転職エージェントを複数利用するメリットとデメリットは必ず知っておこう!

転職エージェントを複数利用するメリットとデメリットは必ず知っておこう!

転職エージェントという言葉を耳にしたことがあっても、具体的に何をしてくれるのか?どこを選べばよいのか?本当に使うべきなのか?と不安を抱えている方も少なくありません。転職エージェントは、登録をすると完全無料で相談に親身にのってくれ、求人の紹介から面接のセッティング、給与交渉など転職に必要な手続きを全て

目次

転職エージェントとは?

転職エージェント複数利用

転職エージェントという言葉を耳にしたことがあっても、具体的に何をしてくれるのか?どこを選べばよいのか?本当に使うべきなのか?と不安を抱えている方も少なくありません。転職エージェントは、登録をすると完全無料で相談に親身にのってくれ、求人の紹介から面接のセッティング、給与交渉など転職に必要な手続きを全て代行してくれるサービスのことです。なので、転職を考えている方は転職エージェントを利用することができます。しかし、使い方や選び方を間違えてしまうと転職に失敗してしまうこともあります。では、どのように転職エージェントを選ぶことができるでしょうか?また、それをどのように使えばよいのでしょうか?それらの点も含め転職エージェントについて詳しくみてみましょう。

転職エージェントがしてくれることとは?

転職エージェントは、転職活動をしていく上で面倒な手続きすべてを自分の代わりに代理ですべて行ってくれます。つまり、本番の面接以外、企業側との直接的なやりとりはほとんどありません。それにはキャリア相談をはじめとし、求人紹介、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、面接のセッティング、給与交渉などが含まれます。もし転職エージェントを利用せず個人で転職活動をする場合は、それらすべてを自分一人で行う必要があるので、転職をする際には転職エージェントを活用することで効率よく転職活動を進めていくことができます。では、こんなにサービス対応が良い転職エージェントをなぜ無料で利用することができるのでしょうか?それは、転職エージェント利用者が内定・入社することで、企業側から膨大な報酬を受け取ることができるからです。謝礼、つまり、紹介料として年収の30%前後の報酬を受け取ることができると言われています。

転職エージェントを利用するメリットとは?

転職エージェントは無料で利用することができ、何でもサポートしてくれる存在ですが、それにはメリットもあればデメリットもあります。それらをしっかり把握した上で利用するなら転職を成功させることができるでしょう。では、転職エージェントを利用するメリットとは何でしょうか?

無料で利用することができる。

転職エージェントは、企業側が報酬を支払う紹介料で成り立っているので、転職活動に必要なサポートを全て無料で受けることができます。

非公開の求人に応募することができる。

転職エージェントは、豊富な非公開求人を取り扱っています。80%程度の非公開求人案件を利用することで確実に手にすることができます。

転職について相談できる。

転職に関してのノウハウに長けている担当者に、悩みを相談することができ、それを解決するための方法を教えてくれます。

自分のキャリアを客観的に見ることができる。

担当者が、自分を客観的に見、分析できるようにサポートしてくれるので、進みたい方向性を確実にすることができます。

転職先が早くみつかる。

すでに退職していたり、退職日が決まっている場合など、すぐにでも転職先を決めたい場合には心強い味方となってくれます。

転職エージェントを利用するデメリットとは?

メリットが多くある転職エージェントはとても魅力的に見えますが、デメリットもあるのでそれをよく理解し利用することは大切です。

担当者の営業トークにのせられて間違った転職をしてしまう可能性がある。

転職エージェントの質は良いものもあれば、悪徳なものもあります。もし悪徳なものにあたってしまうと、自分が進みたい方向性の転職先を紹介してくれないこともあります。また、ブラック企業の案件を紹介してくる場合もあります。

転職市場が低いとサービスを受けることができない。

特に地方では転職市場が低いため、サービスを受けることができないというデメリットがあります。

転職エージェントの都合で企業が紹介される場合もある。

転職エージェントの顧客は、求人企業です。そのため、求人企業の要求に応える必要があります。しかし、求職者にとっては関係がない事情です。ですから、無理に話を勧められた場合は、注意が必要です。

転職エージェントは複数利用するべき!

転職エージェントは、転職活動に欠かせない存在であることがここまでで分かりました。そんな転職エージェントは、1つではなく、同時に複数利用することができます。そうすることで、自分に合ったエージェントを見つけることができます。また、複数の担当者と相談することができるので、求人の幅も広げることができます。しかし、求職者の中には、転職エージェントを掛け持ちすることは失礼なのでは?と思われる方も中にはいるかもしれません。ですが、結論から述べるなら、複数利用することは全く問題ではありません。実際、担当者にも複数利用していることを伝えても構いません。そうすることで、サポートの質を上げてくることでしょう。すでに多くの転職者が2つ以上の転職エージェントを同時に利用することで転職に成功しています。では、転職エージェントを同時に複数利用することもメリットとは何でしょうか?

転職エージェントを複数利用するメリットとは?

最適なエージェントを選ぶことができる。

複数のエージェントを利用することで比較することができ、自分にとって最適なエージェントを選ぶことができます。もし1つのエージェントしか登録していないなら、他のエージェントと比較することができないので、優秀な担当者でないときには、それが分からないまま転職活動を続けてしまうことになるでしょう。そのような状況になると、他の担当者に変えたり、別のエージェントに登録する必要が出てくるなどの処置をとる必要が出てくるので時間のロスとなります。

目的や用途に応じてエージェントを使い分けることができる。

各エージェントには、それぞれ特徴があります。それには求人の量が豊富であることや、面接対策が充実していること、専門分野の求人に長けているなど、それぞれの特化している分野が異なっています。なので、複数のエージェントを利用することで、それぞれのエージェントが得意としているサービスを同時に受けることができます。つまり、1つのエージェントで受けることができないサービスを他のエージェントを利用することでカバーすることができるということです。

非公開求人が豊富である。

転職エージェントを複数利用ことで、それぞれのエージェントが独占している非公開求人を利用することができるので、より多くの求人を探すことが可能となります。非公開求人は、応募が殺到することを控えたい企業、自社内でも求人があることを内密にしたい企業、競合他社に動きを察知されたくない企業などが、得意先の転職エージェントだけに頼むことで発生している案件となっています。そのため、自分でどんなに探しても転職エージェントを利用しない限り、発見することはできない求人案件と言えるでしょう。企業側は、少しでも登録者が多いエージェントに依頼することで、最適な人材を探すことができるため、大手エージェントに非公開求人多く集まっている傾向があります。なので、大手エージェントを複数利用するなら、多くの非公開求人から自分にあった企業を探すことができます。

応募できる求人の幅を広げることで選択肢の幅も広げることができる。

複数のエージェントを利用することで、母体となる求人案件の量を増やすことができます。つまり、選択肢の幅を広げることができるというメリットがあります。利用者の中には、大手エージェント1つを利用すれば求人をカバーすることができるのでは?と思われている方もいるかもしれません。しかし、大手エージェントだとしても、カバーすることができる求人には限りがあります。なぜなら、企業によっては、大手エージェントはコンサルティング料金が高いため、比較的料金が安い中小企業のエージェントに求人の依頼をすることが多いからです。なので、複数のエージェントを利用することで、求人案件の幅を広げることができます。

的確なアドバイスを受けることができる。

複数のエージェントを利用することで、さまざまなタイプのアドバイザーからさまざまな観点で意見を聞くことができます。ひとりとして同じ考え方をしているアドバイザーはいないので、複数のアドバイザーと面接することで得ることができる情報も異なり、新たな自分を発見することができるチャンスとなるかもしれません。

転職エージェントを複数利用するデメリットとは?

転職エージェントを複数利用ことには多くのメリットがありますが、残念ながら人にもよりますがデメリットもります。

面談に時間や手間がかかること。

転職エージェントに複数登録するなら、登録した分だけ面談の回数が増えるので、時間や手間がかかります。在職中に転職活動をしている方など時間がない方にとっては、デメリットとなるかもしれません。しかし、最近の転職エージェントは、電話面談やスカイプ面談、そして、出張面談なども可能な場合もあるので、時間をとることがどうしても難しいなら、それらを活用してみることができるかもしれません。

応募手続きなどの日程調整が複雑になること。

転職エージェントを複数利用していると、求人の応募や面接の日程などをそれぞれのエージェントに合わせて対応していく必要がでてきます。自分で日程を調整しなければいけないので、複雑になることが予想されます。しかし、自分なりに工夫して調整していくなら、スケジュールがダブルことなく進めていくことができるでしょう。

複数のエージェントからのアドバイスや情報で混乱してしまうこと。

複数のエージェントを利用するなら、その数に比例してことなる意見や情報を得ることができます。あまりにも膨大な量の情報を得ると、何が正しいのか分からなくなってしまい混乱してしまうかもしれません。意思が強くて自分で正しい判断をすることができるタイプの方なら問題はありませんが、他の人の意見に左右されやすいタイプの方にはデメリットとなる可能性があります。

転職エージェントを複数利用する時に注意すべきこと!

転職エージェントを複数利用する際には、注意すべき点があります。

1、複数のエージェントを利用していることを隠さないこと。

転職エージェントを複数利用することは、全く悪いことではないので、隠す必要はありません。なので、エージェントを複数利用していることは、必ず伝えることが必要です。なぜでしょうか?それは、もし隠してしまうなら、つじつまが合わなくなってしまい、意思の疎通を十分にはかることができなくなってしまうからです。また、どうしてこのような求人には応募する気がないんだろう、と思われ転職する意思がない人と思われてしまい、求人案件を紹介してもらえなくなってしまう可能性もあります。エージェントを複数利用していることを伝えるなら、担当者はライバルのエージェント会社に勝とうとして、よりスピーディーに対応してくれることでしょう。ですから、転職エージェントを複数利用していることは必ず伝えるようにしましょう。そうすることで、他社と応募する案件を被らずにすませることができます。

2、複数のエージェントから同じ求人を応募しないこと。

複数のエージェントを利用していると、同じタイミングで同じ企業を紹介される場合もあります。もしすでに応募しているなら、他のエージェントからの応募は絶対にしてはいけません。もし複数のエージェントから同じ企業に応募してしまうなら、それぞれのエージェントと企業でトラブルが発生することが予想されます。エージェントはもちろん、企業側に悪い印象を与えてしまうことになるでしょう。それに加え、転職エージェントからの応募と、求人サイトからの個人で行う応募も同時にすることはやめましょう。

3、連絡や報告はスピーディーに行うこと。

複数のエージェントと連絡を取り合うので忙しくなることが考えられますが、進捗状況などの報告は定期的にスピーディーに行うことが大切です。スピーディーな連絡を行う方を優先に、エージェント側は良い求人を優先的に紹介していく傾向があります。良い求人案件を紹介してもらえなければ、複数のエージェントを利用している意味はありません。そのようなことにならないためにも、自分でしっかりスケジュール管理を行い、スピーディーに連絡や報告をするように心がけるようにしましょう。

転職エージェントの選び方

転職エージェントは大きく2つに分けることができます。それは業界の中でもトップクラスの大量案件を扱っている「総合転職エージェント」と、職種や業界など対象となる層を専門的とした案件を扱っている「特化型転職エージェント」の2種類です。それぞれメリットもあれば、デメリットもあり異なっています。では、それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

総合転職エージェントのメリットとデメリット

常に大量の求人案件を扱っており、その数は最大10万以上という膨大さから自分に合ったものを選ぶことができるというメリット。 今までいた職種や業界以外の可能性を提案してくれるというメリット。 業界特有の専門的な知識は若干弱い傾向があるというデメリット。

特化型転職エージェントのメリットとデメリット

職種や業界の出身者が多いので、専門的な知識に長けているというメリット。 業界特有の専門的な面接対策やアドバイスをくれるというメリット。 特化型転職エージェントは中小企業がほとんどなので、案件が少ないというデメリット。

総合転職エージェントの選び方

総合転職エージェントは、自分の年収などの立場や年齢に合わせて選ぶことができます。総合転職エージェントの場合、担当キャリアアドバイザー、つまり、担当者にすべてがかかっていると言っても過言ではありません。担当者と自分の相性、質などは重要なポイントとなってきます。1社だけ登録するなら、担当者の質が良いのか悪いのか判断することはできいません。ですから、複数登録し、面談してみて、自分と一番相性の合う担当者がいるエージェントを利用することができるでしょう。では、ここでいくつかの大手転職エージェントとその特徴をご紹介しましょう。

「DODA」

DODAは、国内最大級の転職エージェントです。履歴書や職務経歴書の対策や面接対策はとても実践的です。すべての層の方が利用することができます。

「マイナビエージェント」

マイナビエージェントは、キャリア相談がとても良いことで知られています。特に転職が初めての方や、20代の方にお勧めの転職エージェントです。

「パソナキャリア」

女性の転職に特にお勧めの転職エージェントです。キャリアアドバイザーのはずれがあまりありません。

「JACリクルートメント」

ハイキャリア実績が非常に高い転職エージェントです。そのため、転職市場価値が低いとサービス対応が悪い傾向があります。

「リクルートエージェント」

DODAと並ぶ求人案件数を扱っています。キャリアアドバイザーの当たり外れがあるので、併用して利用することができます。

リクルートエージェントの評判チェック!利用した口コミも!

リクルートエージェントは、業界最大手の転職エージェントで転職や就職業界最大手のリクルートグループ・リクルートキャリアが運営しています。最大手のリクルートエージェントの特徴や実際利用した方の評判をチェックしよう!

https://career-step.fun/%E3%83%AA%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%81%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%9F%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%82%EF%BC%81

まとめ

ほんの一部の転職エージェントをご紹介しましたが、数多くの転職エージェントが存在しています。ですから、転職活動をする際には必ず複数の転職エージェントを上手に利用し、転職を成功させましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事