【自動車部品メーカー関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【自動車部品メーカー関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

自動車部品メーカー関連の職種をご存知でしょうか?どのようなイメージがありますか?今回は、自動車部品メーカー関連の仕事はどのような内容なのか、またどのように働く事ができるのかを詳しく書いていきたいと思います。初めて自動車部品メーカーという言葉を聞かれた方も、自動車部品メーカー関連の仕事を検討され頑張っておられる方も、参考にしていただければと思います。

国内の自動車産業について知る

Car manufacturer

自動車は私たちが暮らしていく上で欠かせません。特に交通機関が充実していない地域に住む人にとって、「一人一台は必須」という所も多いことでしょう。

日本には「世界のトヨタ」とも言われるトヨタ自動車をはじめとして、ホンダや三菱、スバル、日産、スズキなど、たくさんの自動車メーカーがあります。

経済の発展の重要な要因

自動車産業は、経済においての波及効果が非常に大きいため、工業国でもある日本において重要な位置を占めている産業の一つです。日本の経済を支えている産業であるというわけです。

その自動車業界は、大きく分けると「自動車メーカー」と「自動車部品メーカー」に分けることができます。

ここで取り上げるのは「自動車部品メーカー」の特徴や仕事内容、さらには平均年収についてもご紹介していきたいと思います。

自動車部品メーカーの仕事の特徴と業務内容

Car production

私たちが自動車を毎日安心して乗るために、自動車の性能がきちんとできているかが重要になります。

その中でも特に、使用されている部品一つ一つがしっかり作られていなければなりません。

特徴

自動車で使われている部品は、エンジン一つだけを取ってみても膨大な量で構成されており、自動車全体では2万~3万点ほどの部品が使われています。

部品といっても材料も技術もさまざまで、ゴム、プラスチック、鉄鋼、ガラス、電気、化学など、専門的な知識を必要とするものがほとんどです。それで部品ごとに、たくさんの専門会社が存在し、製造しています。

自動車部品メーカー業務内容

自動車部品メーカーで働く人たちは、大きく分けると「技術系(エンジニア)」「生産管理」「営業」の3つになります。一つずつ分けて取り上げてみます。

<技術系>

Male manager hand laptop for check real time production monitoring system application in smart factory industrial. Automobile manufacturing production machine , robot arm. industry 4.0 concept.

技術系が行なう仕事はおもに「開発と設計」です。車や機械が好きな人にとって、この仕事はとても魅力的なものでしょう。品質を保証する部品の開発や、技術の研究に携わります。

開発や設計に携わる仕事の募集は、ほとんどが大学や専門学校で機械工学やデザインを学んでいることが必須条件となっています。

<生産管理>

car Assembly at the plant

生産部門では、実際に部品の製造や管理の仕事に携わります。一般的に製造工程は、流れ作業で行なわれていきます。それぞれの担当する工程ごとに作業をすばやく行なっていく必要があります。

たとえば工程の中には、プレスや溶接といった加工であったり、図面を元に部品を組み立てていく作業があります。

さらには、仕上がった部品すべてに不具合がないかどうかをチェックする検査も、重要な生産部門の仕事です。一つでも見落としがあると、大きな事故やリコールなどの大問題へと発展していきますから、生産管理の役割は非常に重要であると言えるでしょう。

<営業>

Professional salesperson selling cars at dealership to buyer

開発・研究した部品をメーカーに売り込んでいくのが営業の仕事です。

部品の良さを説明して知ってもらうためには、専門的な知識だけでなく、人と上手に接するコミュニケーション能力の高さも求められます。人と接するのが好きな方に営業は向いていると言えます。

自動車部品メーカーで働く人たちの平均年収

business man writing question about 2014 on graph

自動車部品メーカーで働く人々の平均年収は、およそ「500万円前後」と言われています。

しかし国内にはたくさんの自動車部品メーカーがあるため、どの企業で働くかによっても平均年収には大きく差が出てきます。

トヨタやホンダといった有名メーカーのグループ会社で働く人は、さらに給料や待遇が良いものとなっているようです。

たとえば、トヨタグループの傘下に入っている「デンソー」は自動車部品メーカー企業の中でもトップクラスで、平均年収は800万円~900万円となっています。

景気に左右されやすい

Economy background with abstract stock market graph, tickers, financial data and blue world map. Wallpaper for global economy and financial news.

自動車業界は景気に左右されやすい業界でありますが、近年においては特に東南アジア諸国や南米など、海外に向けての需要がさらに拡大し続けているため、給与や年収にも反映されていくことを期待できるかもしれません。

自動車部品業界の上位ランキング5選

国内にたくさんある自動車部品メーカー企業の中で、売上高の高い企業順にそれぞれの特徴と共にランキングでまとめてみました。

第1位:デンソー

DENSO

www.denso.com

デンソーは愛知県刈谷市に本社を置くメーカーで、ここ10年ずっと自動車部品業界で世界シェア1位を保持している企業です。

トヨタグループに属していて、先進的な自動車技術やシステム、製品を提供しているグローバルな企業です。

第2位:アイシン精機

アイシン精機

www.aisin.co.jp

デンソーと同じく、愛知県刈谷市に本社を置き、トヨタグループの傘下に入っている自動車部品メーカーです。トヨタ…強いですね☆

アイシン精機は、一つの事業が大きくなると分社化するという特徴があり、グループ会社は全世界に180社以上も存在しています。

第3位:豊田自動織機

豊田自動織機

www.toyota-shokki.co.jp

トヨタグループの本家にあたる豊田自動織機は、繊維機械の製造やエンジンやコンプレッサーの生産、フォークリフトの開発に携わっている、老舗の企業です。

第4位:トヨタ紡織

トヨタ紡織

www.toyota-boshoku.com

こちらもやはりトヨタグループの一つで、愛知県刈谷市に本社があります。自動車の内装や外装品、パワートレーン機器部品、繊維関連製品の製造や販売を行なっています。

第5位:ジェイテクト

ジェイテクト

www.jtekt.co.jp

株式会社ジェイテクトは、トヨタグループの主要13社に属している大手の機械・自動車部品製造会社です。ステアリング、自動車用駆動部品、軸受、工作機械の製造や販売をおもに行なっています。

自動車部品メーカー関連の求人探しに役立つサービス

自動車部品業界へ転職をしたい時に、求人をどのように探すと良いでしょうか。

自動車部品業界といっても、企業によって仕事内容や働き方が違いますし、給与や待遇も含め、どこでも同じような条件で働けるというわけではありません。

企業の規模によっても違いますし、自分がそれに見合ったスキルや能力を持っているかによってもどこが合っているかは変わってきます。

それで自分の求める条件や希望に見合っているか、資格やキャリアを本当に活かせる企業かどうかをよく見きわめることは大切です。

ではたくさんある求人の中から、比較検討する場合にはどうしたら良いでしょうか。

転職サイト

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。

簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用する。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の総合転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

一定の職業に特化している転職サイトもあります。働きたい職種内容が決まっているのであれば、特定の職に特化しているサイトを利用したほうが転職への近道になります。

もし自分のやりたい仕事の業種や職種がはっきりしている場合や、早く就職先を決めたい、転職のやり方はよく分かっているから大丈夫といった方は、転職サイトの利用だけで十分かもしれません。

転職エージェント

転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくことになります。

何らかの専門的なスキルや資格をすでに持っていれば、それを活かせる仕事に就きたいと思われるかもしれませんし、せっかくならキャリアアップにつながる仕事先を見つけたいと思われることでしょう。

自分の資格や経験を必要としてくれる会社を独自で見つけるのはなかなか難しいですし、自分の能力やスキルに合う職業を客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用することができます。

転職サイトとエージェント両方を一緒に展開している会社も多いので、自分に合ったほうを活用しましょう。

転職サイトを使った方が良いタイプ

・たくさんの求人をじっくり見きわめたうえで転職先を探したい人

・とりあえず情報だけ気軽な気持ちで探したい人

・自分のペースで就職活動を進めていきたいと考えている人

転職エージェントが合っているタイプ

・就職や転職が初めてであるなどの理由で、不安や悩みがある人

・転職を考えているものの、現在の仕事ととの兼ね合いやスケジュール調整を一人でこなすのが大変だという人

・効率よく就職活動を進めていきたいと考えている人

・キャリアをいま一度見つめ直したいと考えている人

・未経験の分野にも、積極的にチャレンジ・アプローチしていきたい人

まとめ

企業によって働き方や求める人材はそれぞれ違います。自分の今持っているスキルや能力、キャリアに応じて、最大限に活かせる企業を上手に選んでいくようにしましょう。

「資格や技術を持っているのだけれど、自分の適性やスキルに合っているか決めかねている」「どこの会社が良いか判断に迷う」「キャリアアップできる企業を見つけたい」こうした方は、自分だけで決めるのではなく、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスを求めながら探していくことをお勧めします。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事