【管理栄養士の仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格も解説!

【管理栄養士の仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格も解説!

「管理栄養士」とは、厚生労働大臣によって認定された国家資格です。特に病気を患っている患者さんや高齢者の栄養管理や指導に携わります。個々の人の健康状態に応じて、健康を保ったり増進するのに役立つ食事の指導を、専門的な知識や技術のもと行ないます。働く場所は休職を提供する施設や一般の民間企業行政機関など様々で、需要が高い仕事といえるでしょう。そんな管理栄養士の仕事の内容や特徴をさらに掘り下げ、収入や求人の探し方についても取り上げたいと思います。

管理栄養士とは

「管理栄養士」とは、厚生労働大臣によって認定された国家資格です。特に病気を患っている患者さんや高齢者の栄養管理や指導に携わります。

個々の人の健康状態に応じて、健康を保ったり増進するのに役立つ食事の指導を、専門的な知識や技術のもと行ないます。

管理栄養士と似ている職業に「栄養士」と呼ばれる人たちがいます。しかしこの二つは資格としても仕事の内容としても違いがあります。

「栄養士」は管理栄養士になるためにまず持っていなければならない資格です。そして「栄養士」はおもに、実際の“調理”に携わることが多いですが、管理栄養士の場合は“管理”や“指導”を行なうのが主な仕事です。

また、「栄養士」は健康な人に向けた栄養指導を行なうのに対し、管理栄養士の場合は患者や病気の人などに向けて栄養指導を行なっていくという違いもあります。

管理栄養士の果たす役割について

Female nutritionist giving consultation to patient. Making diet plan.

食事は人が生きていく上で絶対に欠かせないものですが、どんなものを食べるか、どのような生活習慣を送るかによって、個々の人の健康状態や栄養状態には違いが出てきます。

管理栄養士は「食」に関わる専門的な知識を持ちながら、正しい食事のとり方やバランスの取れた栄養について指導を行なったり、アドバイスを与えていきます。

しかもその栄養は、みな一様に同じというものではなく、一人ひとりの健康状態に合わせたものなので、最適な食事内容を提供することができるのです。

このように、人々の健康を「栄養のある食事」によって守ったり、正しい食の知識を身に着けてもらったり食事の楽しみ方を知ってもらえるように、プロの知識を持ちながら伝えていくのが「管理栄養士」の役割であるといえます。

管理栄養士になるためには

Female student taking notes from a book at library. Young asian woman sitting at table doing assignments in college library.

管理栄養士になるためには、厚生労働大臣によって認定された国家試験を合格することが必須条件となってきます。

しかしすぐに管理栄養士の国家試験を受けられるわけではありません。まずは栄養士を養成するための専門学校や大学で学び、「栄養士」の資格を得て卒業した後に、1年~3年の実務経験を積まなければならないのです。

管理栄養士を最初から目指すことが決まっているのであれば、実務経験を積む必要のない「4年制の管理栄養士養成学校」に通うのがいちばんの近道になるでしょう。

管理栄養士の試験の合格率ってどれくらい?

管理栄養士の国家試験は、年に一度、毎年3月中旬ごろに行なわれています。

試験の内容は、「社会・環境と健康」「人体の構造と機能、及び疾病の成り立ち」「食べ物と健康」「基礎栄養学」「応用栄養学」「栄養教育論」「臨床栄養学」「公衆栄養学」「給食経営管理論」の9科目から構成されており、午前と午後合わせて200問の試験となっています。

毎年およそ2万人近い人が管理栄養士の国家試験を受けていて、そのうちの合格率は毎年およそ半分の45~55%前後となってるようです。

しかもその合格者のうち8割から9割は新卒生で、既卒生の合格率は3割未満と、合格率にはずいぶん大きな差が出ているようです。

これほど合格率に開きが出ている要因としては、新卒者は学校で国家試験の対策講座をしっかり受けてから受験に望むのに対し、既卒者はすでに仕事を行ない実務経験を積みながら、管理栄養士の勉強もして試験を受ける人が多いということが考えられます。

いったん現場に出てしまうと忙しい毎日が続くのが実状ですから、その中でスキルアップを目指そうとしてもなかなか難しいと言えるのかもしれません。

そうしたことも考えると、初めから4年制の管理栄養士養成学校に行くことがより近道になることが分かります。

管理栄養士の勤務先や働き方

Young female nutritionist standing in her office

<給食を提供する施設>

給食を提供している施設というと、主なものとしては病院や医療施設、介護施設や高齢者施設、学校や保育園などが挙げられます。

病院や医療施設では、患者一人一人の健康状態に合わせた食事を考えたり、栄養のアドバイスを与える仕事をします。そのようにして、病気の治療や再発、合併の予防に働きかけることで、医師や薬剤師、看護婦と連携したサポートを行ないます。

学校や保育園でも、成長期にある子どもたちの健康を守るために必要な栄養バランスを考えた献立を組み立てたり、子どもたちに食の大切さを教えていく仕事をします。

<一般の民間企業>

企業で働く人の健康づくりのために、社員食堂を置いている企業は多くあります。そうした場所で食事の献立を考えて、働く人の健康をサポートするのも管理栄養士の仕事です。

また他にも、食品メーカーで商品開発をしたり、食器や厨房機器を扱う企業での衛生管理に携わる仕事もあるようです。スポーツクラブやドラッグストア、料理教室で管理栄養士が必要とされることもあります。

<行政機関>

各都道府県や市町村には「保健センター」がありますが、そこで地域の人の健康づくりのために栄養相談を受けたり、食に関わる講座やセミナーを開催するのも管理栄養士の役目です。

このように見てみると、勤務する場所や働き方もさまざまあることがお分かりいただけると思います。

管理栄養士の年収や給与の平均ってどれくらい?

Women hands hold a money bags and dropping on the top in the public park for loans to planned investment in the future concept.

管理栄養士の給与や年収は、働く場所や環境によって、また年齢によっても違いがあるのでみな同じというわけではありません。参考程度に見ていただければと思います。

行政機関で働く場合だと、公務員扱いになりますからその地方で定められている給与が毎月払われることになります。

民間の企業になってくると、勤務先や地域によって違いがあると思いますが、大まかに時給にすると平均1000円~1500円、月給にすると18万円~23万円ほどのようです。

全国的な平均で見ると、年収は300万円~400万円前後が相場になっているようです。

もちろん年齢やキャリア、勤務年数によって給与も上がっていきますし、現場での経験やスキルをたくさん積むことでさらに給与アップも目指していけることと思います。

管理栄養士の就職状況について

近年の健康ブームに伴い、病気の人やお年寄りに限らず、食に対する人々の関心や興味は高まってきています。さらに高齢化社会が進むことで、さらにそうした介護施設も増えてきており、管理栄養士の需要は増えてきています。

さらに、管理栄養士は病院や各施設、学校や行政といった場所だけでなく、さまざまな業界の企業からのニーズも高まってきています。

またスポーツジムやエステサロンといった美や健康に関わる施設においても、的確な食の知識を持っている管理栄養士と密接に関わりながらさらに拡大を図っていこうとする動きも増えてきています。

「管理栄養士」という資格さえ持っていれば、その国家資格を必要とする職種や業界はたくさんありますから、資格を活かした再就職や転職もしやすい職業であると言えるでしょう。

管理栄養士に向いているのはどんなタイプ?

Female nutritionist with fruits working at her desk

○食に興味や関心を持っている人

管理栄養士は他の人に食や栄養についてアドバイスしたり、指導を与える立場ですから、自分も食に興味を持ち、健康に気を配っていられる人でなければなりません。

また、食に関する情報は日々新しくなったり、進化しています。その時代に合わせた食の摂り方や栄養について、常に学んでいこうとする姿勢を持てる人でなければなりません。

そう考えると、まず前提として「食」への興味や関心は必須条件といえます。

○健康な人

管理栄養士の見た目がすごく具合が悪そうだったり、痩せすぎあるいは太りすぎな見た目だとしたら、この人に“健康”について相談したいと思うでしょうか。

自分の生活習慣や食生活にいつも気を配り、自身の健康管理がきちんとできている人でなければ務まらない仕事といえます。

○コミュニケーション能力がある人

管理栄養士は、老若男女さまざまな人と接し、食の指導や管理を行なっていきます。また一人ひとりと向き合い、その人の状況をよく知ったうえで必要な食や栄養の情報を発信していかなければなりません。

そのためには、相手の気持ちをよく汲み取ってあげたり、話しに耳を傾けてあげることも求められるでしょう。

そのように、どんな人とでも上手に接して人間関係を図れる「コミュニケーション能力」を持っている人は、この仕事に向いているといえます。

管理栄養士の求人探しに役立つサービス

管理栄養士の需要はますます増えていますし、働き先も病院や医療施設だけではなくなりました。自分の資格をうまく活かせて、条件や希望に合った就職先を見つけていきたいと思います。

しかし管理栄養士の仕事を探すといっても業種や職種も様々ありますから、いろんな求人情報を比較して検討したいと思う場合にはどうしたら良いでしょうか。

そんな時に役立つのは、「転職サイト」と「転職エージェント」という二つのどちらか、あるいは両方の転職支援サービスを使って求人を探す方法です。

では「転職サイト」と「転職エージェント」はそれぞれどのようなサポートを受けられるのでしょうか。またどんな人におすすめのサービスなのでしょうか。

転職サイトと転職エージェントの違い

簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用するのが「転職サイト」です。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

一方で転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくのが「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。

何らかの専門的なスキルや資格を持っているなら、せっかくならそうした資格やスキルを活かせる仕事に就きたいと思われるかもしれませんし、せっかくならキャリアアップにつながる仕事先を見つけたいと思われることでしょう。

しかし、自分の持つ資格や経験を必要としてくれる就職先を独自で見つけるのは、なかなか難しいですし、自分の能力やスキルに合う職業を客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいながら、求人探しを進めていくことができます。

転職サイトを使った方が良いタイプ

・たくさんの求人をじっくり見きわめたうえで転職先を探したい人

・とりあえず情報だけ気軽な気持ちで探したい人

・自分のペースで就職活動を進めていきたいと考えている人

・未経験の分野にも、積極的にチャレンジ・アプローチしていきたい人

転職エージェントが合っているタイプ

・就職や転職が初めてであるなどの理由で、不安や悩みがある人

・転職を考えているものの、現在の仕事ととの兼ね合いやスケジュール調整を一人でこなすのが大変だという人

・効率よく就職活動を進めていきたいと考えている人

・キャリアをいま一度見つめ直したいと考えている人

・異業界での就職にチャレンジしようとしている人

転職エージェントの利用方法

Happy businesswoman handshaking with client closing deal in an office interior with a window in the background

ではプロのコンサルタントにサポートをお願いできる「転職エージェント」の利用方法を簡単にご紹介しましょう。

エージェントによって多少の違いはあるものの、転職が決まるまで、おおよそこのようなステップで手順を踏んでいくようになります。

◇ステップ①ホームページから登録して申し込む

まずは自分が利用したいと思うエージェントのホームページを開き、サイトの専用ホームからエントリー(登録)します。

そののち、コンサルタントの方から電話やメールにて連絡が来るので、面談する時間や場所等の打ち合わせをします。

◇ステップ②カウンセリング(面談)

予約した日時と場所で、コンサルタントと直接もしくは電話で面談することになります。

現在の状況、転職に望むこと、職歴や経験、スキルなどのヒアリングを詳しく行なった後、個々の求職者に合った求人企業を紹介してもらいます。

◇ステップ③企業にエントリーする

応募したい企業が決まれば、コンサルタントの推薦状と共に、企業にエントリーすることになります。

履歴書や職務経歴書などの、書類の上手な添削方法のアドバイスもしてもらうことができます。待遇や条件面での交渉などの打ち合わせもします。

企業へのセッティングが済み次第、面接の日時や場所の案内をしてもらうことになります。

◇ステップ④企業での面接

面接を受ける日時をコンサルタントが調整してくれます。

コンサルタントは企業から直接聞いている情報をたくさん持っています。面接が通過しやすいように、そうした企業情報や面接官の情報、想定される質問など、面接に役立つアドバイスを教えてもらうことができます。

◇ステップ⑤内定と入社の手続き

面接の合否連絡は、企業の人事担当者からコンサルタントのほうに連絡がいき、コンサルタントから連絡が入る手順となっています。

無事に採用が決まった場合には、給与条件や入社日などの条件等の交渉をコンサルタントが代わりに企業と行なってくれるので、それが済み次第入社の手続きになります。

いま現在勤めている会社での退職に伴うアドバイスや、入社までの手続き、さらには初出社のアドバイスに至るまで、転職した後も安心して働けるように細かくサポートしてくれるのです。

転職エージェントはどうやって選んだら良いか

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

大手の総合エージェントであれば、幅広い分野での求人を保有していますし、全国展開しているので、大手に一つ登録しておくのは良いかと思います。

それに加えて、管理栄養士としての資格を活かせる職業に特化しているエージェントにも登録しておくことで、自分の希望や条件に見合う企業や就職先に関する情報を入手できるので、より就職への近道となるに違いありません。

まとめ

Smiling nutritionist holding fresh vegetables and fruit: healthcare and healthy vegetarian diet concept

管理栄養士は、誰もが必要とする「食」に関する専門的な知識を持ちながら、社会のためにまたは個々の人の生活のために自分を役立てられる、やりがいの大きい仕事です。

高齢化社会に伴い、また生活習慣病など健康の問題や悩みを抱える人が増えている今、一人ひとりが健康に過ごしていけるようサポートする管理栄養士としての役割やニーズは、これからますます広がっていくに違いありません。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事