転職で失敗しないために!口コミを収集して活用しよう!

転職で失敗しないために!口コミを収集して活用しよう!

失敗する確率を少しでも減らすために「情報収集」は欠かせません。次に働こうとしている会社、あるいは働きたいと希望している企業がどんな職場なのか、本当に自分に合っているかをよく見きわめることは大切です。今回は転職先の会社の口コミについて学んでいきましょう!

転職の成功には「情報収集」が不可欠

転職の口コミ情報収取

「新たな分野の仕事に挑戦してスキルアップを目指したい」「年収や給与がもっと良いところで働きたい」「今いる職場に不満があってやめたい」など、理由はさまざまあるにしても、転職を考えているという方がおられるかもしれません。

転職することで輝かしい未来や希望が見えてくることもあるでしょうが、少なからずリスクや失敗も付いてきます。せっかく転職したのに、以前いた職場よりさらに条件も環境も待遇も悪化してしまった、なんて経験をする人もいます。

情報収拾での見極めが重要

それで、転職を考えようとしているなら、失敗する確率を少しでも減らすために「情報収集」は欠かせません。次に働こうとしている会社、あるいは働きたいと希望している企業がどんな職場なのか、本当に自分に合っているかをよく見きわめることは大切です。

オススメしたい♪口コミ収集方法3選とは

Group of young people men and women whispering each other in the ear. Word of mouth concept

ではどこから情報を得ることができるでしょうか。希望する会社が大手であれば、企業の公式サイトからも見ることはできますが、社内の環境や社風といった実態や、実際に働きやすい職場かどうかまでは分からないかもしれません。

そんな時に役立つ方法があります。これから、オススメしたい口コミの収集方法を3つ取り上げます。さらに、それぞれの収集方法のメリットデメリットについても考えていきたいと思います。

オススメその1:口コミサイトを活用しよう

Young man working on his laptop with blank copy space screen for your advertising text message in office, Back view of business man hands busy using laptop at office desk

企業の口コミや評判、労働条件や待遇に至るまで細かく載せているサイトをぜひ活用しましょう。そうした口コミサイトでは、実際にその職場でいま働いている人の声や、退職した人の生の声が載せられているので、社内の環境を知りたい人にとっても有効的です。

ネットで調べてみると、そうした口コミサイトはたくさんありますが、その中でも登録されている企業数が多いところをなるべく選んで見るようにしましょう。また、それぞれのサイトによってカラーも全く違いますし、視点や目線も異なりますから、いくつかのサイトを比較してチェックすることをおススメしたいと思います。

たとえば大手の口コミサイトの中でもオススメしたいのは、

・VOLKERS(ヴォーカーズ) ・カイシャの評判 ・キャリコネ ・転職会議

といった大手サイトです。無料登録すれば見放題なところもあれば、有料で登録する必要があるサイトもあります。

口コミサイトを活用することのメリット・デメリットとは

自分の働きたい会社や企業の評判や口コミをたくさんの人から聞いて判断したいと思っても、それはまず難しいです。でも口コミサイトにはたくさんの人のリアルな“声”が載せられているので、情報をたくさん得られるというメリットがあります。

いま実際にその会社で働いている人が口コミを載せていることもあれば、以前勤めていたものの、いまは退職した人が会社の実態や、なぜ退職したのかを載せているところもあるので、判断する材料になります。どこかに行って話しを聞かなくとも、ネットでいつでも見たい時に気軽に見られる便利さも、メリットとして挙げられるでしょう。

その反面、書かれている内容が本当に信頼できるものか、信ぴょう性を判断するのが難しいというデメリットもあります。なぜなら、そこで働いている人の声ということは、その内容が主観的なものである場合が多いからです。

その会社への不満や愚痴とか、時にはウソや誹謗中傷のような内容もあるかもしれません。どうしてもネガティブな意見が目立ってしまうので、考え方や判断内容が偏ってしまう可能性があります。

オススメその2:転職エージェントに頼ろう

Real Estate: Confident Agent With Home Sellers Behind

転職エージェントとは、転職を円滑に進めるための手助けやサポートをしてくれる、支援会社のことを言います。転職のノウハウから、自分に合った仕事選び、はたまた面接アドバイスに至るまで、転職がスムーズにいくように一連の流れをサポートしてくれます。

しかもそうしたサポートを無料で行なってくれるので、安心して企業の情報を得ることができます。たとえばいくつか有名どころのエージェントを取り上げてみると、「リクナビNEXT」や「DODA」「リクルートエージェント」「マイナビ」といった名前を聞いたことがある、という方もいるかもしれないですね。

それぞれの会社によって、対象とする年齢層も違ったりするので、自分の年齢に合ったエージェントを選んで比較できるのも嬉しいところです。

転職エージェントを活用するメリット・デメリットとは

転職エージェントに頼ることのいちばんのメリットは、就職のプロから専門的かつ客観的なアドバイスをもらえるということではないでしょうか。

口コミサイトは働いている人の意見や感想が多いので、主観的なものが多いですが、転職エージェントはそうではありません。たくさんの企業を実際に調べて見てきた、プロの目から見た意見は、感情は一切抜きにした客観的なものなので、信頼しやすいと言えます。

またエージェントのサポートは無料でしてもらえるというメリットもあります。会社に直接は聞きづらいことも、エージェントにであれば安心して尋ねることもできます。

一方で、デメリットになる部分もやはりあって、たとえばエージェントとは電話や面接を繰り返しながら仕事を決めていくので、転職に時間がかかることが考えられます。さらには、エージェントはいわゆる会社側と働く側の間を仲介する役割を果たすわけですが、エージェントの中にも上手い下手があって、当たった担当によっては逆に自分の転職に悪影響を与えてしまう場合もあるようです。

オススメその3:知り合いや友人のツテを頼ろう

Happy young caucasian female wearing blue long sleeved shirt making thumb up sign and smiling cheerfully, showing her support and respect to someone. Body language. I like that. Good job.

自分が働きたいと考えている転職先で友人が働いていたり、あるいは知り合いのツテを頼れば、詳しい情報を収集することができるかもしれません。あるいは、友人が経営する会社で一緒に働かないか、という誘いを受けたり、紹介される場合もあるでしょう。

転職先については右も左も分からないようなことが多いと思うので、知り合いや友人から話しを聞けたり相談できるというのは、大変強い味方であると言えると思います。知り合いのツテを頼れば、採用される確率も高くなるでしょう。

友人や知り合いに頼ることのメリット・デメリットとは

やはり情報元がハッキリしているというのは、一番安心できるメリットの一つと言えるに違いありません。また、自分の知っている人にであれば、細かい部分まで条件や待遇、職場環境を尋ねることができるので、安心して決めることができます。

友人や知り合いがそこで働いているのであればなおのこと、リアルな意見を聞くことができて助けになるはずです。自分のことをよく知ってくれていて、親身になってくれる友人からの情報であれば、より信頼できると思います。

しかし、やはり友人に頼るだけで決めてしまうと、どうしても個人の主観に基づいた意見になってしまうので、決定や考え方が偏ってしまう場合もあります。一人二人の意見だけで決めてしまうのも不安ですよね。たくさんの人の口コミや評判を聞いて判断できない、というのはデメリットと言えるかもしれません。

口コミを上手に活用していけば転職はうまくいく

3つの口コミを収集する方法を取り上げました。

・口コミサイト ・転職エージェント ・知り合いや友人

いずれの方法を活用する場合でも、覚えておくべきなのはあくまで参考として活用する、ということです。どれを用いるにしても、それぞれにメリットもあれば、デメリットも存在するからです。転職において判断するのによい材料とはなりますが、最終的に決定するのは自分自身であって、誰かに責任を負わせるべきではないという点を前提に踏まえておきましょう。

そのうえで、これらの口コミ収集方法を上手に活用するために役立つ情報を、次に取り上げていきたいと思います。

1.口コミサイトの上手な活用方法とは

口コミサイトは、企業数が多ければ多いほど、載っている情報も多くなるので、大手のサイトを見るのが良いと思います。それぞれのサイトに載っている情報を比較検討することで、一人の偏った意見ではなく、なるべくたくさんの人の見方を知ることができます。

では、口コミサイトを活用する時の注意ポイントはあるでしょうか。どういったところに注目して見ることができるでしょうか。

・自分の希望する条件や知りたい内容に合わせて、ピックアップする

口コミサイトは、項目別に分かれて情報が載せられています。自分が知りたいと思っている内容や条件は人それぞれ違ってくると思います。

たとえば、年収や給与の良い条件を希望しているのであれば、その部分をチェックして、実際に働いている人が、年齢に応じてどれだけの収入を得ているのかを知ることができます。そうすることで、「働いてみたら希望より全然低い収入だった」とか「キャリアアップさせてもらえない」といったトラブルを招かないようにできます。

また、お子さんを育てながら仕事をしたい女性であるならば、残業の有無や休みを取りやすいかといった内容は、ぜひとも欲しい情報かもしれません。女性の働きやすさが分かる口コミサイトもありますから、実際に自分と同じような立場や環境で働いている人の情報を参考にするのもおススメです。

・すべての情報を鵜呑みにしない

載っている口コミは最新のものもあれば、古い情報もあります。たとえば、会社内の人間環境が良くないことを記載している人がいたとします。でもその情報がだいぶ前のものだとしたら、働いている人間にも変化が生じている可能性は高いと言えます。

他にも、たくさんの口コミがあるかを見ましょう。一人や二人のような少数意見だけだと、それがほんとうに正確な情報なのか判断がつけられない場合もあります。しかし、たくさんの人が同じ情報を載せているとしたら、その内容には信ぴょう性がありますし、正当で真っ当な意見かどうかを判断することができるに違いありません。

口コミサイトの情報は、どちらかというとネガティブなものが多いです。しかし、どんなに良い会社であったとしても多少なりとの問題は起こるものですし、不満を持つ人も少なからずいます。書いてあるすべての情報を鵜呑みにして、転職の判断をする上であまりに振り回されることがないように注意しましょう。

2.転職エージェントの上手な活用方法とは

agent business professionals

・いくつかのエージェントに登録し、相談する

エージェント会社や、コンサルタントの考え方や意見はそれぞれ異なるので、転職するうえでの必要な情報や、与えてくれるアドバイスもそれぞれ変わってきます。なので、できるなら複数のエージェントに登録することで、より満足し、納得できる転職先を見つけることができるに違いありません。

・求人数が豊富な会社に登録する

エージェントによって、取り引きしている契約企業数には差があります。大手のエージェント会社に登録するなら、それだけより多くの会社や企業から働き口を探すことができます。

さらに、求人数がより多いということは、これまでにどんな会社に就職した人が多いのか、どういう職種が成功しているのかといった統計も出ているはずです。そうした統計的な結果に基づいて、失敗に至らない就職先を決定することもできます。

・希望や条件などは前もって明確に、そして正確に伝える

エージェントのコンサルタントは、こちら側の希望や条件に沿った会社を選んであげたいと思っています。自分がどういう仕事に就いて、どんなビジョンを持っているのか、将来的なビジネス設計としてはこうありたい、といった目的や希望が明確になっていると、コンサルタント側としても会社や職種を選びやすくなると思います。

コンサルタントも人間ですから、転職に前向きで、より熱い思いを持って取り組んでいる人のためには真剣に仕事を探してあげたい!という気持ちになるはずです。そうすれば、より詳しい情報ももらえますし、手厚いサポートも受けられるに違いありません。

・実績を積んだコンサルタントに話しを聞く

エージェントのコンサルタントは、企業に働き手を紹介し就職が決まると、紹介料が企業から入ることになっています。

コンサルタントの中には、こちら側があまり乗り気ではない会社なのに、あるいは相談にほとんど乗ってくれていないうちから、やたらと就職するように勧めてきたり、無理にでも転職させようとする人もいるようです。

そうしたエージェントや、コンサルタントは明らかにお金目当てなところがありますから注意するようにしましょう。

また、企業の側も、コンサルタントが紹介してくる人は問題ありな人ばかりが続いたりすると、このコンサルタントが紹介してくれる人は信用できないから雇いたくない、と考えるパターンもあるようです。そんなコンサルタントに当たってしまったら、自分もとばっちりを受けて落とされてしまう可能性が高くなってしまいます。

そんなことを避けるためにも、実績を積んでいて、なおかつ誠実に対応してくれる人を選ぶようにしたいと思います。

友人や知り合いからの口コミを上手に活用する方法とは

友人や知り合いが働いていたり、働いたことのある会社や企業に勤めようと思う場合は、その会社の良い面と悪い面の両方を尋ねて、聞くようにすると良いでしょう。

プラス面とマイナス面と両方聞くことで、客観的にその会社のことを判断することができます。どちらかだけでは偏った考え方や見方になってしまい、正しい判断ができなくなってしまうかもしれません。

さらに、友人や知り合いが経営していたり、オーナーをしているところに引き抜かれたり紹介される場合もあるでしょう。しかしよく知っている間柄だと、つい条件や働き方の希望がグダグダになったり、曖昧なままスタートしてしまう危険もあります。公私混同してしまうと、あとでどちらかに、あるいは両方に溝ができてしまう可能性も出てきます。

どんなに親しい間柄であっても、こちらが聞きたいと思っていることや譲れない条件については明確にしておくことで、後々トラブルに発展してしまうことを避けられます。知り合いだと、辞めたくても逆に「辞めたい」と言いづらくなってしまう事もありますから、情報の収集は、働く前に前もって聞いておくのが賢明です。

まとめ

転職は「一世一代の大勝負」になる出来事になるかもしれません。その転職によって、これからの自分の人生がバラ色になるか、暗黒で後悔だらけの人生になってしまうかが決まってしまうこともあります。

失敗やリスクは、なるべくなら経験したくないですよね。そのためには、転職先として決めたい会社の評判や口コミに関する情報をなるべくたくさん集めて、よく吟味してから決定したいと思います。

口コミサイトや転職エージェントといった、転職情報を集めるのに役立つツールをいっぱい活用して、転職を大成功に終わらせましょう!!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事