転職を成功させたいなら準備をおこならないように!

転職を成功させたいなら準備をおこならないように!

転職活動をするにあたって、準備をしないで臨む場合、転職活動期間がダラダラと伸びてしまったり、希望していた応募先へが出来なかった・・という事態を引き起こす可能性があります。事前にしっかり準備をして、転職活動に臨むためのノウハウを解説します!

転職の成功は「準備」が鍵!

転職の準備

転職活動はいつから始まるのでしょうか?それは、転職を成功させるための準備の段階からすでに始まっています。

そして、転職活動の成功は、準備をするかどうかにかかっています。

もし準備をしないで臨むなら、転職活動期間がダラダラと伸びてしまったり、希望していた応募先へが出来なかった・・という事態を引き起こす可能性があります。このような失敗をしないためにも、しっかりと前もって準備をすることはとても大切です。

準備は転職を成功させるための「鍵」と言えるでしょう。

転職における準備はとても重要

転職活動をする上で、準備にはどのような役割があるのでしょうか?

それには、転職活動の目的を明確にしスムーズに転職活動を進めることと、希望の転職先に就職すること、という2つの役割があるため準備を欠かすことができません。つまり、準備をすることで妥協をせずに転職することができる確率を高めることができます。

もし転職活動中にしっかりと準備をしないなら、以下のような問題が発生する可能性があります。

・転職活動をダラダラと長期化させてしまう。

・自分の強みや弱みをはっきりすることができず、面接で失敗してしまう。

・転職先を決める上で絶対に譲ることができない条件が分からなくなってしまい、希望に沿っていない企業に転職をしてしまう。

・在職中に転職活動をしているなら、退職の時期と入社の時期の折り合いが合わなくなり、両者に迷惑をかけてしまう。

このような問題を回避するためにも、しっかり準備して転職活動に臨むことは大切です。準備をしっかりすればするほど、転職を短期間で成功させることができるでしょう。

転職準備の具体的な流れとは?

転職先を見つけ入社するまでの転職活動全般にかける時間は、個人差もありますが、一般的に3ヵ月から半年程度と言われています。なので、転職活動の準備のために、1ヶ月から2ヶ月程度の期間充てることができるでしょう。

もし転職活動に半年以上かけてしまうなら、活動への気合が低下してしまい、緊急感を失ってしまう恐れがあります。それに加え、企業側も”半年以上も転職活動をしているのは何か問題があるのか?”と判断されてしまい、転職を成功させることが難しくなってしまう可能性もあります。

ですから、転職活動を長期化させないために、準備のための期間をしっかり決めて、限られた時間内で進めていくようしっかりとした計画を立て、効率よく転職活動を進めていきましょう。

転職準備ですべきこととは?

Business man preparing to run on the competition running track

では、転職を成功させるためにどのような準備をすることができるでしょうか?

1、転職の目的を明確化すること。

転職の目的は、転職活動を進めていく上での軸となります。目的をしっかり明確化することで、将来の方向性も見据えることができます。

また目的があるかどうかで、今現在本当に転職活動を始めることが正しいのか?という判断をする助けともなります。転職をしようと思うきっかけは、人それぞれ異なっています。人間関係で長年悩んでいる方もいれば、一時的な感情で転職をしたいと考える方もいることでしょう。なので、転職活動を成功させるためには、転職の目的を明確にすることは大切です。

では、どのように転職の目的を明確にすることができるでしょうか?以下の点をじっくり時間をとって考えてみましょう。

・「なぜ転職をしたいのか?」と転職の目的と、その理由を具体化してみましょう。

・「必ず転職をしないといけないのか?」「今の会社で実現することができていないことは何なのか?」と転職の必要性について考えてみましょう。

・「給与や年収に不満を感じているか?」「今の勤務形態のどこに不満があるのか?」など、年収や待遇など転職することで何を実現させたいのか具体化してみましょう。

・「もし転職をしたら将来の自分はどのようになっているか?」と、転職後の5年後の自分、10年後の自分の将来像を具体化してみましょう。

もし転職によって実現させたいことが複数あるなら、優先順位を付け、譲ることができないものを明確にしておくことができるでしょう。

このように準備をしても、その希望を全て満たすことができる転職先を見つけることは難しいものです。なので、優先順位を付け、譲ることができないものの希望を実現することができるようにしておきましょう。

2、転職計画を立てること。

Schedule Activity Calendar Appointment Concept

転職計画を立てるという準備はなぜ重要なのでしょうか?それは、計画をしっかり立てないと、転職活動がダラダラと長期化してしまう可能性があるからです。それを避けるために、どの時期に何をするか?どの程度の期間を必要とするか?などの実際的な計画を立てましょう。

もし退職のためにきちんと退職準備の期間を取り分けないなら、現在勤めている会社に迷惑がかかったり、退職の交渉がうまくいかなかったり、転職先企業にも入社時期に関して迷惑がかかってしまうかもしれません。また準備をしないなら、面接の日程調整も迷惑がかかってしまうことでしょう。

今までお世話になった会社を円満退職するためにも、在職中からしっかりと計画を立てて転職活動をすることはとても大切です。

それに加え、お金に関してもしっかり計画を立てる必要があります。特に退職後、転職活動を始めようと計画している方は、転職活動をしている期間は無収入になるので、その分の生活費などを前もって「貯金しておく」必要があります。

また転職活動中は、費用がかかります。それには資格取得のための費用がかさむ場合もあります。転職活動中に資金不足にならないよう、資金に関する計画もしっかり立てましょう。

3、自己分析やキャリアを振り返ってみること。

A businessman laughed with open arms and smiling for her success in working in the economic and financial sphere. Concept of: success, exultation, business, freedom.

転職準備にひとつとして、自己分析や今までのキャリアを振り返ってみることはとても大切です。なぜなら、今までどのような仕事をし、どのような仕事が自分に合っているかを分析することで自分の強みを知り、それにマッチした転職先を探すことができるからです。

また自分の強みは、企業にアピールする一方、自分の弱みをカバーすることもできるので、強みを知るために過去を振り返り、自己分析することはとても大切です。

そうすることで、後悔しない転職をすることができる確率を高めることができ、自分が今身につけているスキルやキャリアを正直に自己判断することができるでしょう。

4、情報収集をすること。

Female and Male IT Engineers Discussing Technical Details in a Working Data Center/ Server Room with Internet Connection Visualisation.

自分が希望している業界や職種、転職希望先企業などの情報を少しでも多く収集することはとても大切です。そうすることで、転職を客観的に把握することができるでしょう。どのような転職先があるのか?、また希望する転職先が見つかったなら、本当に自分に合った転職先なのかを知るために情報を少しでも多く収集しましょう。

では、どのように情報収集することができるでしょうか?

3つの具体的な方法をご紹介しましょう。

・情報収集する方法その1:転職エージェントを利用する。

情報を効率よく収集することができるツールとして「転職エージェント」を活用することができます。転職エージェントは、今まで多くの転職を成功させた経験や実績を持つ転職のプロです。転職エージェントを利用することで、必要となる情報を数多く提供してくれることでしょう。

転職エージェントを利用した転職活動では、利用者1人に対して専属のキャリアコンサルトが付きます。そのため毎回担当の方と直接話をすることが可能です。無料で利用することができ、自分のことをよく知っている担当の方が自分に合った情報を提供してくれます。

まずは転職エージェントを利用してみることができるでしょう。

・情報を収集する方法その2:転職フェアや転職サイトを利用する。

業界全般の情報を広く知りたいなら、転職フェアや転職サイトを利用することができます。各業界や職種が幅広い情報を提供しているので、多くの情報を収集することができるでしょう。

特にまだどのような方向性へ転職するか悩んでいる方は、幅広く情報を収集することができる転職フェアや転職サイトがおすすめです。

転職フェアは、新たな人材を求める多くの企業が参加しています。各企業が設けるブースには、人事の方や採用担当者、また中途採用で入社した社員の方などと直接話すことができる機会ともなっています。

・情報を収集する方法その3:口コミサイトを利用する。

すでに転職したい企業が見つかっているなら、WEB上にある口コミサイトを利用してみることができるかもしれません。

リアルな口コミを知るためには登録する必要がありますが、元社員が寄せ居ている口コミを見ることができるので、リアルな情報を収集することが可能となっています。

将来の転職に向けて準備できることとは?

まだすぐに転職をする予定はない方でも、将来行う転職に向けて今から準備を始めることもできます。

1、スキルや経験を磨き、実績を積む。

今は難しいが将来的には転職をしたいと考えている方や、希望している転職先で求められているスキルがまだ身についていない方などは、今の職場でスキルや経験を磨き、実績を積んでいくことができます。そうすることで、どこの企業からも欲しい!と思われる魅力的な人材ど成長することができるでしょう。

もしすでに転職したい業界や職種が決まっているなら、それに役立てることができる資格を取得しておくことができるでしょう。

転職を成功させるかどうかは、今までのスキルや経験、実績などが大きく影響を与えます。転職の成功率を少しでも高めるためにも、スキルや経験を今から磨いて行くようにしましょう。

2、人脈作りをする。

転職活動をする上で、社外の人脈があると効率よく進めることができます。社外の人脈とは取引先だけでなく、プライベートな活動で知り合う人たちも人脈となり、転職を成功させる上で有利な情報を提供してくれることがあります。

人脈を広げるために社会人サークルに入るなどプライベートな活動を積極的に行うことができるでしょう。

そして自分の視野を広げ、転職活動のツールとしていきましょう。

3、転職活動資金を貯める。

転職活動は意外と費用がかかるものです。面接や転職フェアなどのイベントなどにかかる交通費も回数が多くなればなるほど費用はかさみます。

また資格を取得する場合は、資格取得のために費用を捻出しなければいけません。またもし退職後に転職活動を始める場合は、数ヶ月分の生活費の資金も必要となります。

いずれにせよ転職活動には費用がかかりますので、将来転職をすることを考えているなら資金を今から少しづつ貯めておくことができるでしょう。

転職活動を「3ヵ月」程度を目安に計画しよう!

Group of friends running happily together in the grass

転職活動は、準備からはじまり、応募、面接、内定、退職、入社という流れで進んでいきます。

一般的にこの流れの平均期間は3ヵ月から4か月程度となっています。その内訳は、準備、応募、内定までに1ヶ月から1ヵ月半、退職から入社までに1ヶ月から1ヶ月半ほどの期間となっています。

しかし、それには個人差もあるため、3ヵ月以上かかるといいう場合ももちろんあります。準備をしないために1年以上転職活動をしている方も中にはいます。このような長期戦とならないように、しっかり転職の準備を行いましょう。

では「3ヵ月」を目安とした場合、どのようにスケジュールを立てることができるか例をみてみましょう。

・1ヶ月から2ヶ月程度

転職活動を始めた1ヶ月から2ヶ月程度は、「転職準備期間」として、自己分析や情報収集を行いましょう。

転職先が明確に定まっているなら、その企業で求められている資格やスキルなどを内定までに取得することができるよう努力することができるでしょう。

転職準備期間の最終部分では、応募書類として提出が必要な書類作成をします。すでに転職の目的や自己分析をしているので、自分がアピールしたい強みもしっかりと明確になっているはずです。なので、志望動機や自分の強みも悩まずに作成することができるでしょう。

・1ヶ月〜2ヶ月

転職準備期間が終わったら「書類選考」「面接」「内定」といった実際に転職活動を行う期間となります。

長くても2ヶ月程度で終わすことが出来ないなら、転職準備不足かもしれません。もう一度、転職準備を改めてしなおすことが必要かもしれません。

・1ヶ月〜2ヶ月

内定をもらったら「退職準備期間」に入ります。今の会社に退職の交渉を行い、今行っている業務の引き継ぎをします。

転職先企業からは、早めに入社するように言われることが一般的ですが、退職の交渉はたいてい、退職の1ヶ月半前から2ヶ月前頃から行います。なので、1ヶ月から2ヶ月程度を目安に退職準備を進めていくことができるでしょう。

転職活動期間を短くするために転職エージェントを利用しよう!

多くの方が、3ヵ月という短期間で転職活動を終わらせることを目安として準備を進めています。

早い人は1ヶ月で転職活動を終了させている場合もあります。目安である3ヵ月程度で転職を成功させるために「転職エージェント」を上手に活用しましょう。

ここでおすすめの転職エージェントをいくつかご紹介しましょう。

「DODA」

DODA

業界最大手のリクルートエージェントに次ぐ、第2位の実績を誇るエージェント。求人の数の多さや質の高さ、エージェントの細かい対応と情報量の多さに加え、スピード感のある転職活動が可能な転職エージェント!

DODAは、転職満足度第1位を獲得している大手総合転職エージェントです。転職のプロであるキャリアコンサルトから転職に必要なサポートを受けることができます。

転職フェアや転職セミナーも定期的に全国で開催されており利用することができます。キャリア相談をはじめとし、応募書類の添削、面接対策などどのような方でも転職を希望しているなら無料で利用することができます。

「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

常に10万件以上の非公開求人を保有している、他のエージェントと比較するトップクラスの案件数を抱えている必須の転職エージェント!

リクルートエージェントは、国内最大級の非公開求人を扱っている大手総合転職エージェントです。

転職成功実績は業界No1とも言われており、その経験や実績を活かして的確なアドバイスをしてくれます。大手総合転職エージェントなので、誰でも安心して利用することができるでしょう。

求人の質はもちろんのこと、質がよく、さまざまな業界や職種を出身とするキャリアコンサルタントが揃っているので、多くの情報を収集することができます。

リクルートエージェントの評判チェック!利用した口コミも!

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで転職や就職業界最大手のリクルートグループ・リクルートキャリアが運営しています。最大手のリクルートエージェントの特徴や実際利用した方の評判をチェックしよう!

https://career-step.fun/%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%82%EF%BC%81

「ハタラクティブ」

ハタラクティブ

正社員を目指す20代のフリーター・既卒・第二新卒の方に向けた就職支援サービス!未経験の既卒者でもOKの求人を1,500件以上持っているので、若年層にオススメの転職サービス!

ハタラクティブは、特に第二新卒や社会人経験の少ない20代の方におすすめの転職エージェントです。20代向けの転職エージェントでは最大手と言えるでしょう。

未経験分野への転職への成功率は80%以上という実績を持っています。20代の方で、新しい業界や職種へ挑戦したい方は登録必須のエージェントです。

まとめ

転職を成功へと導くためには、前もって準備することが鍵です。

転職をすることを決めている方はもちろんのこと、将来いつか転職をしたいと考えている方も今から準備すべきことはたくさんあります。是非、上記の点を踏まえ、転職を成功させるためにしっかり準備をしていきましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事