職務経歴書の職務要約を魅力的にするコツ。あなたのキャリアを表現する!

冒頭の部分を構成している職務要約が、選考の合否を分けることがあります。なぜなら、一番目に付きやすく、応募者が多い企業であれば、書類で先行するための重要なファクターだからです。手を抜かず魅力的に表現するにはどうしたらいいのでしょうか?

職務経歴書の目的とその内容

職務経歴書の職務要約

転職活動の書類選考は、職務経歴書を見て判断されます。つまり、書類選考に通過し、面接に臨むことができるかどうかは、職務経歴書にすべてがかかっているということです。

これまでどんな会社で、どのような業種につき、どのような能力を発揮してきたのかを、文章でアピールすることです。ですから、今までの経験をそのまま書き出すのではなく、応募先企業の求めている人材像に合わせて、自分をアピールしながら編集することが必要です。

では、職務経歴書は一般的に、どのような内容となっているのでしょうか?それには職務要約、経歴、志望動機、自己PRなどさまざまな内容について書くことができます。応募者のやる気や熱意、スキルや強み、自分が取り組みたい仕事の内容や、持っている強みをどのように活かすことができるかなど最大限に、そして、積極的にアピールすることが必要です。

一般的な職務経歴書には、決まった形式がありません。しかし、構成の仕方は次のようになっています。

まずタイトル(「職務経歴書」)から始まり、応募者の住所、氏名生年月日、名前、最終学歴、職務要約、職務経歴、活かすことができる経験・知識・能力、自己PR、志望動機などの順で書き進めていくことができます。

履歴書とは違い決まった形式がないので、自分がアピールしたい点を自由に追加して書きたすことができるのが、職務経歴書の特徴と言えるでしょう。決まった形式がない職務経歴書ですが、その内容の中でも、冒頭の部分を構成する「職務要約」は、読み手である採用担当者の興味をそそる文章にする必要があります。

なぜなら、多くの採用担当者は、多くの応募者の職務経歴書を短時間で読む必要があるので、斜め読みをするのが冒頭の職務要約だからです。そのため、斜め読みでも採用担当者に印象付ける文章を作成する必要があります。

しかし、転職経験がない方もいることでしょう。では、転職経験がない場合はどのように書くことができるのでしょうか?

はじめて転職をする場合は、最終学歴、新卒で入社した会社名、経験した職種、担当していた業務、仕事を通じて出した成果や実績、取得した資格やスキルなどを中心にまとめることができます。

職業経験が少ない場合は、職業経験を補完するために自分の強みについて触れ、いままでの成功事例や実績、成果などについて具体的に触れることができるでしょう。

魅力的な職務要約が合否を左右する!

職務経歴書の始めに書く職務要約は、多くの応募者が手を抜きやすい傾向があります。そのため、読み手である採用担当者の印象に残らず、書類選考で落ちてしまうという場合もよくあります。

魅力的な職務要約がどうして必要なのでしょうか?それにはいくつかの理由があります。

1、採用担当者の興味を引くため。

採用担当者は、多くの応募者の職務経歴書に目を通し、そこから興味のある人材を選択しなければいけません。そのため、ひとりひとりの職務経歴書にじっくり目を通す時間がありません。なので、冒頭の部分を構成している職務要約が、採用担当者にとって興味のないものなら、最後まで読まれることなく書類選考に落ちてしまいます。

一方、採用担当者の興味を引くような職務要約を書くなら、書類選考に通過する確率を高めることができます。

2、転職面接をスムーズに進めることができるから。

職務経歴書は、書類選考で使用された後、転職面接の際にももう一度使用されます。多くの採用担当者が、転職面接をする前にもう一度、職務経歴書に目を通し、面接で聞きたいことを準備します。

ですから、自分が面接で質問し聞いてもらいたい点を上手に職務要約に書くなら、面接をスムーズに進めることができます。

3、有利な推薦文をキャリアコンサルタントに書いてもらうことができるから。

転職活動をする際に、転職エージェントを利用するなら担当のキャリアコンサルタントが応募書類を応募企業に送る際に、推薦文を書いて一緒に送ってくれます。

キャリアコンサルタントも、多くの転職者を担当として抱えています。そのため、ひとりひとりにじっくり時間をかけることが難しいのが現実です。

キャリアコンサルタントが推薦文を書く際に参考にするものが、職務経歴書の職務要約です。なので、職務要約をしっかり魅力的なものとして完成させることができれば、キャリアコンサルタントが書く推薦文も魅力的なものとなるでしょう。

魅力的な職務要約の書き方とは?

職務要約には、書き方があります。それは、採用担当者が読みたい、また、知りたい内容が順番に構成されている職務要約です。その書き方を念頭に置いて作成するなら、採用担当者の興味を引くことができるでしょう。

では、採用担当者の目に留まる魅力的な職務要約をどのように作成することができるでしょうか?3つのポイントを上手に要約する必要があります。

1、経歴の要約

まず、入社してから今までの経歴を簡単に書くことができます。転職を何回しているかにもよりますが、事細かに書く必要はありません。何年、何の職種や業界で働いていたのかを簡潔に書くことが求められています。

2、自己PR

自己PRは、転職面接の際に採用担当者から質問されることを想定しながら、まとめるなら面接をスムーズに進めることができます。自分の自己PRポイントを書く際には、応募先企業が求めている人材像をポイントとすることができるでしょう。

3、意欲のPR

自分の意欲が伝わるような文書を作成する必要があります。職務要約の目的は、採用担当者に興味を持ってもらい、最後まで読んでもらうことです。

ダラダラと入社意欲を書くことは、要点がつかめなくなってしまう可能性があるのでNGです。簡潔な文で、入社意欲を表現するなら印象付けることができるでしょう。

印象を残す職務要約を作成するには?

上記でも触れましたが、採用担当者が職務経歴書に目を通す時間はほんのわずかです。

その時間は、1枚あたり5秒とも言われています。そんな短時間でどのように自分の魅力を伝えることができるでしょうか?

以下のポイントを抑えるなら、採用担当者の目に留まることでしょう。

1、客観的な事実を簡潔に書く。

自分の考えや評価などについて触れる必要はありません。客観的な成果や事実を中心に要約することで、自分の魅力を簡潔に伝えることができます。

2、成果や実績などを具体的な数字で表す。

文章に数字を織り込むことで、成果や実績を分かりやすく表現することができます。

今まで経験した職種やプロジェクトを記載する際には、どのような成果を上げたかが一目で分かるようにアピールすることが大切です。多くの採用担当者は、今までの経歴からどのような頑張りをしてきたか?という点ではなく、どのような成果や実績を残してきたか?という点を見たいと思っています。

なので、数字を使って具体的にアピールするようにしましょう。

3、文字数に気を付ける。

どんなに自己PRしたいことがたくさんあったとしても、文字数は200〜300文字程度で抑えることが大切です。

なぜなら、200〜300文字が、人間が一読して理解することができる文章量と言われているからです。採用担当者がもう少し読んでみたい!という文字数で抑えることで、書類選考を通過することができるでしょう。

4、応募先企業が求める人材像に沿った内容にする。

職務要約を応募先企業が求めている人物象に合わせることで、採用担当者の目に留まります。そのためにも、応募先企業がどのような人材を求めているのかあらかじめ調査する必要があります。

たとえば、サービス業の職種へ応募する場合には、今までの接客経験など中心とした職務要約にすることができるでしょう。たとえ複数の異なる職種の転職経験があったとしても、応募先企業が求めている人物像に合った職業経験を中心とした要約にすることで好印象を残すことができます。

転職の多さをプラスに変換する自己PR

転職回数が多い人に対して、マイナスな印象を置く採用担当者少なくありません。

その理由として、採用しても長く在籍しないだろう、何か壁にぶつかったらすぐに辞めてしまうだろう、と仕事に対する定着性に疑われる場合があります。また、協調性やストレス耐性に問題があるのでは?と判断されるかもしれません。キャリアの一貫性に不安を抱える採用担当者も少なくありません。このように、転職回数が多いとネガティブなイメージを与え、転職成功率に影響を与えます。

しかし、転職の多さをプラスの印象へと変換させることで、ネガティブな印象をすべて払拭させることができます。では、どのように転職の多さをプラスへ変換させた自己PRをすることができるでしょうか?

同業種や同業界を転々としている場合

同じ職種や業界で、いくつもの職場を経験している場合は、職務上のスキルや専門性の高さを強みとすることができます。そして、その分野に関しては、プロフェッショナルであることを強調することができるかもしれません。

また、具体的にどのようなことを成し遂げてきたのか数字を交えることで説得力を増すことができます。

キャリアがバラバラで転々としている場合

今までにさまざまな業種やぎょうかいを経験している場合は、それらの経験が多種多様なスキルや視点を身につけているはずです。その点をアピールしながら、転職した理由には一貫性があることをアピールすることができるでしょう。

職務要約の作成に自信がないなら転職エージェントを利用すべき?

ここまでで職務要約を魅力的なものとする理由と、そのポイントについてみてきました。

自分で作成してみよう!と意欲をもてた方もいれば、自分に出来るか不安・・という方も中にはいることでしょう。何度も触れていますが、職務経歴書は書類選考の合否を左右する大事な書類です。その中でも冒頭の部分を構成する職務要約で、採用担当者の目に留まるかが決まります。

ですから、魅力的な職務要約を作成するために、転職エージェントを利用することができます。転職希望者のほとんどが利用しているツールともいえる転職エージェントは数多く存在しています。その中でも、職務経歴書の作成や添削に力をいれているエージェントをいくつかご紹介しましょう。

職務経歴書のサポートに力を入れている転職エージェント

「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、転職成功実績No.1を誇るリクルートが運営をしている転職エージェントです。本気で転職を成功させたい方は利用すべき転職エージェントとも言えるでしょう。はじめての方でも安心して利用することができます。

リクルートエージェントは特に、書類選考に通過するための職務履歴書の作成に力をいれており、独自のサポートツールである「レジュメnavi」を提供し、サポートをしています。在籍している転職エージェントの多くはすでに転職を成功させている実績の持ち主ばかりです。

なので、自分では気づかなかった強みを発見しれます。その発見された強みや志望動機などをどのように魅力的な職務要約にすることができるかをサポートしてくれます。

「DODA」

DODAは、特にキャリアアップ転職を考えている方にお勧めの転職エージェントです。DODAでは、キャリアアップ求人案件を豊富に扱っており、キャリアコンサルタントと採用プロジェクトの2名による徹底的なサポートを受けることができます。

採用担当者の目に留まる職務要約を含めた書類の書き方を熟知しているので、アドバイスを参考にしながら、魅力的な応募書類を作成することができます。もちろん、添削のサービスも提供しています。

スカウトシステムなども採用しているので、キャリアアップを考えているなら利用する価値がある転職エージェントと言えるでしょう。

「マイナビエージェント」

マイナビエージェントは、履歴書や職務履歴書の添削、面接対策など転職に必要なサポートを徹底的にしてくれる転職エージェントです。大手マイナビが運営している転職エージェントなので初めての方でも安心、そして、信頼してサポートを利用することができます。

マイナビエージェントでは特に、履歴書や職務履歴書の書き方や添削に力を入れているので、書類選考通過率を上げることができます。さらに、キャリアコンサルタントの多くが、さまざまな職種や業界出身としているので、自分では収集することができない企業の裏情報を収集することができます。

マイナビエージェントでは3年後、5年後、10年後の将来を見据えたキャリアカウンセリングを受けることができます。なので、自分の将来性に不安を感じている方や、どのような方向性で進んだら良いのか悩んでいる方に特にお勧めとなっています。

「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、キャリアカウンセリングはもちろんのこと、履歴書や職務履歴書の添削など、転職を成功させるために手厚くサポートしてくれるイギリスの外資発の日系転職エージェントです。

グローバルのハイキャリア案件を強みとしているエージェントなので、基本的に自分のキャリアに自信がある方向けと言えるでしょう。外資系の高年収案件や、ハイキャリア案件を豊富に扱っているので、さらなるレベルアップを目指したい!という方は利用することができるかもしれません。

外資に強いエージェントなので、英語でも職務要約などの応募書類対策や面接対策も徹底的にサポートしてくれます。

また、年収が高い案件を多く扱っているので成功報酬金も高額なので、キャリアコンサルトがひとりひとりの転職希望者に対しての扱い方がとても丁寧で親身な姿勢で対応してくれます。

「Spring転職エージェント」

Spring転職エージェントは、求人案件を紹介することはもちろん、履歴書や職務履歴書の添削など転職を成功させるために徹底的なサポートを提供し、世界60ヵ国の地域と5,000ヵ所に拠点を展開しているグローバルな転職エージェントです。

履歴書や職務履歴書の書き方でも率先してアドバイスをしてくれたり、添削するなど徹底的なサポートを受けることができます。転職エージェントによっては、登録内容を見て転職市場価値を判断し、低ければ面談をしないというところもあります。

しかし、Spring転職エージェントは、登録したなら必ず面談をしてカウンセリングを受けることができる親身なサポートを提供しているので、だれでも安心して利用することができるでしょう。

まとめ

職務要約は、今までの職業経験をただまとめるだけではありません。書類選考に通過することができるよう、採用担当者の目に留まるような魅力的な職務要約にする必要があります。

短く、簡潔に、しっかりを自己PRをすることができる職務要約を完成させましょう。

自分で作成することももちろん可能ですが、転職活動に欠かせないツール・転職を利用することも転職を成功させる秘訣です。職務経歴書などの応募書類の作成や添削に力を入れている転職エージェントを利用してみるのはどうでしょうか?