職務経歴書を英語で作成する!外資系には必須??

職務経歴書を英語で作成する!外資系には必須??

日本語で作成することさえ難しさを感じる職務経歴書ですが、外資系企業などの募集に応募する際には、英語で書いた職務経歴書の提出を求められる場合もあります。日本語で作成する職務経歴書とは全く異なる英語の職務経歴書は、ただ英訳をすればよいものではありません。どのようなところがポイントなのでしょうか?

英語の職務経歴書とは?

英語の職務経歴書

転職活動の応募書類に欠かすことができない書類のひとつとして「職務経歴書」があります。今までの学歴や職歴、自分の強みなどを採用担当者に好印象を与えることができるよう魅力的にアピールするもので、書類選考通過の合否を左右する重要なものです。

日本語で作成することさえ難しさを感じる職務経歴書ですが、外資系企業などの募集に応募する際には、英語で書いた職務経歴書の提出を求められる場合もあります。日本語で作成する職務経歴書とは全く異なる英語の職務経歴書は、ただ英訳をすればよいものではありません。

では、書類選考の通過がかかっている大切な書類をどのように英語で作成することができるのでしょうか?

英語で職務経歴書を提出しなければならない理由とは?

特に外資系企業に応募する場合、英語の職務経歴書、もしくは英語と日本語の職務経歴書の提出を求められる場合があります。なぜなら、英語の職務経歴書を本社に送る必要があったり、応募者の英語力を確かめたりする必要があるからです。

英語で作成した職務経歴書は、ネイティブの方がチェックする確率がとても高いため、細かい文法やスペルなどもミスがないよう完璧に仕上げる必要があります。

英語で職務経歴書を作成するにあたり知っておきたい基本

英語の職務経歴書は、日本語で作成するものと全く異なってきます。英語の職務経歴書では、全体的にしっかり要点がまとめられ、自己アピールの強い文章をネイティブの方は好む傾向があります。

それに加え、英語の職務経歴書を作成する上で、どのような基本的なことを知っておくべきでしょうか?

以下の基本的なことを抑えて英語の職務経歴書を作成することができるでしょう。

文章のボリューム

日本語で職務経歴書を作成する場合、A4サイズの用紙2枚で作成することが一般的ですが、英語で作成する場合は用紙の枚数、つまり、文章のボリュームも異なってきます。

英語の職務経歴書では、しっかり要点がまとまっているものを作成する必要があるので、1枚で作成する心構えが必要です。

1枚だと文章のボリュームが少なく感じるかもしれません。しかし、外資系企業の多くは、人事部の方ではなく現場の方が採用担当者になるケースが多いため、自分をしっかりアピールてきている職務経歴書に魅力を感じるようです。

しかし、いくら短くまとめた職務経歴書だとしても、しっかり自分の熱意ややる気を伝えることができないなら無意味なものとなってしまいます。なので、もし書きたい内容が1枚に抑えることが難しいようなら、たとえ2枚になってしまったとしても要点をしっかりまとめて作成することができるでしょう。

書くべき項目

日本語の職務経歴書とは異なる英語の職務経歴書では、このように書く必要がある、という形式やスタイルはありません。

しかし、採用担当者に知ってもらうべき5つの観点は必ず書く必要があります。

それは連絡先(Name/Contact)、希望する職務(Objectives)、職歴(Work Experience)、学歴(Education)、資格(Qualifications)の5つの項目です。どのようなことを記載することができるか確認してみましょう。

連絡先(Name/Contact)

職務経歴書の上部、中央に位置に、名前、住所、電話番号、メールアドレスを記載します。

希望する職務(Objectives)

自分が希望する職種を記載します。外資系企業への応募書類ですので、職種だけでなくポジションまで具体的に記載することができます。

職歴(Work Experience)

職歴は、採用担当者が最も注目する項目です。今まで勤めてきた社名を正確に記載しましょう。

それと同時に、在籍していた期間、職務、ポジション、業務内容、成績や業績なども具体的に記載する必要があります。自分の魅力をしっかりアピールすることが英語の職務経歴書では求められていますので、表彰された経験やアサインされたプロジェクトなどの経験も具体的に記載しましょう。

学歴(Education)

英語の職務経歴書の場合は、大学以降の学歴を記載することができます。専攻、卒業年次、大学名を記正確に載しましょう。

資格(Qualifications)

応募先企業に求められている関連のある資格や、語学力に関係する資格を記載します。

また、業務内容に関係がある資格取得に向けてチャレンジしていることがあるなら、今勉強中の資格を記載することができます。しかし、業務内容に関係のない資格は記載する必要はありません。

統一感をだすこと。

英語の職務経歴書は、要点がしっかりまとまっているシンプルなものなので、全体を見た時に、統一感がでるように仕上げましょう。年月の書き方や、フォントの使い方に注意しながら、見た目の良い英語の職務経歴書を作成しましょう。

スペルを間違えないこと。

基本的なことですが、スペルの間違いはマイナス印象を与えますので、スペルミスがないようにしっかり確認しましょう。その際に、スペルチェック機能を利用することができるかもしれません。

アピールしたいことは上部に記載すること。

アピールしたいことや、どうしても伝えたい重要なことは上部に記載することができます。そうすることで、忙しい採用担当者に素早く好印象を残すことができます。

また、先に結論を伝えてから、少しづつその内容について触れていくことで、全体の内容を好印象で仕上げることができます。

自己PRをしたい場合

英語の職務経歴書で自己PRをする場合は「Summary(サマリー)」という項目になります。自分の人間性を強くアピールすることができます。それにはコミュニケーション能力、マネージメント能力、自己管理能力など応募先企業が求めている能力をアピールすることができるでしょう。

しかし、沢山アピールしたいことがあるからといって、すべてをアピールすることはNGです。応募先企業が求めている人材像にフィットするものを1〜3つ程度選びアピールすることで、好印象を残すことができます。

業務内容は動詞を使い表現すること。

英語で作成する際に、名詞を沢山使用すると文章が短くなってしまい、採用担当者から文章力や表現力がないと判断されてしまう可能性があります。書類選考の通過を左右がかかっている職務経歴書ですので、語彙力や表現力、英語力があることをアピールする必要があります。

そこで、文章を作成する際には、動詞から文を作ることで英語で上手に表現することができます。

応募先企業が求めている人材像にフィットさせること。

英語で職務経歴書を作成するにあたり、まず応募先企業がどのような人材を求めているのかをよく調べる必要があります。それには企業研究をしたり、業界研究をすることが必要です。

それら調べた点を踏まえて、自己PRをすることができるでしょう。日本企業と異なる外資系企業では、具体的な目標を持ち、それを成し遂げることができる能力のある人材を高く評価します。

なので、応募先企業が求めている人材像にフィットする点を見つけ、それを積極的にアピールすることができるでしょう。

日本語の職務経歴書を作成すること。

外資系企業に職務経歴書を提出するとはいえ、その企業で働いている人全員が英語を話すネイティブではない可能性もあります。

また、効率よく書類選考と面接を進めていくために、英語と日本語の両方を提供するように求められる場合も少なくありません。なので、職務経歴書は、英語と日本語の両方を最初から準備しておくことができるでしょう。

その際に注意したいのが、先に日本語で作成をしてから英語に訳すというパターンです。そのまま訳すなら、回りくどい英語の職務経歴書となっています。英語の職務経歴書はあくまでも要点が明快なものにする必要があるので、そのまま訳すということは控えましょう。

外資系企業を専門とする転職エージェントを利用しよう!

上記の点を理解したとしても、書類選考の通過を左右する職務経歴書の作成に不安を抱えている方は少なくないことでしょう。

そこで、外資系企業への転職を成功させるために、外資系企業を専門としている転職エージェントを利用することができます。転職エージェントを利用することで、英文の職務経歴書の作成をサポートしてもらうことはもちろん、英語のインタビュー(面接)対策もしっかりしてもらえます。

また、多くの外資系企業の非公開求人案件を紹介してもらったり、社内の雰囲気や制度などの情報も収集することができます。

では、外資系企業を特化としている転職エージェントをいくつかご紹介しましょう。

外資系企業を専門とする転職エージェント

「リクルートエージェント(Recruit Agent)

大手転職エージェントであるリクルートエージェントは、リクルートキャリアが運営する、売り上げ世界第4位、国内シェア第1位を誇る規模の転職エージェントです。取り扱かっている求人案件は7万件以上という国内最大数を持っており、そのうちの90%以上は非公開求人案件となっています。ですから、外資系企業への転職を希望している方にとって、登録必須の転職エージェントと言えるでしょう。

リクルートエージェントはグループとしてアジア圏に15ヵ所拠点を展開しています。外資系企業の求人案件をはじめとし、日系大手グローバル求人案件や、海外現地採用求人なども豊富に扱っています。また、年収1,000万円以上のハイクラス求人の紹介もしています。

在籍しているキャリアコンサルタントの多くは、外資系やグローバル転職を専門としているので、英語での応募書類のスペルチェックなどの添削や、英語での面接対策なども特化しています。

リクルートエージェントの評判チェック!利用した口コミも!

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで転職や就職業界最大手のリクルートグループ・リクルートキャリアが運営しています。最大手のリクルートエージェントの特徴や実際利用した方の評判をチェックしよう!

https://career-step.fun/%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%82%EF%BC%81

「Spring転職エージェント(アデコ・Adeco)」

アデコが提供しているSpring転職エージェントは、世界60ヵ国に5,400の拠点で展開している世界最大の総合転職エージェントです。本社はスイスのアデコグループですが、日本法人として運営しています。

グローバルワークな求人案件を強みとし、外資系グローバル求人案件や海外現地採用求人案件を豊富に扱っています。日本国内においても160ヵ所以上に拠点を持ち展開しているので、地方求人も豊富に保有しています。

外資系企業の転職を専門とするキャリアコンサルタントも数多く在籍しているので、英文履歴書や職務経歴書の対策や英語による面接対策も質の良いサービスを提供しています。

「JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)」

JAC Recruitmentは、東証一部上場企業で国内売り上げ第3位の規模を持つ転職エージェントです。英国イギリスに本社を構える日系転職エージェントで、世界8ヵ国に拠点を持ち展開し、グローバルな求人案件を豊富に扱っていることで知られています。

特に外資系求人案件や日系グローバル求人、海外現地採用求人などを特化とした求人案件を豊富に扱っています。在籍しているネイティブキャリアコンサルタントによるバイリンガルな転職サポートのサービスを提供しているので、英文レジュメや英語インタビュー対策など、ネイティブによる本格的なアドバイスを受けることができます。

すでに多くの転職を希望者を外資系企業への転職に成功させている実績を持っているので、特に外資系企業への転職を希望している方にはお勧めの転職エージェントとなっています。

「アージスジャパン(Aegis Japan)」

アージスジャパンは、1997年に設立された外資系企業への転職を専門とする老舗の転職エージェントです。外資系企業の求人案件はもちろんのこと、国内グローバル企業の求人案件も豊富に扱っています。

国内だけでなく、シンガポールにも拠点を構えており、海外転職のサポートも提供しています。在籍しているキャリアコンサルタントは、各企業も担当しているので、転職希望者ひとりひとりに合ったオーダーメイドのカウンセリングをしてくれるため、自分にピッタリの転職先を見つけることができます。

「DODA(デューダ)」

DODAは、求人案件数はリクルートエージェントに次いで2位を誇る転職エージェントです。その質も良く、転職希望者に出し惜しみをせずに沢山の選択肢を提示してくれることで多くの方から高評価を得ています。特に面接対策や、履歴書・職務経歴書の添削などに力を入れています。

特に転職活動を効率よく進めていくためのテクニックを熟知しているので、転職活動が初めての方でも安心して利用することができます。また、キャリアコンサルタントの当たり外れも少ないので、自分に合った担当者を見つけやすいでしょう。

「ビズリーチ(BIZ REACH)」

ビズリーチは、年収1,000万円以上の非公開求人案件を豊富に扱っていることで知られています。3,400社以上の厳選された企業と、1,300以上のヘッドハンターが在籍しているエグゼクティブクラス向けの国内最大級の会員制の転職サイトです。キャリアをもつ限られた人材だけが利用することができるので、質の良い求人案件ばかりが揃っています。

会員制のサービスなので、職務経歴書を登録することで、ヘッドハンターから直接スカウトされることが可能となっています。

スカウトの声がかかるまでには時間が必要となりますので、転職を急いでいる方にはお勧めではありませんが、スカウト型の転職サイトは、求人案件次第で転職活動を進めるかどうかを決めることができるので、とりあえず話を聞いてみたい方や、いいチャンスがあれば転職をしたいという方は、登録しておく価値がある転職サイトと言えるでしょう。

「外資転職.com」

外資転職.comは、上記でみたJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)が、新たにオープンした、外資系企業への転職を専門とする転職サイトです。

外資系企業への転職に特化している外資転職.comは、約800件の掲載求人を扱っていますが、非公開求人案件は2,000件以上も扱っています。なので、どのような求人案件を扱っているのか知るだけでも登録する価値がある転職サイトと言えるでしょう。

まとめ

英語の職務経歴書は、日本語の職務経歴書をそのまま訳したものではありません。ネイティブの方が読んで、その熱意が伝わるよう要点を明確にまとめる必要があります。

また、職務経歴書の見栄えをよくしたり、スペル間違いにも気を付けなければいけません。外資系企業への転職を希望している方は、是非、上記の点を踏まえながら職務経歴書を作成していきましょう。

もし英語で作成することに不安を抱えている方は、外資系企業を特化としている転職エージェントを上手に活用していきましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事