転職と年収アップの関係性。転職に伴うメリットとデメリットとは?

転職と年収アップの関係性。転職に伴うメリットとデメリットとは?

転職をしても、必ず年収が上がるという保証はありません。転職のケースによっては、前職よりも年収が下がることもあります。しかし、条件が揃っていれば、たとえ年収が下がったとしても転職する価値はあります。では、どのような条件が必要なのでしょうか?また、転職により年収はどのように変わるのでしょうか?

目次

転職すると年収はアップする?

転職と年収アップ

転職をしても、必ず年収が上がるという保証はありません。転職のケースによっては、前職よりも年収が下がることもあります。しかし、条件が揃っていれば、たとえ年収が下がったとしても転職する価値はあります。では、どのような条件が必要なのでしょうか?また、転職により年収はどのように変わるのでしょうか?

転職で年収が下がってしまうのはなぜ?

せっかく転職したのに、年収が下がってしまう理由にはどのようなことが考えられるのでしょうか?

前職から逃避するために転職した場合

前職をすぐにでも辞めたい環境にいたため、転職活動をしていた際に、年収を含めた給与面をあまり考慮に入れずに転職先を決めてしまったことが考えられます。給与などの待遇よりも、前職がどうしても辞めたく、急いで転職先を決めてしまったり、条件よりも職場環境を重視すると年収が下がってしまう場合があります。

賞与や手当が変化した場合

Bonus(ボーナス:賞与)

転職で給与はほとんど変わっていないのに、年収が下がってしまったという場合があります。これには賞与などの諸手当が前職の条件と異なっていることが考え得られます。前職ではボーナスが支給されていたのに、転職したらボーナスが支給されなければ年収は大きくことなってきます。また、残業代の有無も年収に大きく関係してきます。さらに、通勤手当の有無、家族手当や住居手当の有無などは生活費に影響を与えます。それに加え、インセンティブの金額も年収に影響を与えます。

転職先で給与交渉をしなかった場合

転職前に、きちんと給与交渉をしないと年収が下がってしまうこともあります。すでに経験や実績を積んでいるなら、自分を高く評価することができます。しかし、給与交渉は入社前にする必要があります。つまり、働き始めてから給与交渉をするのでは遅いということです。ですから、面接の時にその旨の話をしなければいけません。しかし、多くの方が転職を成功させるために年収の交渉をしなかったり、自分の経験やスキルに自信がないと提示された年収をそのまま受け入れてしまうなどの傾向が見られます。そのため、いざ働き始めて前職と比較すると、年収が下がってしまった・・ということが生じます。

転職の回数が多すぎる場合

転職をしたのに年収が下がってしまう別の理由は、今までの転職回数が多く、実績や経験が不足していることが考えられます。短期間に何度も転職をしている人は、スキルが少ないとみなされ、会社側にマイナスイメージを与え、信頼を得ることが難しくなっています。そのため、転職の成功率も低く、年収をアップさせることはかなり難しい状況となっています。

転職で年収がアップするケースとは?

business man writing question about 2014 on graph

基本、転職をすると年収はアップするケースが多いです。なぜなら、転職は年収アップを目的としている人も多く、転職の求人は前職の給与よりも高く設定されている傾向にあります。また、転職希望者の多くは、すでにスキルや経験も積んでいるため、特に同職や同業界内での転職なら大幅の給与アップの見込みを期待することができます。また、面接の際にも前職の給与を考慮した上で、面談してていく企業も少なくありません。ですから、転職には年収アップを期待することができます。

年収を下げてまで転職をしたい条件とは?

転職して給与や年収が下がったとしても、転職を決断したいメリットがあります。では、それを判断するための条件とは何でしょうか?

給与よりもキャリアアップを優先

転職を希望している方、特に20代〜30代にかけての転職の場合、たとえ給与が下がったとしても、キャリアアップを優先するなら転職をすべきです。それには現職では磨くことができないスキルの向上や、転職先でしかできない経験、そして、優秀なスタッフが多い環境に自分を置き成長できるなどが転職先に当てはまるなら転職を考えることができるでしょう。その際には、給与や年収は別問題として考える必要があります。このように”転職は手段”と考え、キャリアアップを優先させることで、仕事に対しての満足度や、将来に向けて市場価値をアップさせることができます。

仕事以外の時間を優先

転職をすることで、時間の使い方を大きく変えることができます。つまり、仕事に充てていた時間を、仕事以外の何かに充てることです。それには家族と一緒に過ごすための時間、読書などの自己投資のための時間など仕事以外の時間を優先して転職することができます。特に仕事で毎日のように残業をしている人にとっては、給与を一時的に下げてでも自己投資のための時間を優先することはとても大切です。なぜなら、自己投資の時間より将来に向けて市場価値をアップさせることができ、その結果、給与や年収アップへとつなげることができるからです。また、家族がいる方にとって、家族と過ごす時間はとても大切です。たとえば、幼い子どもと過ごすことができる時間は一時的なもので、二度と戻ってこないからです。ですから、給与よりも家族との時間を確保することで給与・年収は下がりますが、満足のいく人生を送ることができるでしょう。

新たな環境を優先

現職の職場環境に悩みを抱えている方は、給与・年収が下がったとしても今すぐにでも転職をしたいことでしょう。そのような場合は、精神的にも肉体的にもストレスとなるので、自分が過ごしやすい環境を優先させるために給与・年収が下がったとしても転職すべきです。

転職のメリットとは?

Benefits of changing jobs(メリット)

一昔前と今現代では、転職に対しての考え方が大変大きく異なっています。一昔前までの日本は、安定した会社に就職して長く勤めあげる終身雇用という考え方をしており、転職自体が良くないこととみなされていました。しかし、バブルの崩壊と同時に、自分の能力に見合った収入や、自分の市場価値を認めてもらうという考え方に変わりました。そして現代では、社会人の約70%以上の方が転職を考えたことがあることがある調査結果で分かっています。つまり、転職はもはや一般的なもの、当たり前のこととなっているのです。では、なぜ現代では多くの方が転職を意識するようになったのでしょうか?それには年収アップへの期待、現職に対しての不満や人間関係、新しい業種への挑戦、キャリアアップなどさまざまな理由が考えられます。そんな転職が、自分の希望通りになるかどうかはすべて転職活動にかかっています。では、転職にはどのようなメリットがあるのでしょうか?具体的に見てみましょう。

メリットその1、現職の不満や人間関係からの解放されること。

転職をすることで一番変化が現れることとして、勤めていた会社や人間関係をすべてリセットすることができるというメリットがあります。特に人間関係悩みを抱えて転職をした方の多くは、社内の雰囲気や人間関係に不満を抱えていたことでしょう。それは心身のストレスともなり病気になる可能性もあります。しかし、転職することですべてを一からやり直すことができるのは一番のメリットと言えるでしょう。しかし、すべての方が人間関係をリセットさせるために転職を希望しているわけではありません。転職を考えている中には、信頼できる同僚や上司がいてなかなか転職をする決意をすることができなかったという人もいるかもしれません。しかし、自分のキャリアアップなど優先すべきものを選択した結果、転職をひとつの選択肢にすることも、今後のより良い充実した人生を送るための正しい判断と言えるでしょう。

メリットその2、収入・年収がアップする可能性があること。

転職を考える理由の大半は、収入のアップを希望し転職する方も少なくありません。収入が下がってまでしたい仕事があったり、新たな業種に挑戦したい場合は、別目的の転職になりますが、自分の今の給料に満足することが出来なかったり、自分の仕事が評価されなかったり、どんなに頑張っても昇進や昇給がなかったりするなら、今の仕事を継続しているモチベーションを失ってしまうことでしょう。そのような場合は転職することで、年収アップを期待することができるでしょう。そのためにも現職で経験やスキルを積んで、自分の価値をアップさせておくことは大切です。

メリットその3、新しい知識やスキルの習得ができること。

skill 習得

今までと異なる業種に転職することで、今まで経験したことがない仕事をすることができたり、同業種に転職したとしてもさらにスキルを向上させることができるなど、新たなことも習得するチャンスが開かれています。自分に足りないスキルを磨けたり、自分では気づいていない得意分野を発見することができるかもしれません。

メリット4、本当に自分が就きたい仕事に就けること。

誰でも自分のしたい仕事に就きたいものです。しかし、現実的には憧れの仕事に就くことは難しく、必要に迫られて就職をしたという方も少なくありません。しかし、いざ働き始めると、やはり自分が本当にしたかった仕事に就きたくなり転職を考える方が多くいます。もちろん、現職もしっかり働くことでやりがいを感じることがあるかもしれません。しかし、一度きりの人生ですので、自分が本気でしたい仕事に転職するのも悔いのない人生を送る上で大切なことと言えるでしょう。

メリット5、労働環境を改善できること。

 Working environment(労働環境)

転職を考えている方の中には、残業が多いなどの労働環境を改善することを転職の目的としている方もいます。自分の時間がもっと欲しい方や、家族との時間をもっと大切にしたいなど仕事よりも優先させたいものがあるために転職を希望します。また、現代ならではの家庭事情を抱えているがゆえに、仕事に集中することができない方も少なくありません。しかし、生きていくためには家庭と仕事を両立させる必要があるため、福利厚生を待遇したり、ワークライフバランスを整えることを重視している企業が増えてきています。すでにそのような環境下で働いているなら問題はありませんが、そのような環境下を求めて転職をする方も増えています。そうすることで労働環境を改善することができます。

転職のデメリットとは?

risk(デメリット)

転職には多くのメリットがあることについて知ることができました。転職は希望に溢れているので、気持ちも高揚するものです。しかし、メリットもあればデメリットもあります。なぜなら、転職は新たな出発でもあり、未知の世界へとチャレンジする機会でもあります。それは、精神的にプレッシャーとなることもあるでしょう。なので、転職を考えているならそれに伴うデメリットも考慮しておく必要があります。では、転職にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?具体的にみてみましょう。

デメリット1、不安定な生活環境になる可能性があるかもしれない。

転職の理由は人それぞれです。しかし、転職することで自分の希望を叶えることを目的としています。それには慣れた現職を離れ、また、一からすべてを築いていくことが求められます。そのため、少しでも慣れようと頑張るあまり、精神的・肉体的に余裕がなくなることでしょう。また、転職をしたからといって確実に将来の安定が確定されたものではありません。慣れてくれば、それなりの仕事を任せられたりするなどして仕事がストレスとなることもあります。また、急に会社の業績が悪化し、雇用自体の不安が出てくることもあるかもしれません。さらに、今までは残業がなかったのに、転職したら毎日残業があり、ライフスタイルのバランスが崩れることもあり得ます。ですから、転職をする際には、ある程度自分に降りかかる変化を予測しておくなら、いざその状況になったとしても慌てずに落ちつくことができ、冷静な判断を下すことができるでしょう。

デメリット2、収入が上がらないかもしれない。

Confused young man frustrated by online problem looking at laptop screen, worker troubled doing hard job on computer making notes, student feels stressed about difficult learning failing test or exam

上記でも触れましたが、転職の目的によっては収入がダウンする可能性もあります。また、研修期間が長かったり、入社してからしばらくの間は、新入社員として扱われるために給料が低く設定される場合もあります。もし転職の目的が年収アップを目的としているものなら、転職後の給与額や賞与、年収などを事前にしっかり確認することは大切です。

デメリット3、即戦力として期待されるかもしれない。

前職での経験やスキルを買われて転職が決まった場合、企業側は過度な期待を抱くことが考えられます。もちろん、それは嬉しいことでもありますが、人によってはプレッシャーと感じるかもしれません。しかし、自分が転職先の期待に貢献したい!という気持ちがあるなら、やる外のある仕事となることでしょう。

デメリット4、人間関係で悩むかもしれない。

人間関係

前職を辞めた理由が、人間関係や会社への不信で転職をしている方は、自分の考え方や見方を変化させないと、また同じ理由でトラブルを抱えることになるかもしれません。もしかすると周りではなく、自分に問題があることも考えられます。それには、自分の仕事への態度、不親切な態度、傲慢さなどがあるなら自分が原因で人間関係が悪化したのかもしれません。ですから、転職を機に、新たな思考と柔軟性を持って取り組むことができるでしょう。

デメリット5、福利厚生に差があるかもしれない。

 Welfare(福利厚生)

給与アップやダウンに加え、金銭的なデメリットとして福利厚生が前職よりも待遇が悪くなる場合もあります。それには、退職金が少ないことや受け取れないこと、住宅手当や団体保険の有無など別の意味での経済的デメリットがあります。これらもよく考慮して転職先を選ぶことができるでしょう。

デメリット6、希望していた仕事ではないかもしれない。

転職先が決まり、いざ働き始めてみると、自分が想像していた希望通りの仕事内容ではなかった・・ということもあり得ます。また、自分の今まで築いてきた経験やスキルを活かせると思っていたのに、それが通じないということもあります。このような状況に遭遇するとストレスとなるかもしれません。

年収アップ目的の転職で気を付けたいこと

Annual salary negotiation(年収交渉)

年収アップを目的とした転職は失敗しやすい傾向にあります。特に、転職を考えている大半の方が、現職の給与に不満を抱えており、それを理由に転職活動をしている方が多くいます。もちろん、給与に不満があるなら転職はひとつの選択肢と言えます。このような方が近年増加しているため、転職市場も年収アップを目的とした転職先を活況としています。しかし、転職を失敗している方も少なくありません。なぜでしょうか?それには大きく分けて3つの理由が考えられます。

転職での年収アップを市場価値と勘違いをするため。

年収は、各会社・企業で決めている基準なので、会社が変われば年収も変わります。そのため、転職によって年収アップするのは、市場価値が上がったのではなく、前職の企業と比較すると一時的に年収が上がっているに過ぎないのです。つまり、年収がアップしても、市場価値がアップしたと勘違いをしないで、自分の市場価値を向上させるために励むことができるでしょう。

年収アップで人材を集めているため。

Businessman in recruitment concept with horseshoe magnet

企業によっては、年収アップをしないと人材が集まらないほど、職場環境に問題があるところもあります。年収だけで転職先を決めてしまうと、このような問題のある会社へ転職をしてしまうかもしれません。ですから、入会前にどのような会社なのかリサーチすることは大切です。

転職エージェントが年収だけをみせて紹介してくるため。

 Welfare(転職エージェントが年収だけ)

転職をしている方の大半が、転職エージェントなどを利用していることでしょう。転職エージェントの中には、求職者が年収アップを目的とした転職と述べれば、それだけを目的として探し、紹介してくる場合もあります。年収だけで転職先を決めてしまうなら、職場環境が劣悪だったり、過酷労働だったり・・と問題を抱える可能性があります。

年収アップを目的とした転職を希望しているなら、上記の3つを注意することで、転職を成功させることができるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事