【臨床工学技士の仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格を解説!

【臨床工学技士の仕事】求人の探し方や給料・待遇・資格を解説!

臨床工学技士とは何でしょうか?聞き慣れない方もおられるかもしれません。簡単に言えば、病院で使用する医療器具を取り扱う専門職のことです。私たちの健康を守るために大切な役割を果たして仕事をしてくれている人たちです。どのように、臨床工学技士になれるのでしょうか?実際にどんな仕事をするのでしょうか?今回は、そんな点を書いていきたいと思います。臨床工学技士を目指している方も、そうでない方も参考にしてみてくださいね。

臨床工学技士とは?

caucasian scientist in blue lab uniform configure manufacture machine with shafts and control panel, checking readings, making notes

簡単に言えば、病院で使用する医療器具を取り扱う専門職のことです。

例えば、医師の監督のもと生命維持装置や人工透析装置などの医療器具を操作したり、そうした医療器具の保守、又は点検をする事で、患者さんたちの命を守っています。医師や看護師とチームを組んで医療の現場を支える大切な仕事といえます。

病院や医療現場では、CE(Clinical Engineering Technologist)やME(Medical Engineer)と呼ばれることもあるようです。

特に、最近では医療器機は高度で精密なもの、そして複雑化していますから、この臨床工学技士は今の医療に欠かせない存在となっています。

では、実際にどのような仕事をするのでしょうか?具体的に見てみましょう。

臨床工学技士の仕事内容

先ほども少し触れましたが、臨床工学技士は医療器機の操作や保守、点検が主な仕事内容となります。医療機器についての知識だけでなく、医療についての知識も必要となってきますので、幅広い知識を得る必要があります。では、実際にどのような仕事をするのでしょうか?

手術室業務

Medical Team Performing Surgical Operation in Bright Modern Operating Room

手術に必要な医療器具を確認し、準備します。手術前だけでなく、手術中も器機が正常に動いているかどうかもチェックしていきます。また、医療機器の操作も行います。例えば心臓手術の場合、心臓や肺に変わる体外循環装置(人工心肺)などの器機です。特に心臓手術では長時間にわたる手術が多いために、患者の生命維持という重要な部分がこの医療器機にかかっています。その為、些細なミスも許されない緊迫した業務になります。

ICU(集中治療室)業務

心臓、頭部などの手術をした後の患者や、呼吸や循環、代謝の機能が急に低下し、命に関わる深刻な状態になってしまった患者を集中的に治療するところです。ここで、生命維持に欠かせない医療機器の操作と動作確認を行ないます。医者と連携して患者の状態に適した的確で素早い器機操作が求められる集中力の求められる業務です。

血液浄化業務

腎機能が低下した患者の体内にある老廃物を、人工透析装置により人工的に排泄したり代謝させる業務です。人口透析は一週間のうちに数回の実施が必要となりますし、一回あたりの時間が数時間に及びます。そのために、透析患者専用の透析室がある病院や、透析を専門とする病院もあります。そうした病院では、人工透析装置の保守、点検、また操作を主業務として受け持っている臨床工学技士もいます。

心臓カテーテル検査業務

カテーテルという器具を心臓の血管に挿入して、造影剤によって心臓の形の異常などを発見したり、心臓内腔の圧力や酸素飽和度を測定して血行の状態を把握したりする検査が、心臓カテーテル検査と言います。そうした検査に必要な器機や記録装置などを操作したり、保守、点検を行います。

このように一口に臨床工学技士と言っても、様々な仕事があることがわかりますね。どの仕事も患者の命に直結する大切な仕事です。

では実際にどのような器機を扱うのでしょうか?その点を次に見てみたいと思います。

臨床工学技士が扱う器機

人工呼吸器

Manometer with reducer at hospital

肺の機能が低下してしまったなどの理由から、十分な呼吸ができなくなった患者の呼吸の代わりにつける装置のことです。手術室やICUなどでも使われます。臨床工学技士は稼働中の装置が安全に使用されているかどうか、異常は無いかなどを確認します。それだけでなく、稼働していない人工呼吸器の保守や点検も行います。

人工心肺

心臓手術などの時に一時的に心臓や肺の機能を代替えする装置です。心臓手術は長く大規模な手術になることが多いため、体外循環装置以外の医療機器を何十台も同時に使用しますが、その全ての器機の操作、正常に動いているかの確認をします。それだけでなく、手術前には点検を行います。また、使っていない人工心肺の保守や点検もします。

人工透析装置

先ほども少し触れましたが、体内にある老廃物を排出、代謝できなくなった患者の腎機能を代替えする装置です。臨床工学技士は、透析を開始する時に人工透析装置を患者の体に穿刺(せんし)したり、人工透析装置が稼働中に異常がみられないかなどの確認もします。

ペースメーカー

Close up of a pacemake on Electrocardiograph

不整脈などの症状がある患者の体内に手術によって埋め込み、心臓の拍動を整える器機です。手術中、心臓の動きに異常が見られる患者にも緊急処置として使用する場合もあります。手術中に不整脈の状態のチェックをしたり、ペースメーカーを操作して心臓が適切な拍動になるように調整するのが臨床工学技士の仕事になります。

高気圧酸素治療装置

急性の心筋梗塞、一酸化炭素中毒、潜水病などといった血管や血液中の酸素濃度に疾患がみられる場合に用いられるのが、高気圧酸素治療装置です。多くの場合、10分から15分ほどかけて装置の気圧を高めて、大気圧の倍の2気圧まで達したら、60分程度患者を安定した高気圧環境下に置きます。こうした器機の保守、点検も行います。

今回は代表的なものだけを書きましたが、医療技術の進歩によって、臨床工学技士が扱う器機や保守、点検をする器機の種類は年々増えていますから、まだまだここに取り上げきれないほどの器機があります。

では、臨床工学技士になるにはどうしたらいいのでしょうか?

臨床工学技士になる方法

Pretty young student sitting at desk and doing her homework, she is connecting to the internet with a laptop

まず臨床工学技士になるためには、臨床工学技士国家試験に合格しなければなりません。

臨床工学技士国家試験は誰でも受験できるものではありません。まずは、受験資格を満たさなければいけません。受験資格は文部科学省や各都道府県が指定した養成学校にいく必要があります。

養成学校には次のような種類があります。

「4年生の大学(医用電子工学科、臨床工学科など)」「3年生短大(臨床工学科など)」「3年生専門学校(臨床工学科など)」「専攻科」

このうち、専攻科は臨床検査技師、診療放射線技師、看護師のいずれかの養成学校を2年以上修学し、厚生労働大臣指定の科目単位を取得した人が対象です。1年から2年の追加修学で臨床工学技士国家試験の受験資格を得ることができます。

いずれの養成学校にも、夜間講座がありますので社会人として働きながら学ぶことも可能です。自分の生活パターンやどのように学びたいかによって学校を決めていく必要がありますから、じっくり考えて自分に一番合った方法の学校を選んでください。

臨床工学技士国家試験の受験資格を得ることができたら、いざ受験です。この試験は厚生労働省の監修により、財団法人医療器機センターが実施します。

合格率は毎回平均80パーセントと、合格率は低いものではありません。学校できちんと勉強し、国家試験対策をしていれば合格することはそれほど難しいものではないようです。

臨床工学技士国家試験の他に、臨床工学技士に関連した試験は他にもあります。例えば、第1種ME技術実力検定試験、第2種ME技術実力検定試験です。MEというのはメディカルエンジニアの略です。この試験は医療器機を扱う技術に関する資格です。第2種ME技術実力検定試験は受験資格の条件はありませんが、第1種ME技術実力検定試験は、第2種を合格するか、臨床工学技士免許を持っている人のみが受験できるという難易度の高い試験です。

また、臨床工学技士の認定制度は他にもあります。例えば、保守点検、安全管理を行う為の臨床ME専門認定士、血液浄化業務をする透析技術認定士、人工心肺業務をおこなう体外循環技術認定士、呼吸療法業務をおこなう3学会合同呼吸療法認定士などがあります。臨床工学技士には試験や認定制度はありますが、国家試験は臨床工学技士国家試験試験しかないので、この国家資格を持っていなければ臨床工学技士と名乗って仕事することはできません。ですから、臨床工学技士として働きたい方は、この臨床工学技士国家試験に合格する必要があります。

では、臨床工学技士として向いている人はどんな人でしょうか?次にその点を見てみましょう。

臨床工学技士に向いている人

誰でも臨床工学技士になれるというわけではありません。どの仕事でもそうですが向き不向きというのはあると思います。

では、臨床工学技士に向いている人はどんな人でしょうか?参考にしてください。

チームで物事を成し遂げられる人

Portrait of people with various occupations putting their hands on top of each other

臨床工学技士は他の職種のスタッフ達と共に連携しながらの業務が非常に大切になってきます。ですから、チームとして物事を成し遂げられる人でなければ難しくなってくるでしょう。

看護師、医師、理学療法士、栄養士、臨床検査技師と一緒に患者さんの情報交換しながら仕事を行なっていきます。月に一回程度の会議から、患者さんの生活の質を高めるために意見交換を行なって、最善の案を出し合いながらの業務です。ですから、コミュニケーション力をしっかり持っていないと情報交換もできませんし、患者さんにとって最善の治療ができなくなってしまいます。

ですから、自分一人だけで何かするというのでなく他の人たちとのチームプレーができる人がこの仕事に向いているといえます。

機械に興味がある

先ほども臨床工学技士の仕事でも触れましたが、臨床工学技士の仕事は自分でマニュアルを見ながら器機を起動させたり、点検、修理しなくてはいけません。ですから、機械が好きな人、興味がある人でないと知識を深めたり技術を高めたりするのは難しくなるかもしれません。

最近では医療器機は毎年のように新しい機能が付け加えられたり、変えられたりしているので、院内で他のスタッフから説明を求められることもあります。そうした時にすぐに答えられるようにしておかなくてはなりません。また、患者さんの命に繋がるものですから、正確な知識や技術がないと患者さんを危険な目に遭わせてしまうかもしれません。

こうしたことから、機械に興味がある人が臨床工学技士に向いているといえるでしょう。

人を助けたいという気持ちが強い人

今までの中で、やはりこれが一番大切なものだと思います。

臨床工学技士は高度で専門的な器機と向き合って行くことが仕事ですが、大切なのは、なぜこの機械が必要とされているのか?ということです。器機は患者さんの健康を守ること、命を助けることに使用されます。そのため、単なるう機械として扱うのではなく、機械の向こうには患者さんがいるということを忘れないことが大切です。このような気持ちを忘れなければ、もっとこの器機をよく知っていこうとか、どうしたら患者さんに一番良い方法で使えるか?など突き詰めて考えて働いていくことができるからです。

こうした気持ちを持って働く臨床工学技士は、やりがいを持ちながら長く働いていくことができると思います。

では、次に臨床工学技士の給料、勤務時間という面についてもみていきましょう。

臨床工学技士の給料と勤務時間

Business woman using calculator and writing make note with calculate. Woman working at office with laptop and documents on his desk

やりがいが多い仕事とはいえ、やはり気になるのは給料だと思います。いま働いている臨床工学技士達はどのくらい給料を貰っているのでしょうか?

まずは、一般的な初給料は平均で17万円から20万円ほどが相場のようです。平均年収は1年目で300万円ほどですが、年齢や経験を積むにつれて少しずつ給料は上がっていきます。臨床工学技士の全体平均年収は450万円から600万円です。

この年収は手当がつくかによっても変わってきます。ある職場では、透析業務に関わる場合には基本給に加えて5,000円から20,000円ほどの手当てがつくところもあるそうです。他にも、住宅手当、通勤手当、資格手当、育児手当、扶養手当などの各種手当がつくところもあります。

ボーナスは基本給の3ヶ月から4ヶ月分という職場が多いですが、職場によって違いますので、場合によっては少なかったり、多かったり、もしくは無いというところもあります。

夜勤がある職場もあると思います。夜勤の場合には1回の勤務あたり、3,000円から5,000円ほどの夜勤手当てが給付されるところもあります。

こうした、給料、手当て、ボーナスは職場によって違ってきますので、勤務する前に事前に確認しておいた方がいいと思います。

勤務時間についてはどうでしょうか?

臨床工学技士の勤務時間は施設や業務内容によって違いがあります。しかし、平均では8時間となっています。だいたいが8:00から17:00勤務です。8時間のうち、1時間が休憩時間となりますので、実質労働時間は7時間です。救命対応を行なっているところでは、残業を含めて4時間ほど長くなります。しかし、透析や慢性期医療の施設ではあまり残業はありません。

休日に関しては、透析施設では土曜日曜の勤務や夜勤の勤務があるために、連休が取れるというところはあまりないようです。国公立の病院は基本的に土曜日と日曜日がお休みです。他に有給休暇も年間で20日間取れますが、勤務先が忙しい為に消化できずに終わってしまう方もいます。

また、救急対応のある病院では、緊急の呼び出しで出勤しなければいけないところもあります。当番制で電話を待たされたり、自宅待機のところもあったり、何分以内に職場に来る場所にいるようにと行動範囲が限られるところもあります。

職場によって大きく変わってきますが、大抵の場合は朝出勤の夕方帰宅という比較的規則正しいパターンが多いですから、あまり結婚生活や子育てに支障なく勤務することができます。しかし先ほども述べたように、透析がある病院や慢性期医療では夜勤もありますから、子育て中の方はその辺も考慮した上で仕事を選んでいく必要があるでしょう。

季節の変わり目には特に忙しくなる傾向があるようです。免疫力が低い患者さんや、体力のない患者さんには温度差による負担が大きくなるので、一日に生命維持管理装置を使用する頻度が高くなると言われています。しかし、患者さんの容態によって忙しさは左右されますので、忙しい時期というのも変わって来る場合もあります。

まとめ

Male scientist in experimental laboratory using medical resources and tools

臨床工学技士とは何か、どんな仕事をするのか、どんな人が向いているのかなど調べていくことができました。臨床工学技士は患者さんの命を左右する大切な仕事です。少しのミスが命に関わることもありますし、反対に命を救うこともできるという非常にやりがいのある仕事だと言えます。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事