職務経歴書の志望動機は例文にしちゃNG!その理由と書き方

職務経歴書の志望動機は例文にしちゃNG!その理由と書き方

職務経歴書の志望動機について、インターネットで検索をしてWEBサイトの例文に頼ってしまう方も中にはいます。できればその方法はやめましょう!どのように書くべきか正しい書き方とあなたの魅力を最大限に引き出す方法を考えてみましょう!

例文に頼る職務経歴書の志望動機とは?

志望動機と職務経歴書

転職活動の際、応募書類のひとつとして職務経歴書を作成は必須です。職務経歴書を参考に書類選考が行われていくので、応募書類の中でも最も重要な書類と言えます。

書類選考の通過を左右する職務経歴書をいざ作成しようと思うと、どのような内容を作成したらよいのか分からない・・という方も少なくありません。そのため、インターネットで検索をしてWEBサイトの例文に頼ってしまう方も中にはいます。

もちろんWEBサイトの例文を参考にすることは悪いことではありません。しかし、WEBサイトの例文に頼りすぎたり、すっかり同じものを志望動機を作成してしまうなら、すぐに採用担当者に例文をコピーしていることがバレてしまいます。

ですから、職務経歴書の志望動機を作成する際には、しっかり考え、自分の言葉で、各応募先企業が求めている人材像にフィットするような内容にすることが大切です。

WEBサイトの例文に頼りすぎることがNGな理由とは?

Web Design Template Copy Space Concept

なぜWEBサイトを含め、すでにできている例文に頼りすぎてしまうことがNGなのでしょうか?

それには以下の理由が関係しているためNGといえます。

採用担当者にすぐにバレてしまうから。

少しぐらいなら例文をそのままコピー引用してもいいのでは?と思われる方も中にはいるかもしれません。しかし、今まですでに多くの応募者の職務経歴書を見てきたプロである採用担当者には、すぐにバレてしまいます。

つまり、自分の強みをしっかり自己PRしている職務経歴書と、WEBサイトの例文をそのままコピーした職務経歴書の違いはすぐに分かってしまうということです。もしWEBサイトの例文を使用していることがバレてしまうなら熱意が伝わらないどころか、マイナス評価となってしまい、書類選考通過が難しくなってしまうことでしょう。

そのようなことを避けるためにも、自分の言葉でしっかり考えた志望動機を作成するようにしましょう。

志望動機は面接の際に職務経歴書をベースに質問されるから。

Icons representing internet symbols connected with links, concept about cloud-based networking and network as a service technologies

職務経歴書の志望動機は、書類選考を通過するためだけが目的ではありません。書類選考に通過することができたら、次のステップである面接へと進みます。

その際に、採用担当者は、職務経歴書を参考にしながら志望動機の質問を投げかけてきます。

ですから、しっかり自分の言葉で。志望動機を作成していないなら、面接の際に、熱意をもって志望動機を伝えることができずマイナス印象を与えてしまうことでしょう。そのような失敗を回避するためにも、職務経歴書の志望動機を作成する際には、WEBサイトの例文に頼りすぎてしまうことはしないようにしましょう。

WEBサイトの志望動機例文は質が悪いから。

WEBサイトの志望動機の例文は、質は良くないものが多く、魅力を感じるものではありません。

なぜなら、志望動機の例文を作成している方の多くが転職面接に関するノウハウを知らずに例文を作成しているからです。おそらく素人が作成している例文もあることでしょう。

ですから、WEBサイトの志望動機の例文をそのまま使用することはやめましょう。

職務経歴書の志望動機を作成する上での正しい書き方とは?

lady justice as symbol for law in Frankfurt, Germany

マイナス評価のリスクを減らすためには、職務経歴書の志望動機をどのように作成することができるでしょうか? 次の点を踏まえながら、熱意が伝わる志望動機を作成することができます。

1、応募先企業に惹かれている理由について書く。

志望動機を書く際に、まず自分が応募先企業に惹かれている理由について書き出してみましょう。”○○職種や○○業界に興味がある”と文章で表現しても、そのような企業は多く存在しています。応募先企業ならではの魅力に触れる志望動機を作成しましょう。

その際には、、たくさん存在している同業種や同業界の中から、なぜそこの企業を志望したのか?自分の経験も含めながら、具体的にその魅力について触れることで、採用担当者の目に留まる志望動機を作成することができるでしょう。

2、事業やポジションに惹かれている理由について書く。

応募先企業の魅力についてまとめることができたなら、その次に、事業やポジションに惹かれている理由について書くことができます。現職では満たすことができなかったやりたい仕事や、応募先企業でどのように実現することができるのか、具体的な内容を書きだしてみるなら、自然と志望動機や志望理由へとつなげることができるでしょう。もしまだ自分がどのような仕事をしたいのか明確に定まっていないなら、自己分析をしっかりしてみることができるでしょう。

3、応募先企業に貢献することができる根拠について書く。

最後に、応募先企業や事業、ポジションにどのように貢献することができるか、その根拠についてアピールすることができます。それには、自分が今まで経験してきた仕事で身につけた知識やスキルなどの強みをどのように応募先企業で生かすことができるかという点を含めることができます。

たとえ未経験分野の職種や業界への転職だとしても、応募先企業で必要とされている強みをアピールすることで、自分が応募先企業で貢献できること志望動機としアピールすることができるでしょう。

職務経歴書の「志望動機」と「自己PR」の違いとは?

職務経歴書の志望動機を正しく完璧に作成するためには、志望動機と自己PRの違いをよく理解しておくことが助けとなります。両者の目的の違いを理解していなければ、内容が似たものとなってしまうでしょう。

志望動機の目的とその書き方

職務経歴書の志望動機の目的は、応募先企業で何のために、また何を目指して働きたいのか、といった志望する目的について伝えることです。ですから、応募先が求めている人材像や、その職種や業界についてしっかり把握しておくことが大切です。

なぜ自分が応募先企業で働きたいのかという目的を伝える上で、応募先企業の魅力や事業、ポジションの魅力、また、自分がどのように貢献することができるかその根拠を考えて作成することができます。そのために、応募先企業のニーズや課題について調査し、今まで自分が経験してきたことやスキルを活かして、どのように課題を解決することができるかという思いや熱意を志望動機として伝えることができるでしょう。

自己PRの目的とその書き方

職務経歴書の「自己PR」の目的が、自分の経験やスキルなどの強みや、人間性などをアピールすることです。今までの仕事でも経験や実績などをベースに、そのエピソードと共にアピールすることができます。

それと同時に、応募先企業で今までの経験や実績をどのように活かすことができるかをアピールすることができます。自己PRすることができる分野は業務以外にも、場合によっては社外生活などの観点からでもアピールすることができます。

このように志望動機と自己PRの目的を理解しておくことで、それぞれ作成しやすくなるでしょう。自己PRは自分のスキルや経験などを強みとしたアピールで、志望動機はそのスキルや経験どのように活かすことができるかを具体的に伝えることです。これらの違いを理解した上で、職務経歴書を作成していきましょう。

絶対に書いてはいけないNGな志望動機とは?

NG; Stack of Documents with Large Amount of Analytic Material.

志望動機の中には、NGとされているものがあり、それを書くなら書類選考に通過することは難しいでしょう。

また、志望動機は”ない”ものではなく、自分で考えて動機を作成するものです。以下のような志望動機を記入すると書類選考に通過する可能性が低くなるので気を付けましょう。

「○○がしたい!」という漠然としている志望動機

転職希望者の多くが失敗をしている志望動機が、漠然としている志望理由や動機です。それには「営業の仕事を成功させたい」とか、「人に役立つことがしたい」「御社の役に立ちたい」などの志望動機がそれに該当します。

熱意を伝えることはとても大切ですが、漠然としているなら何がしたいのか、どのようなスキルや経験を活かすことができるのか、といった一番採用担当者が知りたいと思っている点を伝えるkとができません。どのようなことがしたいのか?、なぜその企業に入社したいのか?という思いや熱意を具体的に文章で表現する志望動機を作成しましょう。

「やりがいのある仕事がしたい」

仕事のやりがいは、モチベーションを維持するために大切なことですが自分の仕事の取り組み方や姿勢次第で変わるものです。

なので、やるがいのある仕事をしたい、ということを志望動機としたいなら、応募先企業でしか実現させることができない仕事内容やその理由も含めた志望動機にする必要があります。

「御社に入社したら勉強がしたい」

勉強をしたい!という志望動機は、やる気や前向きな姿勢をアピールしたいために志望動機とする方がいます。

しかし、企業側にとって中途採用で求めている人材とは、すぐにでも即戦力として活躍してくれる人です。ですから、勉強をしたいという受け身の姿勢は、受け身の人材と判断されマイナス印象となってしまいます。

会社は勉強をするところではないことを念頭に入れ、志望動機を作成するようにしましょう。

「御社で成長したい」

応募先企業に成長させてもらいたい、という志望動機も受け身の姿勢なので、マイナス評価となります。社会人は、基本的なマナーとして自発的に自ら学ぶことが求められています。

ですから、中途採用という転職の場では、ビジネスマナーがないと判断されてしまうことでしょう。

「将来性があるから」

将来性があるからという理由は志望動機にはなりません。なぜなら、多くの企業は、長期間働くことを前提として採用できる人材を選んでいるからです。

ですから、将来性を見込んで入社をしたい、というニュアンスの志望動機は控えましょう。

「やる気があります」

やる気があることを志望動機としてアピールすることは、具体性が全くなく漠然としています。どのようなことを企業に貢献してくれるのか想像がつかないので、書類選考に通過することは難しいでしょう。

「家から近いから」

応募先企業の魅力や仕事内容ではなく、地理的な場所が志望動機として挙げてしまうことはNGです。企業側からみるなら、その企業で働きたいという理由とはなっておらず、ポジティブな志望動機とはなっていません。

また、転勤や事務所の移転などがあった場合には、退職をしてしまう可能性もあるので書類選考に通過することは難しいでしょう。

「給料がよかったから」

転職先を決める上で、もちろん待遇面も考慮することは大切なことですが、給与や残業などの待遇面を志望動機として全面的に挙げることは好ましくありません。

志望動機を記入する際は、あくまでも応募先企業の魅力や事業内容、仕事内容に関係したものがふさわしいでしょう。

自己過剰な理由

前職で経験や実績を具体的にアピールすることは、とても大切なことです。しかし、それが自慢となるような文章表現の仕上がりだったり、上から目線の態度が表れている文章だとするなら、マイナス印象となります。

退職を前提とした理由

企業を起こすことや、結婚、出産などが目標となっている退職を前提とした志望動機を作成するならマイナス評価となります。多くの採用担当者は、入社したなら長い期間、一生懸命に働いてほしいことを願っています。ですから、自分の夢をもっていたとしても、志望動機に含めることは控えましょう。

転職活動に欠かせない便利なツール「転職エージェント」を利用しよう!

Job interview, businessman listen to candidate answers.

ここまでで職務経歴書の志望動機を作成するにあたり、WEBサイトの例文に頼って作成することはNGであることや、その作成方法についてみてきました。

しかし、転職活動が初めてという方はもちろんのこと、転職活動の経験があっても、履歴書や職務経歴書の作成に不安を抱えている方も少なくありません。特に、職務経歴書の作成は転職活動の大きな壁と言えることでしょう。

そこで、転職活動をする際には、転職の悩みや不安をすべて解決してくれる転職エージェントを利用することができます。転職エージェントを利用するなら、転職に必要なサポートをすべて無料で受けることができます。それには履歴書と職務経歴書の添削サービスも含まれています。

また、転職エージェントを利用するなら、書類選考の応募書類を応募先企業に送付する際、「推薦状」を一緒に沿えてくれます。これは転職エージェント側から応募企業側に対して”この応募者は○○の理由なのでお勧めします”といった応募者を推薦する書面となっています。この推薦状の有無で、書類選考の通過の合否に影響が関係してくる場合もあります。

このように数々の転職を成功へと導いてきた実績を持つ転職エージェント利用することで、採用担当者の目に留まる職務経歴書を作成することができ、転職を成功へと導くことができるでしょう。

職務経歴書の添削してもらえば書類選考通過率をアップできる!

書類選考の通過は、職務経歴書の内容が合否を左右します。内容が濃く、分かりやすく、応募者の志望動機や応募企業への熱意が伝わる職務経歴書を作成することができるなら、採用担当者に確実に好印象を残すことができます。

転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルトは転職のプロです。そんな転職のプロに職務経歴書の添削をしてもらうと、書類選考通過率が約30%台にアップするとも言われています。ですから、転職活動の際に転職エージェントを利用すべきツールと言えるでしょう。

転職エージェントの職務経歴書添削サポートを受けるメリットとは?

Businessman hand holding plus sign virtual means to offer positive thing (like benefits, personal development, social network)

転職エージェントで履歴書や職務経歴書などの応募書類の添削サポートを受けるなら、書類選考の通過率を大幅にアップさせることができます。

それに加え、以下のメリットも得ることができます。

応募先企業の求めている人材像をより具体的に把握することができ、それに合った志望動機へと内容を改善することができる。

転職エージェントのキャリアコンサルトは、多くの企業の情報を持っています。それには、ホームページやパンフレットなどから個人が収集することができない情報が含まれています。

なので、転職エージェントを利用することで、応募先企業が求めている人材像に関してさらに情報を収集することができます。それにより、職務経歴書で最も重視される志望動機がすでに明確に作成することができていても、応募先企業が求めている人材像に合わせて調整を加えることができます。

そうすることにより、企業側が求めているニーズとフィットすることができ、採用担当者の目に留まる魅力的な職務経歴書へと仕上げることができます。

自分の強みやアピールすべき点を明確にすることができる。

転職希望者の中には、自分の経験やスキルなど強みが分からない・・という方も少なくありません。

しかし、担当のキャリアコンサルトと一緒に話し合うことで、自分では気づかなかった強みを発見してくれます。第三者から客観的に自分をみてもらえるのも、転職エージェントを利用するならできるメリットです。

まとめ

職務経歴書の志望動機は、WEBサイトの例文に頼りすぎるとマイナス評価となる理由についてみることができました。もちろん、参考にすることはできますが、作成する上では上記の点を踏まえ志望動機を作成しましょう。

また、転職エージェントを利用することで、魅力的な職務経歴書を作成することができます。便利なツールですので、上手に活用していきましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事