転職はどのタイミングで行うべき?決断方法を解説します!

転職はどのタイミングで行うべき?決断方法を解説します!

転職したいと考えている人は多いと思いますが、そのタイミングが実は重要です。年齢や前職の勤続年数、資格や職務経歴の自身に関することから、対象とする業界、企業の業績や景気、規模などにも左右されます。実際に転職するべきタイミングについて考えてみましょう!

20代の転職タイミング時期はいつ?

転職のタイミング

転職したい!と考えている多くが、そのタイミングで悩んでいます。何歳の時に、入社何年目でどの時期に転職するかで転職の成功率が変わってきます。よく耳にするのは、最初に勤めた会社には3年はいるべき、とか、35歳を過ぎると転職先が見つからない・・などの声を聞きますが、実際のところどうなのでしょうか?

20代で転職を希望する方も少なくありません。20代の転職は、転職の目的や、すでに積んだ経験やキャリアによってベストタイミング時期が異なってきます。

同業のキャリアアップ転職を目的としている場合

キャリアアップ

同業でのキャリアアップを目的としている転職を希望している場合、ある程度の期間の経験を積んでいると人材評価が高くなる傾向があります。丸3年かけて仕事の基礎を完璧にマスターし、さらに数年、応用的な難易度が高い仕事を任せてもらえるようになったタイミングが転職のベストタイミングと言えるでしょう。

つまり、5〜6年目が20代の同業キャリアアップの転職ベストタイミングということです。実際、多くの企業では経験者を募集しいる場合、その注意事項として”経験3年以上”などの条件を設定している企業も少なくありません。ですから、経験5〜6年目に相当する20代は、最も転職人材として採用されやすい層と言うことができます。

未経験分野での転職を目的としている場合

未経験分野の業界や職種への転職を希望としている場合、できるだけ早い時期に転職をするほうがよいでしょう。

なぜなら、1つの企業に長くいるなら、その企業の方針や仕事の進め方が染みついてしまうからです。ですから、”第二新卒採用”のタイミング、つまり、大学卒業からあまり時間が経過していないタイミングでの転職がベストタイミングと言えます。しかし、年齢が若いとは言え、社会人経験が少なすぎると忍耐力や定着率がないとみなされマイナスイメージを与えてしまいます。

なので、社会人経験を丸3年前後積んだ後頃が、社会人として基礎的なビジネスマナーなどのスキルもあると判断され、転職に有利となるでしょう。つまり、社会人を丸3年経験した後の4年目が、未経験分野の転職のベストタイミングと言えます。

なぜ新卒入社したら最低3年は我慢しないといけないの?

キャリアアドバイザー

就職活動をして入社した新卒社員は、どんなに職場が嫌でも、またどんなに転職をしたくても最低3年は我慢をするように!ということを良く耳にします。なぜ新卒入社したら最低3年は我慢して続けるべきなのでしょうか?それには少なくとも3つの理由があります。

1、3年間続けることでスキルやビジネスマナーを身につけることができ転職が有利になるから。

どのような仕事に就いていても、その仕事を一人でこなせるようになったり、後輩に指導ができるようになるまで自立するのには最低でも3年はかかると言われています。また、ビジネススキルやビジネスマナーも3年程度で、身につけることができるようになります。

中途採用をする企業にとって、新たに人材を採用する際には、ある程度のビジネススキルやビジネスマナーを習得している人材を採用することで、少しでも負担を減らしたいと考えています。ですから、社会人を3年以上経験していることで、転職を有利にすることができます。

2、3年続けることで忍耐力と定着率がある人材であることをアピールできるから。

すぐに会社を辞める人は、忍耐力や定着率がないと思われがちです。実際、日本では終身雇用という考え方をしている業種もまだ多く存在しています。なので、転職をする際には、社会人の最初の節目とも言われる3年は、どんなに嫌な会社、またどんなに転職しても続けるようのしましょう。そうすることで、転職を成功へと導くことができます。

3、3年程度同じ会社に居ることで会社の良いところに目がいくようになるから。

社会人生活がスタートしてから1〜2年目は、会社のために出来ることは少なく、むしろ出来ないことの方が多くあるかもしれません。また、上司や先輩から褒められることよりも、間違いや指摘などをされることが多いかもしれません。そのような状況にいると、ついつい職場のマイナス部分に目がいってしまい、転職を考え始めたくなるものです。

しかし、その期間を我慢し、3年目程度になると、仕事に慣れて仕事に楽しさを感じるようになってくるはずです。それにより、会社の良い面が見えるようになってきます。このように時間が経過することで心にゆとりがで、しっかりとした判断ができるようになります。ですから、入社したら最低3年は我慢し、その後、転職について考えてみることができるでしょう。

どうしても今すぐにでも転職をしたい新人20代はどうすればいい?

新卒

最低でも3年は我慢して続けるべき理由についてみてきましたが、どうしても今すぐに辞めたい・・という新人20代もいることでしょう。それにはいわゆるブラック企業と言われている劣悪な就労環境や、人間関係による精神的・肉体的ストレスなどがあるかもしれません。

実際、厚生労働省によると、3人に1人が3年未満に仕事を辞めていることが分かっています。確かにそのような状況の場合は、3年我慢して続ける必要は難しいので、我慢して続ける必要はありません。もちろん、新人20代、つまり新卒は3年間という社会人経験を積んでいる方が転職に有利となりますが、企業によっては社会人経験2〜3年目の第二新卒者を積極的に採用しているので、転職できるチャンスはあります。

30代の転職の現状とは?

30代を過ぎてしまった人でも転職は無事にできるのでしょうか?一昔前までは、30代、特に30代後半の転職は厳しい・・と言われていました。しかし、最近では就業人口全体の高齢化の影響で、30代前半はもちろん、30代後半でも多くの企業が採用しています。

しかも、80%以上の企業が30代、つまり、ミドル層を採用したい!という意思があることが分かっており、30代以降の人材を積極的に採用している企業が増えています。そのため、転職希望者の中にも30代の方が多くなっています。しかし、企業によっては30代の中途採用に慎重なところもありますが、大半の企業では優秀な人材なら年齢は関係なく採用をする、という傾向になっています。

30代の転職のタイミング時期はいつ?

女性

30代の転職が有利な現在、どのタイミングで行うことができるでしょうか?実は、30代前半と後半では採用条件として求められているスキルや経験に違いがあります。

30代前半で求められてスキルと経験とは?

多くの企業が、30代後半の人材を採用する際に求めることは”即戦力”です。すでに同業として、または似たような職種ですでに経験を積んでおり、それを活かし入社後すぐに即戦力となる人材を探しています。

企業によっては、その経験を活かして若手層を引っ張るリーダーシップ能力がある人材を求めているケースや、管理職として活躍してもらいたいケースなどもあります。なので、実績が多ければ多いほど転職採用に有利となるでしょう。

30代後半で求められているスキルと経験とは?

30代後半の人材を求めている企業の多くは、管理職候補としての実績がある人材を求めています。前職でマネジメントをしていた経験がある人や、プロジェクトの責任者などの経験などの実績があるなら有利となるでしょう。また、マネジメント職に意欲があることも大切な要素です。ですから、30代後半で転職を希望しているなら、今の職場でマネジメント経験を積んでおくことで転職が有利となるでしょう。

女性の結婚や出産に伴う転職のベストタイミングはいつ?

タイミング

多くの女性が、結婚や出産を機に転職をしています。では、具体的にどのタイミングが転職にはベストタイミングなのでしょうか?労働基準法では、出産6週間前に妊娠中の女性が休暇を申請した場合、会社側は必ず産休を与えなければならない、と定められています。

また、出産後は、本人が休暇を申請しなくても、出産後の8週間は必ず休暇を得ることができます。しかし、育休となると事情は異なってきます。入社日から1年未満の従業員が申請をした場合、会社側は労使協定や育児介護休業法に基づき、それを拒否することができます。そのため、育休をとれずに会社を退職するはめになる方もいます。

また、せっかく転職したばかりなのに1年未満のため、退職をすることになる場合もあります。ですから、育休明けでも新たな転職先で仕事を続けることを希望するなら、出産のタイミングも計算する必要があります。また、転職前に、転職先がどのような福利厚生をしているのか調べることができるかもしれません。

家の購入を検討している場合の転職は購入前?それとも購入後?

新しい家

人生の中で一番大きな買い物は、家の購入と言えるでしょう。

転職を考えている方の中には、退職金を家やマンションの頭金としたい、と計画している人もいるようです。

では、実際のところ、家やマンションの購入前と購入後では、どちらが転職のタイミングなのでしょうか?家やマンションなどの住宅を購入する際には、銀行などで住宅ローンを組むことでしょう。その際、転職後1〜2年ではローンを組むことが難しくなっています。

なぜなら、銀行をはじめとした貸金業者では、貸し付けをしている以上、貸し付けをする相手は安定した収入が毎月ある返済能力がある方のみに貸しており、しっかりと審査をしているからです。なので、失業中の方はもちろん、転職後1〜2年目という勤続年数が少ない方は、返済能力が乏しいとみなされ、住宅ローンを組むことができない可能性があります。

ですから、家やマンションをどうしても購入したいのなら、勤続年数が長い転職前に受託ローンの手続きを済ませておくならスムーズに購入することができるでしょう。

転職活動を始める時期も大切!

ビジネス風景

ここまで転職には適齢タイミングがあることについてみてきました。

それに加え、適齢月もベストな時期があります。ですから、転職する時期に関しては、転職者にとって有利な時期に合わせて転職活動を始めることができるでしょう。

一般的に転職は有利と言われている時期、つまり、中途採用の求人が多い時期は、2月〜4月と、9月から10月となっています。なぜでしょうか?

まず2月から4月に新規の求人が増えるのは、3月から4月が年度の切り替えの時期だからです。

それにより、前年度末に定年などで退職者がいると人が減り、新卒者の新人だけではベテラン枠を補充するのが難しいため、中途採用をすることで補充するという意味で求人が多くなります。また、9月から10月の時期も、半期の切り替えの時期のため、同様のことが言えます。

このように転職を希望する側にとっては、転職しやすい時期と言えますが、逆を言うならライバルが多いとも言えます。なので、少しでも良い求人、または自分が希望する求人を見つけたなら、すぐに行動を起こす必要があります。またこれらの逆を言うなら、4月から8月は中途採用の求人が少ないということも念頭に置いておきましょう。

しかし、例外もあります。たとえば年末商戦をする一部の販売業にとっては、秋以降に中途採用をする場合もあります。また、製造業や建設業などは、プロジェクトの切れ目の時期に採用の募集をする傾向があります。なので、繁忙期が明確な企業や業界への転職を希望しているなら、その数ヶ月前から求人をこまめにチェックすることができるでしょう。

ボーナスをもらってから転職をするベストタイミングとは?

ビジネスウーマン

転職希望者の中には、ボーナスを受け取ってから転職をすることを考えている方も少なくないことでしょう。

そのような場合、どのタイミングで退職したい旨を伝えることができるでしょうか?それは、ボーナスの支給後に退職の申し出をすることがベストです。

ボーナスの支給日当日から数日間は、職場でもボーナスの話題となっていることが予想されます。

ですから、ボーナスムードが落ち着いた頃、つまり、ボーナスが支給されてから2〜3週間後に、退職の申し出をすることができるでしょう。

一方、もしボーナスをもらう前に退職したい旨を伝えるなら、支給額が減額されてしまう可能性もあります。ボーナス、つまり、賞与は毎月支給されるお給料とは異なるもので、会社側が会社の経営状況や本人の仕事の評価を見ながら査定していくため、支給額は自由に決めることができます。

そのため、退職したい意思がある人にあえて多い金額のボーナスを支給するとは考えられませんし、会社側が減額措置をしても全く問題とはなりません。

減額の額は、企業によって異なりますが、一部の企業ではボーナスが全額カットされてしまうところもあるようです。

なので、転職前にボーナスを受け取りたい場合は、ボーナスが支給されるまで我慢してから、退職の意思を伝えるようにしましょう。

今すぐ辞めて転職したい場合は?

やめたい

今すぐにでも辞めたい!という衝動に駆られることはだれにでもあるものです。

それには上司や先輩から不当な扱いを受けたり、大きな失敗をしてしまったり、人間関係で嫌な思いをしたりなどその理由は人それぞれです。

そのように感じた時こそ、転職をすべきだ、とアドバイスをする人もいるかもしれませんが、辞めたい!と自分が感じた時は、まずその不満と向き合うために、自分を冷静にし、感情的に物事を判断しないようにすべきです。

感情に流されてすぐに辞めて転職が成功する確率はかなり低い傾向があります。

また、現職に不満を抱えている時は、他の職場がとても魅力的に見えます。しかし、実際に転職してみると想像していた職場とは全く異なり、辞めてしまいたい・・という気持ちにまた駆られる可能性もあります。ですから、今すぐ辞めたい!という衝動に駆られても冷静になり、その要因を探した上でそれを活かした転職活動をすることができるでしょう。

転職は前職をやめたくない時の方が成功する!

清々しい女性

現職を辞めたい、と思っている時の表情や言動は、その人本人では分かりづらい表情や自信などが表れています。

そのような状態で面接を受けるなら、マイナスイメージを面接官に与え、転職活動が上手くいかない傾向にあります。

一方、現職を次の転職へと生かすために、精いっぱい今の仕事を頑張っている人は、そのポジティブな表情や言動が転職活動にも表れ、転職活動を成功させやすい傾向があります。

もちろん、転職理由は人それぞれ異なっていますが、自分に自信があるなら転職活動を成功させることができるでしょう。そのためにも、転職をするタイミング、目的などを明確に定めてから計画性をもって行うことは大切です。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事