転職に失敗する人と成功する人の違い!うまくいくための必須条件!

転職に失敗する人と成功する人の違い!うまくいくための必須条件!

一昔前までは、終身雇用が一般的な考え方をしていたので、転職をすることはマイナスイメージとなっていました。しかし、最近では転職はもはや当たり前のことで、かえって複数の会社で働いた経験やスキルのある人材の方が、環境への順応力や適応力があるため、一度も転職をしたことがない人材よりも価値が高くなっています

目次

転職に成功する人と失敗する人の差を知ることは大切!

転職の成功失敗

一昔前までは、終身雇用が一般的な考え方をしていたので、転職をすることはマイナスイメージとなっていました。しかし、最近では転職はもはや当たり前のことで、かえって複数の会社で働いた経験やスキルのある人材の方が、環境への順応力や適応力があるため、一度も転職をしたことがない人材よりも価値が高くなっています。しかし、すべての方が自分の希望通りに転職することができているわけではありません。転職に成功する人もいれば、失敗する人もいるのです。しかし、両者には共通の特徴があるので、転職をする前にこの特徴が自分にあるかどうかを確認することで転職を成功させることは可能です。では、さっそくそれぞれの特徴をみてみましょう。

転職に成功する人の特徴とは?

転職に成功している人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか?

転職をする目的が明確にある人

転職活動に成功している人の特徴として、転職目的をしっかり持っていることを挙げることができます。特に自分がチャレンジしたい仕事に転職を希望している人は目的・目標が明確なので、面接でどのような質問をされても、しっかり自信をもって受け答えをすることができます。面接官が一番重視していることは志望動機です。なので、前職に対してのマイナス理由ではなく、明確な目的がある志望動機を述べることで好印象を与えることができます。また、強い目的や目標をアピールすることで、入社したらしっかり働いてくれるだろう、という好印象も与えることができます。

自分の実績やスキルをしっかり把握している人

転職を考える人の中には、前職で自分の仕事の実績を上げてきた方や、実績に合う満足のいく評価がされなかった方などがいます。今までの実績や経験、スキルを全て活かすことができる転職先を見つけることは難しいかもしれませんが、今までの実績を書き出し、それを職務経歴書に記入するなら、仕事の幅を広げることができ、即戦力として転職先で活躍する機会を開くことができます。ですから、自分のことを冷静に判断し、転職先でどのようにスキルアップできるのかを把握しているなら、自分に合う転職先を選びやすくなり、成功させることができます。

じっくり転職活動をしている人

転職を考える理由は人それぞれです。そのひとつとして、今の仕事に耐えることができずにすぐにでも退職をしたい、という衝動に駆られている方もいることでしょう。感情に動かされ仕事を辞め、焦って転職するなら、また同じような失敗をしてしまう可能性があります。その逆を言うなら、転職に成功している人は、焦らずに時間をかけ転職活動をすることで成功しています。在職中に転職活動をしていると、自分が思っている以上に時間がかかるように感じることもあるかもしれませんが、直感ではなく、転職先候補の情報を少しでも多く集めるようにしましょう。また、時間をかけて転職活動をすることで、意外な転職情報をゲットすることができる場合もあります。転職を成功させるために、焦らず、時間をとりじっくり探すようにしましょう。

履歴書を丁寧に書く人

転職を成功させている多くの方は、履歴書を丁寧に書いているという共通点があります。そうすることで、他の人達と差をつけることができます。面接官にとって履歴書は、面接と同じくらいの価値があるものです。ですから、一文字一文字が、しっかりとキレイで丁寧に書かれているなら、どのような人間性をしているのかをおおよそ判断することができます。なので、まずは基本とも言える部分をしっかりとこなすことで、面接に臨み、成功させることができるでしょう。

きちんとした身だしなみをしている人

転職を成功させている多くの方は、身だしなみがきちんとしています。それには、サイズの合ったスーツやワイシャツ、ブラウスを着用していること、シミやしわがないこと、靴が磨かれていること、ヘアスタイルがスッキリまとめられていることなどの基本的なことが含まれています。特に面接では、身だしなみという外見で第一印象が決まると言っても過言ではありません。面接に臨むときは、身だしなみに細心の注意を払い臨みましょう。

転職サイトに登録している人

転職を成功させるために、転職サイトに登録している人が多くいます。しかも、1つの転職サイトではなく、複数の転職サイトに登録することで、さまざまな企業の情報を収集することができ、転職に成功しています。最近では、多くの転職サイトがスマートフォンからでも簡単に登録することができ、サイトからそのまま求人に応募することができるようになっているので、在職中であっても、仕事の合間に有意義な転職活動をすることが可能となっています。転職を成功させたい方は、スマートフォンやパソコンを使い、今すぐ、転職サイトに登録してみるのはどうでしょうか?さまざまな企業の最新情報を得ることができるでしょう。

退職前から転職活動をしている人

転職に成功しているほとんどの人が、在籍中から、つまり、退職をする前から転職活動を行っています。退職後に転職活動を開始するなら、無職の期間にもよりますが、転職先が決まるまで無収入となってしまいます。なので、在籍中から転職活動をすることで、すぐに働くことができるよう準備することができます。それにはまず、会社の情報を収集することをはじめとし、自分がどのような人生設計を立てたいのかをじっくり考えることができるでしょう。そして、仕事の合間を見て、面接を受けることができます。

転職に失敗する人の特徴とは?

転職に成功する人もいれば、失敗する人もいます。何度も面接を受けても内定をもらうことができなかったり、転職しても前職と同じ待遇・環境で転職した意味がなかったり・・となぜ転職に失敗してしまうのでしょうか?それにはある共通点があるようです。では、転職に失敗する人の共通点をみてみましょう。

実力が足りない人

転職を失敗する理由のひとつに、転職したい会社や業種に通用するスキルや経験、実績が不足しているために失敗することがあります。ひとつの企業しか勤めていないなら、だれか外部の人と比較することができないので、自分の実力がどの程度のものかを図ることができません。また、採用する企業側も中途採用の場合、少しでも経験や実績、スキルを持っている人材を選び、即戦力としたい、と考えています。ですから、転職を考えているなら、転職前に自分の能力やスキルを客観的に判断するようにしましょう。特に、前職とは全くことなる業種に転職を考えている方は、その業界に通用する資格などをとるなどの努力をすることができるかもしれません。

ポジティブな気持ちをもっていない人

転職は、新たな環境で一から再スタートをするので、それなりのチャレンジ精神が求められます。なので、面接の時には、そのポジティブで前向きな気持ちをアピールすることで好印象を与えることができます。しかし、転職を希望している方の大半は、現職または依然尾職場に何らかの不満をもっているために、転職活動をしています。そのような不満の気持ちを少しでも面接官に見せてしまうなら、転職に失敗してしまいます。特に、人間関係でのトラブルなどをその場で話すなら、自分の人間性をマイナス印象として与えることになるでしょう。

過剰に自分をアピールする人

前職である程度の役職があり実績や経験を積んできた人の中には、自分の有能さを面接時に、過剰にアピールし過ぎる方もいます。転職先の企業側にとっては、過去の栄光の話よりも、入社後すぐに会社に馴染み、即戦力となる人材になれるかどうかの方が重要です。ですから、面接の際には自分をアピールすることも大切ですがほどほどにし、新しい職場で自分の経験をどのように活かし、即戦力として貢献できるかをアピールするようしましょう。

計画性がない人

計画性がない人は、転職を成功させるためにプランを立てない傾向があります。そのため、この時期に転職をするといったプランや、転職先や仕事内容の情報を集めたりなどの下調べをしないため、失敗する可能性があります。また、転職を失敗した場合のことを想定していないという特徴もあります。

すぐに諦めてしまう人

すぐに諦めてしまう人や諦めやすい人も転職に失敗しています。転職して何かにぶつかってしまったり、つまずいてしまうとすぐに諦め失敗する傾向にあります。転職は何度でもできますが、あまりにも回数が多いと、採用する企業側にはマイナスイメージを与えます。また、ある程度の年齢に達すると、転職すること自体が難しくなります。ですから、転職をする際には、生じるかもしれない問題を想定し、それを乗り越える方法や、対処方法などをあらかじめ考えておくことができるでしょう。

本当に就きたい仕事がはっきりしていない人

自分がどのような仕事に就きたいのか、本当にしたい仕事とは何なのか、という具体的に決まっていない状態で転職するなら、たいてい失敗します。なぜなら、人生設計ができておらず、仕事自体を好きになることが出来ないからです。給料が少しでも良いところへ、また、違う業種への挑戦と考え転職を繰り返しても、結果はいつも同じです。ですから、まずは自分が本当にしたいことを見つけるようにしましょう。

キャリアアップの転職を成功させるためには?

よく耳にするキャリアアップとは、より高い専門的な知識や技術を身につけることで、より高い経歴や地位、給与や年収を確立することです。そのため、転職が当たり前となっている現代では、より深い専門的なスキルが求められており、キャリアアップを目的として転職をする方も増えています。では、キャリアアップの転職を確実に成功させるためのポイントは何でしょうか?年代によりポイントが異なってくるのでひとつづつ確認してみましょう。

20代のキャリアアップ転職を成功させるコツとは?

20代の方がキャリアアップを目的とした転職をする場合、すでに培ってきた経験やスキル、習得した知識や取得したスキルなどがを転職アピールとすることができます。そして、それらをどのように今後活かしていくことができるかを説明することが成功の秘訣です。

30代のキャリアアップ転職を成功させるコツとは?

30代の方がキャリアアップを目的とした転職をする場合、残念ながら一般的な資格はアピールポイントにすることはできません。もちろん、資格はないよりも取得しているのに越したことはありませんが、30代のキャリアアップ転職で最も重視されるのは実績です。その中でも特にマネジメント能力があるなら好印象を与えることができるでしょう。どのような仕事をどのような立場で行ってきたかなど具体的な数値やデーターなどを入れながらアピールするなら、転職を成功させることができるでしょう。

20代と30代に共通しているコツとは?

年齢は関係なくキャリアアップ転職を成功させるためには、面接時にアピール内容を具体的に行うことができます。もし面接官が相手の実力を分析するために分からない質問をしてきたら、どのように受け答えをすることができるでしょうか?20代なら、その旨について分からないことを素直に述べることができるでしょう。しかし、30代は、分からない、と述べることはできないので、今までの経験やスキルをベースとし答えを探す必要があります。このように具体的に述べることでアピールすることができるでしょう。

キャリアアップの転職を成功させるために一番大切なことは、志望動機です。是非、何のためにキャリアアップをしたいのか明確な目的を持ち面接に臨むなら成功させることができるでしょう。

異職業への転職を成功させるためには?

転職の中でも同業種へ転職ではなく、異業種への転職は難しいと言われています。なぜなら、中途採用で入社したとしても、専門的な知識やスキルがないため、新卒者採用と同じ扱いになるからです。それに加え、社会人の経験がない新入社員なら入社後の研修も固定観念を抱かずすぐに吸収することができますが、社会経験を積んでいる人材は、前職でも固定観念が邪魔となる場合があります。そのため、年齢が若ければまだ異業種への転職は可能ですが、年齢がある程度達しているなら不利となる可能性が高くなります。なので、今までの業種とは全く異なる異業種への転職を希望しているなら、どのような業界が未経験者でも採用してくれるのかをあらかじめ知っておくことができるでしょう。たとえば、営業職や販売職は比較的未経験者をいつも歓迎している業種です。これらの業種は、コミュニケーション能力があり、元気が良い人材を必要としています。この2つは異業種ですが、共通点も多いため、転職しやすい業種と言えるかもしれません。また、新規事業を始める企業も、未経験者を採用する傾向があります。また、医療や福祉関係や建設業なども採用されやすいでしょう。このように時間をとって考えるなら、未経験分野の業種でも採用されるチャンスはたくさんあります。また、挑戦してみたい業種の資格を取得するなら、転職に成功する可能性を高めることができるでしょう。

転職を成功させるために転職エージェントを賢く利用しよう!

転職エージェンは、数多く存在しています。そのため、どの転職エージェントを利用したらよいのか分からない・・という方も少なくありません。では、どのように自分に合った転職エージェントを選ぶことができるでしょうか?それは自分が転職したい業種や職種に特化していること、自分の年齢や経歴でも応募可能な求人数がたくさんあること、紹介実績が多いところ、内定実績が多いところなどを選ぶことができるでしょう。また、ひとつの転職エージェントではなく、複数の転職エージェントに登録することで、多くの情報を収集することができます。しかし、転職エージェントを利用している人の中には、転職エージェントに登録すれば必ず転職することができると間違った考え方をしている方もいます。確かに、転職エージェントは転職活動をサポートしてくれますが、すべてを任せることができません。求職者は、自分はどんな仕事に就き、何を目的として働きたいのかをしっかり考える必要があります。そして、その旨を転職エージェントに相談することで、転職を成功させることができます。

転職を成功させよう!

ここまで見てきた転職に成功する人と失敗する人の特徴に自分がどの程度当てはまるのか確認してみましょう。もし成功する人との共通点が多いなら、安心して転職活動を続けることができるでしょう。一方、失敗する人との共通点が多かったなら、今から努力することで転職を成功させることは可能です。転職は自分の人生を変える一段の決意でもあります。転職を成功させるためにも、多くの情報を収集しながら、在職中に少しでも多くの経験や実績、スキルを積み、充実した転職活動を行うように努力していきましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事