいき、コンサルタントから連絡が入る手順となっています。

無事に採用が決まった場合には、給与条件や入社日などの条件等の交渉をコンサルタントが代わりに企業と行なってくれるので、それが済み次第入社の手続きになります。

いま現在勤めている会社での退職に伴うアドバイスや、入社までの手続き、さらには初出社のアドバイスに至るまで、転職した後も安心して働けるように細かくサポートしてくれるのです。

転職エージェントはどうやって選んだら良いか

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

一般的に大手の総合エージェントであれば、幅広い分野での求人を保有していますし、全国展開しているので、大手に一つは登録しておくと良いかと思います。

まとめ

Japanese men and women of the young company employee

社労士の認知度はまだまだ低いですが、個人や企業の「労働」や「お金」にまつわる大切な役割を果たす仕事ですし、合格率も低いことから、社労士を目指す人はますます必要とされていくに違いありません。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事