【精密機器業界の仕事】求人の探し方や職種・待遇・業界事情も解説!

【精密機器業界の仕事】求人の探し方や職種・待遇・業界事情も解説!

精密機器業界の仕事には、カメラや時計など複雑な機械装置全般や精密機器の基盤の製造をします。市場ニーズをいち早く理解して消費者が欲しがる精密機器を製造します。顧客販売はもちろんのこと、営業活動を行うスタッフも存在し持ちつ持たれつの関係となっています。精密機器業界への転職や就職を考えている人、興味を持っている人の役に立てればと思います。 サムネイル

精密機器関連の仕事の種類や特徴とは?

Engineer Planning Project With CNC Machinery In Background

精密機器とは、微細な部品で構成された機械装置のことです。カメラ、時計など、複雑な機械装置全般を指すだけでなく、電気機器なども精密機器の一種と考えられています。ソフトウェア制御や電子制御によって動作させる高度な精密さを備える機器も含まれています。

精密機器として、具体的には、印刷機器、サーバー、電子機器、IT機器、電気機器、メディカル治療器、理化学機器、医療機械、医療検査機器、半導体、精密測定機器、ロボット、大型工作機、分析機器などを挙げることができます。精密機器は、家庭や職場、病院や介護施設など、私たちの身近なところでも、日常的に使用されています。精密機器の開発には高い技術力が求められます。

どのような精密機器製品を扱うかによって、顧客の種類やビジネスモデルは変わってきます。例えば、時計やカメラなどは一般の消費者も利用する場合があります。そのような場合には、BtoCビジネスとなります。医療に関係した機器などは、企業などで利用されるため、いわゆる、BtoBビジネスになります。

精密機器メーカーでの大まかな仕事の流れですが、市場ニーズのある製品を企画して、精密機器を製造します。そして顧客への販売を行うという流れになります。その流れの中ではたくさんの人たちが関わります。設計を行う社員、製造のための設備を整える社員、製造技術を研究する社員、製造作業を行って行く社員、製品の品質の管理を行う社員、製品の営業活動を行う社員などです。

精密機器メーカーには大手の精密機器メーカー、中小の精密機器メーカーがあります。大手の精密機器メーカーは、幾つもの事業の柱を持ちながら、幅広い事業を行っています。例えば、半導体、ヘルスケア、カメラ、計測機器、航空機器などのビジネスを手がけています。また、日本国内のみならず、世界各国にサービスの拠点、そして販売網をを持ち、グローバルな規模で事業を行っています。

大手の精密機器メーカーの中には、長い会社の歴史を持つ企業もあります。会社の歴史や文化も影響するため、どの分野のシェアが大きいかについては会社ごとの特徴があります。

全国展開の大手精密機器メーカーとは異なり、中小の精密機器メーカーもあります。大手と比べ、確かに従業員の数や売り上げは少ないものの、堅実経営により成長している中小の精密機器メーカーは存在します。幅広い事業を行うというよりも、例えば、光学機器、医療機器など特定の分野に集中した開発を行って、シェアを確保している場合が多い状況と思われます。高い技術力を持っている中小の精密機器メーカーもあります。

中小の精密機器メーカーは、特定の分野に集中した開発を行って、シェアを確保し、大手との競争の中でも、安定した顧客を確保しようとしています。そのため、企業それぞれの特色がはっきり出やすいと言えるでしょう。

精密機器関連の仕事にはどんな業務がありますか?

精密機器メーカーは、大手でも中小でも、複数の部署から成り立っています。それぞれの部署の社員たちには役割があり、協力して仕事をして行きます。大きく分けると、技術系と事務系の職種に分かれます。精密機器メーカーの場合は、どちらかと言うと技術系の職種に関わる人数が多くなるという特徴があります。

その技術系の職種の中には、例えば、設計、開発、研究、生産技術、生産管理、品質管理、技術サービスなどの職種があります。製品の品質を確保してゆくための仕事や、製品の仕様を決めていくために必要な設計の仕事、生産設備の製造のしくみを考える仕事なども含まれています。専門性が求められる職種もあることでしょう。技術系の仕事の場合には、本社以外の研究所、工場などで働くことが多いです。

事務系の仕事としては、マーケティングの仕事、新製品の企画の仕事、製造に必要な部品を調達する仕事があります。給与について扱ったり、会計業務を行う経理の仕事もあります。特許の管理などを扱う知的財産の仕事、法的なリスクから会社を守る法務の仕事などもあります。営業の仕事も重要です。

自社の製品を汗を流して販売するだけでなく、製品についてのニーズを聞いて把握し、必要な提案を会社におこなって行きます。事務系の仕事の場合には、研究所や工場よりも、本社あるいは各営業所で仕事をする場合が多いと考えられます。

精密機器関連の企業の勤務の様子はどのようなものですか?

African American Businessman Boss With Group Of Business People In Creative Office, Successful Mix Race Man Leading Businesspeople Team Stand Folded Hands, Professional Staff Happy Smiling

もちろん企業や勤務地によって違いは出るものの、一般的に本社に勤務する場合には8:30からのスタートとなります。そして、7時間半から8時間程度が標準労働時間になるでしょう。さらに、フレックスタイムが導入されている企業であれば、柔軟な勤務時間で働くことも可能です。

精密機器関連の企業は、一般的に、土日が休みの完全週休2日制となっています。休日も休みとなります。有給休暇、フレッシュ休暇、育児休暇、出産休暇、介護休暇、年末年始休暇なども存在しています。福利厚生としては、社会保険、社宅や寮、企業年金制度、持株制度、医療施設、保養施設などがあります。

最近では、残業管理をきちんと行っている企業が増加しています。そして、残業時間削減に取り組む企業がよく見られています。もちろん、次のような場合には残業が発生することはあることでしょう。例えば、生産過程で問題が発生するような場合です。その場合、すぐに対応する必要が生じるでしょうし、問題発生によって工程に支障が出れば、納期に間に合わせるために残業をする必要も生じることでしょう。

他にも、営業の分野でも、日中客先を回った後に、残務を終えるために残業が生じる場合もあることでしょう。しかしながら、良好な職場環境の企業であれば、かなり残業時間が少ないケースもあるようです。定時退社日、ノー残業デーを取り入れている企業もあります。

精密機器関連の企業の給料はどれ位なのでしょうか?

Portrait of a cheerful young woman holding money banknotes and celebrating isolated over yellow background

大手の精密機器関連の企業ともなると、平均年収が700〜800万円をこえるところもありますが、精密機器メーカー社員の平均年収は600万円前後となっています。いずれにしても、高めの年収となっています。賞与も年2回支給の企業が多いようです。管理職に就けば、年収1,000万円をこえる場合もあり得るでしょう。

精密機器メーカーの初任給はどれ位なのでしょうか。大学院修士の学歴があれば、23〜25万円ほど、大学卒でれば21〜23万円ほど、高専の場合は18〜20万円ほどが一般的な初任給となっています。企業の中には、学歴には関係なく昇進していける企業もあります。

諸手当ですが、精密機器メーカーでは、基本給以外の手当もあり、例えば、住宅手当、超過勤務手当、家族手当などがあります。大手精密機器メーカーであれば、特に福利厚生や諸手当は充実していると考えられます。

精密機器関連の会社にはどのような会社があるのでしょうか。

これから、幾つかの精密機器関連の会社に注目してみましょう。

株式会社ニコン

nikon

www.nikon-image.com

1917年に設立された歴史のある会社です。精密技術、光利用技術をコア技術と位置付け、次世代の新しい事業領域に取り組む総合光学精密機器メーカーとなっています。

精機事業では、ニコンの独自の技術のマルチレンズシステムを採用した大型パネル向け露光装置から中小型パネル向け露光装置までを提供しています。スマートフォン、タブレット端末、液晶テレビがあります。こうした製品の半導体集積回路や、液晶といった薄型のディスプレイパネルを製作するために欠かせないのが、FPD露光装置です。

1980年に国産初の露光装置を発表してから今日に至るまで、最先端の技術で情報社会の発展を先導しています。製品の一例として「FPDスキャナーFX-103SH」を挙げることができます。これは、照明系とマルチレンズシステムを、第10.5世代向けに最適化した露光装置のことです。高精細タブレットの液晶パネル、4K・8Kテレビなどの量産に貢献する機械となっています。

株式会社ニコンと言えば、カメラが有名ですが、カメラ以外の分野でも、医療、宇宙、ロボットといった分野でも株式会社ニコンは活躍しています。

オリンパス株式会社

オリンパス株式会社

www.olympus.co.jp

1919年に設立された会社です。1950年には世界で初めて「胃カメラ」の実用化に成功しました。創業以来培ってきた光学技術とデジタル技術を融合させ、医療を中心として幅広い分野での研究開発を行っています。

医療分野の中でも消化器内視鏡のシェアは高いです。高い医療効果と業務効率化を意識した製品開発を推進しています。今日、内視鏡は、体内を観察することにとどまらず、薬剤の散布、病変の切除や止血、組織の採取、低侵襲手術にも役立っています。

さらに、より多くの人々が内視鏡医療を受けることができるよう、オリンパス株式会社は様々な取り組みを行っています。中国の北京や上海に内視鏡トレーニングセンターを開設しました。内視鏡医や看護師、検査技師などの医療スタッフの教育の支援を行っています。新興国市場に向けた低価格を実現した内視鏡ビデオスコープシステムを2012年4月より販売しています。

超音波診断技術、グラスファイバー、ハイビジョン技術などにより、がんの早期発見や治療に役立つ機器の開発もを進めています。

テルモ株式会社

テルモ株式会社

www.terumo.co.jp

国民衛生の基礎を支える良質の体温計の国産化を目指して1921年に設立されました。当時、第一次世界大戦の影響で体温計は輸入が途絶えている状況でした。北里柴三郎博士をはじめとする医師らが発起人となりました。

テルモ株式会社は160カ国をこえる国々に数多くの医療機器やサービスを提供しています。電子体温計、医薬品、人工心肺システム、腹膜透析関連、血液バッグなどの医療用機器の製造、販売事業に取り組んでいます。

開発技術職では、国内での開発業務に携わってから、経験を活かして海外の事業所に異動して現地での仕事に携わるようになる技術者もいます。海外製品の性能や品質を保って、安定生産を行えるよう支援している技術者もいます。

精密機器関連業界の転職事情はどうなっていますか?

精密機器関連業界に転職する人の数はかなりいます。精密機器関連業界も定期的に新卒採用をし、若手を育てて行くのですが、人員が不足した場合には組織を強化するために中途採用をする場合があります。

中途採用は、会社によっては、経験者採用、キャリア採用呼ばれる場合もあります。中途採用の場合には基本的には職種別の採用となっていますので、そういう場合には前職での経験が求められる場合もあるでしょう。どれ位の経験が必要とされるかは、募集している会社によって異なりますので、確認するようにいたしましょう。

未経験で精密機器関連業界に応募できる場合もあります。例えば営業職であれば、基本的に開発や研究といった専門性が問われませんので、未経験でも就職にまで至る場合もあり得るかもしれません。

他の業種での営業経験があれば、評価される可能性がありますし、精密機器関連の企業の中には、海外に事業を展開している企業もありますから、英語力があれば、プラスになる可能性があります。

精密機器関連業界の求人を探すには

精密機器関連業界の求人を探す際に、求人誌などで仕事を探してみるのも1つの方法であると言えるしょう。しかし、インターネットを活用できる環境にあるならば、仕事を探す場合に大変便利です。次のようなサイトを活用して、求人を探してみることもできます。

indeed

indeed

求人サイト、新聞などのメディア、各種団体、企業の採用ウェブページなど、数千のウェブサイトを巡回して求人情報を収集しているので圧倒的な求人数を保有する求人サイト!

例えば、indeed(インディード)と呼ばれる検索エンジンを活用する方法があります。indeedとは、2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンのことです。

indeedは登録しなくても、各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することができるので手軽に活用することができます。掲示板のような役割を果たしてくれるサイトです。掲載日から何日が経過したかも記載されますので情報の鮮度のチェックをすることもできるようになっています。精密機器関連の仕事についても、こまめに日々チェックするなら、鮮度の高いものを見つけることができるかもしれません。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

常に10万件以上の非公開求人を保有している、他のエージェントと比較するトップクラスの案件数を抱えている必須の転職エージェント!

リクルートエージェントは、取り扱っている求人数が業界トップクラスとなっています。転職希望者に嬉しい幾つもの特徴があります。登録すれば、有用なサービスを活用できるでしょう。例えば、非公開求人が約10万件もある時もあります。

非公開求人の中には、公開すれば人事担当が対応できない位の応募が殺到するような案件などもあります。そういう魅力的な非公開求人を探すことができるかもしれません。

「レジュメNavi」を利用して、職務経歴書を作成することもできます。職種を選択すると、その職種に関連したテンプレートが選択されますので便利な機能です。応募書類の添削をしてもらうこともできるようになっています。

リクルートエージェント

www.r-agent.com

さらに、「AGENTREPORT」も準備されています。現在活躍されている人材のスペックや選考基準、企業の内情や業界動向、仕事の環境や、求人の見方やポイントなどの有益な情報をチェックすることができます。他にも、面接力向上セミナーに参加することにより、どんな人が不採用になっているか、面接官が一体どんなところを見ているのかなどについても学ぶことができます。

エージェントサービスを受けることもできます。そのため、キャリアアドバイザーが要望に合わせて転職活動をサポートしてくれるので安心です。面接日程、条件などの交渉もキャリアアドバイザーが行ってくれます。転職に伴うストレスが軽減され、とても助かります。

こうしたサイトを活用すれば、インターネットで精密機器関連業界の求人を見つけることは難しくないでしょう。自分に合った転職先を見つけたい場合は、転職エージェントを活用してキャリアアドバイザーの支援を受けることもできるようになっています。こうしたサイトを活用して、精密機器関連業界の仕事を見つけてみるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事