【精神保健福祉士の仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格を解説!

【精神保健福祉士の仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格を解説!

精神保健福祉士とは、1950年代に「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」という名称で精神科医療機関のチームの一員として導入され、1997年に国家資格として誕生した専門職資格です。精神保健福祉士は“精神障害”の援助を行なうことが目的となっています。誰もがストレスを抱える時代と言われる中で、こころの病気を抱える人はますます増え続けています。それで精神保健福祉士の役割や需要は、ますます必要とされるようになっているのです。では精神保健福祉士は具体的にどんな仕事をするのでしょうか?関連する仕事の特徴と求人の探し方も含めて紹介します。

精神保健福祉士とは

Psychologist working with victim of violence, closeup

精神保健福祉士とは、1950年代に「精神科ソーシャルワーカー(PSW)」という名称で精神科医療機関のチームの一員として導入され、1997年に国家資格として誕生した専門職資格です。

同じようなソーシャルワーカーの国家資格の中に「社会福祉士」というものもありますが、社会福祉士は“福祉”全般が対象となっているのに対し、精神保健福祉士は“精神障害”の援助を行なうことが目的となっています。

社会福祉学を基盤として、精神障害を抱える人々の生活や社会復帰をサポートしたり、社会に参加するための支援を行なうことで、個々の人のライフスタイルを見いだし解決に導く手伝いを目標としています。

誰もがストレスを抱える時代と言われる中で、こころの病気を抱える人はますます増え続けています。

そうした中で、個々の人の心に寄り添いつつ、医療や保険、福祉などさまざまな分野で関わる「精神保健福祉士」の役割や需要は、ますます必要とされるようになっているのです。

精神保健福祉士になるために

精神保健福祉士として働くためには、精神保健福祉士の国家試験を受けて合格することが必要条件となります。

受験資格を得るための方法はさまざまで、何と11通りものルートがあります。その中で最短で資格を取れるのは、高校を卒業した後に保健福祉系の4年生大学に行き、指定科目を履修することです。

精神障害者の保険福祉に関係する指定科目を取ることで、実務経験不要ですぐに国家試験を受けることが可能となっています。

その他にも、「福祉系の短大に行って所定の課程を修了し、実務経験を1年~2年積む」ルートや、「一般の4年生大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学する」あるいは「一般の短大に行った後、実務経験を1年~2年積み、一般養成施設に1年以上行く」といった 方法もあるようです。

一般養成施設とは主に、専門学校で開講される養成講座のことを言いますが、通信で受けられる講座や通信教育制の福祉大学を卒業する方法もあるので、仕事をしながらでも、さらなるキャリアアップを目指して資格を取ることも可能です。

精神保健福祉士の試験合格率

精神保健福祉士の国家試験を受ける人は、毎年平均して7000人~8000人ほどです。そのうち合格する人数を見てみると、平均して6割程度の合格率になっているので、しっかり勉強すれば難易度はそれほど高いものではないと言えるかもしれません。

合格した人のうち、男性3割、女性が7割で、保健福祉系大学を卒業した人よりも、実務経験を積み養成施設でさらに勉強してから受験した人の方が合格率が若干上回っていることも分かりました。

「社会福祉士」の資格を持っていると一部の試験が免除されるので、すでに社会福祉士の資格を持っている方であればさらに合格しやすいでしょう。

精神保健福祉士の雇用形態や勤務先

精神保健福祉士が勤務する場所は、大きく分けると下記の3つに分けられます。

<医療機関>

精神病院や総合病院の精神科、メンタルクリニックなど

<行政機関>

保健所、精神保健福祉センター、各市町村にある保健センター

<精神障害者に対応する施設>

精神障害者福祉ホーム、精神障害者復帰施設、児童保護施設や少年院、老人保健施設、学校や企業など

行政機関で働く場合は、地方公務員という肩書きで働けるので、安定性や給与の良さなどから働く場所としては人気を集めています。

精神保健福祉士の果たす役割

Hand of a professional family psychotherapist writing notes in front of a couple with a child in a blurred background during a consultation

精神保健福祉士の主な仕事は、精神障害者が社会復帰を果たし、一日でも早く自立した生活を送れるようにサポートすることです。また、精神障害者をもつ家族の相談を受けたり情報共有をするなどして、支援していきます。

医療機関で働く場合であれば、医師や臨床心理士と協力し合いながら、精神科に入院する患者さんが退院して社会復帰するまでを助けます。入院中だけでなく、退院した後の経済的な問題も解決できるよう、生活保護を受けるなどの調整を図っていくこともします。

また、行政機関で働くのであれば、保健医療に関係するさまざまな計画を立案して推し進めたり、こころの病気を抱える人への理解を市民が深められるような啓発活動などを行なうこともします。保健教室を開いて、精神障害者と家族を支援する活動も行なっています。

これまでほとんど見過ごされてきた、精神障害者の「自立や社会復帰」と「人権の保護」を目指して支援サポートを行なっていくのが、精神保健福祉士の役割なのです。

精神保健福祉士の平均年収と給与

精神保健福祉士の給与や年収は、働く場所や環境によって、また年齢によっても違いがあるので、明確な額を述べることはできません。

正社員として働いた場合、大学を卒業した人の初任給は約17万円程度、平均年収は300万円~400万円程度と言われています。

基本的に精神保健福祉士として働く人は20代が最も多く、40歳未満がほとんどなので、年齢に比例してそれほど年収や給与が高くないと言えるのかもしれません。

しかし基本給はそれほど高くなくても、役職に就いたりして賞与や手当てなどで年収がアップしたり優遇されている人も多いようなので、就職先を決める場合に給与や待遇を確認しておくことをお勧めします。

精神保健福祉士の勤務時間や休日

close up of clock, calendar and pencil on the table, planning for business meeting or travel planning concept

行政機関で働く場合は、公務員扱いになる事がほとんどのため、勤務時間は「9時から17時」、休日は「土・日祝日」という形になります。

医療機関の場合も、ほとんどは「9時から17時」前後という時間で設定されているケースが多いようです。

しかし需要が増えている職業なのに対し、人手が少ないのが現状のため、特に病院など医療機関で働く人の場合だと、残業が増えたり休日も働くことが求められるケースもあるようです。

精神保健福祉士の就職状況について

精神保健福祉士としての仕事は、時代の変化に伴いますます需要は増えていますし、働き先も病院や医療施設だけではなくなりました。

国としての方針や働きかけも強まっていることもあり、働く場所は病院だけでなく、学校などの教育や行政、司法の現場など多岐にわたっています。

特に人口を占める大都市圏においての需要が多いため、働き方を選んで求人探しをしたいならば、都市部で就職先を見つけることをお勧めしたいと思います。

働き方は選ばずに、資格を活かせる仕事であればどこで働くのでも良いのであれば、地方でも働き口はたくさん見つかることでしょう。

精神保健福祉士に向いているのはどんな人?

Psychologist working with young woman in office

精神保健福祉士は、問題や悩みを抱える個々の人と向き合い、ニーズを見きわめたり感じ取ってあげることが求められる、重要な仕事です。社会とのつながりが薄い患者さんが再び社会の中で生きられるように助けてあげなければならないのです。

ではそのためにどんな姿勢や資質が、精神保健福祉士には求められるでしょうか。

・その①思いやりの心

精神障害者とその家族が抱えている問題や悩みは、推し量れないほど大きいものでしょうし、すべてを理解するのは難しいかもしれません。

だからこそ、一人ひとりの患者さんと「ひとりの人間」として向き合い、苦しんでいることを取り除いてあげたい、力になってあげたいという思いやりの気持ちをまず持つことが必要となります。

誰に対しても同じように接することができる、温かく優しい気持ちを持った人なら、積極的にサポートしてあげたい気持ちを持ち続けられると思うので、そうした人に向いていると言えることでしょう。

・その②冷静な心

思いやりの心と同時に求められるのは、あまりに感情移入し過ぎない「冷静さ」です。

患者さんの問題はすぐに解決できるものではないですし、時には理不尽だと思えることをぶつけられる時もあるかもしれません。

そんな時にあまりに患者さんに深入りし過ぎると、自分自身も潰れてしまうことになりかねません。ですから患者さんの今の状況を「冷静に」分析して見つめ、どんなことも「冷静に」受け止められる強さを持っていることも大切と言えます。

・その③忍耐する心

この仕事はすぐに問題が解決できるような、簡単なものではないでしょう。もう大丈夫かなと思っても患者さんがまた逆戻りしたり、なかなか前に進んでくれないことがほとんどかもしれません。

ですから、根気強く辛抱強く見守ってあげられる気持ちや、忍耐力を持ち合わせられる人に向いている職業と言えます。

・その④公平な心

精神障害を抱える人は、とかく社会からうとまれたり卑下されるなどして辛い目に合ってきた人も多いです。

確かに精神障害者は、一般の人と違った発言や行動を取ったり、理解できない考え方や見方を示すことが多いでしょう。

しかし人格を持ったひとりの人間ですから、この仕事をする際には見下したりすることなく、「一個人」の人間として公平な心を持って接する必要があると言えます。

精神保健福祉士関連の求人探しに役立つサービス

Close-up Of A Businesspersons Hand Searching Online Job On Laptop At Workplace

精神保健福祉士の需要はますます増えていますし、働き先も病院や医療施設だけではなくなりました。自分の資格をうまく活かせて、条件や希望に合った就職先を見つけていきたいと思います。

しかし精神保健福祉士関連といっても業種や職種も様々ですから、いろいろな求人情報を比較して検討したいと思う場合にはどうしたら良いでしょうか。

そんな時に役立つのは、「転職サイト」と「転職エージェント」という二つのどちらか、あるいは両方の転職支援サービスを使って求人を探す方法です。

では「転職サイト」と「転職エージェント」はそれぞれどのようなサポートを受けられるのでしょうか。またどんな人におすすめのサービスなのでしょうか。

転職サイトと転職エージェントの違い

簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用するのが「転職サイト」です。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

一方で転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくのが「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。

何らかの専門的なスキルや資格を持っているなら、せっかくならそうした資格やスキルを活かせる仕事に就きたいと思われるかもしれません。

しかし、自分の持つ資格や経験を必要としてくれる会社を独自で見つけるのは、なかなか難しいですし、自分の能力やスキルに合う職業を客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいながら、求人探しを進めていくことができます。

転職サイトを使った方が良いタイプ

・たくさんの求人をじっくり見きわめたうえで転職先を探したい人

・とりあえず情報だけ気軽な気持ちで探したい人

・自分のペースで就職活動を進めていきたいと考えている人

・未経験の分野にも、積極的にチャレンジ・アプローチしていきたい人

転職エージェントが合っているタイプ

・就職や転職が初めてであるなどの理由で、不安や悩みがある人

・転職を考えているものの、現在の仕事ととの兼ね合いやスケジュール調整を一人でこなすのが大変だという人

・効率よく就職活動を進めていきたいと考えている人

・キャリアをいま一度見つめ直したいと考えている人

転職エージェントの利用方法

Businesswoman attending listening to a client who is talking at office

ではプロのコンサルタントにサポートをお願いできる「転職エージェント」の利用方法を簡単にご紹介しましょう。

エージェントによって多少の違いはあるものの、転職が決まるまで、おおよそこのようなステップで手順を踏んでいくようになります。

◇ステップ①ホームページから登録して申し込む

まずは自分が利用したいと思うエージェントのホームページを開き、サイトの専用ホームからエントリー(登録)します。

そののち、コンサルタントの方から電話やメールにて連絡が来るので、面談する時間や場所等の打ち合わせをします。

◇ステップ②カウンセリング(面談)

予約した日時と場所で、コンサルタントと直接もしくは電話で面談することになります。

現在の状況、転職に望むこと、職歴や経験、スキルなどのヒアリングを詳しく行なった後、個々の求職者に合った求人企業を紹介してもらいます。

◇ステップ③企業にエントリーする

応募したい企業が決まれば、コンサルタントの推薦状と共に、企業にエントリーすることになります。

履歴書や職務経歴書などの、書類の上手な添削方法のアドバイスもしてもらうことができます。待遇や条件面での交渉などの打ち合わせもします。

企業へのセッティングが済み次第、面接の日時や場所の案内をしてもらうことになります。

◇ステップ④企業での面接

面接を受ける日時をコンサルタントが調整してくれます。

コンサルタントは企業から直接聞いている情報をたくさん持っています。面接が通過しやすいように、そうした企業情報や面接官の情報、想定される質問など、面接に役立つアドバイスを教えてもらうことができます。

◇ステップ⑤内定と入社の手続き

面接の合否連絡は、企業の人事担当者からコンサルタントのほうに連絡がいき、コンサルタントから連絡が入る手順となっています。

無事に採用が決まった場合には、給与条件や入社日などの条件等の交渉をコンサルタントが代わりに企業と行なってくれるので、それが済み次第入社の手続きになります。

いま現在勤めている会社での退職に伴うアドバイスや、入社までの手続き、さらには初出社のアドバイスに至るまで、転職した後も安心して働けるように細かくサポートしてくれるのです。

転職エージェントはどうやって選んだら良いか

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

大手の総合エージェントであれば、幅広い分野での求人を保有していますし、全国展開しているので、大手に一つ登録しておくのは良いかと思います。

それに加えて、医療関連の求人など、精神保健福祉士の資格を活かせる職業に特化しているエージェントにも登録しておけば、自分の希望や条件に見合う企業や就職先に関する情報を入手できるので、より近道になります。

まとめ

Psychologist working with victim of violence, closeup

精神保健福祉士としての仕事は、専門的な知識を持ちながら働けるやりがいの大きい仕事です。時代のニーズや変化に合わせながら取り組んでいくことも求められます。

ストレス社会と言われる現代において、患者一人ひとりと向き合いつつ、社会で過ごしていけるようサポートする精神保健福祉士は、これからますます必要とされていくに違いありません。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事