転職する前に貯金って必要?転職に必要なお金についてまとめました!

転職する前に貯金って必要?転職に必要なお金についてまとめました!

お給料が少ない!、人間関係が悪い・・、やりたい仕事ではない、どうしてもやりたい仕事に就きたい!などさまざまな理由で、多くの方が転職を考えます。近年では転職することは珍しくなく、一般的に行われています。しかし、転職にはお金がかかります。つまり、言い換えるなら転職には貯金が必要です。

目次

転職にはお金が必要!

転職に必要な貯金

お給料が少ない!、人間関係が悪い・・、やりたい仕事ではない、どうしてもやりたい仕事に就きたい!などさまざまな理由で、多くの方が転職を考えます。近年では転職することは珍しくなく、一般的に行われています。しかし、転職にはお金がかかります。つまり、言い換えるなら転職には貯金が必要です。なぜでしょうか?転職先がすぐに決まれば全く問題はありませんが、もし数ヶ月間転職活動を続けることになると、その期間はまったくの無収入となってしまいます。なので、将来のために貯蓄しているものとは別に、転職資金を用意しておく必要があります。

退職後の転職は資金不足問題が起きやすい

 Fund shortage(資金不足)

在職中に転職活動をする場合は、収入があるのでお給料のやり繰りをしながら、転職に必要な資金を捻出することができます。そのため、時間の融通はあまりききませんが、転職資金の心配をする必要はありません。一方、退職してから転職活動をする場合、無収入となりますので資金を捻出することができません。そのため、在職中に取り分けておいた転職資金が必要となります。特に一人暮らしをしている方や既婚者などで賃貸のアパートやマンションを借りている方は、食費や光熱費といった生活費以外に家賃の支払いも毎月しなければならないので、貯金がない状態で転職活動をすることはとても危険なことと言えるでしょう。また失業中でも保険や年金の支払い、税金の支払いもしなければいけません。

長期化した転職活動に大きな影響を及ぼす税金

長期化税金

健康保険

Health insurance(健康保険)

退職後にはさまざまな手続きがあります。その中のひとつである健康保険は、以前勤務していた職場で社会保険を適用して貰っていた場合は退職証明書を貰い、退職後すぐに国民健康保険に切り替えをしなければ、万が一大きな病気やケガなどをし病院にかかるとすべて実費になってしまうので、すぐに各市町村の役所で国民健康保険の加入する手続きをする手続きをする必要があります。もしくは、家族の不要に入ったり、保険証の種類にもよりますが、在職中を同じ健康保険に加入できる制度を利用できる場合もあります。国民健康保険の料金は、前年度の所得からおおよその金額が決まります。一般的に所得が低い方は月々5,000円程度の支払いで済みますが、所得が多かった方は月々の支払いが10,000円を超える場合もあり、それぞれ支払う額は異なっています。

国民年金

National pension(国民年金)

健康保険の出費に加え、国民年金の支払いも大きな出費となります。もし少しの期間でも未納があるなら、給付される際にその額に大きな差がでてきます。基本的に在職中は、多くの方が厚生年金に加入していると思われますが、退職後は国民年金へと切り替え、毎月16,490円の支払いをする必要がでてきます。

税金

税金も転職活動中にはとても大きな出費となります。特に住民税と所得税は、前年の所得に対して課されるものなので、転職活動を長期化する場合にはとても大きな影響を与える出費となります。

このように国民健康保険、国民年金、住民税や所得税などの税金などは、転職活動期間でも支払う義務があるものです。これら大きな出費に加え、転職活動自体ににも費用がかかります。それにはどのようなものがあるのでしょうか?

転職活動にかかる出費

服飾費

転職活動にはスーツや履歴書、交通費などの出費がかかり、それは決して安いものではありません。なので、スーツやワイシャツ、ブラウスなどの購入や維持費のクリーニング代などの服飾費もしっかり転職費用に計算しておく必要があります。恐らく転職活動を始める方の多くが、新たにスーツを新調する必要があることでしょう。それにはスーツに加え、カバン、靴、パンプスなども含まれ数万円の出費となることでしょう。もし以前就職活動をしていた際に着用していたスーツなどがあったとしても、少しでもよれていたり、サイズが合っていなかったりすると面接官に好印象を与えることができません。なので、もしすでに持っているスーツなどを利用しようとしているなら、サイズの確認、シミ・しわの確認、生地のよれ・擦り切れなどの確認をしっかりしましょう。また、昔から”身だしなみは靴から”と言われているように、靴は必ず磨いて面接に臨むことで好印象を与えることができるでしょう。これらスーツ、カバン靴などは高級なものを購入すればよい、ということではありません。スーツをはじめとし、シャツやカバン、靴などは自分に合ったものを選ぶことで好印象を残すことができます。

ヘアカットやヘアカラー費

第一印象で清潔感のある好印象を残すために、美容院に定期的に通う必要も出てきます。身だしなみの基本として、髪の毛が耳にかかっていないことや、襟足がシャツにかからないこと、目にかからない前髪など、たとえ髪の毛の長さやヘアスタイルを問わない職場だとしても、清潔な印象を与えることは大切です。また、髪の毛の色を黒く染める必要もあります。面接に金髪で臨むのと、黒髪で臨むのでは面接官に与える印象は大きく異なることでしょう。このように服装や身だしなみ、髪形などを含めた総合的な容姿は、転職活動では見た目の第一印象を良くするために欠かすことができない投資となっています。

雑費

約束された面接の時間調整のために、カフェなどによる外食費や、専門的な知識を学ぶために書籍を購入するなどの雑費もあります。また、履歴書の購入や証明写真代、履歴書の郵送費なども、何社も面接を受けるなら膨大な額が必要となってきます。さらに、ペンや手帳などの小物もある程度、社会人として見た目が良いものを使用することができます。特にペンは3色ボールペンや、キャラクターの手帳などは控えることができるかもしれません。

交通費

特に交通費に関しては、どこへ面接に行くか、何回行くかなどの回数によって大きく費用が異なってきます。面接以外にも就活セミナー、会社説明会、打ち合わせなど転職活動中に必要となる交通費は多々あります。また地方に住んでいる方が東京などに面接に出てくる場合や、連日のセミナーなどの場合は、航空券が必要となったり、ケースによっては宿泊先が必要となることもあり出費が跳ね上がることもあります。

転職に必要な資金を調達するためにできることとは?

転職に成功したとしても、もし引っ越しをすることを考えているなら、ある程度のまとまったお金を用意しておく必要があります。そのために、どのように転職資金を集めることができるでしょうか?

1、在職中の貯金と退職金

 Severance pay(退職金)

転職を考えいるなら、在職中に転職資金を貯金しておく必要があります。もし退職金をもらえるなら、それも転職資金として取り分けておくことができるかもしれません。また、ボーナスが支給されている会社に在職しているなら、ボーナスを受け取ってから退職するなどのタイミングを見計らうことも必要です。

2、失業手当(失業保険)

Unemployment allowance

退職後に転職活動を始めるなら、失業保険を活用し、転職資金に充てることができます。しかし、自己都合退職や早期退職をしている方の場合、すぐに失業手当が給付されない場合もあるので注意しましょう。ちなみに失業手当の受給資格がある人は、会社を退職しており、退職日までの1年間に6ヶ月以上雇用保険に加入をしている方で、就業の意思があることが条件となっています。つまり、1年未満で退職した場合は、失業手当はでません。

3、アルバイトで生活費を稼ぐ

在職中の貯金や退職金、失業手当などすべてを合算しても、転職活動の資金を賄うことが難しいのであれば、アルバイトをして転職活動に必要な資金を調達することができます。アルバイトをするなら、経済的なゆとりが生まれるので心にもゆとりが生まれ、面接がうまくいくかもしれません。しかし、あくまでも転職活動を優先させるのが大切なことなので、必要以上にアルバイトのシフトを入れないで、いつでも面接の予定が合わせやすいライフスタイルにしておくよう注意しましょう。そして、面接が入った場合はすぐに予定を調整することができるようにしておくことができるでしょう。

4、クラウドソーシングを活用

クラウドソーシングは、会社と雇用関係を結ばずに自由に働くことができるシステムです。インターネットを通して、企業と直接仕事のやり取りをすることができるので、ここ最近人気となっています。このクラウドソーシングを利用し、転職活動の空いた時間に仕事の依頼をして受けることで、転職資金を調達することができます。クラウドソーシングではデザインやシステム開発、ライティングなどさまざまな仕事を扱っており、誰でも気軽に働くことができるので、転職資金が足りない方におススメです。

5、カードローンの利用

貯金や退職金、失業手当では転職資金が足りず、アルバイトをしてもまだ足りない・・という状況なら、最終手段としてカードローンを利用することができるかもしれません。しかし、多くのカードローンの利用条件は、仕事をしていて安定した収入がある人のみが利用することができます。

転職時に引っ越しをする場合の初期費用はどのくらいかかる?

転職時に引っ越しをする方も少なくありません。そのような場合は、さらなる転職資金を見越し、資金を調達しておく必要があります。では引っ越しの初期費用にはどのような出費がかかるのでしょうか? たとえば、家賃6万円の場合、敷金1ヵ月分と礼金1ヶ月分、仲介手数料1ヶ月分、そして、前家賃1ヶ月分が必要となります。これをすべて計算すると合計24万円必要となります。それに加え、保険料や鍵交換料なども必要となってきますので、おおよそ30万円から35万円程度を用意しておくなら安心でしょう。また、引っ越し費用も必要をなります。荷物の量や移動距離などにもより、引っ越し費用は異なってきますが、5万円から10万円程度を用意しておくことができるでしょう。もし近場への引っ越しなら、軽トラを借りて自分で引っ越すなら費用を抑えることができます。

実家から引っ越す場合

実家から引っ越す場合は、家具家電などを全て買い揃える必要があるので、かなりの費用がかかってきます。それには冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、電子レンジ、テレビ、テーブル、椅子、布団などなどトータルで25万円から30万円程度かかることが予想されます。

転職先から引っ越す場合

転職先から引っ越す場合は、引っ越し費用を会社が負担してくれるかどうかによって費用が大きく異なってきます。引っ越しのケースによっては、移転費用を申請することもできるので、よく調べてみることができるでしょう。

一般の転職前の貯金額とは?

実際に転職前にいくらの貯金があったのかと調査してみたところ、20代がおおよそ500万円、30代がおおよそ700万円の貯金額があったことが分かりました。30代に入ると貯金額が大幅にアップする傾向にある理由として考えられるのは、結婚をして家族全体としての貯金額ということで金額がアップしているようです。

どのくらいの貯金を転職のためにしておけばいい?

savings(貯金)

貯金額には個人差がありますので、普通の貯金とは別に、転職のために使用する貯金額を考えておくことができます。では、その金額はどのくらいでしょうか?転職資金としてどのくらい取り分けたかを調査したところ、全く用意していなかった人もいれば、100万円以上用意した方もおり人それぞれ異なっていました。それらの額をすべて平均してみたところ、転職のための貯金額は50万円前後となりました。この金額は、住んでいる地域や家賃などによっても多少の差がありますが、目安としては2〜3ヵ月程度の転職資金となっています。なので、3ヵ月以内に転職先を見つけることに自信がない方や、3ヵ月以上じっくりと転職活動を希望したい方は、50万円以上の転職資金を用意しておいた方がよいかもしれません。この基本的な要素に加え、次の点も考慮に入れる必要があります。

家族がいる場合

Family relaxing on sofa

家族を養う必要がある人が転職活動をする場合は、まず1ヶ月の生活費を計算する必要があります。そして、その生活費に転職費用を上乗せした金額を1ヶ月分の転職費用として計算する必要があります。各家庭により、家族の人数は異なるので、多ければ多いほど生活費にかかる費用は増えることでしょう。また、家族に働いている人が自分以外にいないなら、余裕をもって転職資金を確保しておく必要があるかもしれません。

家族がいない場合

Stylish young attractive man with red hair

家族を養う必要がない人が転職する場合は、実家で生活をしているか、アパートやマンションなどで一人暮らしをしているかにより、生活費が大きく異なってきます。実家に住んでいるなら、転職資金をあまり確保していなくても大丈夫かもしれませんが、一人暮らしをしているなら、家賃をはじめとし食費や光熱費などの費用を計算して転職資金として分けておく必要があります。一人暮らしの場合、平均して15万円から20万円程度1ヶ月分として計算し、転職資金を確保しておくとよいと言われています。なので、半年間でおおよそ100万円程度の資金があるなら余裕をもって転職活動をすることができるでしょう。

これらの計算額は、あくまでもそれだけ資金があると必ず間に合うというものではありません。転職資金が多ければ多いほど越したことはありません。なので、転職を考えている方は、普通の貯金とは別に、転職資金を前もって取り分けておくことで、心にゆとりをもって転職活動を行うことができるでしょう。

転職は在職中にするのがいい?それとも退職後?

Change jobs

ここまで退職後にかかる転職資金についてみてきました。では、結局のところ転職は在籍中にするのがよいのでしょうか?それとも退職後にするのがよいのでしょうか?各個人の状況はそれぞれ異なっているので、自分が合うタイミングなら在籍中でも退職後でも問題ないでしょう。しかし、これまでみてきたように生活費にお金がかかりますので、どのタイミングでしようかと悩んでいるなら、退職前から事前に転職のための準備を行うことができます。それには転職エージェントや転職サイトに登録をして情報を収集して、転職後のイメージを想像しておくことができます。それに加え、在職中でも面接の日時や時間の都合を合わせることができるなら積極的に面接を受けることができるでしょう。それと同時に、普通の貯金とは別に転職資金を最低でも50万円程度用意しておくなら、いざ退職することになったとしても、心にゆとりをもって転職活動を行うことができるでしょう。 転職は、今や当たり前のことです。もし転職を考えているなら、今すぐ、この機会に転職活動のために行動をおこしましょう。転職活動を失敗せずに精力的に励むことができるよう、まず転職資金の費用を計算し、転職に関する情報を収集しましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事