転職を決断したきっかけとは?みんなの理由を探ってみよう!

転職を決断したきっかけは、人それぞれ異なっていますが、実際のところどのようなきっかけがあるのでしょうか?必ずしも当てはまるからと言って転職を考えるべきではありませんが、参考の必要にしてみてください!

転職したいけど・・できない理由とは?

転職のきっかけ

転職をしたい、と思っていてもなかなか行動へと移すことができない・・という方は、少なくありません。実際、仕事や会社に不満を抱えながら我慢して働き続けている人も多くいます。それには、次のような理由があるからです。

新たな環境での人間関係への不安

転職をし、新たな環境下で働くということは、新たな人間関係ができるということでもあります。その人間関係がうまくいくかどうかという点に誰もが不安を抱えています。

新たな環境へと飛びこむことは、不安だけではなく、勇気も必要となるので精神的なストレスとなることもあります。

転職先が見つかるかという不安

転職活動をしても、自分の希望通りの転職先が見つかるという保証はありません。

また、転職の場合は、年齢や経歴なども関係してきます。そのため、何社受けても採用されないというケースはよくあります。

状況が悪化するかもしれない不安

今の会社や仕事に対して不満があり転職を希望している場合、転職したからといって、その不満が改善されるという保証はありません。

かえって状況が悪化してしまう恐れもあるでしょう。そのように考えてしまうと、転職したくても行動ができなくなってしまいます。

今の仕事や会社が名残惜しくなる。

今の会社や仕事の不満を抱えているにもかかわらず、いざ転職をしようと考え始めると、今の会社や仕事から離れることを名残惜しく感じ、転職を踏みとどまってしまう方も少なくありません。

長年勤めているなら、会社や仕事に対しての愛着や、長年共に働いてきた同僚との別れなど寂しく思うのも不思議なことではありません。

家族に言いづらい。

転職をすると決めたら、家族にその旨を伝えなければいけません。配偶者や両親にその旨を伝える必要があります。

もしかすると反対されるかもしれません。そのようなことを考えると面倒になり、転職を諦めることもあります。

直属の上司に言いづらい。

会社を辞めたい、という旨を上司に言いにくい・・ということが転職を迷わせている場合もあります。

辞めたいことを言ったら怒られるのでは?とか、裏切り者扱いされるのでは?などの不安を抱えている方も少なくありません。

将来に対する期待や希望

今の会社や仕事に対して不満を抱えていながらも、いつかはよくなるのではないか?いつかは給料が上がるのでは?いつかは移動できるかも?などの将来に対する期待から、転職に悩んでいる方もいます。

このように会社や仕事に対して不満や嫌だと感じていながらも働き続ける人が多いことが現状です。 では、実際に転職をした方は、なぜ転職することを決断することができたのでしょうか?

みんなが転職を決断したきっかけとは?

転職を決断したきっかけは、人それぞれ異なっています。その中でも転職を考えるきっかけとなったものには以下のものがあります。

人間関係

人間関係が転職のきっかけとなったという方は、年代、性別を問わず転職の要因となっています。実際、転職を経験している方の半数以上は、人間関係が理由で転職を考えているようです。

人間関係の場合、それが他の要因となる場合もあります。それには人間関係の悪化から、うつ病などの精神的な病が発症することもあります。

人間関係の場合、自分の力だけでは改善することができないので、転職をすることでモチベーションをアップしたいという方も少なくありません。しかし、転職をしたからといって、転職先の人間関係は、面接や採用の段階では分からないものです。

また、たいていどこの会社にも嫌な人はいるものです。ですから、新しい環境の下で、一から新しく人間関係を築く際には、自分の考えを押し付けないなど、自分を変えることが必要となるかもしれません。

仕事関係

仕事関係が転職のきっかけとなったという方は、やりたい仕事ができない、他にやりたい仕事が見つかったなどの現職と希望する職業に差があるという理由がきっかけとなるようです。

やりたい仕事があるなら、その目標や目的を実現させるために転職活動を行うことができるでしょう。転職活動をしていると、年収のよい求人案件や待遇がよい求人案件などを紹介されることがあるかもしれませんが、やりたい仕事に就く!という点だけを重視して転職先を見つけることができるでしょう。

仕事関係が転職のきっかけとなった別の理由として、会社の考えや社風が合わない、会社の業績が悪化したなどの職場環境が要因となる場合もあります。会社によっては将来に対して何も期待することができないために、転職を決意する方もいます。

そのような場合、転職をする際には、応募先企業の業績や株価の変動、会社方針などを十分に調査してから応募するかどうかを決めることができるでしょう。

また、実際自分の目で会社の雰囲気を感じてみることができるかもしれません。

さらに、面接の際には、採用担当者が発する会社方針などの言動をしっかりチェックすることが大切です。

勤務時間や待遇

残業や休日出勤の多さなどの勤務時間に対する不満や待遇がきっかけとなり、転職を決断する方も少なくありません。

契約内容とは異なる待遇で働かされたことや、長時間残業などの不満や、結婚や妊娠がきっかけとなり、現状の勤務時間や待遇では働くことが難しいと感じるなど理由は人それぞれ異なっています。特にお正月に仕事が毎年ある場合は、転職を決断するきっかけとなるようです。

これらが理由で転職を希望する場合は、希望する転職先の勤務時間や待遇についてしっかりと情報収集する必要があります。また、待遇もよく確認し、不満な点はないか、自分の希望に沿ったものかしっかり確認するようにしましょう。

給与や報酬

転職を決断したきっかけとして、仕事内容に対しての給与評価の低さや、ボーナスがでないこと、または、ボーナスが少ないことなどが理由となっている方も少なくありません。

転職先を見つける際、給与評価を一番の優先事項として見つけるようなら、給与形態や評価基準などをしっかり確認し、転職を成功させるようにしましょう。

3年経過したから

新卒で入社した際に、自分が本当に入りたい会社へ入社することができなかったり、自分が本当にしたい仕事に就くことができなかったという方も多くいます。

しかし、「とりあえず3年は働きなさい」という言葉を守り3年間我慢して働いてきた方が、3年経過した際に、転職を決意するようです。

女性が転職を決断するきっかけとは?

女性が転職を決断するきっかけとしては、結婚や出産、キャリアアップや給与評価などが要因となっているようです。

結婚や出産

女性の転職のきっかけとなる理由として最も多いのが、特に20〜30代の女性に多い、結婚や出産です。結婚や出産が要因となり、現状の勤務内容で働き続けることが困難になってしまい、やむを得なく転職をすることになったという方もいます。

また、会社によっては育休や産休がないために転職をするしか方法がなかったという方もいるようです。

さらに、会社からのパワハラが原因で転職を決断するきっかけとなった方も少なくありません。

結婚や出産が転職を決断するきっかけとなった方の多くは、それに伴う生活の変化により、待遇を見直したいことが一番の転職理由となっているようです。現状では、待遇のよい企業を見つけることは簡単なことではありません。

しかし、最近は政府や自治体などが結婚や出産後の女性でも働きやすい環境を作る努力をしているので、自分の希望に合った転職先を見つけることができるかもしれません。

キャリアアップや給与評価

企業の中には、女性を軽視しているところもあります。それには、女性はいつか辞める、という考え方があるため、女性を昇進させにくくさせている企業もあります。

そのため、キャリアアップをしたい女性は、そのような概念を持っている企業からの転職を決断するきっかけとなるようです。

また、キャリアアップのため、給与評価のよい企業や、待遇のよい企業を探している方も少なくありません。

20代の転職のきっかけとは?

20代の転職きっかけの多くは、やりたい仕事が見つかったことや、給与への不満、待遇への不満が多い傾向にあります。社会人として初めて仕事を実際に経験してみて、自分がやりたい仕事は今の仕事ではない!ということに気づくようです、また、仕事をしているうちに自分が本当にしたいことが見つかったという方も少なくありません。

20代ならまだ未経験分野の職種や業界にも挑戦することができるので、自分が公開をする前に、やりたい仕事に挑戦してみることができるでしょう。

30代の転職のきっかけとは?

30代になると、ある程度の社会人としての経験も積み、中堅社員として責任ある立場で働いている年代です。そのような年代だからこそ、周りの評価を客観的に把握することができるようになり、現状を分析することができます。

そのため、今の給与や待遇に対する不満、会社の将来性の不安などから転職を決意する人が多くいます。また、今している仕事は他の企業ならもっと高く評価してくれるのではないか?、今の会社ではいつリストラにあうか分からない、という思いから転職活動を始める方も少なくありません。

40代の転職のきっかけとは?

40代が転職を決断するきっかけは、30代同様、給与の評価や待遇、会社の将来の不安が要因となっているようです。

30代の転職と異なる点は、定年後の暮らし方や親の介護などについて、具体的に考えはじめているという点です。そのため、給与額よりも長期的に安定した給与をもらうことができる企業や、安定的な職につくことを希望している傾向があります。

一方、40代という体力がまだあり働き盛りの時期を活用し、自分のやりたい仕事に挑戦する方もいます。

50代の転職のきっかけとは?

50代になると、早期退職やリストラの対象ともなる年代です。そんな50代が転職を決断するきっかけは、定年後の生活のためにも安定した会社で仕事を続けたいとことが理由となっているようです。

また別の理由としては、今までの経験をより活かすことができる仕事へ挑戦したい!という方もいます。社会人の最後の仕事として、給与アップよりも自分の限界をチャレンジできる環境を求めている方も多くいます。

退職・転職を決断するには?

多くの方が転職を決断してきたきっかけについて知ることができました。転職をしたくても、まだ決断することができないなら、客観的に考えてみることができるかもしれません。

転職経験者は多くいる。

一昔前前の日本では、定年退職まで同じ会社に勤めるということが当たり前の時代でした。しかし、現代は違います。今では、転職をすることが当たり前のこと、つまり、普通のこととして行われています。

新入社員の場合でも約30%以上の方が3年以内に退職を決断しています。

また、ある調査によると、30代前半までに転職を経験したことがある割合は60%以上という結果が報告されています。

転職は、普通に行われていることなので恐れることはありません。

転職するなら抱えている不満が解消されストレスも減る。

転職をすることで、多くの方が不満が解消されたと述べています。また、それに伴うストレスも軽減されたという方も多くいます。

転職しても不満は解消されないから今の職場で我慢する、と考えている方も中にはいるかもしれませんが、転職をすることで満足のいく毎日を送ることができるようになることでしょう。

会社は変わらない。

会社に不満を抱えている方の中には、もしかしたら会社が変わってくれるかもしれない、という希望を置き、転職を先延ばしにしている方もいることでしょう。

しかし、会社はそう簡単に変わりません。たとえ社長が変わったとしても不満は解消されるという保証はありません。

昇進することができなかったら逆転は不可能

一度、出世コースから外れてしまうと、逆転することは不可能です。

しかし、転職をするなら、たとえ中途採用だとしてもチャンスはあります。キャリアアップを目指して、転職をすることも一つの方法です。

転職に迷っているなら転職活動をするのもアリ!

転職を決断することができる人もいれば、転職することに迷い、決断をすることができない人もいます。もちろん、転職することが正しい、というわけではないので、現職で頑張ることができるならそのまま現状維持をすることも一つの方法です。

しかし、もし心のどこかで転職をしたい、という迷いがあるなら、そのまま現状を維持することはできないでしょう。迷いはストレスをため、仕事に対してのやる気を失い、すべてが中途半端な状態になってしまいます。なので、転職をしたいかも・・と悩んでいる方は、まず転職活動をしてみることができます。

実際に転職活動を始めてみることで、自分は転職をすべきか?それとも現状を維持すべきか?を判断することができるでしょう。

その際には、転職エージェントを利用することができるでしょう。

転職するかどうか悩んでいる方にお勧めの転職エージェント

「DODA」

DODAは、転職エージェントとして日本最大級の求人案件を扱っています。転職することが初めてという未経験者から、ミドル層まですべての方に対応しているエージェントです。キャリア相談もすることができますし、全国で転職フェアや転職セミナーにも参加することができます。

まずは登録をし、転職に関する悩みを相談してみることができるでしょう。キャリア相談をはじめとし、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、面接の日程調整、年収の交渉など転職に必要なサポートをすべて無料で受けることができます。転職を希望している方は、登録必須の転職エージェントです。

「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、転職成功実績No,1を誇る転職エージェントです。非公開求人案件はDODAを上回る案件を保有しています。在籍しているキャリアコンサルトは、すでに多くの転職希望者を成功へと導いた実績を持っているので、安心して転職に関する悩みを相談することができます。

また、さまざまな職種や業界出身のキャリアコンサルトが在籍しているので、自分では収集することができない情報を教えてもらうことができます。大手転職エージェントを登録しておくなら、転職活動で役立つこと間違いないでしょう。

「Spring転職エージェント」

Spring転職エージェントは、登録後必ず面談を行ってくれます。転職エージェントの中には、登録内容をみて転職市場価値を見て、評価が低いと面談をしてくれないところもあります。 しかし、Spring転職エージェントは、必ず面談をしてくれるので、転職をするか悩んでいる旨について安心して相談することができます。在籍しているキャリアコンサルトは、親身になって応じてくれるので、他のエージェントで断られてしまったという方でも安心して登録することができます。

まとめ

多くの方が転職を決断したきっかけは、ほとんどの方が経験したことがある身近なことです。しかし、転職を決断することができる人もいれば、悩んでいるだけで決断できない人がいるのも事実です。

いずれにせよ、自分の人生ですから、後悔のないものとするために自分で判断することができるでしょう。

そして、転職活動をする際には、自分の希望に沿った転職先が見つかるよう行動することができるでしょう。また悩んでいる方は、転職活動をすることで、今の自分の働き方を見直してみることができるかもしれません。