【自動車ディーラーの仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【自動車ディーラーの仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

車が大好きで車関係の仕事に就きたいと願っている方も多くおられると思います。そのような方にとって『ディーラー』というのも選択肢の一つといえるでしょう。では自動車ディーラーとはどのような仕事をするのでしょうか?仕事をする際に資格は必要なのでしょうか?また、転職事情はどのようになっているのでしょうか?まとめてみました。

自動車ディーラーとは?

african american car dealership principal standing in vehicle showroom

特定の自動車メーカーの車を販売・メンテナンスする店舗のこといいます。もう少し正確に言うと、自動車ディーラーは自動車メーカーと「特約店契約」というものを結んだ販売業者のことを指します。

特約店契約とは、メーカーと卸売業者等の間で特定の契約を結ぶことで、自社製品の販路を全国的に安定かつ拡大するシステム(制度)のことをいい、日本特有の流通システムの一つといえます。

特約店契約を結ぶことで、競合メーカーの製品の取扱いができないといったデメリットがある一方、メーカーから有利な条件で商品の詳細情報や新製品情報などが入手できたり、製品の仕入れがなどもできます。

メーカーの指導の下に店舗を運営していくことになるので、メーカーから様々な基準といえば、整備方法や販売方法などメーカーが決めた基準を満たす必要があることから、正規ディーラー、正規取引店として呼ばれることもあり信頼を得ることができます。

自動車メーカーとの関係性は、メーカーが自動車を開発して生産するのに対し、ディーラーはメーカーから自動車を仕入れて、実際に販売する役割があります。

そのような理由からディーラーはメーカーの代理店のようなイメージを持たれるのですが、ディーラーとメーカーは別会社です。メーカーによって店舗が直接運営されているわけではないということです。

販売店(サブディーラー)との違い

Salesperson selling cars at car dealership

ディーラー以外に自動車を販売する店舗として、販売店もしくはサブディーラーといわれるものがあります。

販売店(サブディーラー)とは、特定のメーカーと特約店契約を結んでいない販売会社のことをいいます。したがって、さまざまな自動車メーカーの製品を扱うことになります。そのため1つのメーカーにこだわっているわけではないので複数のメーカーの車を取り扱っています。

ディーラーはメーカーから直接車を仕入れてきますが、販売店はメーカーとの取引ではなく、ディーラーと取引を行い、製品を仕入れてお客さまに販売します。そのような理由から販売店はサブディーラーと呼ばれることもあります。ショールームの大きさに関しては販売店は個人で経営している場合も多いので一般的にディーラーほど大きくはないといえるでしょう。どちらかというと整備工場をしながら車の販売も行っているという状況に近いかもしれません。

主な自動車ディーラー

トヨタの場合

TOYOTA

toyota.jp

◆トヨタ店:○○トヨタ○○営業所 ◆トヨペット店:○○トヨペット○○営業所 ◆カローラ店:トヨタカローラ○○○○営業所 ◆ネッツ店:ネッツ○○○○営業所

トヨタの場合は一つの県に4つの系列があり、その系列ごとに会社が違います。そして、どの系列に行っても、トヨタの車種をどれでも購入できるという訳ではありません。しかし看板となり得る人気車種のプリウスなどはどの系列でも購入することができます。

日産の場合

日産

www.nissan.co.jp

◆○○日産 ◆日産プリンス○○ ◆日産サティオ○○

以前は車種や対象の客層などによって分けられていたのですが、現在は効率化のためにすべて1系統の販売ルートで行っています。

自動車ディーラー社員の仕事

自動車ディーラーではメーカーの車を販売する営業と、車両の点検、メンテナンスなどの整備職、また店舗運営を裏方として支える事務などの仕事があります。

一人一人のスタッフが自分自身の役割を認識し働いていることが特徴ですが、目指すべき目標は『売り上げを向上』させることです。

そのためにはお客様から満足していただき、信頼を得る必要がありますので各店舗、接客に力を入れる他、店舗清掃、展示車の管理、イベントの企画などを行っています。

それでは営業と整備士についてもう少し見てみましょう。

営業

Car dealer offering a car to smiling family

営業の大きな役割は車の販売です。基本的な営業パターンは外回り型営業と来店型営業です。外回り型営業はお客様宅を訪問し営業を行いますが、今日では外回り型営業は少なくなっていますが、大口のお客様や法人のお客様などは訪問する機会もあります。来店型営業は、その名の通りショールームなどに来店されたお客様の対応を行います。

土曜、日曜、祝日にはショールームでイベントが行われることも多く営業マンも基本的には店舗にいることになります。平日にお客様とアポを取っておき来店したお客様と商談や車の点検を行ったりします。試乗希望のお客様が来店した時には購買意欲が高いため車についての詳細な説明や、話を聞きながら商談や次のアポに繋げられるようにします。

既存のお客様への営業は購入車のメンテナンスや買い換え時の提案などをしてあげます。そのような時にもお客様から普段の何気ない会話の中で得た情報をもとに好みや生活スタイルを考慮した上で提案するなどのきめ細やかな配慮が必要な仕事です。

また、車を購入していただいたお客様に保険に関しても提案をすることになりますので、保険に関する新たな商品などさまざまな知識が必要となってきます。

自動車整備士

Cheerful serviceman in a car workshop

自動車整備士は、不具合のある自動車の診断や修理に加えて定期的なメンテナンスや調整などを行う技術を持った人のことをいいます。

ディーラーでの仕事は大きく分けて点検整備、一般修理、車検整備、新車・中古車整備、保証整備などがあります。新人の整備士はしばらくの間は車検整備や点検整備がメインとなるようですが、基本整備士の能力によって担当する仕事が決められます。

では自動車ディーラーの営業や整備職に必要な資格やスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。

ディーラーの営業になるには

営業の仕事をする場合、何か特別な資格やスキルが求められることは基本的にありませんが、「大卒以上」の学歴を求められることが多いようです。

自動車の専門知識がなくても就職することはできますが、車好きで運転も好き、加えて運転上手であるならば高評価を得るでしょう。入社後に社内研修を受けるなどしますが、いずれにしても実務を通して仕事を覚えていくことになります。

MT運転免許が必須

また当然のことですが、はじめから必要となるのは自動車の普通運転免許です。お客さまの車を引き取りに行く際などには、自分で車を運転しなければならないからです。

運転免許は「AT限定」ではなく、できればMT車も乗れるようにしておくほうが望ましいでしょう。またコミュニケーション能力が問われます。たくさんのお客様と接し高価な商品を販売する仕事ですから幅広い社会常識やマナーが身に付いていなければなりません。

車を購入していただいた後もしっかりフォローする事で修理やメンテンナス、そして新車の買い替え購入に繋がります。営業職を目指すなら、お客様とどのようにしたら長く良好な付き合いを継続していくことができるのかを考えた付き合い方ができる方が望ましいといえるでしょいう。

営業でキャリアを積むと

ディーラーの営業でキャリアを積むとその先は店長になる道が開けてきます。もちろん全ての営業マンが店長になるわけではなく営業成績が水準以上の成績でリーダーシップや統率力がある人が候補となるでしょう。

店長の仕事は店舗全体の成績を伸ばすことや、人材育成などにも力を注ぎます。店長の次はエリアマネージャーのようなポジションに就きますし、さらに出世するならば執行役員、取締役など経営陣に加わることもできるでしょう。

しかし出世には興味がなくあえて店長などは目指さずに成績の良い人は固定給+歩合給という高い給与を維持しながら営業マンとして活躍し続ける道を選択する人もいます。

整備職に必要な資格

自動車整備士と働くために必要なものは『国家資格』です。入社時点で最低でも、自動車整備の専門学校(2年制)を出ていて、国家2級整備士の資格を持っていることが求められるでしょう。

その他にはガス溶接作業者、アーク溶接作業者、低圧電気取扱作業者などの資格を持っていると良いかもしれません。

整備士としてキャリアを積むと

Mechanic repairing a car

整備士という国家資格の他、入社後は様々な資格を取りながら仕事を覚えていく必要があります。各ディーラーは『社内級』というものがたいてい存在します。

日産なら日産、トヨタならトヨタなど自社で扱う車の技術や構造などについて具体的に学び、ステップアップしていく流れになっています。このような社内級を取得していくと、携われる業務範囲が広がり、基本給とは別に「資格手当」が支給されたりするようになることもあります。

自動車技術は目まぐるしく進化しています。整備をする人間も進歩しなければ「過去の整備士」になってしまいます。「向上心」を持って取り組める仕事といえるでしょう。

自動車ディーラーに転職する際に持っておくと良い資格

運転免許や整備士の国家試験以外に就職もしくは転職の際に取得しておくと良い資格について説明したいと思います。

損害保険に関する資格

Car Automobile icon on tablet for insurance sale rental financial concept

自動車ディーラーでは車を販売するだけでなく、保険加入をお客さまに勧めることもあるので、「損保一般試験」というものを受験する必要があります。その人が「損害保険募集人」として、保険商品に関する重要事項などを正確に説明できる知識を習得しているかどうかを確認するための試験です。

ディーラーの営業職の方は取得しなければという必要性を感じる資格ですが、実はこの資格ディーラーに勤めている整備士の方も取得しておくとメリットがあります。『損害保険募集人資格』を持っているならば、お客様に対して「当社で保険に入ってもらえませんか?」と提案することができますので、仕事の幅が広がり会社にとってもメリットが生じるため評価もアップすることにつながります。また保険の知識を得ることは自分自身の強みにもなりますので、試験を受けて資格を取得することにチャレンジしてみると良いと感じます。

溶接の資格

自動車整備や板金塗装の仕事で必要な溶接作業。特定の作業をする上で資格が義務づけられているものもあります。

ガス溶接作業者

ガス溶接は、可燃性ガスを使用して作業をします。アーク溶接と比較をすると、金属材料を接合するまでの時間は長くかかるので落ち着いてゆっくりと作業することができるのが特徴です。自動車整備士にとって、このガス溶接の技術は必須で、日常的に行う仕事といえるでしょう。

アーク溶接作業者

アーク溶接の作業に関して、労働安全衛生法に基づく講習を受け、修了した人のことをアーク溶接作業者ということができます。アーク溶接とは、アーク放電と呼ばれる空気中の放電現象が発する熱を利用して金属同士をつなぎ合わせる溶接方法で、自動車整備士にとってアーク溶接は非常に重要な作業の一つといえるでしょう。

低圧電気取扱の資格

自動車整備士が低圧電気取扱を取得するメリットもあります。ハイブリッドカーのほとんどが、動力源に低圧電気取扱で定められている50V~750Vの直流低圧電気回路を有しています。この低圧電気回路を扱うには、低圧電気取扱の資格が必要になります。

今後、自動車整備士がハイブリッドカーや電気自動車を整備する機会はますます増えていくことになるでしょう。その際には低圧電気取扱の資格が必要になることでしょう。

自動車ディーラーの将来性

The double exposure image of the business man standing back during sunrise overlay with cityscape image. The concept of modern life, business, city life and internet of things.

日本の基幹産業のひとつとして長らく成長を続けてた国内の自動車産業は、今後、車の販売台数は徐々に減少していくことが予測されています。

その理由としてあげられるのは長引く不況や平均所得減少による消費者の購入意欲減衰、若者の車離れ、あるいは乗り換えサイクルの長期化などが挙げられます。また、インターネットの普及に伴いカーシェアを簡単に予約できるようになり、とくに都会では「必要な時だけ車を借りてくる」といった考え方をする人も増えてきています。そのため自動車ディーラーにとっては、厳しい状況が続いていくと考えられます。

そうした背景の中、収益のあげ方に変化がでてきています。今まで通りの新車販売に加えて、販売後のアフターサービス(車検や点検など)、自動車保険や生命保険、クレジットカード、JAFへの加入促進、携帯電話の販売などの事業に注力する傾向が強くなってきています。

こうした事柄は、いかに既存顧客の流出を防ぐかということで自動車そのものに付随するサービス、あるいは顧客の生活をより豊かにするようなサービスを拡充していく傾向に焦点を当てる方向性に向かっていると感じます。

自動車ディーラーが全くなくなることは考えにくいですが、メーカーの経営状態によっては今後、販売店の数を減らしたり、規模を小さくするといった可能性は考えられるかもしれません。

自動車ディーラーのオススメ転職サイト

自動車ディーラーの求人情報は各ディーラーのホームページに掲載されていることが多いと感じます。人員が足りている場合は採用を行なっていないようですが営業、整備士、事務職など仕事内容によっても変わってきますが、求人はそれなりにあるようです。

また、興味のあるメーカーの車を扱っているディーラーに直接問い合わせてみたり、ディーラーの営業担当と親しくなり、紹介してもらう方法などもあります。

転職エージェントを利用する方法もありますが自動車業界としての仕事はあるものの、自動車ディーラーと限ってしまうと件数は少なくなってしまうようです。

比較的見つかりやすかったのがこちらのサイトです

CarWorkAssist [カーワクアシスト]

カーワークアシストは自動車用品メーカーの株式会社アプティが運営する自動車業界特化型求人サイトでカーワクとも呼ばれています。 地域、職種に加え専門性の高い業界に合わせ、取扱いメーカーや資格などでも検索できるのでぴったりの仕事探しができます。

全国26,000店との直接継続取引をしている㈱アプティが運営する求人サイトだからこそ日本全国の求人を網羅し、自動車業界に精通したスタッフによる「転職相談サービス」をうけることができるシステムになっています。

カーワークアシストでは人気企業や人気職種であったり、他者には知られたくないなどの理由から、一般に公開されていない非公開求人も多数用意されています。気になる企業があるのにどこを探しても見つからない時には相談してみるのも良いかと思います。

転職相談サービスに申し込むと専任アドバイザーが転職を完全サポートしてくれます。仕事の紹介から、応募、選考、入社手続き、入社後まで寄り添った転職支援をしてくれます。

絶対に妥協しないというカーワクアシストに登録して自動車ディーラーの仕事探しを相談してみても良いかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事