転職の成功のために必ず必要な情報収集と効率的な集め方まとめ!

転職の成功のために必ず必要な情報収集と効率的な集め方まとめ!

「こうなるのなら転職などしなければ良かった」などと後悔するような転職はしたくはありません。転職前にしっかり情報を収集し、転職に臨みたいと思います。企業が公開している事業戦略や財務状況がわかるIR情報を読み込むなど方法は色々ありますが、どこまでもしくはどうやって効率的に収集すればいいでしょうか?

転職の成功のために必ず得るべき情報とは?

転職の情報を効率的に集めよう!

日本においては一昔前は、一つの会社で勤続を続けることが大事、途中で仕事を変えるなんてとんでもない意志が弱い証拠だ、石の上にも3年とあるようにまずは我慢だ、転職するなんてこれまで育ててくれた会社を裏切るのか、などなど、転職についてはネガティブにとらえる方が多かったように思えます。

終身雇用、年功序列の社会であった当時では、そうした考え方も一定の評価を得ていたのでしょう。しかし、平成に入り、仕事に関する認識は大きく変化しました。終身雇用、年功序列が当たり前ではなくなり、大規模なリストラが横行し、労働条件は厳しくなりました。

働く人たちの中には、「会社は自分を守ってくれない」、「いつか切られるのなら、それまでにノウハウを身に付け、次の会社で活かしたい」、「ずっとこの会社でお世話になるなんて考えられない」、「会社側も簡単に労働者を切る時代なら、自分も納得行かないなら我慢せずに会社を切ろう」というような感じ方をする方も出てきたのです。

いつしか転職組は、以前の会社で勤まらなかった「負け組」ではなく、キャリアアップを目指しているものの現在の会社ではあきたらない、能力のある「勝ち組」のようにもとらえられるようになりました。

そして、平成も後半に入ると、好景気が後押しし、むしろ、これまでリストラ傾向にあった企業が、優秀な人材を囲い込もうとする動きが出てきました。企業が人手を必要としている今は、転職で成功できるチャンスです。

さらに、別の動きも出てきています。日本人の労働意識の変化です。もとをたどれば、東日本大震災の頃までさかのぼるのかもしれませんが、これまでの日常の繰り返しが自然災害によりやむなく切断され、その頃から、「(とりわけ男性は)仕事が全て」のように考えてきた日本人が、本当の幸せとは何だろうと考えるようになりました。

家族との触れ合いの時間を増やしたり、仕事を時間を減らして別のライフワークを持ったりと、あたり前のように続けてきた日常を今一度見直し、そんな動きの中で働き方について考える方たちも増えてきたのです。もっと自由の効く仕事へ、自分のやりたい事柄を大切にしながら働ける職場へ、そういう転職のあり方も出てきたように思えます。

こうした事柄を考えると、今後も、転職を考える人たちは増え、転職市場は活性化する可能性があり得ます。では、どうすれば転職の際に成功できるでしょうか。

情報を収集しよう

Young man working on his laptop with blank copy space screen for your advertising text message in office, Back view of business man hands busy using laptop at office desk

「こうなるのなら転職などしなければ良かった」などと後悔するような転職はしたくはありません。転職前にしっかり情報を収集し、転職に臨みたいと思います。企業が公開している事業戦略や財務状況がわかるIR情報を読み込むようにしたり、企業が提供している消費者向けサービスを利用してみましょう。

こうした情報を入手し、把握するのは基本中の基本と言って良いでしょう。さっと見て終わらしてしまわないようにしましょう。人脈をフル活用し、その企業で働いている方や同じ業界で働いている方から現場の情報をいただくのもおおいに参考になるでしょう。

効率的な情報の集め方―転職サイトや転職エージェントサイトを活用しよう

転職サイトや転職エージェントサイトから効率的に情報を集めることもできます。こうしたサイトには、それぞれの特色がありますので、1つのサイトに登録するだけで満足しないようにしましょう。複数のサイトに登録すれば、ピッタリの転職情報を逃してしまうというリスクを最小限にすることができます。

では、転職サイトや転職エージェントサイトごとに例えばどのような特色があるでしょうか。

転職サイトや転職エージェントサイトごとの特色に注目しよう

全てを検討することはできませんが、「DODA」は転職エージェントサービスとセットにした転職サイトですので、本気で転職を考えいてるユーザーが多いと言えます。面談21時でも可とか、就業後に電話がかかってくるなど、利用者に対しての気遣いも見られます。

マイナビ転職

マイナビ転職

非常に質の高い求人が10,000件近く掲載されており、新着・更新求人が毎週2,000件以上ある上に、マイナビが主催する転職イベントで採用担当者や先輩社員から詳しい仕事内容や社風などのリアルな情報を得ることも出来る、登録必須な転職サイト!

「マイナビ」という新卒採用サイトのユーザーも取り込んでいるため、20代から30代前半の若手社会人の層の採用にもピッタリのサイトです。特に関東エリア、営業職、メーカー、ITエンジニアが得意分野となっています。担当者が時間をかけて転職をサポートできる環境となっています。

イーキャリア

イーキャリア

ソフトバンクグループが運営している。求人獲得の営業力とコネクションがあり、他の転職サイトには掲載されていない掘り出し物の求人が掲載されていることの多いオススメ転職サイト!

ソフトバンクグループが運営するサイトですので、求人獲得の営業力やコネクションがあります。それで、他の転職サイトには掲載されていないような掘り出し物求人が出ている場合があります。とりわけ東証一部上場企業や一流企業の子会社のように福利厚生が整った会社が多いようです。ユーザー数はそれほど多くはありませんので、過度にたくさんのエントリーが集まるということはありません。それで、書類選考が通過しやすくなります。

日経キャリアNET

経済や市場に敏感な転職希望者が多く登録しているサイトで、日経新聞など日経グループのメディアと連携していますので、安心感や信頼感があります。転職のプロが監修した、40種類を超える職務経歴書のサンプルも用意されおり、無料で会員になれば、それらのサンプルに基づいて職務経歴書を簡単に作成することができます。求人の質の点でも充実しています。

Re就活

「学情」が運営しているサイトです。新卒採用のノウハウを第二新卒採用に応用し、第二新卒採用に特化したサイトとなっています。大手有名企業は多いとは言えませんが、第二新卒、フリーター、既卒から正社員に転職できるような中小企業に応募することができます。非公開求人も紹介して欲しいと思う場合には、転職エージェントのサポートを受けることができる、「Re就活エージェント」への登録も検討できるでしょう。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している人気の高い転職サイト。人気の大企業だけでなく優良な中小企業の案件も豊富ながら、条件に合った案件を検索しやすい、必須の転職サイト!

リクルートが運営するサイトです。全てのサービスを無料で利用することができます。スカウト制を採用していて、登録しておくと、企業側の人事担当者からオファーが入るというシステムになっています。無料登録は1分ほどで終えられますし、非公開求人となると8万件ほどとなっています。1ヶ月のオファー件数はなんと600万件以上です。

カイゴジョブ

東証一部上場企業の株式会社エス・エム・エスが運営している介護業界での転職に役立つ介護求人サイトです。大手から中小の介護事業所の求人情報を提供しています。グループホーム、有料老人ホーム、デイサービスなどの各種のサービス形態や、ヘルパー、ケアマネ、正社員やパートといった雇用形態を軸に、求人情報を探すことができます。電話で相談してカイゴジョブスタッフが希望に沿った求人を探すというサービスも提供されています。

転職サイトや転職エージェントサイトに登録するだけでは不十分

Register Membership Application Registration Join Office Browsing Concept

確かに多くの転職エージェントサイトでは、登録をすると、専属の担当者がついてくれますが、転職サイトや転職エージェントサイトに登録するだけでは十分ではありません。登録した転職サイトや転職エージェントサイトから上手に情報を収集するように心がけましょう。

上手に情報を収集すれば、転職サイトや転職エージェントサイトは、かなり効率の良い情報源だと言えるでしょう。

まず、転職エージェントサイトの担当者についてですが、わからないことがあれば、担当者に聞けば、ネットには出ていないような求人の情報のみならず、キャリア希望を踏まえた上での転職戦略、業界の裏話、社風、退職交渉に関するアドバイス、転職を進めて行く方法や、面接官の好みや特徴、面接のマナーやテクニックなど、たいていのことは教えてくれることでしょう。

しかしながら、もし担当者が十分な情報を提供してくれなかったり、担当者の知識の面で不安を感じるようなことがあるなら、担当者を変更してもらうようにしましょう。

さらに、こうしたサイトは、企業側からのオファーを受けると、応募者を探して行きます。探す際にはデータベースの中から探して逝くのですが、この時の表示順番が最終接触日(更新日)とされている場合があるのです。

そこで、更新日が古い状況になっていますと、既に転職が決まった可能性が高いとみなされてしまい、案件紹介などの情報提供がなくなってしまいますので注意しましょう。それで、2週間に1度位は担当者に連絡を入れておくのが良いでしょう。

加えて、担当者にも売上目標がある場合があります。その場合、自分が担当した方を企業に転職させて売上となるのが通常です。それで、すぐに転職する希望があるなら、その希望を担当者に伝えておくならば、売上に繋がると考えて、優先順位を上げてサポートしてくれるかもしれません。

自分を見つめ直してみよう

転職を成功させるためには、会社の情報だけでなく、自分についての情報もきちんと整理しておくことが必要です。そうしておくなら、エントリーシートや履歴書を作成する時に役立ちますし、面接官と面談を持つような場合にも、自分のアピールポイントや、自分がやりたいことをぶれずに一貫した仕方で話すことができるようになります。

自己分析を効率良く行い、自分には何ができるのか、自分の強みとは一体何なのか、しっかりとまとめておきましょう。強みは冷静沈着なところでしょうか、決めたらとことんやり抜く継続力でしょうか、高い目標に挑んでゆくチャレンジ精神でしょうか、社交性や受容力でしょうか。柔軟性や独創性ですか。

自らのキャリアも振り返っておきましょう。いつどんな仕事に取り組んできたでしょうか。それにより身に付いた力がありますか。将来についても考えてみることができます。将来やりたい夢は何なのでしょうか。どの程度の年収が欲しいのでしょうか、それはなぜでしょうか。どんな家庭を築きたいとのでしょうか。仕事とプライベートのバランスはどれ位にしたいのでしょうか。続けたい趣味があるでしょうか。転職時にこれだけは外せないと思っている条件があるでしょうか。

履歴書やエントリーシートを上手にまとめてみよう

エントリーシート

中途採用の応募で転職する場合には、志望動機の書き方の点で新卒の時とは異なるポイントがあるので注意が必要です。ポテンシャルや若さではなく、実績、そして経験について記載することが大切です。

中途採用の企業が気にするポイントとして挙げられるのは、過去の経験やスキルを自社の業務で活かせるのか、自社が求めている人材を理解しているか、将来やりたいことが明確で自社でそれを達成できるのか、自社だからこそという入社意欲があるのかといった点です。留意しておきましょう。

中途採用の際には、社風に惹かれたというようなあいまいな内容を志望動機にしないようにしましょう。これまでの経験を盛り込み、自らが入社すると会社にどんなプラスとなるのかを伝えるようにしてみましょう。また自らの強みをアピールする際にも、単に行動力があるといった抽象的な内容にするのではなく、これこれの経験があるのでこういうことに自信があるなど、業務での実績や経験を具体的に記載するようにしましょう。

希望する企業で役立ちそうな免許や資格があるなら免許や資格についても記載しておきましょう。免許や資格に沿った経験があるならば、その点も記載することができるなら良いアピールができるでしょう。

面接まで至ることなく、もし書類選考で、書類だけで落ちてしまうとすればとても残念なことです。自分では良くできていると思っていても、単にありがちな内容の書類と見られてしまうこともあり得ますので、他の人の目で内容をチェックしてもらうことも大切です。とりわけ、転職エージェントサイトの担当者、プロの目で見てもらえるなら安心です。

業界の情報もしっかり入手しておきましょう

業界に関する知識がないと、後で困ることがあります。その情報収集を怠ると、面接の時に話について行けず、業界に関する質問に答えられないというような事態が生じてしまうおそれがあります。他の人に比べて、事前に提出する書類の中で記載する志望動機もうすっぺらい内容になってしまう可能性があります。

そしてさらに怖いのが、業界に関する情報が不足していたため、転職の機会に将来性のない業界に転職してしまうということです。先細りの業界、例えば、機械化のためになくなりそうだったり、将来外国人にとって変わられてしまう可能性があるような業界などです。先細りの企業に転職してしまうと、後で苦労します。

ではどのような方法で効率的に業界の情報を集めることができるでしょうか。一例として、「スマート業界地図」を活用することもできます。「スマート業界地図」は、「カイシャの評判」編集部による無料の業界研究サービスのことです。無料で会員登録をすると、すべてのコンテンツを無料で閲覧することができるようになります。気になる業界のページを選ぶこともできます。

例えば、食品、旅行、ゼネコン、不動産、証券、損保、鉄鋼、製菓、百貨店、ビール、エンタメ、空運・海運・陸運、新聞、製薬、自動車、テレビなどです。気になる業界のページを選ぶと、業界ポイントや業界ウォッチ、その業界の主な企業、関連する業界、人気記事ランキングといった項目があり、わかりやすく情報がまとめられています。

その企業特有の情報も収集しましょう

とりわけ面接前にはその企業の詳細情報も入手しておきましょう。この点で役立つのはやはり企業のホームページです。ホームページから、求める人物像をチェックしておきましょう。さらに会社のビジョン、それに共感できるかどうかも考慮しておきましょう。

さらに、希望する事業以外にもその会社が力を入れている主力事業などについてもおさえておきたいものです。こうした情報をおさえずに面接を受け、関連した質問に答えられないというような事態になれば、自社への入社についての意気込みがないと判断されてしまうかもしれません。

事前に転職サイトや転職エージェントサイトにより提供されている、模擬面接や面接に関するセミナーに参加しておくこともできるでしょう。

まとめ

平成も後半に入ると、好景気が後押しし、むしろ、これまでリストラ傾向にあった企業が、優秀な人材を囲い込もうとする動きが出てきました。企業が人手を必要としている今は、転職で成功できるチャンスです。

しかし、「こうなるのなら転職などしなければ良かった」などと後悔するような転職はしたくはありません。転職前にしっかり情報を収集し、転職に臨むようにしましょう。企業が公開している事業戦略や財務状況がわかるIR情報を読み込むようにしたり、企業が提供している消費者向けサービスを利用してみましょう。

人脈をフル活用し、その企業で働いている方や同じ業界で働いている方から現場の情報をいただくのもおおいに参考になるでしょう。効率的に情報を集めるために、転職サイトや転職エージェントサイトを活用することもできます。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事