転職の手順と流れ、スムーズに進めるにはどうしたらいい??

転職の手順と流れ、スムーズに進めるにはどうしたらいい??

転職をスムーズに進めていく上での流れを押さえておくと、転職期間は効率の良いものになります。今回は転職の手順や流れを大まかに掴んでおいて、実際に活動する上で、迷いなくスムーズに進めることが出来る方法を学んでみたいと思います!

転職は良い計画と準備が大切

スムーズな転職

自分のキャリアップのために、またビジョンを達成するために転職しようと決めたのは良いけれど、いざ転職しようとしても、どこからあるいは何から手を付けたら良いのか、悩んでしまうかもしれません。それが初めての転職活動ならなおさらそう言えます。

転職には綿密な計画と準備、そして心構えが大切です。思い立ったから転職するとか、何となく別の仕事もしてみようと思った…という理由で行き当たりばったりの行動を取ってしまうと、失敗してしまう可能性が高くなります。キャリアアップや、年収や給与の向上どころか、転職を後悔する羽目になってしまう可能性だってあり得ます。

では、転職するに当たってどんな計画や準備を立てておくと良いでしょうか。転職をスムーズに進めていく上での流れを押さえておくと、転職期間は効率の良いものになりますし、ストレスなく、次の仕事に向けて気持ちを新たにしていくことができるに違いありません。

転職するまでにどれくらいの期間が必要か

転職しようと決めたからといって、すぐに次に移れるわけではありません。転職先を探すことから始まって、内定をもらうまでにも期間があります。いま勤めている職場での仕事の引継ぎや、退職に関係するさまざまな手続きを行なう時間も必要になるでしょう。

これから転職するにあたって、3段階に分けてそれぞれのポイントをお伝えしていきたいと思いますが、その3段階を踏まえた転職活動期間は、大まかに言って3ヶ月はみておくことをおススメしたいと思います。長くても半年以内には転職できるように計画を立てましょう。

転職活動はいつから始めるのがベストか

転職した人にアンケートを取った結果を見ると、回答した人の約8割が「在職中に次の仕事探しをした」と答えています。今の仕事を退職してから、ではなく、今の仕事をつづけながらの退職活動の方が望ましい、ということです。

なぜなら、仕事を辞めてからでも生活にかかるお金は必要になるからです。すぐ次が決まると思って辞めても、なかなか決まらないこともあるかもしれません。精神的にも金銭的にも余裕が無くなってくると、自分では不本意の会社で妥協してしまうことにもなりかねません。

もちろん、いったん気持ちをリセットして心身共に落ち着いてから次を探したい、というのであれば、退職してから転職活動を行なってももちろん良いと思います。しかしスムーズに次の転職先に移るためには、なるべくタイムラグが少ない方が良いので、できるなら今の仕事を続けながら転職活動を行うと良いでしょう。

転職の流れを押さえよう

Picture of a young asian businessman drawing empty flow chart with a marker on the whiteboard

転職までにはおおよそ3ヶ月、長くても半年とお伝えしましたが、その間にするべきことはたくさんあります。流れをきちんと明確にしておくのは良いことです。

転職の流れは3段階に分けられます。

・転職準備期間 ・転職活動期間 ・退職と入社の準備期間

ではそれぞれの期間にどんなことをすれば良いのか、ポイントをお伝えしていきます。

転職の流れ<その1>転職の準備をする

転職したいと思ってから、実際に行動を起こすまでの間のこの「転職準備期間」はもっとも重要です。1ヶ月から2ヶ月の期間を設けておきましょう。ここを雑にしてしまうと、後から後悔したり、失敗したという結果になってしまいかねません。では、具体的にどんな“準備”をすると良いのでしょうか。

転職しようと思う目的を考察・分析する

Asian business man hand holding note paper meeting with new startup project use post it notes to share idea discussion and analysis data charts and graphs.Business finances and accounting concept

今の会社にはなくて、次の就職先に自分が求めたいことは何でしょうか。転職することのメリットは何でしょうか。転職して実現できることをリストアップして分析するのは良いことです。

たとえば、今よりも年収や給与の良いところに行きたいのが転職の理由かもしれません。今の会社にずっと留まっても年収や給与アップが望めないとするなら、年齢や実績に応じて、それに見合った報酬を見込めるところを探すことができます。

自分のスキルをもっと生かせるところに移って、やりがいのある仕事がしたいでしょうか。もっと社内の雰囲気が良い、人間関係のストレスが少ない会社で働きたい、という理由もあるでしょうし、休日を取りやすい、残業が少ないなどの待遇面で充実している会社を望むこともあるでしょう。

いずれの場合でも、なぜ転職したいのか、目的をまずはしっかり考察・分析し、優先順位を明確にし、譲れない条件を絞っておくのは賢明です。

転職に必要な情報を収集しておく

Young man working on his laptop with blank copy space screen for your advertising text message in office, Back view of business man hands busy using laptop at office desk

転職の目的や条件などが明確になったなら、それを満たしてくれそうな会社や企業探しを始めます。自分でネットなどで情報を集めることもできますし、ピックアップしたいくつかの会社や企業に勤めている知り合いや友人がいるなら、話しを聞いたりアドバイスをもらうこともできます。

また最近では転職をサポートしてくれる、さまざまな便利な会社やサービスがあります。たとえば、口コミサイトを見れば、自分が希望する会社で実際に今働いている人のリアルな“声”を聞くこともできますし、退職した人がなぜ辞めたのか、理由を知ることができます。女性にとって働きやすい職場かどうかを知ることもできます。実際に働いてみないと分からない、社内の実態を事前に知れるというのはメリットとしては大きいと言えます。

さらに転職エージェント会社のサポートを受けることもできます。たくさんの人を就職に導いた、経験や実績を積んだプロのコンサルタントが、あなたの条件に見合った会社を探してくれます。希望する会社には聞きづらいことでも、“仲介役”の人になら聞きやすいので、安心して情報を集めることができるに違いありません。

これからのビジョンを明確にしておく

Business, Technology, Internet and network concept. Young businessman working on a virtual screen of the future and sees the inscription: Our vision

いつかは転職できたらいいや、という気持ちでは、物事はなかなか進んでいきません。いつまでには次の職場に移っていたいのか、ビジョンははっきり決めておくようにしましょう。

特に、今の仕事を続けながら次の転職活動を行なうためには、スケジュールをきちんと調整しておかなければなりません。実際に活動を行なう期間は忙しくなりますから、いつまでには転職しておく!というビジョンをきっちり立てて、そのビジョンを達成できるように決意しておくのは良いことです。

転職の流れ<その2>転職に向けた活動をする

さて、転職の目的もはっきりし、転職したい会社や企業の候補も決まり、スケジュールをきちんと立てたなら、次は実際に「転職活動期間」です。1ヶ月から2ヶ月の間でスケジュールを組みましょう。

今の仕事の手を抜くこともできませんし、次の転職に向けても動き出しますから、多少忙しくなりますし、心身が疲れる時もあるとは思いますが、転職への成功に向けてもう走り始めたのだ、という覚悟で臨みましょう。

では実際に活動の流れはどのようなものでしょうか。

応募書類を作成し、応募する

Hand of businesswoman writing on paper in office

まずは志望する会社や企業に見てもらうための、応募書類の作成に入ります。履歴書や、職務経歴書を書く必要があるわけですが、まずはこの書類を採用担当の人に見てもらわなけば、書類だけで落とされてしまうので、この書類作成はとても重要なカギをにぎっています。

まずは、自分の準備しておいたことに基づいて書くことを決めておきましょう。インターネットを見れば、「必ず受かる」ための書き方の完全マニュアル的なものもたくさんありますから、参考にすると良いでしょう。

しかし、あくまで参考にするだけです。まる写ししてはいけません。採用担当の人はこれまでたくさんの書類を見てきているわけですから、書いた内容を見ればまる写ししたとすぐに分かってしまいます。自分の言葉で、自分の良さをアピールする内容を書くようにしましょう。

特に職務経歴書は自分をアピールするのにとても大切な書類です。書き方次第で採用担当の目に留まり、面接までこぎつけられるかが決まります。担当者が一人当たりの書類に目を通す時間は、わずか10秒、長くても1分と言われています。ということは、いかに読みやすくするか、分かりやすくするかがポイントとなります。

自分のこれまでの実績やスキル、経験は、具体的で目に留まりやすいことを意識して書くようにしましょう。応募動機も、あなたの熱意や意欲を感じてもらえるような書き方をすることが重要です。

面接を受ける

応募した書類が無事に選考を通ったなら、いよいよ面接を受けることができます。緊張する時間となりますが、後悔しないようにこちらもしっかり準備して臨むようにしましょう。

面接を受ける時には、ふさわしい服装や身だしなみで臨みます。視覚から入る第一印象は、採用者に大きな影響を与えます。爽やかな、好印象を与える服装やヘアスタイルを心がけるようにしましょう。

当日は時間に余裕を持って、面接会場に着けるようにします。会場に着いて、トイレで身だしなみを改めてチェックできるほどの時間の余裕を持ちましょう。時間ギリギリで到着して、焦って面接に臨んだら、髪の毛がボサボサだった…なんてことにならないようにします。

面接の際には、自己紹介やこれまでの職歴、さらには志望動機などを聞かれます。わずかな時間で、自分を売り込む必要があります。ハキハキと、面接官の目をしっかり見て堂々と話すように心がけましょう。簡潔で分かりやすく、それでいて具体的にまとめて話すことができるように、よく準備しておきたいと思います。

さらに面接では、実際に入社した後の条件の確認も行なわれます。自分が譲れない条件については明確にしておくことで、あとからトラブルになる事を避けられます。年収や給与の希望が条件の人もいると思いますが、あまりお金の話しばかりして印象が悪くならないように注意しましょう。

「最後に質問はありますか?」と聞かれると思います。「特に何もありません」では、その会社で働きたい意欲や熱意は伝わりません。この時間は、志望する会社へのあなたの興味や関心のほどを示すチャンスなので、前もって質問を考えておいてアピールできるようにしましょう。

転職の流れ<その3>退職準備と入社準備をする

Business man preparing to run on the competition running track

退職と入社準備にかかる期間も1ヶ月〜2ヶ月は見ておくことができます。この期間のポイントは、退職する会社、次に入社する会社共に、円満に物事が運ぶように準備を進めていくことです。

入社準備としてできること

まず、志望した会社から内定をもらえたなら、その内定を受けるかどうかを決定し、なるべく早めに返事をするようにしましょう。さらに、自分の希望した就業条件がきちんと果たされるか、改めて再確認することも大切です。さらに、いま働いている会社をいつ退職するかの兼ね合いも取りながら、入社する日付を相談し、決めておきます。

退職準備としてするべきこと

今の仕事を辞めたいという意志を上司に伝え、退職する日付を相談して、決定します。気持ちは次の会社にいっているかもしれませんが、これまでお世話になった会社ですから、最後まで気を抜くことなく、後腐れなく円満に退社できるようにするのは良いことです。

仕事の引継ぎがある場合は、しっかりと丁寧に行ないます。また、退職するための書類を作成して、届け出を提出することもします。会社内の人にはもちろんのこと、取引先など社外でもお世話になった人へあいさつのお礼をすることを忘れないようにしましょう。

転職の流れをスムーズに進めるためのコツ3選

転職期間はたくさんの準備と、やるべきことがあるので、なるべくスムーズに進んでいくようにしたいと思います。転職にあまり長い時間をかけてしまうと、自分も疲れますし、周りに迷惑をかけてしまう可能性もあるからです。

では転職をスムーズに進めるために、どんなコツを押さえておくと良いでしょうか。3つ取り上げていきたいと思います。

コツその1 スケジュールの管理をしっかり行なっておく

Schedule Activity Calendar Appointment Concept

転職するということは、ほとんどの人は退社と入社の準備を、同時進行で進めていかなければなりません。どちらにも迷惑をかけることがないように、特に退社日と、入社日のスケジュール調整はしっかり行いましょう。

また、今の会社を辞める時を選ぶことも大切です。会社全体が忙しい、繁忙期に辞めたいと申し出るなら迷惑が掛かります。繁忙期でない時に願い出るなら、好印象を持ってもらえますし、スムーズに退社させてもらえることでしょう。

コツその2 税金、年金、保険に関わる手続きをきちんとする

働き先が変わるので、さまざまな諸手続きをしっかり行なっておくことも必要です。税金に関わる確定申告を自分で行なうことは必要になるかもしれませんし、市町村の役場に行って年金や保険の手続きをしなければいけないこともあるでしょう。

たくさん書類を書くので、面倒くさいと感じると思いますが、こうした手続きもきちんとしておくことがスムーズな転職には大切です。

また退社する時には、それまで会社から支給されていた身分証や保険証、制服などをきちんと返却することも覚えておきたいと思います。

コツその3 転職エージェントに登録し、相談する

Happy young caucasian female wearing blue long sleeved shirt making thumb up sign and smiling cheerfully, showing her support and respect to someone. Body language. I like that. Good job.

働きながら転職の準備…そんなに平日は時間も取れないし、忙しいですよね。全部一人でやるとなったらほんとうに大変です。

しかし、転職エージェントはそうした面倒に感じるさまざまな準備や手続きをサポートしてくれたり、代わりに代行してくれるので、たいへん便利なサービスです。

あなたにとって最適な転職先を探してくれますし、さまざまな書類の作成のノウハウも教えてくれます。面接の対策も教えてくれたり、転職までのスケジュールの調整もやってくれます。会社にあなたが求めたい条件の交渉も代わりに行なってくれたりします。企業について知りたい情報も教えてもらえるので、安心です。企業には直接聞きづらいようなこともありますよね。仲介役となってくれているコンサルタントならその点、安心して何でも聞くことができます。

他にもさまざまなサポートを丁寧に対応して行なってくれる転職エージェントですが、やはり心配になってくるのは「依頼するのにお金が結構かかるのでは?」という心配ですよね。でもそこは安心してください♪すべてのサポートを無料でしてもらうことができるんです。

転職エージェントは、企業に従業者を紹介し、働くことが決まると、企業や会社側から報酬をもらうことになっています。ですから、転職希望者のほうでお金を取られることは決してないのです。ですから安心してサポートを受けられますよね。

まとめ

転職の流れについてご説明してきましたが、いかがでしたか?

転職しようと思う場合は、それなりに計画や準備をし、実行するための期間が必要になります。かといって、ダラダラと転職活動を続けていきたくはありませんよね。

転職にかかわる流れをきちんと押さえておいて、スムーズに進めていくことができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事