転職エージェントの選び方と活用方法をしっかり把握しておこう!

転職エージェントの選び方と活用方法をしっかり把握しておこう!

どこのエージェントを利用したらよいのか悩む人がほとんどです。実は、転職エージェントは大きく2つに分けることができます。

目次

転職エージェントは2種類ある!

転職エージェントの選び方

いざ転職活動のために転職エージェントを利用しようと思うと、数多くの転職エージェントが存在しているため、どのような基準で、どこのエージェントを利用したらよいのか悩む人がほとんどです。実は、転職エージェントは大きく2つに分けることができます。

「総合型転職エージェント」

総合型転職エージェントは、取り扱っている案件数が豊富にあるという特徴があります。

「特化型転職エージェント」

特化型転職エージェントは、職種や業界に応じた専門的な分野に特化した案件を豊富に扱っているという特徴があります。

転職エージェントは無料で利用することができる!

転職エージェントはすべてのサポートを無料で受けることができます。まず転職エージェントに登録すると、自分専任の担当コンサルタントが付きます。担当コンサルタント、つまり、キャリアコンサルタント、キャリアアドバイザーとも呼ばれる自分の担当者が専属となり、転職に関してさまざまなサポートをしてくれます。それには求人探しをはじめとし、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など転職に関わる全てを代理人として行ってくれます。

転職エージェント選びは自分に合うキャリアコンサルタントを探すことにかかっている!

キャリアコンサルタントは、転職希望者の視点で物事をみて、職歴やキャリアプランなどをヒアリングし、その希望に沿った求人や転職先を無料で紹介してくれます。そのため、転職エージェント選びで一番重要なことは、自分との相性が良い優秀なキャリアコンサルタントに出会えるかという点が、転職の成功にかかってきます。では、優秀なキャリアコンサルタントはどのように見極めることができるでしょうか?

優秀なキャリアコンサルタントを見極める方法

優秀なキャリアコンサルタントを見極めるためには、自分と相性が良く、信頼することができるかどうかにかかります。信頼できるキャリアコンサルタントなら、自分の悩みをすべて打ち明けることができるので、デリケートな話でも躊躇なく相談することができ、それは転職の成功へとつながります。一方、最悪なキャリアコンサルタントに当たってしまうと、転職を成功させることは難しくなってしまうことでしょう。では、信頼できる優秀なキャリアコンサルタントにはどのような特徴があるのでしょうか?

しっかりとしたアドバイスをくれる人

優秀なキャリアコンサルタントは、しっかりとした適確なアドバイスをくれます。それには、内定をもらうために何をどのようにしたら良いのか転職希望者がもっている経歴や職歴、資格やスキルなどから何がどのように評価されるのか?何を面接の際にアピールすればよいのか?など具体的なアドバイスをしてくれます。特に面接対策のサポートでは、どのような質問をされるのか、過去の事例などを通してアドバイスしてくれるキャリアコンサルタントもいます。また、優秀なキャリアコンサルタントは転職希望者を客観的に分析する能力にも優れていので、転職希望者本人が考えてもいない職種や業種を向いていると感じるなら勧めてくる場合もあります。しっかりとした明確な理由のもとに勧めてくるのなら、耳を傾ける価値はあるでしょう。

ダメな場合でもはっきり教えてくれる人

優秀なキャリアコンサルタントは、応募しても受かる見込みがない場合には、はっきりと教えてくれます。また、実際に不合格だった場合もはっきり教えてくれます。しかも、不合格になった理由や評価なども包み隠さずに述べてくれます。このようにダメなことでも教えてもらえることで、次の面接へと活かすことができるので転職希望者にとってはプラスとなります。

企業と転職希望者のそれぞれの希望・要望を確認できる人

キャリアコンサルタントの役割は、企業側の要求と転職希望者の要求を確認して、双方がマッチするように紹介することです。ですから、双方のヒアリングをしっかりできる人であるべきです。そして、転職希望者には、ただ求人案件を紹介するだけでなく、キャリアプランの相談にものり、将来性も見越すことができる能力が必要とされます。

転職希望者が志望する職種や業界に精通している人

自分が希望する職種や業界に関する専門的な知識や経験を積んでいるキャリアコンサルタントなら、的確なアドバイスができます。

内定後、無理強いしない人

転職エージェントは、転職希望者を就職させることで企業側から報酬をもらうことができます。そのため、内定がでたらすぐにでも就職させようとするキャリアコンサルタントもいます。しかし、優秀なキャリアコンサルタントは、本人の意思を一番尊重してくれるので、内定が出ても無理強いするようなことはしません。

最悪なキャリアコンサルタントを見極める方法

キャリアコンサルタントの中には、優秀な人もいれば最悪な人もいます。では、最悪なキャリアコンサルタントにはどのような特徴があるのでしょうか?最悪なキャリアコンサルタントに共通していることは、売り上げ(利用者が就職することで内定先から年収30%前後の売り上げとなります。)ばかりが気になり、利用者が内定をもらい就職することだけを目的としています。つまり、転職希望者は就職できるならどこでも良い、と考えているのです。そのため、以下のような傾向が最悪なキャリアコンサルタントには見られます。

初めての面談にも関わらず、ヒアリングをしないで求人案件を紹介してくる人

内定が出やすい求人案件をいつも紹介してくる人

対応が遅く、連絡をしてこない人

経験や知識が浅い人

ただ求人案件を紹介する人

キャリアコンサルトが合わなかった時の対処方法とは?

キャリアコンサルトが自分と合わなかったり、最悪な場合は、別の転職エージェントを利用することもできますが、各転職エージェントの問い合わせ窓口に連絡をすれば、キャリアコンサルトを替えてもらうことが可能となっています。ですから、どうしても相性が合わないと感じたら我慢をせずに、まずはキャリアコンサルトを変更してみましょう。また、キャリアコンサルトが優秀なのかどうかを見極めるために、1社ではなく複数の転職エージェントを利用することができます。複数の転職エージェントを利用することで、キャリアコンサルトが述べることの真実さや、自分との相性などを比較することができるでしょう。

自分に合う転職エージェントの選び方とは?

冒頭でも見たように、転職エージェントには大きく分けて2種類あります。自分に合う転職エージェントを選ぶために、多くのキャリアコンサルトと面談をとおしてよく接触し、その中から一番最適で優秀なキャリアコンサルタントを選ぶことができます。そのために、次のような手順で選ぶことができるでしょう。

1、まず大手総合型転職エージェントを2社以上複数登録する。

2、業界特化型転職エージェントを1社登録する。

3、登録したすべての転職エージェントのキャリアコンサルトと面談をする。

4、自分と相性の合う優秀なキャリアコンサルタントを選ぶ。

では、具体的な選び方をひとつづつ確認してみましょう。

大手総合型転職エージェントの選び方とは?

大手総合型転職エージェントの特徴と言えば、大量の案件を扱っていることです。求人案件に数は、最大10万件以上とも言われています。そのため、規模も大きく、知名度や過去の実績、経験も積んでいるため求人もおのずと集まる傾向があります。それに加え、優秀なキャリアコンサルトも多くいる確率が高くなっています。しかし、大手総合型転職エージェントは世の中に数多く存在しています。その中から、どのように自分に合った転職エージェントを選ぶことができるでしょうか?ここで、お勧めの転職エージェントとその特徴をご紹介しましょう。

「DODA」

DODAは、国内最大級の転職エージェントと言われています。履歴書や職務経歴書の対策、面接対策などがどれも具体的で、しっかりサポートをしてくれます。そのため、どの年代層でも対象としています。

「JACリクルートメント」

JACリクルートメントは、ハイキャリア実績トップクラスの転職エージェントです。サービスの質や対応は優れていますが、転職市場の価値が低いとサービス対応が悪くなる傾向があります。

「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、DODAに並ぶ求人案件を扱っている大手転職エージェントです。キャリアコンサルトにより、サービスの対応が異なるので、複数登録をして利用することが基本となっています。

リクルートエージェントの評判チェック!利用した口コミも!

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで転職や就職業界最大手のリクルートグループ・リクルートキャリアが運営しています。最大手のリクルートエージェントの特徴や実際利用した方の評判をチェックしよう!

https://career-step.fun/%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%82%EF%BC%81

「マイナビエージェント」

マイナビエージェントは、DODAやリクルートエージェントと比較するなら求人案件の数は劣りますが、中小企業の案件は独占しているといわれるほど多くの案件を扱っています。

「パソナキャリア」

パソナキャリアは、転職エージェントの中でもキャリア相談が丁寧と口コミで多くに評判を得ています。転職が初めての方や第二新卒の方でも安心して利用することができます。

このように転職エージェントを比較してみると特徴があるので、どのエージェントに登録したらよいのか悩まれる方もいるかもしれません。初めての転職なら、求人案件数は若干劣りますが丁寧な相談に応じてくれる「パソナキャリア」と、求人案件数を豊富に扱っている「DODA」か「リクルートエージェント」を登録することができるかもしれません。同時に登録することで、求人案件数のバランスもとることができるでしょう。

業界特化型転職エージェントの選び方とは?

特化型天職エージェントは、その職種や業界の経験者や専門的な知識を有しているキャリアコンサルトが多く在籍している傾向があるので、情報収集や、実践的な面接対策をすることが可能となっています。しかし、保有している求人案件数が少ない傾向があるので、大手の総合型転職エージェントと併用して同時にに利用することで、多くの情報を収集することができます。もし希望している職種や業界などの方向性が明確に決まっていないのなら、総合型転職エージェントだけの利用でも問題はありません。 では、どのように特化型転職エージェントを選ぶことができるでしょうか?特化型転職エージェントは、自分が転職を希望する職種や業界などの条件から選ぶことができます。担当のキャリアコンサルトが、自分が希望する職種や業界の出身者なら、話を聞くだけでも利用する価値があるでしょう。では、ここで職種や業界に特化している転職エージェントをいくつかご紹介しましょう。

IT・WEB関連の転職エージェント

「ワークポート」 IT業界での求人を探しているなら、ワークポートの登録は必須です。ワークポートは、10年以上前からITを専門としているため、キャリアコンサルトもIT業界の熟知しており、転職者の希望に応じながら、良質な求人を紹介してくれます。エンジニア、デザイナー、クリエイター、WEBマーケターなどを希望している方に特にお勧めです。 「レバテックキャリア」 レバテックキャリアもITやWEBに特化した転職エージェントです。一般的な人材紹介会社としてはまだ知名度が低いかも知れませんが、IT業界の転職では大手のエージェントです。そのため、キャリアコンサルトも知識やスキルを豊富に有しており、質の高い求人を紹介してくれます。 「リクルートエージェント」 リクルートエージェントは、IT業界に特化しているというわけではありませんが、大手の転職エージェントなので、IT業界に関連する求人案件も数多く扱っています。SEとITエンジニアだけでも3万件の求人案件を扱っていることからも、登録しておくべき転職エージェントのひとつと言えるでしょう。

アパレル関連の転職エージェント

「クリーデンス」 クリーデンスは、大手人材会社・インテリジェンスが運営しているアパレス専門の転職エージェントです。アパレルやファッション関係の職種や業界を希望している方にお勧めの転職エージェントのひとつです。サポートの質はとても高く、すでに多くの方から高評価を得ています。特にデザイナーやパタンナーを希望しているなら、他のエージェントよりも求人案件数が多いのでお勧めです。また、非公開求人も多く扱っているので登録する価値があります。

「ファッショーネ」 ファッショーネは、レバレジーズが運営しているアパレル・ファッション業界に特化した転職エージェントです。求人案件はほぼ首都圏を扱っているので、勤務地が首都圏を希望している方にはお勧めとなっています。

「エラン」 エランは、老舗のアパレル・ファッション業界専門の転職エージェントです。多くのキャリアコンサルトがアパレル業界出身者なので、サポートの質がとても優れていることで評価されています。

女性のキャリアに特化した転職エージェント

「パソナキャリア」 パソナキャリアは、女性の活躍を応援してくれる総合型転職エージェントのひとつです。女性専門に特化しているわけではありませんが、多くの女性から高評価を得ています。女性の活躍を推進しているので、女性びいきのサービス対応を期待することができます。男性のキャリアコンサルタントももちろんいますが、女性特有の悩みや事情について徹底的に教育されているので、的確なアドバイスをすることができます。もちろん、希望するなら女性のキャリアコンサルタントへの変更も可能となっています。未経験求人案件からハイキャリアまで多くの案件を扱っているので、特に女性の方は登録してみることができるでしょう。

「リブズキャリア」 リブズキャリアは、年収400万円以上を希望する女性を限定としている転職サイトです。登録することで、多くの非公開求人の情報を収集することができます。

外資系に強い転職エージェント

「JACRecruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)」 JACRecruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)は、外資系・国内企業のグローバルポジションの実績がトップクラスの転職エージェントです。日本だけでなく、イギリスや中国など世界に8ヵ所拠点を構えています。外資系の各業界専門部署も強化されているので、外資系への転職を希望しているなら利用することができるでしょう。

「リクルートエージェント」 リクルートエージェントは、大手転職エージェントですが、外資系でも取引を多くしています。特に、アジア圏の求人案件数はとても豊富で強いと言われています。ただ、キャリアコンサルタントの質に差があるので、複数登録して利用するか、相性が合わなかったらすぐに担当を変更するなどする必要性がでてくるかもしれません。

海外就職に特化している転職エージェント

「Spring転職エージェント(アデコ)」 Spring転職エージェント(アデコ)」は、中堅のイメージが強い日本ですが、本社はスイスにあるグローバル企業です。そのため、人材事業では世界一の規模となっています。

「ロバートウォルターズ」 ロバートウォルターズは、世界28ヵ国で人材紹介ビジネスを展開している、外資系転職エージェントのひとつです。特に、ハイキャリア向けの人材を多く取り扱っています。キャリアコンサルタントは全員バイリンガルなので、英語がネイティブレベルの方に特にお勧めの転職エージェントです。

「ビズリーチ」 ビズリーチは、管理職や専門職などのハイクラス向けの求人案件を多く扱っている転職エージェントでし。ヘッドハンター経由でも求人も可能となっています。高収入で良質な案件が豊富という特徴があります。

第二新卒に特化している転職エージェント

「マイナビエージェント」 マイナビエージェントは、新卒の多くが利用するマイナビが運営する総合型転職エージェントです。第二新卒に値する20代の転職に力を入れています。第二新卒でしか募集していない大手企業の求人も多く取り扱っているので、第二新卒での転職を考えている方は登録必須の転職エージェントです。

自分と相性の合う優秀なキャリアコンサルタントを選ぶには?

上記でご紹介した転職エージェントがすべてではありませんが、自分に合う転職エージェントを同時に3社以上複数登録しましょう。登録後、電話でかかってきて、来社の面談の日程を決めることとなります。この時の電話は、キャリアコンサルタントではなく、電話専門の担当員である可能性も考えられるので、この時の対応で質を見極めることは控えるようにしましょう。面談日は、キャリアコンサルタントの質を見極める必要があります。上記ですでに見た、優秀なキャリアコンサルタントと最悪なキャリアコンサルタントを見極める方法を参考にし、自分で判断することができるでしょう。転職活動のおおよその目安の期間は3ヵ月程度と言われています。なので、転職エージェントを登録してから2週間以内程度で、利用したい転職エージェントを決める、つまり、相談したいキャリアコンサルタントを選ぶようにしましょう。

転職エージェントの上手な使い方

転職エージェントの使い方によって、転職を成功させることもできれば、失敗することもあります。では、転職を成功させるために、どのように転職エージェントを有効活用することができるでしょうか?その方法をご紹介しましょう。

転職エージェント登録後は、定期的に連絡をすること。

転職エージェントは、企業側から依頼を受けると、データベースの中から条件にあった応募者を探していきます。この時に表示される応募者の順番が、最後にコンタクトをとった日として更新日とされます。常に新しい更新日でいるなら、求人案件が優先される順番も早くなります。また、もし更新日が古いなら、もううすでに転職が決まった人と判断されてしまう可能性もあります。なので、少なくても2週間に1度は必ず連絡をしてコンタクトを取り合うようにしましょう。

担当キャリアコンサルタントをしっかり見極めること。

担当のキャリアコンサルタントをシビアな目でみるようにし、決して情をうつさないようにしましょう。自分と相性が合わなかったりなどの不満が少しでもあるなら、必ず担当変更を申しでるようにしましょう。もしそれができないなら、他の転職エージェントを利用することができるでしょう。

同じ求人案件に複数のエージェントから応募しないこと。

転職エージェントを複数利用することは一般的ですが、同じ求人案件を複数のエージェントから応募することは絶対にやめましょう。

転職エージェントを複数利用していること伝える。

担当のキャリアコンサルタントに、転職エージェントを複数利用している事実を伝えましょう。そうすることで、サービスの質がさらに向上する可能性があります。なぜなら、転職エージェントは、利用者が就職することで企業側から多額の報酬を受け取ることができます。そのため、ライバル転職エージェントよりも質の良いサービスを提供することで、転職を全力でサポートしてくれることでしょう。

推薦文を必ず確認すること。

多くのキャリアコンサルタントは、転職希望者を紹介する推薦文を書いてくれますが、優秀ではないキャリアコンサルタントは、ただ経歴だけを写すだけの文を書く人もいます。このような事態を避けるためにも、書いてもらった推薦文を確認したい旨を伝えることができます。

まとめ

転職を成功させるために転職エージェントを利用しますが、その際には1社だけでなく複数の転職エージェントを同時に登録するようにしましょう。そして、その中から、自分に合った優秀なキャリアコンサルタントを選びましょう。転職の成功のカギを握っているのは、キャリアコンサルタントと言っても過言ではありません。優秀なキャリアコンサルタントと最悪なキャリアコンサルタントが見極めることができるよう上記でみた点をしっかり把握するようにしましょう。では、転職を考えている方はまず総合型転職エージェントから複数登録をし、その後、業界に特化している転職エージェントを登録することで転職活動をはじめていきましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事