第二新卒エージェントneoってどう?特徴や評判と口コミを探る!

第二新卒エージェントneoってどう?特徴や評判と口コミを探る!

「第二新卒エージェントneo」は、その名の通り、第二新卒を始めとして既卒、フリーター、大学中途者など、20代の若者向けに転職支援サービスを行なっている会社です。若手を必要としている企業のみを、明確に紹介してくれるので、選考まで進む確率がグンと挙がります。また、紹介してくれる企業は、実際に直接企業へと足を運んで情報を集めているので、変な企業を紹介される心配もありません。この記事では第二新卒エージェントneoの特徴をさらに詳しく挙げてその強みを探るとともに、口コミによる評判から利用するメリットとデメリットを探ってみましょう。

転職するなら20代のうちが有利って本当?

いまの仕事にやりがいを感じない、待遇や給与に不満がある、人間関係で悩んでいる、きちんと正社員として働きたい…など、転職を考え始める理由は人によってさまざまです。

一般に、転職適齢期は35歳までが限界とも言われており、もし転職するならなるべく早いうちに行動を起こす方が、採用に有利であると言われています。

その中でも20代というのは、転職するには非常に有利になってくるようです。それにはいくつかの理由が考えられます。

20代の転職が有利とされる訳とは?

Overcome and achieve success

○理由その①第二新卒として扱ってもらえる

第二新卒というのは、特に社会人1年目から3年目までの20代前半の人のことを言います。

すでに社会人としてスタートし始めているので、ビジネスマナーなど新人として教わるべき研修内容も受け終わっています。ということは、企業としては新卒のように一から教育したり、育成するための時間や労力を必要としないメリットがあります。

○理由その②柔軟性や吸収力を評価してもらいやすい

社会人としてまだ浅い年齢のうちは、以前の会社の社風ややり方にそこまで染まりきっていないと考えられるので、自社のやり方や社風に柔軟に応じてもらえそうだとか、教育しやすそうだと見てもらうことができます。

○理由その③ポテンシャルを重視する企業は多い

20代はまだまだ若いので、エネルギッシュですし、ポテンシャルや可能性に満ちている年代でもあります。やる気にあふれている20代の人は、たとえ未経験の業界や職種であっても。これからの可能性や頑張りを期待してもらえるメリットが強みになります。

○理由その④すでに経験やスキルを持っている

特に20代でも後半になってくると、ビジネスマナーはもちろんのこと、すでにスキルや実績を積んでいる人が多くなります。ですから、そうしたスキルや経験をすぐにでも転職先で発揮してくれて、活躍してくれることを企業は期待します。

まだ第二新卒の年齢の人は仕事においては半人前とみなされるかもしれませんが、20代後半の人はそうではありません。一人前として扱ってもらえて、さまざまな仕事を任せられると企業側も判断することでしょう。

○理由その⑤キャリアを生かした仕事を選択しやすい

これまでの会社と同じであったり、似た業界の仕事に転職しようと考えているならば、これまでのキャリアが強みになってくるでしょう。

今までのキャリアを評価して、収入アップや待遇面でこちらの条件にもある程度応えようという姿勢を見せてくれる企業もあるかもしれません。

たとえ異業種や、未経験の業界にチャレンジしようと思う場合であっても、すでにその人が持っているキャリアを活かした発想の転換や、新しい考え方を企業側が求める場合もあるので、転職には有利に働いていきます。

さらに、20代後半になってくると、リーダーとしてグループや部下をまとめたり、指導してきたマネージメント経験や、大きなプロジェクトを成功させてきた経験を持っている人も増えてくるかもしれません。

そうした経験を持っているなら、その実績をアピールすることで、会社をチームとして引っ張ったり、盛り上げてくれる人材とみなされ、高評価の対象となります。

20代の転職がデメリットになることもある

転職するには最適な年代と言われる20代ではありますが、デメリットになる要因もあるということを知っておくことは大切です。

それを踏まえた上で、どのように20代という若さを企業にアピールできるかを、前もって考えておく必要があります。

ここからは、20代の転職のデメリット要因と、どんな対策ができるかを考えていきます。

20代の転職が不利になる要因とその対策

Conceptual image of a businessman pulling a heavy ball

・その①経験がない

何といっても社会人1 ,2年では経験があまりになさ過ぎてしまいます。確かにポテンシャルや可能性を見てもらえる年齢とはいえ、経験やスキルがないので、中途採用者が書く「職務経歴書」に書けるアピールポイントがない、というデメリットがあります。

ですから、どんなに小さなことでも良いので、自分が身に着けたスキルを積極的にアピールしていくようにしましょう。また、転職先での仕事への意欲を見せることもポイントになります。

「これからどんな仕事をしていきたいのか」「どうなっていきたいのか」を明確に分析し、ハッキリさせることで採用担当者に納得してもらったり、良い評価を受けやすくなるでしょう。

また、1年か2年そこらですぐに転職するよりも、3年はその職場でがんばって、スキルや経験を積んでから他の会社への転職を考える、というのも手かもしれません。

・その②なぜ以前の会社をやめたのか疑われやすい

1,2年で辞めたとなると、転職先の企業や会社からは「なぜこんなにすぐに辞めたのだろう」と疑いの目で見られます。

「人間関係に問題がある人なんだろうか」、「ちょっとでも嫌なことがあったらうちの会社もすぐに辞めてしまうのではないか」と思われやすい、ということです。

もちろん、残業があまりに多すぎたなど、待遇面での不満があったなら、率直に伝えることも大切です。自分が求める条件をあやふやにしたままでは、次の会社でも同じような問題が起きてしまう場合もあるからです。

書類を書く際や、面接の時には「なぜ転職を考えているのか」をはっきりと伝えるようにしましょう。理由があやふやだったり、何となく…では納得してもらえません。

仕事への熱意や意欲が伝わるような仕方で、転職理由を明確にしておくのは良いことです。

・その③実績がほとんどない

企業としては、中途採用の場合、即戦力になってくれる人が欲しい、という場合が多くなります。特に20代後半ともなってくると、それなりのスキルや経験を、企業側も期待することでしょう。

経験や実績、スキルを何も持っていない人は「この人は大丈夫だろうか」と思われても仕方がありません。20代後半で何もないと、ちょっと難しいと言えるでしょう。

特に未経験の職種や業界に転職したいという場合には、アピールポイントとなるようなスキルや経験を持つことで、採用にも有利に働いていくと言えます。

20代の転職を成功させるためのポイント

Attractive young man in blue t-shirt pointing up with his finger isolated on gray background

では実際に、20代で転職しようと思う場合、どんなポイントを押さえておくと、転職が成功する確率を少しでも上げることができるでしょうか。それには5つのポイントが関係してきます。

1.転職する理由や目的を明確にしておく 2.転職を希望する会社の社風や環境を事前にチェックしておく 3.自己分析をして、自分をよく知る 4.いまの仕事を続けながら転職活動をする 5.転職エージェントを活用する

では、5つ目に挙げた、転職エージェントとはいったい何をしてくれるところなのでしょうか☆転職エージェントが果たしている役割について取り上げていきたいと思います。

転職エージェントの役割とは

Business people, smiling, successful business partnership, discussing logo, website design, contract, negotiation room for rent. Portrait of mid aged businessman with subordinates at the background

初めて転職を考える場合は特にそうですが、何からどう手を付けたら良いか悩んでしまう、という人も多いことでしょう。募集をかけている企業や会社はたくさんあっても、自分の性格や条件に合う仕事を客観的に見きわめて探すのはなかなか難しいことです。

そんな時に利用すると良いのが、転職エージェントです。転職エージェントとは、人材を欲しがっている企業に対して、求職者の経験やスキル、給与などの労働条件などを確認したうえで、お互いのニーズに合ったところに紹介をしてくれます。

つまり、転職を円滑に進めるための手助けやサポートをしてくれる、というわけです。

エージェントに在籍するコンサルタントは、求人探しをしてくれるだけではなく、専門的なプロの視点から、客観的に見てそれぞれの求職者に合ったアドバイスをくれます。

ですから、ほんとうに自分に合った職業や業種を冷静に見きわめて、判断することができるのです。

転職エージェントを活用するメリットとは

Portrait of focused confident concentrated smart intelligent clever busy expert specialist assistant giving recommendations advice to clients organizing meetings writing information to notepad

では、実際に転職エージェントを利用することにはどんなメリットがあるでしょうか。他にもいろいろありますが、ここでは7つのメリットを挙げておきます。

・無料でサポートを受けられる ・面倒な手続きすべてを代わりに引き受けてもらえる ・自己分析の手伝いをしてもらえる ・非公開の求人情報を教えてもらえる ・社内情報や、社風を知ることができる ・条件の交渉を代わりに企業側としてくれる ・希望する企業に推薦してもらえるので、採用されやすい

転職エージェントの利用の仕方を知ろう

エージェントによって多少の違いはあるものの、転職が決まるまで、おおよそこのようなステップで手順を踏んでいくようになります。

・ステップ① ホームページから登録して申し込む

Register Enquiry Online Web Page Concept

まずは自分が利用したいと思うエージェントのホームページを開き、サイトの専用ホームからエントリー(登録)します。

そののち、コンサルタントの方から電話やメールにて連絡が来るので、面談する時間や場所等の打ち合わせをします。

・ステップ② カウンセリング(面談)

予約した日時と場所で、コンサルタントと直接もしくは電話で面談することになります。

現在の状況、転職に望むこと、職歴や経験、スキルなどのヒアリングを詳しく行なった後、個々の求職者に合った求人企業を紹介してもらいます。

・ステップ③ 企業にエントリーする

応募したい企業が決まれば、コンサルタントの推薦状と共に、企業にエントリーすることになります。

履歴書や職務経歴書などの、書類の上手な添削方法のアドバイスもしてもらうことができます。待遇や条件面での交渉などの打ち合わせもします。

企業へのセッティングが済み次第、面接の日時や場所の案内をしてもらうことになります。

・ステップ④ 企業での面接

Woman during job interview and four elegant members of management

面接を受ける日時をコンサルタントが調整してくれます。

コンサルタントは企業から直接聞いている情報をたくさん持っています。面接が通過しやすいように、そうした企業情報や面接官の情報、想定される質問など、面接に役立つアドバイスを教えてもらうことができます。

・ステップ⑤ 内定と入社の手続き

面接の合否連絡は、企業の人事担当者からコンサルタントのほうに連絡がいき、コンサルタントから連絡が入る手順となっています。

無事に採用が決まった場合には、給与条件や入社日などの条件等の交渉をコンサルタントが代わりに企業と行なってくれるので、それが済み次第入社の手続きになります。

いま現在勤めている会社での退職に伴うアドバイスや、入社までの手続き、さらには初出社のアドバイスに至るまで、転職した後も安心して働けるように細かくサポートしてくれます。

20代におすすめの転職エージェント

どのエージェントを選ぶかは、転職に成功できるかどうかに大きく影響する大切なポイントとなります。

なぜかというと、エージェントによって、得意とする分野や業界なども違ってくるからです。新卒や第二新卒など、若手の年代の就職に強いエージェントもあります。

ですから、20代の人向けや、未経験の人にもきちんと対応できる、サポート力の強さに定評があるエージェントを選んで利用するようにしていきましょう。

ここでは、20代の方におすすめしたい、「第二新卒エージェントneo」という転職エージェントについてご紹介します。

第二新卒エージェントneoとは

career concept, business background, man looking at office buildings

<所在地>

東京本社:東京都新宿区西新宿1-22-2新宿サンエービル2階

・JR新宿駅南口から徒歩5分

大阪支社:大阪府大阪市北区曽根崎新地2-2-16西梅田MIDビル2階

・四ツ橋線西梅田駅9番出口から徒歩1分

「第二新卒エージェントneo」は、その名の通り、第二新卒を始めとして既卒、フリーター、大学中途者など、20代の若者向けに転職支援サービスを行なっている会社です。

若手を必要としている企業のみを、明確に紹介してくれるので、選考まで進む確率がグンと挙がります。

また、紹介してくれる企業は、実際に直接企業へと足を運んで情報を集めているので、変な企業を紹介される心配もありません。

第二新卒エージェントneoの特徴

<入社後のミスマッチ発生率が低い>

営業担当が直接企業を訪問し、求職者に魅力や情報を伝えてくれるので、求人広告を見て応募した場合とは違い、情報のギャップが発生する率が低くなります。

<就業意欲の高い人のみを紹介してくれる>

第二新卒エージェントneoでは、求職者と綿密なカウンセリングを行なっています。

初回は必ず2時間、平均して20時間以上もの親身で丁寧なカウンセリングを行なうことで、企業が求める方向性にマッチしている人を見きわめ、入社へと導いてくれるのです。

<入社後もフォローしてくれる>

第二新卒エージェントneoは、「入社すること」ではなく、「入社後に活躍すること」を目的としたサポートを意識しています。

それで、特に新入社員に起こりやすい仕事上の不安や疑問に、担当カウンセラーが入社後も相談に乗ることで、そうした問題を解決してくれるのです。

第二新卒エージェントneoの評判や口コミ

実際に第二新卒エージェントneoを利用して、就職に成功した人たちから、この会社の実情を知ることができます。

<フリーター→コンサルティング企業に就職26歳男性の場合>

「就職活動が上手くいかず、2年間アルバイト生活を送っていました。

たまたま見つけた第二新卒エージェントneoに登録して、相談に乗ってもらったところ、自分では気づかなかった長所や短所、将来なりたい姿まで見つけることができました。

今までは自分をアピールすることが苦手でしたが、次第に自信をもって話せるようになり、無事に内定をもらうことができました。

第二新卒エージェントさんに相談してみて良かったです!」

<入社3ヶ月で退職→バックオフィス系職種に就職23歳女性の場合>

「新卒で個人向けの教材を販売する企業に、営業職として就職したものの、なかなか成果も上がらず、仕事がつらくなって3ヶ月で退職してしまいました。

職歴が短い中でのキャリアチェンジは難しく、困っていたところ、ネットで第二新卒エージェントを見つけ、相談をしてみました。

しっかりと相談に乗ってくれ、もう次は失敗したくないという気持ちを汲み取っていただき、若手の人が長く勤められる環境の企業を紹介してもらいました。

しかも、ただ紹介してくれただけでなく、その企業専用の業界、職種理解や、志望動機の作成も行なっていただけました。

10時間以上に及ぶ対策のおかげで、無事に内定を得ることができました。一人で悩み続けていたら今の自分はなかったと思います。」

まとめ

Great job! Two cheerful business men shaking hands while their colleagues applauding and smiling in the background

第二新卒エージェントneoは、特に20代の若い人が転職を考える時におすすめできる、人材会社です。

転職活動を成功させるうえで、エージェントの存在は重要な役割を果たしています。さらにいえば、どんなエージェントを利用するか、ということも大切になってくるといえるでしょう。

積極的に転職エージェントも利用しながら、「転職して良かった」と心から感じられるような、前向きな転職活動ができるといいですね☆

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事