英会話教師ってどんな仕事?特徴や求人の探し方を知ろう!

英会話教師ってどんな仕事?特徴や求人の探し方を知ろう!

世界共通語と言える英語は、最近のニュースを見ると小学校の教育内容に盛り込まれようとしていたり、間もなく開催される2020年東京オリンピックを機に、ますます需要が高まる見込みとされています。そのため単に英語は海外旅行で使うだけでなく、英語を教える側になる英語教師を目指してみたいと思われる方もたくさんいらっしゃると思います。それでも実際には、どのようにしたら英会話教師になれるのか考えてしまう事でしょう。ここでは、英会話講師になるにはどうすればよいのかを分かりやすく説明していきたいと思います。

英会話教師の需要について

Attractive young woman teacher in a classroom teaching the English language with a hand written alphabet on the chalkboard

世界共通語と言える英語は、最近のニュースを見ると小学校の教育内容に盛り込まれようとしていたり、間もなく開催される2020年東京オリンピックを機に、ますます需要が高まる見込みとされています。そのため単に英語は海外旅行で使うだけでなく、英語を教える側になる英語教師を目指してみたいと思われる方もたくさんいらっしゃると思います。

それでも実際には、どのようにしたら英会話教師になれるのか考えてしまう事でしょう。ここでは、英会話講師になるにはどうすればよいのかを分かりやすく説明していきたいと思います。

英会話教師の採用条件

まず英会話講師になるために特別な資格が必ずしも必要というわけではありません。そうは言っても勿論、英会話能力と教えるスキルが求められているのは事実です。実際、現役の英語講師の方たちも、自分の英語の会話力の向上や英語を教えるための知識を増し加えることを目標にされて励んでいます。

では、英会話講師としてどの程度の英会話能力が求められているのでしょうか?

実際のところの英会話スクールの多くの採用基準の目安としてはどれ程のレベルを求めているのでしょうか?正直なところそれは、学校や英会話スクールによって様々です。講師募集時に明確に資格を求人情報に記載しているところもあります。例えば、英検2級以上、TOEIC850点以上、英会話検定2級以上などです。しかし、これらの資格はあくまでも目安程度というわけで、実際には「それに準ずる英語能力」とされている場合が多く、資格を持っていなくても試験や面接等で実力が認められれば英会話講師として採用されるという事が現状のようです。

英会話教師に求められるもの

Class Teacher

では、英会話講師としての実力をどのように身に着けることができるのでしょうか?

英語教師としてのレベルとしては、日常英会話はもちろん、ビジネスレベルでの交渉もできる程度の実力が求められると言っていいでしょう。しかも英会話となると、日本人特有の持つ独特の英語アクセントのないことも重要視される場合があります。英語の発音をどの程度重視されるかは、それぞれのスクールによって違うでしょう。日本人にとって難易度の高い苦手な英語の発音の仕方も多いため、その点を理論的にしっかり把握して自らの経験を通して身に着けておく必要があります。それでも講師としての指導力が評価されれば多少のアクセントについては問題視されない場合もあるでしょう。

講師として求められる論理だって教える実践力の分野にはどのようなものがあるでしょうか?

例えば、英語初心者の生徒にも分かりやすく文法を教えることができる、英語と日本語の表現の違いを意識した分かりやすい説明ができる、口や舌の動かし方などの英語の発音の仕方の説明や実践ができる、または生徒の一人一人に合った英会話のスキルアップの仕方を見分けてアドバイスができるなどです。こうした点で、英会話講師としての指導力の差が出てくるものと思われます。

英会話教師になるために

Woman in glasses talking with alphabet letters coming out of her mouth. Communication, information, intelligence concept

では、英会話講師としての確かな指導力をどのように身に着けることができるのでしょうか?幾つかの方法をここでご紹介します。

一つ目は、英会話スクールに就職する事です。そこで研修を受けながら英会話講師としての知識を得て技術を磨くことができます。しかし、英会話スクールのほうもコストをかけてまでその人材育成に取り組むわけですから、選考のレベルもおのずと高くなるに違いありません。そのためかなりハードルの高い方法と言えます。

二つ目に、英語講座に申し込む方法です。講座を受講するための費用を準備しなければいけませんが、誰でも申し込むことができます。自分のペースで学びながら英会話講師としての指導力を身に着けることができます。実際のところ、英会話スクールも有資格者や実務経験者を優先的に採用するケースが多いので、英語講座で学び資格を得ることは英会話講師としてのスタートを切るのに確かな方法と言えるかもしれません。

手軽に始められる人気の英語講座の中に、NHKのラジオ講座があります。この講座は基礎からビジネス英語まで幅広く扱っているので、英会話講師を目指す時期にもまた講師になった後にも英語力アップのために長く活用できるでしょう。実際、現役の英会話講師の中にもNHK講座の実践ビジネス英語などのレッスンを学んでいる方たちも多いようです。なぜなら、ネイティブがビジネス交渉の際に頻繁に用いる表現が盛り込まれており、自然とそうした表現も用いられるようにレッスンの工夫がなされているためです。また実際のレッスンの場面を体験できるというメリットもあります。自分だったらどのように教えられるかを考えながら聞いて学ぶのも良い方法かもしれませんね。

補足的な情報として、英会話教師になる上で有利になるものが、英語圏への留学経験です。スクールに通う生徒さん達の中には留学を希望されている生徒も多く、現地の生活体験者を通しての生の声やアドバイスは大変貴重なものとなるからです。

インターネットで「英語語学留学」と検索しても数多くの情報を入手できます。留学期間も一週間から数年まで選択可能です。留学先も、費用を抑えた東南アジア圏も候補に挙げることができますし、オーストラリアや北米のカナダも人気です。自分が留学する目的をはっきりさせて、どんな分野を特に重視したいのか検討して、自分に合った学校を探していくことができるでしょう。

そうした留学経験を今は難しいと感じる方も多いと思います。国内にいながら本場の英会話スキルをどのように磨き上げることができるでしょうか?

ネイティブスピーカーとのプライベートレッスンを受講することがきます。現役の英語講師の中にも、月に数回ネイティブスピーカーとのカフェレッスンやスカイプレッスンを行なっている人たちもいるそうです。そうすることで、先生たちにとってもそれぞれの苦手分野の補強をしてもらったり、文法的には正解でもネイティブが使う表現として自然なものかどうか感覚的なところでの分野を補っているとのことです。

こうした学び方をしていくならば、日本人の英語も理解した上で、本場の英語を上手に教えることができる実力のある英会話教師を目指していけそうですね。

英会話教師の給料は?

一番気になるのは、やはり給料面ではないかと思います。

英会話スクールに勤務する英会話教師といっても採用されるポジションによって給料にも差があるようです。主に、正社員と契約社員、非常勤のパートタイムに分かれています。

正社員として働く場合、給料の平均月収18万円から35万円程度とかなりの開きがあります。これはもちろん勤務時間や実際の業務内容によって変動するためです。また過去の講師としての実績や特別なスキルも評価されていきます。自分が受け持つクラスを教えることに加えて、スクールの方針に合わせた教材の選定や管理なども業務に含まれてくるでしょう。

契約社員としてフルタイムで働く場合の相場は、月収16万円から25万円程度となっています。

パートタイム勤務の場合、給与はほとんどの所で時給制となっています。相場は、時給1200円から3000円程度と言えるでしょう。勤務時間としては、週中ですと夕方から夜にかけて、また週末の時間帯になるようです。講師として評判が良かったり生徒数が増えていくならば、それに合わせて仕事量も増え時給も上がることでしょう。

英会話教師としての適性

Image of two young businessmen communicating at meeting

英会話教師としての適性にはどのようなものを挙げることができるでしょうか?

何といっても大切なのはコミュニケーション能力といえます。そもそも英「会話」というくらいですから講師の側に高いコミュニケーション能力は必須となります。

スクールに通う様々なタイプの生徒さん達とスムーズにコミュニケーションを図ることが出来たり、レッスン中にも和やかな楽しい雰囲気を醸し出せるように努める必要があります。そうすることで生徒さん達ももっと学びたいとかまた参加したいという意欲をもって取り組むことが出来るようになります。もちろん、そうした場作りは初めから簡単に出来るわけではないでしょう。それでも、ユーモアのセンスを発揮し、レッスン中にもジョークを織り交ぜながら英会話を楽しめるような工夫は、生徒さんたちとの会話の質の向上に大いに役立つものとなるでしょう。

そして、人と接することが好きな気持ちや、生徒一人一人に気を配って楽しめるように頑張りたいという思いは、間違いなく英会話教師として成功するために大いに役立つはずです。またその心構えは、生徒さんたちの語学力アップに最大限貢献するものとなるでしょう。

英会話教師としてのやりがい

英会話講師を通して様々な生徒さん達と接していく必要があります。現役の英語講師の中には、そうした一人一人に自分を合わせる事で、自分自身の成長へと繋がるとのコメントを寄せています。英会話レッスンを始めて元気になってきた、と生徒さんに言われやりがいを感じている先生たちもいます。普段の忙しい生活の中で、英語レッスンの時間を楽しみにしていて通い続けてくれる生徒さんたちのために頑張ろうと思えてくるわけです。

また、別の英会話講師は、自分がこの仕事でやりがいを感じるときは、生徒さんたちが海外旅行に行って実際に学んだ英語を使って買い物や地元の人たちと会話ができた!という報告をもらう時だそうです。しかも、そのために旅行前に合わせて用意して一緒に行なったレッスンがとても役立ったと言われた時には、その生徒さんのために特に準備して良かったと思えてくる、と感想を述べていました。

このように、英語を全然話せなかった生徒さんが、自分のレッスンを通してどんどん成長していく様子を間近で見られるというのは、英会話講師としての醍醐味と言えますね。確かに、一コマのレッスンの時間のためにその何倍の時間をかけて一人一人の英語力に考えながら準備するものの、実際に目に見える仕方でTOEICやTOEFLのスコアが上がっていくのを見るのは、まるで自分の事のように嬉しく非常に手応えを感じるものとなるでしょう。生徒さんたちに感謝されますし、英会話講師としての自信や人気にも繋がることとなるでしょう。

英会話教師として採用されるまで

では次に、英会話スクールに採用されるまでの流れを見ていきましょう。まず、どこのスクールでも書類選考があります。履歴書の中で、自分がなぜ英会話講師になりたいのか、それはなぜか、どんな英会話講師になりたいか等、やる気が伝わるよう詳しく書いてください。

採用までのプロセスの中で、最初から最後まで「やる気」を見せることが一番大事と言えます。書類選考が通ると、次に筆記試験や面接と続きます。応募者の英語能力を計るため、特に大手の英会話教室であればほぼ筆記試験が行われているようです。この試験で、英語のリスニング、リーディングやライティングの能力がチェックされます。もちろん、試験内容はそれぞれスクールの方針等によって異なりますが、筆記試験はおおよそ30~1時間程度のものでしょう。筆記試験では約70%以上の正答率が求められるそうです。

しかし経験者の声を聞くと、英語講師を目指す方たちにとってはさほど難易度の高い試験内容ではないそうです。というのも、採用する側としては筆記試験を通して英語講師に求められる必要最低限の英語力のある人かどうかを見極めたいと考えているようです。リラックスして試験に臨み、普段の勉強で得られた力を大いに発揮いたしましょう。

そして次に、面接です。スクールによっても異なりますが、英語のみの面接もあれば、日本語での面接の場も設けられることもあるようです。面接時に、英語講師としてのスクールでの基準と照らして、適性等を判断されていきます。ですから、予想される質問に対して日本語はもちろんのことですが、英語でも説明できるように事前に準備しておくことが大切です。

例えば、志望動機や英語を学ぶきっかけになったもの、最近の趣味や時事問題などを英語で答える質問を投げかけられる事もあるでしょう。またここで、比較的大きなスクールの場合、テーマを設けた模擬レッスンをやってくださいと求められる場合があります。試験当日に突然言われて非常に焦ったという経験を持つ講師もたくさんいるようです。そのため、英語講師になったときの自分のレッスンの仕方をある程度イメージしながら練習しておくのはいいかもしれませんね。

応募先の英語スクールの指導方針や、通う生徒の特徴などを事前にインターネットでリサーチしておくならば、模擬レッスンの準備もしやすいかもしれません。様々なスクールであった過去の模擬レッスンの内容の中には、muchとmany、lookやsee、watchの違いをそれぞれホワイトボードも使いながら説明してください、という問題が提出されたこともあったそうです。もちろん、最初からこうした課題を上手に行える英会話講師はいないでしょう。採用された後に、実際の授業の前に研修を通して本番デビューに備えることとなるでしょう。

面接時の5分程度のミニレッスンでは、講師としての資質などが観察されます。大きくハッキリとした声で表情豊かにレッスンを進めることや、生徒役のペースに合わせる点などに気を配ることが出来るでしょう。見事通過しますと、研修となります。スクールにおける方針の説明、レッスンの指導方法について、また給料面などの話もここで行なわれることでしょう。すでにそれまでの英語講師としての経験なども持ち合わせていれば、必要な部分のみ研修を行なう場合もあるようです。英会話講師としての自分のスタイルやアイデアをここで育むことに繋がるはずです。

そして、いよいよ生徒さんたちを前に本番レッスンが始まります!

英会話教師のこれから

社会において英語の活用の場はますます増えていき、英語力の需要は高まることでしょう。その環境の中で、英語を習得するための英会話講師の果たす役割は大きなものとなってくるでしょう。英会話スクールの形態も様々なタイプのものが開講され、急増しています。グループレッスン、カフェなどでのプライベートレッスン、オンラインでのレッスンなど様々な形態での仕事環境が存在してくるようになりました。こうした流れから、多くのメディアにおいて英会話講師募集の項目を目にするようになっています。それに合わせてこれからますます英会話講師として色々な形態での働き方が可能となってくることでしょう。給料や勤務時間などの条件面でも募集先によって変わってきますから、自分はどんな英会話講師として働きたいか見極めたり、自分の生活スタイルなども考慮しながら、最適な英会話スクールを探して働く事が出来ます。

まとめ

Group of teenagers with his teacher of English

英語教師にただ漠然となりたい!と思っていたものがイメージしやすくなったでしょうか?英語教師は大変ですが、それだけやりがいもたくさんある仕事です。ぜひ、英語教師として楽しんで仕事していただけたらと思います!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事