第二新卒の転職をサポートしてくれる転職エージェントってあるの?

第二新卒の転職は、新卒から最低3年勤めないと転職しにくいという現実や、すぐに転職すると根性がないと判断されるなどのマイナスイメージが世間的にはあります。しかし、転職エージェントを利用するなら、マイナスイメージを取り除くことができ、転職を成功させることは可能です。では、なぜ第二新卒の転職には転職エージ

第二新卒の転職に欠かせない転職エージェント

第二新卒と転職エージェント

第二新卒の転職は、新卒から最低3年勤めないと転職しにくいという現実や、すぐに転職すると根性がないと判断されるなどのマイナスイメージが世間的にはあります。しかし、転職エージェントを利用するなら、マイナスイメージを取り除くことができ、転職を成功させることは可能です。では、なぜ第二新卒の転職には転職エージェントを利用する必要があるのでしょうか?

第二新卒の転職で転職エージェントを利用すべき理由とは?

1、万全のサポート体制を受けることができるから。 第二新卒の転職を希望している方の大半は、転職することが初めての方がほとんどのことでしょう。そのため、学生時代の転職活動とは異なり、多くの疑問を抱えている方も少なくありません。そこで、それらすべての疑問に答え、転職をサポートしてくれる転職エージェントを利用することができます。転職エージェントを利用するなら、以下のサポートを無料で受けることができます。

自分に合う希望の職種や業界などから求人案件を探してくれる。

転職エージェントを利用するなら、利用者一人ひとりに専任のキャリアコンサルトがつきます。担当のキャリアコンサルトが、適性診断や適職診断などカウンセリングを元に自己分析をし、その人に合った求人案件を紹介してくれます。

個別で転職やキャリアに関して相談することができる。

担当のキャリアコンサルトに転職やキャリアアップに関する悩みや不安を相談するなら、専門的なアドバイスを受けることができます。また、さまざまな疑問も解消することができます。

面接対策や履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる。

実際の面接で聞かれることを想定して、実際的なレクチャーを受けることができます。また、履歴書や職務経歴書の添削をしてくれるので、書類選考の通過率も高くなります。

企業との連絡や給与交渉などをしてくれる。

応募をはじめとし、面接の日時設定まですべて担当のキャリアコンサルトが手続きをしてくれます。また、給与交渉など入社する際の条件などの交渉もしてくれます。そのため、手間と時間の負担を軽減することができます。

このように転職エージェントを利用することで、専任のキャリアコンサルトが転職活動を全面的にサポートしてくれるので、安心して転職活動を進めていくことができます。

2、自分に合った転職できる企業を探してくれるから。 第二新卒の転職活動を進めていく上で一番不安なことは、自分に合う職種や企業先が見つかるかという点です。しかし、転職エージェントを利用するならこの問題を解決することができます。自分に合った職種や企業先を見つけるために、担当のキャリアコンサルトは以下のことをしてくれます。

意外な適職を見つけてくれる。

担当のキャリアコンサルトは、自己分析の結果やカウンセリングを元に求職者に適切な職種や業界を見極め、企業先を紹介してくれます。自分では考えたこともない適職を発見してくれる場合もあります。

持っているスキルや資格を活かすことができる企業先を見つけてくれる。

短い社会人経験歴を最大限に活かすことができる企業先を見つけてくれます。それには、すでに身につけているスキルや資格を活かすことができる企業を希望するなら探してくれます。

細かく希望条件をヒアリングし希望に沿った企業先を見つけてくれる。

希望する転職先に求める条件を相談するなら、その希望に沿った企業先を見つけてくれます。なので、自分が納得できる環境で働くことが可能となっています。

転職エージェントは、公開求人のほかに非公開求人も数多く扱っているので、利用することでそれらの情報を収集することができ、希望通りの転職を成功させることができます。

3、自分を企業に売り込んでくれるから。 自分の条件に合った希望したい企業が見つかったなら、履歴書や職務経歴書の書類選考や面接です。その際、担当のキャリアコンサルトは企業側に求職者を売り込んでくれます。特に、第二新卒の転職の場合は、年齢も低いのでその若さをアピールしたり、すでに身についている社会人マナーやスキルなどをアピールしてくれます。このように、プラスの部分を積極的に企業側にアピールしてくれることにより、時間と手間を軽減させることができ、効率的に転職活動を進めていくことができます。 では、どのように第二新卒向けの転職エージェントを選ぶことができるでしょうか?

第二新卒向けの最適な転職エージェントの選び方とは?

第二新卒の転職活動を進めていく上で最適なエージェントを選ぶために、転職エージェントにはそれぞれ目的や用途別に複数利用することを念頭に入れておきましょう。特に第二新卒の転職の場合は、「第二新卒特化型転職エージェント」「総合大型転職エージェント」「キャリアアップ型転職エージェント」の3種類の特徴をよく把握し、自分の状況や進みたい方向性を考慮した上で選んでいくことができます。

第二新卒特化型転職エージェントの特徴

第二新卒の転職活動をする上で、第二新卒特化型転職エージェントは登録必須のエージェントです。総合大型転職エージェントと比較するなら求人案件数は減少しますが、第二新卒向けの求人を多く持っているので、希望に沿った求人案件を見つけることができます。また、第二新卒の転職を専門とするキャリアコンサルトが在籍していますので、的確なアドバイスを受けることができます。第二新卒向けの転職活動に向けたセミナーを定期的に開催しているエージェントもあるので、安心して転職活動を進めていくことができます。なので、転職活動に不安を抱えている方や、転職活動の知識がない方、社会人経験が特に短い方、希望や条件がまだ明確ではない方などは、第二新卒に特化しているエージェントが特にお勧めとなっています。

総合大型転職エージェントの特徴

第二新卒の転職活動で、総合大型転職エージェントを利用することもできます。総合型の転職エージェントには、公開求人はもちろん、豊富な非公開求人も多く取り扱っています。それには職種や業界を問わず、幅人い範囲で多くの求人案件をカバーしています。第二新卒特化型転職エージェントほどの手厚いサービスを期待することはできませんが、サポート体制は充実しているので第二新卒の転職でも利用することができるでしょう。仕事の経験やスキルに自信がある方や幅広い求人案件から探したい方、転職活動に関する知識が少ない方などに特にお勧めとなっています。

キャリアアップ型転職エージェントの特徴

キャリアアップ型転職エージェントは、総合型転職エージェントと比較するなら求人案件は劣りますが、年収が高めの企業や極秘の非公開求人案件を豊富に扱っているので、キャリアアップが可能な企業を見つけて紹介してくれます。第二新卒の転職でもしっかりサポートしてくれるので、仕事の経験やスキル、自己アピールに自信がある方、将来の方向性がはっきりしている方、希望や条件がはっきりしている方、年収をアップさせたい方などの特にお勧めとなっています。

第二新卒の転職で利用すべきお勧めの第二新卒特化型転職エージェント

第二新卒特化型転職エージェントは、100社以上存在していると言われています。まずすべての第二新卒者にお勧めできる転職エージェントをいくつかご紹介しましょう。

「マイナビエージェント」 マイナビエージェントは、新卒ナンバーワンメディア・マイナビが運営している総合大型転職エージェントです。数多くの人気企業が新卒採用でマイナビを利用しているため、第二新卒の転職でもすでに数多くの実績を誇っています。マイナビエージェントだけしか扱っていない第二新卒の転職求人案件も多く扱っているので、第二新卒の転職を志望している方は登録必須のエージェントとなっています。

「DODA」 DODAは、パーソルキャリアが運営している総合大型転職エージェントですが、面接対策や履歴書や職務経歴書の添削など実践的なアドバイスやサポートが手厚いので、転職を初めてとする第二新卒の方でも安心して利用することができます。

「Spring転職エージェント(アデコ)」 Spring転職エージェント(アデコ)」は、スイスに本社を構えるグローバルな転職エージェントです。求人案件の質も良く、万全なサポート体制もありバランスもとれているので登録して情報収集する価値があります。

「リクルートエージェント」 老舗の転職エージェントでもあるリクルートエージェントは、DODAと同じ規模の豊富な求人案件を扱っています。優秀なキャリアコンサルトが数多く在籍しているので、相性が合えば効率よく転職活動を進めていくことができるでしょう。

「Aidem Smart Agent」 Aidem Smart Agentは転職エージェントではなく、求人サイトや求人フリーペーパー、新聞折込求人紙などの求人媒体を企画し、発行を40年以上続けている大手企業です。そのため、約25万社以上の企業と強力なネットワークでつながれています。第二新卒の転職を希望している方に対しては、企業をただ紹介するだけでなく、履歴書や職務経歴書の書き方や面接の練習などを含む内定後のフォローまでサポートしてくれます。

経歴に自信がない場合に利用したい転職エージェント

「ハタラクティブ」 ハタラクティブは、第二新卒などの若年層を対象としている特化型転職エージェントです。特に第二新卒の転職には力を入れている最大手なので、第二新卒の転職には必須登録の転職エージェントです。常に1,000件以上の求人案件を保有し、キャリアアップの相談、将来の方向性についての相談、履歴書や職務経歴書対策、面接対策など徹底したサポートを提供してくれます。今の経歴に不安がある方や、将来どのような方向性で進んだらよいのか悩んでいる方、今とは異なる職種や業界に挑戦してみたい方などに特にお勧めのエージェントとなっています。

「第二新卒ナビ」 第二新卒ナビは、設立して間もないベンチャー企業・株式会社UZUZが運営している第二新卒の方を対象とした特化型転職エージェントです。紹介してくれる求人案件は、第二新卒の採用に積極的な優良企業ばかりなので、第二新卒の転職活動には欠かすことができないエージェントです。また、キャリアコンサルトは1人当たり平均24時間、徹底したサポートをしてくれることで評価を得ています。特に、面接対策に力を入れており、聞かれる可能性がある質問を具体的に教えてくれたり、各企業ごとのアピールポイントも教えてくれます。

「JAIC」 JAICは、一般的な転職エージェントとは若干異なり、まず登録してから、無料で10日間の就活講座を受講し、ビジネスマナーの基礎をはじめとし、実際の営業ロールプレイまで内容が濃い新人研修に匹敵するクオリティの知識やスキルなどを習得します。その後は、約20社の選考を書類選考なしで受けることが可能となっています。まずは登録し、無料の就活講座を受ける価値だけでも利用する価値があるでしょう。

「第二新卒AGENTneo」 第二新卒AGENTneoは、ネオキャリアが運営している転職エージェントで、名前の通り第二新卒の転職を専門としています。なので、第二新卒の転職を希望している方は、利用することができるエージェントの候補の中に含めることができるでしょう。

経歴に自信がある場合に利用したい転職エージェント

「JAC Recruitment」 JAC Recruitmentは、外資系企業や国内企業のグローバルポジションの実績で国内ナンバーワンを誇る転職エージェントです。新卒で内定をもらうことができなかった大手企業の第二新卒の求人案件を多く扱っているので、自分の経験やスキルに自信がある方にお勧めとなっています。キャリアコンサルトのサービスの質も良く、キャリアアップの相談なども親身になってくれるので、自分が進みたい方向性を明確にすることができるでしょう。

転職エージェントを利用する際に気を付けたいこと

担当のキャリアコンサルトとの相性は重要

転職エージェントのメリットは、専任のキャリアコンサルトがつくということです。自分と相性が良ければ、効率よく転職活動を進めていくことができますが、キャリアコンサルトの中には悪質なコンサルトもいます。なので、相性が合わなかったり、知識に不満があるなら変更してもらうことが大切です。もし変更を申し出ることが難しいなら、他社を利用することができるでしょう。

経歴やスキルに嘘つかないこと。

情報を登録する際には、虚偽の報告は絶対にしないようにしましょう。もし虚偽の報告をしていることがバレるなら、案件を紹介してもらえなくなる可能性があります。

定期的に情報を更新すること。

情報の更新をしなかったり、担当のキャリアコンサルトと連絡をしなかったりすると、もう転職先が決まった人と判断されてしまい、求人案件を紹介してもらえなくなります。つまり、情報更新日が古いと、求人案件の紹介が後回しにされるということです。新着の求人案件の情報がすぐに届くように、定期的に連絡をし、情報を更新するようにしましょう。

良いところがあればすぐに紹介して欲しい旨を伝えること。

転職エージェントへ初めて訪問する初回の面談で、必ず担当のキャリアコンサルトから転職時期について聞かれます。その際に、良い求人案件があればすぐにでも転職したい!という旨を伝えるようにしましょう。各キャリアコンサルトには、売り上げ目標があるので、そのように答えておくことで、優先順位を上げてもらえることができ、良質な求人案件をすぐに紹介してもらうことができるでしょう。

同じ企業に複数のエージェントから応募しないこと。

複数の転職エージェントを利用している場合、同じ企業に複数のエージェントから応募することは絶対にしてはいけません。そうすることで、企業と各エージェントに亀裂が入り、関係を悪化させてしまうことに繋がりかねません。企業側と担当のキャリアコンサルトには不信感を与えてしまい、すべてが破談となる可能性もあります。

推薦文を必ず確認すること。

書類選考の際、履歴書や職務経歴書と一緒に、担当のキャリアコンサルトが求職者を紹介する推薦文を書いてくれます。そして、履歴書や職務経歴書と一緒に沿えて企業側に送りますが、キャリアコンサルトによってはひどい推薦文を書く人もいます。そのようなことを避けるためにも、推薦文の中身を確認したい旨を上手に伝え、チェックする必要があります。

まとめ

第二新卒の転職は、転職の中でも一番大きなチャンスとなり機会です。今後の人生設計を大きく変えるチャンスともなるので、自分に合ったキャリアコンサルトを見つけるために複数の転職エージェントを利用するようにしましょう。