転職活動でストレスが溜まる!簡単にできるストレス解消法13選!

転職活動でストレスが溜まる!簡単にできるストレス解消法13選!

転職活動中に遭遇する壁の一つにストレスを挙げることができます。ただでさえ忙しい現職をこなしながらの転職活動となると、気づかないうちにストレスが溜まったしまうということがあります。さらに、不採用通知が立て続けに来るなどで転職活動が長引けばそれだけストレスも溜まってしまいます。ストレスを溜めてしまうと上手くいくはずの転職活動に影響が出てしまいます。まずは自分のストレスに対する強さと弱さを知って、タイプ別の13の解消法を試してみましょう。自分にあった解消法で上手にストレスを発散させながら転職活動の大事な時期を乗り切ることができればいいですね。

ストレスについて

まずは敵であるストレスについて知るようにしましょう。ストレスには様々な要因があります。職場はもちろん職場以外での日常にもストレスを生じさせる要因がたくさんあります。まずは要因を確かめることにしましょう。さらに男女でのストレスの感じ方の違いや、ストレスが与える影響についても挙げてみましょう。

ストレスの要因 職場にて

Businessman stressed out at work in casual office

職場にはストレスの要因が山ほど存在しています。特にストレスの要因となるのが「人間関係」でしょう。上司や部下との関係が良くなくなるとストレスが溜まりやすくなります。「パワハラ」や「セクハラ」などが生じればストレスは一気にピークに達します。

「ノルマや締め切り」のある仕事では、それらに追われた状態が続くことがあります。緊張した状態が続いてしまったり、それが「長時間労働」の原因になるなどでストレスがどんどんと溜まってしまいます。「適していない仕事内容」だったり、「高負荷の仕事」を任されると、それだけで仕事に出かけるのが憂鬱に感じるようになります。逆に「仕事がなくて暇」な状態が続くこともあります。責任感の強い人にとっては特に我慢しなければならない時間が続き、それがストレスの要因となってしまいます。

その他にも、温度や騒音などの「職場環境」や「通勤」がストレスの要因となることもあります。「異動」や「昇進、昇格」といった職場環境の変化に影響を受けやすい人もいることでしょう。人にもよりますが、これらが大なり小なり私たちの心身に影響を与え、職場におけるストレスの要因となるわけです。

ストレスの要因 職場以外

Conflict of young parents in the presence of daughters at home

職場以外の日常にもストレスの要因がたくさん潜んでいます。夫婦や親子の関係が悪くなるなど「家庭内」での不和がストレスの原因になることがあります。または家族の一人が病気になったり、「育児」に終われて「睡眠不足」が続くとストレスはどんどん溜まっていきます。

自分自身の生活環境の変化がストレスの要因になることもあります。たとえば「結婚や離婚」、「死別」、「引っ越し」、「親との同居」、「転職」などによる変化が心身に影響を与えることがあります。慣れるのに時間がかかったり、いつまでたっても慣れずにストレスが溜まってしまいます。「不規則な食生活」などの生活の乱れなども時とともにストレスの原因になってしまいます。「お隣さんや友人との不和」もそれが長く続けば続くほどストレスを与えるようになります。

デリケートな人は「天候や気温の変化」の影響を受けやすくなります。花粉の季節がやって来ると「花粉症」などに悩まされてストレスが溜まってしまいます。「不快な臭い」などにイライラする人もいることでしょう。自分自身の「病気」や「怪我」、「アレルギー」など、生活の中にはストレスの要因となるものがたくさんあるので、普通に生活しているだけで対処しなければストレスがどんどんと溜まってしまいます。

男女別のストレスの感じ方

女性は男性に比べてデリケートでホルモンバランスが乱れやすく、さまざまな不快な症状に悩まされることが多くあります。自律神経の働きが悪くなると頭痛、不眠、吐き気などに悩まされるようになります。これらの不快な症状が続くとストレスがどんどんと溜まっていきます。また人間関係に敏感な女性が多くいるようです。職場では様々な性格の人たちと接することになるので、そのことだけでも気を使うなどしてストレスを感じやすくなってしまいます。

男性は女性に比べてストレスが体に影響を与えることが少ないようです。ただ、ちょっとしたことでもひたすら我慢してしまう傾向があるので、どんどんとストレスを溜め込んでしまい、気づいたときには病院に診察に行かなければいけないほどの重症だということがあるようです。弱音を吐いてはいけない、男は強くなければいけないと考えるのは今も昔も変わらないようです。

ストレスが与える影響

Stressed Woman with Headache on the Beach. Outdoor Sad Woman

ストレスが与える影響としてまず考えることができるのは精神に及ぼすものです。不安やイライラするような状況が長く続くとうつ状態や恐怖症により日常生活に支障をきたすまでになることがあります。また体に与える影響もあります。プレッシャーによって胃が痛くなったり、頭痛、食欲不振、不眠、吐き気などの症状が現れるほどになることもあります。

免疫機能が低下することもあります。そうなると外部からのウイルスや菌に体が抵抗できなくなってしまい、風邪などの病気にかかりやすくなってしまいます。体調を崩してしまうと転職活動だけでなく現職にも悪い影響を与えてしまいます。

もちろんストレスが全部悪い影響を与えるというわけではありません。上司のプレッシャーを受けて難しいプロジェクトを成功させたりなど、良い影響を与えることもあります。難しい目標をクリアできるようストレスが奮い立たせてくれるということもあるので、適度なストレスで転職活動を成功させることができます。ただ、ストレスをコントロールしないと、心身に悪い影響を与えてします。ストレスをうまくコントロールするために、自分がストレスに影響を受けやすいタイプなのかどうか知る必要があります。

ストレスに影響されやすい人、そうでない人

Portrait Of Businessman With Two Face Expression

ストレスを受けやすい状況で自分がその影響を受けやすいかどうかを確かめることができます。自分の性格やストレスに対する強さを知るなら、適切な対策を取ることができるでしょう。

ストレスの影響を受けやすい人

一般的な傾向ですが、「几帳面」な人は細かいことにこだわりすぎることがあり、その真面目さゆえにストレスを感じやすくなります。また「頑固」で自分の意見を譲らない人は、物事が思ったようにうまくいかない状況が続くとストレスを感じやすく、悪い影響を受けてしまいます。

自分の意見をなかなか言うことができずに「人に合わせる」タイプの人もストレスの影響を受けやすくなります。自分のやりたくないことをやらされたり、最悪の場合、罪悪感を抱きながら何かをしなければならなくなることもあるかもしれません。まわりに「頼る人がいない」と悩みを自分の中で溜め込んでしまい、ストレスが心身に悪い影響を与えてしまいます。

ストレスの影響を受けにくい人

切り替えの早い人は、嫌なことや思い通りにならないことがあった時にくよくよせず、受け流すことができるのでストレスの影響を受けにくくなります。発想の転換ができる人はピンチをチャンスと考えるポジティブさがあるのでストレスを感じるよりは物事を積極的に見ることができます。

友達が多いなど、困ったときにすぐに頼れる人がいることはプラスになります。もちろん自分がすぐに人に頼れるタイプであることが大切です。また趣味を持っているならば、上手に現実逃避をすることができます。

手軽にできるストレス解消法13選

ストレスを溜めてしまい心身に悪い影響が出てしまう前に、ストレスを上手に発散させましょう。職場でもできる簡単なものから、定時後や週末に時間を見つけてできるものまでストレスの解消法を13挙げてみましょう。

1.深呼吸

スポーツ選手がここぞという時に深呼吸しているシーンを見たことがあるでしょう。ストレスがピークになった状態の時にいったん深呼吸をして気持ちを安定させることができます。深呼吸はストレス発散に即効性がある誰でもどこでもできる便利な方法です。

深呼吸は副交流神経を優位にし、リラックス効果を与える実に簡単な方法です。長時間パソコンに向かって仕事をしているといつの間にか呼吸が浅くなっているということがあるかもしれません。簡単なのについ忘れてしまいがちですので意識して気づいたときに深呼吸をするようにしましょう。通勤時間の電車の中で、仕事の合間に、夜寝る前になど、大きく息を吸ってゆっくり吐くだけでリラックスした気分になれます。

2.ガムを噛む

最近では多くのスポーツ選手がガムを噛んでいるシーンを見るようになりました。以前は「ふざけている」などと意見する人もいましたが、今ではガムを噛む動作が脳に刺激を与えてリラックス効果と集中力を高める効果があることが知られています。ガムを噛むことが問題のない職場ではぜひとも試すことのできる簡単な方法です。

3.席を立って気分転換する

同じ姿勢で仕事をしているとストレスが溜まってしまいます。時には席を立ってお茶をいれたりトイレに行って顔を洗ったりするなら気分転換になります。仕事を早く終わらせたい一心でひたすら作業をしていても、集中力が切れてくると逆効果です。休憩時間が来たらそのまま仕事を続けるのではなく必ず席を立つようにしましょう。

サボってしまってはいけませんが、できる範囲で席を立ってトイレに行くなどすれば気分転換になり、ストレスを発散することができるでしょう。席を立つのが嫌だという場合でもその場でちょっとしたストレッチをするなら緊張を和らげる効果があります。

4.ツボを押してリラックス

Palm acupressure treatment isolated on a white background.

リラックスしたいときに「労宮」と呼ばれるツボを軽く押してみてください。こぶしを握ったときに中指の先端が来る位置にあります。緊張緩和や気持ちを落ち着かせる効果があるようです。イライラした時は手首の横ジワで小指側の少しくぼんだあたりにある「神門」と言うツボを押すこともできます。親指を「神門」にあてて、残りの指で手首を支えます。手のツボなので仕事の合間や通勤中に簡単に押すことができます。

5.運動で体を動かす

運動はストレス発散や心身をリラックスさせ睡眠リズムを整える作用があります。軽いランニングやダンス、サイクリングなど有酸素運動は特に効果的です。少し息が上がる程度に体を動かすと脳が刺激されてストレスを和らげてくれます。一人でできる簡単な運動もいいですが、複数人で楽しむサッカーやテニスなどのスポーツも効果的です。

一日にたくさんの運動をするよりは、少しの運動を継続して行うほうが効果的です。それに、頑張りすぎるとかえって疲労がたまってしまい、ストレス発散どころではなくなってしまいます。

6.湯船につかる

適度のお湯にゆっくりつかってストレスを発散することができます。入浴で体温が上がると血行が促進され、老廃物が排出されやすくなるので疲労が改善されます。また湯船につかることにより全身に浮力や水圧が働くので適度なマッサージ効果が期待でき、疲労の回復を早めてストレス発散ができます。全身の筋肉が緩んでコリや疲労がほぐれリラックスした状態になると睡眠も促すようになります。睡眠の質が高くなればそれだけ疲労を回復してスッキリと朝を迎えることができます。

注意点としてお湯の温度を42℃以上の高めに設定しないことです。温度が高いと交流神経の働きが活発になり、神経が昂って眠りにくくなってしまうからです。温度は38-41℃くらいのぬるめに設定し、ゆっくりつかることによって体の芯まで温めましょう。そうすれば神経や筋肉の緊張がほぐれ心身をリラックスした状態に保つことができます。好きなアロマオイルや入浴剤を使用するなら、さらにリラックス効果を得ることができるでしょう。

7.友達と過ごす

人は同調したり認知することを基礎とした他者とのつながりを必要とする生き物です。ストレスを和らげるために自分を理解してくれる友人との時間を求める人もいます。時には友達とお茶をしておしゃべりをするだけでストレスを発散させることもできるでしょう。話を聞いてもらうだけで気持ちが楽になるということもあります。また友達の話を聞いて、「大変なのは自分だけじゃないんだ」と感じることもあるでしょう。

特別なことをする必要はないので、休日に映画を見に行ったり、ショッピングをしたり、一緒にご飯を食べに行くだけでもいいでしょう。一人でいないことで安心感を得ることが大切です。もちろん一人でいるほうがリラックスできるという人もいるので、無理のない程度に友達と過ごすことができればいいでしょう。

8.泣く

「涙活」という言葉があるように、泣くことによってストレスを解消することができます。泣くと自律神経のバランスが体をゆっくりと休ませる副交感神経優位の状態になるのでこれがストレス解消につながります。また感動して流れる涙にはストレス物質も含まれているので、泣くことによってそれらの量を減らすことができます。感動の涙を流してストレスの原因となるホルモンを減らし、ストレスや痛みを和らげる効果の高い物質を体内に増やすことができます。

感情を抑えて我慢している状態が続かないように、時には時間を取って思いっきり泣いてみるのもいいでしょう。または泣ける映画、ドラマ、漫画などを見るのもおすすめです。泣けるのは心が元気な証拠でもあるので泣けるうちに泣く習慣をつけておくのがいいでしょう。泣き上手になって日々のストレスを上手に発散させましょう。

9.家の掃除、片付けをする

外に出たりあえて運動をする気にならないということもあるでしょう。そんな時は家の掃除や片付けをすることがおすすめです。掃除そのものもそれなりの運動になるのでストレスを発散させることができます。さらに部屋がキレイになると気持ちもスッキリさせることができます。掃除中に失くしたものが見つかったり懐かしいものを見つけることもあるかもしれません。そしたらちょっと得した気分になるでしょう。

部屋が散らかっていると、片付けをしなければいけないというストレスを感じるようになります。大切なのは人から言われて片付けるのではなく自発的に行うことです。誰かにやらされていると感じるならばそれは逆にストレスを感じる原因になってしまいます。自分から進んで片付けるようにしましょう。片付けが終わってキレイでスッキリした部屋を見渡すなら達成感を感じることができるでしょう。

10.大声を出して騒いでみる

Three gorgeous young women in festive dresses singing karaoke  isolated on black

スポーツ選手が気合を入れるために大声を出しているのを見たことがあるかもしれません。大声を出すと脳が刺激され、心身のリフレッシュを促す効果があります。大声を出すとイライラから解放されたり、スッキリした気分になるのでストレス解消に効果があります。

最近では一人カラオケを楽しむ人も増えてきているようです。一人でカラオケは恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、一人カラオケ専門店もあるくらいで、一人でも十分カラオケを楽しめるよう工夫がされています。人がいると選曲に気を使ってしまいますが、一人だと好きな曲を気にせずに歌うことができます。何度も同じ曲を歌って上達を目指すのもいいですし、とりあえずシャウトしながら歌いまくるというのもいいでしょう。

カラオケではなくライブやコンサートに行って大声を出して盛り上がるのもストレス発散になります。好きなアーチストや盛り上がりそうなアーチストのライブ情報をチェックしてみるのもいいでしょう。

11.ボーっとする時間をつくる

ボーっとして何も考えない時間を作ると脳の活動を高めることができます。頭の中を整理すると気持ちに余裕が生まれ落ち着きを取り戻すことができます。集中力が上がり、ストレスを軽減させることができるので気持ちをスッキリさせて仕事の効率を上げることができます。

仕事を終えて帰宅したらいったん座ってボーっとしてみるのもいいでしょう。また休日などに静かな公園でボーっとしたり、夜景スポットを抑えておいてボーっとしに行くのもいいかもしれません。無駄な時間と思わずに、15分くらいでいいのでボーっとする時間を取りましょう。

12.ストレスに感じたこと紙に書きだす

何がストレスだったのか紙に書き出してみるのもストレス発散に効果があります。これは、愚痴を誰かに聞いてもらっているのと同じで、ストレスを自分の外に吐き出していることになります。誰かが相手ではないので感情のままに殴り書きすることもできます。これだけでスッキリすることができるでしょう。

さらに余裕が出てきたら、書いたことを客観的に見てみましょう。なぜ自分がそう思ったのかを客観的に見ると、自分の考えた方のクセを知ることができ、次に同じような状況が生じた時にうまく対処する方法を見つけることができるかもしれません。

13.上記の紙をビリビリに破く

Furious angry man tearing a sheet of paper to pieces

どうしてもイライラが収まらないのであれば、ストレスに感じたことを書き出した上記の紙をビリビリに破いてみましょう。紙を破くだけなので誰にも迷惑はかけませんし、破いた後は捨てるだけいいので手軽にストレス発散をさせることができます。それでもイライラが収まらない場合は段ボールなどもう少し固いものを用意してみるのがいいかもしれません。物に八つ当たりして後で後悔することがないように気を付けましょう。あと、絶対に人に危害を加えてはいけません。

物を壊すとストレスを発散させることができる効果があるようで、海外ではそれをビジネスにさえしているようです。リストの中から壊したいものを選んだり、壊したいものを持参して、野球のバット、ゴルフクラブ、ハンマーなどを選んで破壊することのできるサービスだそうです。またヘルメットとグローブを着用して店内に用意された部屋の中で家具や家電を野球のバットを使ってめちゃめちゃに破壊できるサービスもあるようです。

日本でも皿を割って八つ当たりのできるサービスがあるとのことです。破壊した皿はリサイクル工場に持ち込んで再生されるのでストレス解消に使われた上に再生されるというエコな仕組みになっています。こうした有料サービスを利用してみるのも面白いかもしれませんね。

やってはいけないストレス解消法

silhouette of a person drinking behind bottles of alcohol with added filter

上記の方法以外にもストレス解消法はいろいろとあるでしょう。ただ、やってはいけないこともあるので注意してください。暴飲暴食でストレス発散しようとすると、アルコール中毒になってしまったり健康を壊してしまう結果になりかねません。過度な買い物やギャンブルはクレジットカードの使い過ぎなどで経済的に困ってしまう結果になったり社会的信用を失う結果になってしまうことさえあり得ます。自傷行為も絶対にやってはいけません。

まとめ

Businessman Working With The Nature Concept

ストレス解消法13選、いかがだったでしょうか。すぐに始めることのできる簡単なものがたくさんあるので、さっそくとりかかって転職活動中のストレスを発散させてみましょう。ストレスを感じながらだと上手くいかないことも、適度にストレスを発散させれば上手に解決させることができるでしょう。

ストレスに対する強さは人それぞれなので、まずは自分のタイプを分析して無理のない程度に自分にあったストレス解消法を選ぶことができるでしょう。適度なストレスを転職活動に活かしつつも、ストレスを溜め込んで体調を崩してしまうことのないようにしましょう。転職活動に疲れを感じたらいったん立ち止まって、いずれかの解消法を試してみてください。上手にストレスをコントロールしながら転職活動を成功させることができるよう応援しています。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事