第二新卒ってどう?転職のメリットやデメリットを探る!

第二新卒ってどう?転職のメリットやデメリットを探る!

求人情報の条件検索に「第二新卒歓迎」とあるのをよく見ることがあります。第二新卒とはどういった世代や状況の求職者を指すのでしょうか?今回は第二新卒について解説するとともに、転職についてのメリットやデメリットなどをまとめてみました!

第二新卒って何?

新卒

第二新卒とは、学校を卒業して一度就職をしたものの、数年後に辞めてしまい転職活動をしている若手求職者のことを指します。正社員として就職したかどうかに関わりなく、派遣社員や契約社員として社会人経験がある人や、留学などの理由で遅れて就職活動を始めているという人も含めることもあります。

厚生労働省の調べによると、大学新卒者の約30%が3年以内に離職しているということです。不況で採用数が減少しているため就職活動を早期・短期に行わなければならなくなり、自分に合った就職先をじっくりと決めることができないことが原因の一つに挙げられています。また正社員としての就職に失敗したため、派遣社員やアルバイトなどを行いながら就職活動を続けなければならなくなった人たちもいます。ちなみに短大や高卒の場合の離職率は40%にも及びます。

早期離職には様々な理由があります。日本は潜在能力を重視して入社後に教育を施すシステムなので、企業と新卒者によるミスマッチが起こりやすいことを挙げることができます。自分の個性や能力を活かして職業を選びたい求職者が、入社後に実際の仕事内容が思っていたものと違うということで離職するといったケースが多くあります。

また離職理由に「労働時間、休日、休暇の条件がよくなかったら」という人がたくさんいました。長時間労働やサービス残業などが日常化しており、労働環境が悪化していることが分かります。また「人間関係が良くなかった」、「仕事が自分に合わなかった」、「賃金の条件が良くなかった」などを挙げる人も多く、同じ会社に長くいるくらいなら辞めたほうがましだという人が多いことが分かります。離職率の高かった産業は、宿泊業・飲食サービス業、生活関連サービス業・娯楽業、教育・学習支援業、小売業、医療・福祉です。

第二新卒の解釈がバラバラなこともありますが、共通しているのは短期間ではあっても社会に出た経験があるということです。社会人の経験が全くない新卒と、前職での経験が活かせるほどになっている社会人との中間の立場にいる人たちの事を指していると考えることができるでしょう。

ちなみに学校を卒業した後、一度も就職したことがない社会人経験ゼロの人を「既卒者」と呼ぶことができます。

第二新卒の転職

第二新卒

第二新卒の採用は積極的

一度就職したものの3年以内で離職してしまったと聞くと響きはあまりよくありませんが、それでも第二新卒を積極的に採用しようという企業がたくさんあります。その理由の一つに景気が回復してきて、たくさんの優秀な新卒を採用しようと企業が予定人数を増やしていることが挙げられます。新卒の予定人数が取り切れないと、次は第二新卒を採用しようということです。

また新卒者の30%が3年以内に辞めてしまうというデータがあるように、第二新卒に当たる層はどの企業にとっても人材不足の状態になっています。これらの状況を踏まえて、第二新卒を積極的に採用したいと考える企業がたくさんあります。求人情報の条件の欄に「第二新卒歓迎」が多いのもそのためです。

しかし企業は第二新卒に何を求めているのでしょうか。一つ目に挙げられるのは「入社意欲の高さ」です。新卒の場合、多数の企業に応募して合格したところに入社することが多いのに比べ、第二新卒は一度就職に失敗しているので、自分に合った少数の企業を慎重に選んでからに応募する傾向があるようです。応募する企業は自分に合いそうな本命なので、入社に対する意欲が非常に高いと言えます。意欲が高ければその後の離職率も低くなるので企業にとってはメリットがあると考えることができます。

さらに「一緒に働ける人材か」、「社風に合いそうな人柄か」なども選考基準になります。一度離職しているのでその理由は知りたいはずです。それを確認したうえで人物面を重視して採用しようと考える企業が多いようです。転職においては一般的に経験やスキルを重視することが多いですが、第二新卒の場合はその点での採用基準のハードルはそれほど高くないようです。

第二新卒には新卒にないメリットがあります。第二新卒はちょうど新卒と社会人の中間に位置する存在だと述べましたが、一度社会人を経験しているので「基本的なビジネスマナーが身についている」ことが期待されます。新卒の場合にかかる育成の手間や費用を節約することができます。さらに「社会人としての経験が少ないので適応力が高い」ことが期待されます。そうすると社風になじみやいというメリットが考えられます。

新卒では入社が難しかった業界や企業に挑戦したり、未経験の業種や職種に挑戦するチャンスと考えることができます。特別な経験やスキルがなくても人柄を前面に押し出して、やる気をしっかりアピールすれば納得のいく転職が可能となってきます。

第二新卒の求人は本当にあるのか

転職サイトのマイナビ転職で「第二新卒歓迎」の求人を調べてみました。どんな業種があり、どんな企業が募集しているのでしょうか。

「第二新卒歓迎!営業・代理店営業・ルートセールス・MRの求人」は全部で1941件ありました。求める人材には第二新卒はもちろんですが、基本的なPCスキルのある人、やる気のある人、スマホを日常的に使っている人、新しいことにチャレンジしたい人、人と接することが好きな人などがあり、それほどハードルが高くないことが分かります。さらに経験よりも人物や意欲重視の企業も多数あります。経験はあればもちろんいいですが、未経験でも歓迎なのがほとんどです。

「第二新卒歓迎!一般事務・受付・秘書の求人」は全部で1123件ありました。求める人材には、未経験でも手に職を付けたい人、チャレンジする気持ちのある人、知識や経験がなくてもやる気のある人、興味のある人、基本的なPCスキルがある人、仲間と協力して素直に仕事に臨める人などが挙げられています。やはり未経験からスタートできることが前面に挙げられていて人物重視であることがわかります。

「第二新卒歓迎!公務員、大学職員など、公共サービスの求人」は全部で64件ありました。求める人材には、大卒以上で社会人経験1年以上の人、教育の仕事に興味のある人、人と接することが好きな人、家庭と両立したい人、何らかの社会人経験があり基本的なビジネスマナーを備えている人、チームワークを大切に働きたい人、自然あふれる施設に興味がある人などが挙げられています。やはり経験やスキルは特に求められていないことがわかります。

「第二新卒を歓迎する上場企業の求人」は全部で375件ありました。求める人材には先輩社員の9割が未経験からスタートしていることが記載されている求人がありました。もちろん経験者であればなお歓迎ですが、未経験でもエンジニアへの興味を持っているなら歓迎だというところがあります。基本PC操作スキル、明るく笑顔で接客に取り組める人なども挙げられています。またしっかり休める風土、男女ともに働きやすい環境をアピールしている企業もあり、安心して働ける環境を用意していることがわかります。

第二新卒の転職のメリット

メリット

第二新卒は一度就職したものの、短期間で仕事を辞めてしまったので、転職活動の際に不利になると思われがちですが、メリットもあります。まずは、一度社会に出た人物として評価されます。新卒時に厳しい入社試験に合格して企業に入ったわけですから、それなりの評価を期待することができます。

また第二新卒は一度離職してしまった経験を活かして、希望する企業について仕事内容、社風や理念などもしっかり研究して自分に本当に合っているかどうかを確かめてから応募するので、意欲が高いことを評価されます。新卒の時とは違って、正社員ならどこの企業でも構わないというわけにはいきません。優良企業に入って長期で働きたいという意欲をもって応募しています。

第二新卒は人間関係という面でも中途採用者に比べると有利であると言えます。中途採用者は知識や技術を見込まれて即戦力として転職することが多く、現場では頼りになる存在ですが、その知識と技術が高いゆえのプライドが邪魔してなかなか企業になじめないという人も出てきます。しかし第二新卒は社会経験が少ないので、企業になじもうという姿勢を持っているのが通常で、社風にも馴染みやすいと言えます。年齢も若いので素直で企業のルールや作業の手順などを教えやすいとも言えます。

中途採用の場合は上司が年下だったりすると指示が出しにくかったり、意見の食い違いがあるとやりにくくなるという問題点があります。そうなると社会経験が浅く、経験やスキルはなくても学ぶ意欲があり、素直で新しい仕事を覚えるのが早い第二新卒を積極的に採用したいと思う企業が多いのも納得できます。

第二新卒の転職のデメリット

デメリット

メリットの多い第二新卒の転職ですが、もちろんデメリットもあるのでいくつか挙げてみましょう。まずは、一度社会人として働いているので、基本的なビジネスマナーはもちろん、場合によっては高いレベルのスキルを持っているものだと思われることがあります。自分の持っているスキルはどんどんアピールしたいですが、できないことに対しては謙虚な姿勢を見せて、頑張って挑戦したいという意欲を見せることができるでしょう。

現場でも今まで勤めていた企業との社風が全然違ったり、業種が異なると戸惑いが生じたり失敗なども増えてしまうでしょう。新しい作業に取り掛かるときは、上司に「始めての作業なので何か注意点があったら教えてください」とその都度聞くようにすれば、積極性を見せつつも不必要な失敗を避けることができるでしょう。

また第二新卒と言うことで、またすぐに辞めてしまうのではないかと心配されることがあります。不安を与えてしまわないように面接などではできるだけ積極的な面をアピールしましょう。第二新卒として何を学んだのか、自分なりに分析した問題は何だったのか、今後はどのように取り組んでいきたいと思っているのかを述べるなら、企業側を安心させることができるでしょう。

第二新卒の自己PRの書き方

転職では希望する職務に関連した自分の強みをしっかりとアピールすることが必要になってきます。自分が今まで何をやってきたのか、何ができるのか、今後どのように貢献していきたいと思っているのかをしっかりと盛り込んで自己PRを書く必要があります。応募企業の求める人材をしっかりと把握したうえで応募先ごとに自己PRを作成します。その際に気を付けたいポイントをここで挙げてみます。

前職についてはポジティブな内容を

短期間であったとしても、何かしらの業務に携わったわけなので、何をして何を学んだのかを積極的な観点から書くことができます。前職の悪口のような内容はNGです。前職でもきちんと働いたうえでの転職であることをアピールしましょう。どうして前職を辞めることになったのかも、人間関係がうまくいかなかったとか、残業が多くて嫌だったなどと書くのではなく、さらに多くの経験を積みたかったなど積極的な内容にしましょう。

応募職種で活かせる能力を記載する

短期間で離職したため実務経験は短いですが、だからといってアピールする材料がないと考える必要はありません。応募職種で必要とされるスキルや知識を整理して、自分の持っているスキルや知識で活かせそうなものを見つけ出しましょう。実務経験でアピールできるような材料がない場合は、自己啓発しているようなことでも記載することができます。資格取得のために休日を利用していることなどを記載すれば、努力家であることをアピールすることができます。

コミュニケーション能力があることを示す

実務能力だけでなく、対人との良好な関係を築くことができるかも企業の採用担当者にとっては大切なポイントです。コミュニケーション能力はどの職種においても必要なので具体的な事例を書いてアピールしましょう。接客経験があるのなら、どのようにお客さんに接するよう心がけたかなどを書くことができます。特に人間関係が原因で離職してしまった場合は、再び同じことが起きないよう安心してもらえるような仕方でアピールする必要があるでしょう。

熱意を積極的に示す

第二新卒は実務経験が短いので、応募企業で頑張りたいという熱意がアピールポイントになります。自分が転職することになった理由を明確にして、応募企業でどう頑張っていきたいのかをアピールしましょう。前職が合わなかった場合でも、その経験を通してどんな職種が合うと思ったのかを述べることができます。短期間であっても前職で学ぶことのできたことはあるはずです。今後どう活かしたいかなどを含めて仕事への熱意を示せば、ポテンシャルのある人材として見てもらうことができます。

自分のキャリアビジョンを示す

第二新卒採用において採用担当者が一番心配しているのは、今回も短期間で辞めてしまうのではないかと言うことです。それで、応募企業で働くことによってどんな自分になりたいのかなど、今後の自分をアピールしながらキャリアビジョンを示すことができるでしょう。将来のイメージがはっきりしていると、すぐに辞めないで頑張ってくれるだろうと感じてもらうことができるでしょう。

その他アピールできるポイントと注意点

人間関係や体調不良が転職理由の場合、採用担当者が心配するので、その点は問題ないということをアピールするようにしましょう。また同業種・同職種間の転職の場合も、採用担当者は短期間での転職を心配するので、前職との相違点などを挙げてなぜ転職に踏み切ったのかをアピールすることができます。異業種・異職種への転職の場合は実務能力の点で経験者に劣るので、第二新卒ならではの爽やかさや積極性をアピールできるかもしれません。

大学卒業後アルバイトしか経験したことがないという場合は、学生時代や卒業後のアルバイトの経験を自己PRに盛り込むことが可能です。アルバイト経験しかないと悲観的になる必要はありません。応募企業で求めている人材を考えながら、アピールできる材料があれば積極的に記載しましょう。アルバイトでもコミュニケーション能力や営業力などを培うことができたはずです。アルバイトで貴重な体験ができたという積極的な気持ちで臨みましょう。

第二新卒の理想の転職時期

タイミング

第二新卒の場合、転職活動は時期に関係なくいつでも行うことができます。転職を決めたら求人のリサーチをして希望する案件に応募するというのが普通の方法です。しかし求人が増える時期というのもあるので、そこを狙って転職活動をスタートさせることもできます。

4月(転職活動期間は1-3月)

4月は一年以内に辞めてしまった新卒者の代わりを探していたり、定年退職を迎える社員がいるために欠員が出やすい時期と言えます。企業はこの時期に第二新卒向けに求人募集を増やすということがあります。さらにこの時期での転職だと、4月に入社してくる新卒者と一緒に社内研修に参加することが可能になります。企業のルールを知り、社風になじませる事ができるので、転職時期としては理想です。

10月(転職活動期間は7-9月)

この時期も移動や転勤で欠員が出やすく、企業が求人募集を増やす傾向にあります。求職者も6月のボーナスを受け取ってから退社することが多いので、企業側も第二新卒を狙って募集を出すことが考えられます。企業によっては下半期の始まりが10月となっていることもあり、社員研修を一度に行えるというメリットがあります。

第二新卒で転職に失敗してしまうパターン

よくある第二新卒での転職失敗のパターンをここで紹介します。「人の振り見て我が振り直せ」で、同じ失敗をしないように気を付けましょう。

退職理由がネガティブ

退職理由は人それぞれですが、それをネガティブに伝えてしまわないようにしましょう。そうしないと、他の人や環境のせいにする人だと思われてしまいます。またそれを聞いた企業側も、文句ばかり言う人や同じ理由で簡単に辞めてしまいそうな人を採用する気にはならないでしょう。

退職理由がどうであろうと、「これこれをしたいから」という理由に変えるならポジティブな響きになります。新卒の時になぜ気づかなかったのか、「勉強不足だった」でもいいので答えられるようにしましょう。それを反省にどう頑張っていきたいかを伝えることができます。

志望動機、キャリアプランの一貫性がない

志望動機がはっきりしておらず、今後のキャリアの一貫性がないと、企業側もなんとなくしか志望理由がわからなく、やりたいことが分からない人だと思われてしまいます。やりたいことを見つけられずに、すぐに辞めて企業を短期間で渡り歩く人だと思われてしまうと採用にたどり着くのが極めて難しくなります。

前職にも志望動機があったはずです。どうして他の企業で働きたいと思うようになったのか、その理由と今後のキャリアにつながる理由があるはずです。それらを整理して伝えるようにしましょう。キャリア変更があった場合はそうなったいきさつなどを詳しく伝えることができるでしょう。結論を述べてから理由を伝える形で論理的に伝えるようにしましょう。

とりあえず辞めてしまった

とりあえず辞めてしまい、それから転職活動をしていると無計画な人だと思われてしまいます。精神的、肉体的に限界だった場合を除いて、できるだけ内定してから退職するようにしましょう。また、退職してしまうと収入がなくなるので、転職活動をあせってしまい、とりあえず応募するなど同じ失敗を繰り返してしまいます。退職理由の伝え方や辞めるタイミングでマイナスのイメージを与えてしまわないように注意しましょう。

退職する場合はスケジュールを決めるようにしましょう。現職の雇用規定から何日前に退職届を出せばいいのか調べておくことが重要です。引継ぎなどもあるので責任感を持って円満退職ができるようにしましょう。転職先企業には必要な期間の目安を伝えてトラブルを避けるようにすることができます。

まとめ

第二新卒

第二新卒が実は転職市場において需要が高い存在であることが分かりました。せっかく新卒で入社しても、様々な理由で仕事を続けていくのが苦になることがあるかもしれません。そんな時でも「第二新卒歓迎」の企業が想像以上にたくさんあるので安心です。「短期間で離職してしまった」とか「実務経験が浅すぎる」などと考えて消極的になる必要はありません。

まずは転職することによって何を手に入れたいのか考えることから始めましょう。一度社会に出ているので新卒の時に比べてミスマッチが起こりにくく、長く務めることのできる企業との出会いの可能性が高くなります。なので焦らずじっくりと企業研究をして必要とされる人材を見極めましょう。そして自分が望んでいる転職先選びの基準を明確にしたうえで転職活動を進めることができるでしょう。

企業が第二新卒に求めているのは実務経験でもスキルでもなく、ポテンシャルです。一見マイナスに感じられること、例えば退職理由などは、伝え方によってポジティブなアピールポイントにもなります。第二新卒ならではの爽やかさや熱意をしっかりとアピールしましょう。また未経験の業種や職種にチャレンジする最高の時期ともいえるので積極的な見方で転職活動を頑張ってください。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事