【二輪やバイク関連の仕事】求人の探し方や給料・待遇なども徹底解説!

【二輪やバイク関連の仕事】求人の探し方や給料・待遇なども徹底解説!

二輪やバイク関連の職種をご存知でしょうか?どのようなイメージがありますか?今回は、自動車(二輪)関連の仕事はどのような内容なのか、またどのように働く事ができるのかを詳しく書いていきたいと思います。初めて自動車(二輪)という言葉を聞かれた方も、自動車(二輪)関連の仕事を検討され頑張っておられる方も、参考にしていただければと思います。

国内の二輪自動車産業について知る

Close up of a high power motorcycle

日本の二輪車・バイク業界の売上げや推移は拡大し続けており、二輪自動車メーカーは世界シェアの4割という快挙を成しています。

特に、ホンダは販売台数において世界で第1位、続いてヤマハが世界2位を占めており、他にも川崎やスズキも世界で上位に入っています。

自動車産業は、経済においての波及効果が非常に大きいため、工業国でもある日本において重要な位置を占めている産業の一つです。日本の経済を支えている産業であるというわけです。

国内だけではなく海外でも需要が高い

特に海外に向けての需要はさらに拡大し続けており、東南アジア諸国やインド、南米において販売数は増加し続けています。

「バイクが好き」「オートバイをいつも触っている」という人であれば、バイク好きが高じて実際に二輪自動車関連の仕事に就いてみたい、と思われるかもしれません。

二輪自動車に関わる仕事と言っても、開発や設計だけでなくさまざまな分野があります。

ここでは二輪自動車関連の仕事にはどんな種類があるのか、それぞれの仕事内容や求められている適性やスキル、平均年収などについても取り上げてみたいと思います。

二輪自動車関連の仕事の種類と必要なスキル

Hand with marker writing, Skill concept

バイクが好きで、バイクに関わる仕事に就きたいと考えておられる方のために、二輪自動車関連の仕事にはどんな種類があるのか、勤務先や必要とされる資格やスキルについてもご紹介していきます。

開発・設計

自動車関連の仕事の中でも、バイクやオートバイの設計や開発に携われる、いわゆる「開発エンジニア」としての仕事は、特にバイク好きな人にとって人気の高い職業でしょう。

開発設計に携わりたいなら、大学や専門学校で機械工学やデザインを学び、二輪自動車メーカーに就職するのがいちばんの近道でしょう。またデザイナーとしてデザイン事務所に就職するという方法もあります。

二輪自動車整備士の資格も持ってれば、面接にも有利に働きますし、入社してからも製品開発や設計技術、量産プロセスなどのキャリアを積んでいくのに役立ちます。

整備・修理士

Mechanic repairing a car

バイクや機械を触るのが好きな人にとって、二輪車の整備や修理を行なう「二輪自動車整備士」という職業は憧れでしょう。

二輪自動車整備士の仕事は、ステアリングやブレーキなどの調整やチューニング、ドライブチェーン、ブレーキパッド、タイヤなどの消耗しやすいパーツの交換や修理などが含まれます。

二輪車は人とマシーンの一体感を感じられるのが最大の魅力なため、乗る人の体型や運転テクニックに合わせた綿密な整備力が求められます。

整備士になるためには「二輪自動車整備士」と呼ばれる国家資格を取得しなければなりません。資格には1級、2級、3級がありますが、現在は2級と3級の資格を持つ人だけが存在しています。

大学や専門学校、短大で機械科や自動車科に入るか、養成施設に行って技術や知識を身につけて資格を取る方法があります。また実務経験を積みながら試験を受けるという方法も取れます。

いずれにしても、二輪自動車の構造や整備技術に関する専門知識を有して、ディーラーや整備工場、二輪自動車メーカーに就職するのが一般的です。

販売

バイクに関する詳しい知識に限らず、人と接するのが好きだという方であれば、「自動車セールスエンジニア」として接客業や営業を行なう仕事も向いていると言えるでしょう。

バイクの購入を考えている一人ひとりの顧客に対して、技術や専門的なアドバイスを与えることができる人が求められます。

就職先としては、二輪自動車メーカーやディーラー、新車や中古車の販売店、自動車パーツショップなどがあります。

運転

Driving Car

バイクやオートバイに乗っている方が好きな人であれば、二輪車を実際に運転する職業が良いかもしれません。例えばデリバリーサービスの仕事や、バイク便などの配達ドライバーの仕事があります。

さらには、ライセンスの取得を取ってプロの「オートバイレーサー」になって、ロードレースに参加するのも職業の一つです。

二輪自動車関連の職業の平均年収

business man writing question about 2014 on graph

上記で取り上げた職業では、どれくらいの平均年収を得ているのか取り上げてみたいと思います。

開発エンジニア

エンジニアは他の業種よりも良い条件で働けるところが多く、収入も安定した額が見込めます。

どの企業に就職するかによっても差は出てきますが、一般的に平均年収は500万円前後と言われていて、さらに役職やキャリアを積むことで800万円以上もらうことができるようです。

二輪自動車整備士

自動車整備士の平均年収は420万円前後で、月収はおよそ30万円、賞与が72万円と言われています。整備士の平均年齢は37歳前後で、同じ年代のサラリーマンと平均年収は同等になっています。

就職先によっても給与は変わりますし、自動車整備工場より、大手の自動車メーカーやディーラーに勤める方が給与も昇給も良いようです。

さらに専門的な知識を要する特殊な仕事ということもあり、資格手当や工業手当といった特別手当が別で支給され、それによってさらに収入は上がります。

セールスエンジニア

販売職は平均年収が300万円~400万円と言われており、より専門的な分野を扱うセールスエンジニアになると、平均は約650万円ほどといわれます。

他の業種に比べると高い年収になりますが、仕事内容が営業から導入した後のサポートに至るまで、多岐に及ぶこと、専門的な知識やスキルが求められ、トラブル対応や顧客への定期サポートなども含まれることを考えると妥当と言えるかもしれません。

プロドライバー

Kart driver with helmet in hands, Go-kart

レーシングドライバーに関してはここでは取り上げません。デリバリーの仕事や、バイク便の配送ドライバーの収入はどれほどになるでしょうか。

およその平均ですが300万円~400万円と言われています。加えて、仕事内容や勤務時間によって収入がアップしたり、昇給していくようです。

二輪自動車関連の求人探しに役立つサービス

Thanks for help. Selective focus on a motorcycle wheel male customer shaking hands with motorbike salon manager on the background

二輪自動車関連の業界へ転職をしたい時に、求人をどのように探すと良いでしょうか。

同じ業界の中でも、企業によって仕事内容や働き方が違いますし、給与や待遇も含め、どこでも同じような条件で働けるというわけではありません。企業の規模によっても違いますし、自分がそれに見合ったスキルや能力を持っているかによってもどこが合っているかは変わってきます。

それで自分の求める条件や希望に見合っているか、資格やキャリアを本当に活かせる企業かどうかをよく見きわめることは大切です。ではたくさんある求人の中から、比較検討する場合にはどうしたら良いでしょうか。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」の違いは、簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用するのが「転職サイト」です。

転職サイト

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の総合転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

一定の職業に特化している転職サイトもあります。働きたい職種内容が決まっているのであれば、特定の職に特化しているサイトを利用したほうが転職への近道になります。

もし自分のやりたい仕事の業種や職種がはっきりしている場合や、早く就職先を決めたい、転職のやり方はよく分かっているから大丈夫といった方は、転職サイトの利用だけで十分かもしれません。

転職エージェント

転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくことになります。

何らかの専門的なスキルや資格をすでに持っていれば、それを活かせる仕事に就きたいと思われるかもしれませんし、せっかくならキャリアアップにつながる仕事先を見つけたいと思われることでしょう。

自分の資格や経験を必要としてくれる会社を独自で見つけるのはなかなか難しいですし、自分の能力やスキルに合う職業を客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用することができます。

転職サイトとエージェント両方を一緒に展開している会社も多いので、自分に合ったほうを活用しましょう。

転職サイトを有効活用するために

Businessman use smart phone with digital screen float out

気になる求人にはどんどんアプローチしよう

たとえ未経験の業種や職種でも、あるいは特に資格を持っていないとしても、自分で気になる求人があるなら積極的にアプローチしてみてください。

求人情報は気軽に検索できますし、会員登録も手軽にできるようになっています。サイト上に職務経歴や、自己PR、志望動機などを登録することで、複数の気になる求人にすぐにアプローチできます。

ウエブから転職ノウハウに役立つ情報を得よう

転職エージェントのように、キャリアコンサルタントと直接対面してアドバイスをもらうことはできませんが、履歴書の添削や面接対策に役立つノウハウを、ウエブサイトから知ることができます。

ノウハウを知ったうえで、自分で就職対策ができますし、書類選考の通過率アップにもつながるので、積極的に活用してみてください。

転職エージェントの賢い選び方

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

大手の総合エージェントであれば、幅広い分野での求人を保有していますし、全国展開しているので、大手に一つ登録しておくのは良いかと思います。

それに加えて、二輪自動車関連の仕事に特化しているエージェントや、ハイクラス案件だけを取り扱うエージェントに登録することで、自分のキャリアや条件に見合う企業や就職先に関する情報を入手できるので、より転職への近道となるに違いありません。

まとめ

企業によって働き方や求める人材はそれぞれ違います。自分の今持っているスキルや能力、キャリアに応じて、最大限に活かせる企業を上手に選んでいくようにしましょう。

「資格や技術を持っているのだけれど、自分の適性やスキルに合っているか決めかねている」「どこの会社が良いか判断に迷う」「キャリアアップできる企業を見つけたい」こうした方は、自分だけで決めるのではなく、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスを求めながら探していくことをお勧めします。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事