転職時に学歴って必要?学歴関係なく転職を成功させる方法!

転職時に学歴って必要?学歴関係なく転職を成功させる方法!

中卒や高卒といった低学歴がコンプレックスになって、なかなか転職に踏み込めない人もいます。「求人を見ると大卒以上という条件ばかり」「低学歴だから転職しても絶対に取ってもらえない」といった理由で転職する勇気が出ないのです。実際はどうなのでしょうか?今回は学歴と転職について考えてみました!

転職に学歴は必要か

学歴と転職

中卒や高卒といった低学歴がコンプレックスになって、なかなか転職に踏み込めない人もいます。「求人を見ると大卒以上という条件ばかり」「低学歴だから転職しても絶対に取ってもらえない」といった理由で転職する勇気が出ないのです。

確かに、学歴を採用条件の一つとしている会社や企業は多く存在します。「学歴フィルター」といった言葉が存在するように、学校名だけで選考対象を絞ったり、区分けする企業があるのも事実です。優良企業の場合はなおのこと、入社できる確率は高学歴の人に比べると低いと言えるでしょう。

しかし、学歴だけが採用の条件になるのは、新卒採用と、転職などによる中途採用とでは、また違いがあるようです。

新卒採用ほどではない

確かに新卒の人を採用する場合、学歴で判断する率は高いと言われています。それは、新卒の場合、まだ実績もキャリアも積んでおらず、履歴書に書かれる自己PRや、学歴などしか判断材料がない、という点が理由として挙げられます。

新卒を採用する基準としては、今後の可能性を見たいという気持ちがあります。そうなると、「学歴が高い=努力したことの証明」と考え、勉強によって培われたであろう忍耐力や、我慢強さ、自己鍛錬力がある人を雇いたい、と思う企業も多いと言えます。

さらに学歴が低い人は、一般常識がないのではないか、とか、ビジネスマナーや言葉遣いも分からないのではないかと考えてしまう、偏見による見方もそうさせてしまう事があるようです。

転職による中途採用は学歴以外が重視される

新卒採用とは違って、中途採用においては学歴よりももっと別のことが重視されたり、見られる場合が多いようです。学歴や自己紹介文しか判断する材料がない新卒の人とは違い、これまで別の会社で実績や経験を積んできた中途採用の人を見る際は、どんな職務経験を積んできたかとか、キャリアやスキルを重視する企業が多くなっています。

それはなぜかというと、企業にとっては一から教えなければいけない人よりも、即戦力になれる人の方がありがたいからです。また、これまで仕事経験がある人は、話し方や礼儀、ビジネスマナーなども身に着けることができています。

そうした点で、転職志望の人を雇用側が採る際には、学歴というよりも、キャリアやスキル、職務経験の方を重視する傾向が強いのです。

学歴を採用の条件とする企業の割合はどれくらいか

では実際のところ、学歴を採用の条件の一つとする企業や会社は、どれくらいの割合を占めるのでしょうか。企業に取ったある統計によると、学歴は条件の一つとなると答えた企業や会社が約6割、学歴は不問であると答えたところが約4割だったそうです。

少し学歴を見るところのほうが多い、といったところでしょうか。しかしこの6割の企業や会社も、あくまでも参考レベルとして見る、というところが多いようです。それはやはり、職務経歴書や面接だけでは図れない部分があるから、といったことが理由となっています。

学歴を条件にしたい理由としては他にも、学歴が高い人は理解力が高そうだ、とか物覚えが早そうだからということもあります。特に、知識力や理解力を必要とする職種や業種はそうしたものを必要とするのは当然ですよね。

しかし現在は、高学歴を求める会社や企業はそれほど多くありません。学歴の条件として、「大卒以上」を求めた会社は全体のおよそ4割、さらに「大学院や有名六大学といった、高学歴卒」を求めた会社はわずか数パーセントでした。

むしろ、学歴不問の求人件数は、なんと19万件にも及ぶと言われています。必ずしも学歴が影響するとは限らない、ということが分かっていただけたのではないでしょうか。

学歴が低くてもあきらめないことが大切

「学歴が低いから」「大学に行ってないから…」と学歴をネックに感じる必要はありません。学歴がたとえ低かったとしても、自分が志望する職種に関連する資格やスキルを取得するなどして、努力の姿勢を持ち続けることが大切です。

まだ応募もしていないうちから、「どうせ採ってもらえないから…」などとあきらめの態度や投げやりな気持ちで転職活動に臨んではいけません。そうした態度や姿勢は、転職活動への熱意や意欲のほどに表れてしまいます。

学歴がなくても、キャリアやスキルを重視する企業や会社は多いことを覚えておきましょう。

学歴を重視する職種や業種について知っておこう

とはいえ、学歴を必要とする職種や業種もあります。そうした企業や会社にどんなにトライしても、空振りが続いて落ち込んでしまうだけです。そうした職種や業種は、最初から転職志望の職として選ばないのが賢明です。

<学歴を重視する職種・業種>

1総合商社:いわゆる商社マンといった人たちでしょうか。国内外の物資の取引や販売を業務として行なう企業で、年収が高い職業です。高学歴の人の中でも選ばれた人だけが入社できるエリートコースのようなところです。学歴を重視する率は9割近い、という統計も出ているほどです。

2金融・保険関係:こちらも学歴を活かしやすい職業として知られています。いわゆる銀行マンですね。特に大手の銀行は学歴がものを言うと言われていますし、地方銀行においても、学歴がある方が就職には有利であると言われています。幅広い知識が求められ、お金が関わってくる業種でもありますから、そうした知力を有しているとみなされる高学歴の人を重視するのでしょう。学歴を求める確率は7割強という数字が出ています。

3教育関係:教師や学習塾の講師などが挙げられるでしょうか。いわば人に知識を身に着けさせるために教える側ですから、確かに学歴は見られる職種であるといえます。学歴を重視する割合は金融関連と同じく、7割強という統計が出ています。

4コンサルティング:コンサルティングといっても、○○系・□□系と言ったように、さまざまな職種がありますが、いずれの場合においても、たとえば細かい数字の統計を出したり、高い語学力が求められたり、プレゼン力が求められる職種となります。学歴で能力を求める傾向があるのもうなずける職業です。7割の企業が学歴を求めると条件の一つに求める、と答えています。

5医療関連:医者や薬剤師といったように、医療に携わる人には高い学力が求められます。専門的な知識を有する必要もありますし、学歴が関係してくるのも当然の職種と言えるかもしれないですね。

代表的なものだけ取り上げてみました。新卒か転職による中途採用かに関わらず、学力を求められる分野の職業はやはり、学歴が条件になる場合がほとんどだと言えます。

学歴を重視しない職種・業種とは

では逆に、学歴がなくても、実力やスキル、持っている資格やキャリアを生かせる職業はあるでしょうか。もちろんあります。意外と多いことに気付かされるかもしれません。では見ていきましょう。

<学歴がなくても採用してもらえる職種や業種>

1旅行・宿泊・レジャー関係:学歴を見る確率はわずか12パーセントと、とても低い職種です。人と接したり、細やかな配慮や気配りが求められることが多いので、学歴よりもコミュニケーション能力が高い人を雇用側としては採用したい、というのが理由でしょう。

2小売や外食関連:こちらもわずか2割しか、学歴は重視されない職種となっています。土日の休みも関係なく、忙しい業界だとは思いますが、営業を経験してきた人はスキルを活かせる業種です。トークが上手な人、人の心を掴むのが上手な人など、やはりコミュニケーション能力が高井人は採用されやすい業種となっています。

3IT通信・インターネット・web関連:ベンチャー企業と言われる業種で、現代社会においては必要とされる、需要の高い業種でもあります。高い技術力や、実践知識が重要視されることが多く、個人の資質が高いことが求められます。学歴以上に、ポテンシャルの高さを要求されるので、スキルや経験を活かしやすい業種だと思います。

他にも、クリエイティブや建築土木のような技術関連の仕事も、スキルやセンス、技術力や資格が重視され、採用されやすい職種として知られています。学歴以外にも、自分の持っているアピールポイントを活かせる職業はたくさんありますから、ぜひ自分に合った職を探してみてください。

学歴が低くても転職を成功させる秘訣とは

どうしても学歴のことが気になってしまうようであるなら、上記に挙げたような業種や職種をねらって、転職活動を行なうと良いでしょう。

では自分が志望する会社や企業に、自分をどのように売り込めば採用したいと思ってもらえる確率が高くなるでしょうか。学歴がたとえ低くても、転職を成功に終わらせることはできます。ではそのためにできるいくつかの秘訣を取り上げていってみましょう。

その1 これまでのキャリアや実績をアピールする

履歴書や職務経歴書を記入する際には、これまでに自分が取り組んできた仕事の実績や、積んできたキャリアを分かりやすくかつ丁寧に書くようにしましょう。

特に職務経歴書は自分をアピールするのにとても大切な書類です。あなたの書き方次第で、採用担当の目に留まって、面接してもらうところまで行けるかが決まってきます。担当者が一人当たりの書類に目を通す時間は、わずか10秒、長くても1分と言われています。いかに読みやすくするか、分かりやすくするかがポイントとなります。自分のこれまでの実績やスキルや経験、キャリアは、目に留まりやすいことを意識してアピールするようにしましょう。

さらに面接まで行けたなら、さらにアピールできるチャンスが巡ってきます。あなたと同じような実績やスキルを持つライバルは、他にもたくさんいることと思います。そうした 人の中から選んでもらうためには、面接でいかに差別化を図るプレゼンができるかがカギとなってきます。即戦力となれることを最大限アピールするようにしましょう。

その2 コミュニケーション能力をアピールする

中途採用で他に重視されるのは、コミュニケーション能力があるか、という点です。営業や販売職に勤めたいと思っているなら特に、コミュニケーション能力の高さは求められてきますし、採用担当の人も重視することと思います。

面接の際の受け答えの仕方や、話し方などで、そうしたスキルは見られています。面接官の目をしっかりと見て、はきはきと受け答えする人は、かなり印象よく見てもらえます。さらに、聞かれたことに簡潔ながらも明快に、要点や的を絞った答え方をすることで、たとえ学歴は低かったとしても、「この人は理解力の高い人だ」とみなしてもらえることもあるでしょう。

その3 履歴書の書き方を工夫する

学歴欄に書くことがない…なんてあきらめないで、書けることは細かいところまで書くように、意識して記入しましょう。たとえばですが、語学力があると優遇されることもある会社や企業だったとします。高卒という学歴だけだったとしても、通っていた高校名だけでなく、学科名まで記入する方が良いでしょう。「○○高等学校英文科卒業」まで細かく書いた方が採用率は高くなると言えます。

他にも、希望する職種に関係していて、仕事に活かせる専攻を取っていた経験や、研究した内容があるならそうした点を詳しく書くこともできます。留学経験があるならば、そうした内容も記入するなら、何かの役に立つこともあるかもしれません。

さらに履歴書を書く際に明記しておくべきこと、注意しておくべきことをいくつか取り上げると、

・中途・休学したことがあるなら、理由をきちんと書いておく

<理由>途中でやめたり休学した理由が、病気やケガなど、不慮の事情によるものであったり、家庭の事情があって中途・休学せざるを得なかったことが分かれば、たとえ学歴が低くても考慮してもらえる可能性もあり得るからです。途中で辞めたとだけ書いてあって理由が分からないと、採用側としては、この人を信用できるか、嫌なことがあったらすぐにやめてしまうのではないか…??と疑問を感じてしまうかもしれません。

・学校名は略称ではなく、正式名称で記入する(○○高校→○○高等学校といったように)

<理由>基本的には学校名や会社名は、省略ではなく正式名称で記入するのが常識です。細かい部分かもしれませんが、転職に掛ける意欲や思いを、しっかり書類にも残す方が良いでしょう。

転職は学歴より職歴のほうが大切であるとはいえ、こうした一般的な常識や原則が身に付いている人は、採用する側からも好印象で見てもらえる率は高くなります。

・学歴詐称をしたり、誇張して書かない

<理由>自分を少しでもよく見せようとして、本当は通ってもいない学校名を記入したり、スキルや資格レベルを誇張して書くと、いつかウソだと分かった時にその会社に居づらくなってしまうでしょう。それだけでなく、あなたのスキルや資格を期待して採用した会社側に迷惑をかけることにもなりかねません。

その4 転職エージェントを利用する

転職エージェントは仕事を探している求職者と、仕事をしてくれる人を求める企業との間を取り持つ、いわば仲介役の役割を果たす会社です。

これまでたくさんの人を就職に導いてきたプロから転職のノウハウを教わることで、転職を成功させることができます。

自分の希望する企業や会社が、学歴で判断する「学歴フィルター会社」なのかどうかを見分けることは、素人である私たちには到底難しいことです。絶対に入社できる可能性がない会社や企業にいくら応募したところで、それは時間とエネルギーの無駄になってしまいます。

その点で転職エージェントは、あなたが志望する会社が学歴重視なのか、それとも学歴不問なのかどうか知っていますから、あなたの学歴に見合ったところを紹介することができます。

ちゃんと自分の希望に沿った企業や会社を紹介してくれるの?と不安に思うかもしれませんが、安心して利用できます。なぜならエージェントのコンサルタントは、契約している企業に求職者を紹介し、就職が決まると、企業側から報酬を得られるようになっているからです。企業側と、仕事を求めている側、どちらのニーズにも応えることが仕事なので、どんなことでも相談できるのが魅力でもあります。

さらに、自分一人で応募したなら書類選考で落選する可能性が高い会社でも、エージェントを経由することで、応募書類が通る場合もあります。コンサルタントが、こちらの条件や希望を企業に交渉してくれることもあるのです。

転職エージェントは無料で利用することが可能です。学歴を気にせずに、自分のスキルや能力、キャリアを最大限に引き出してくれる転職先を見つけてもらいましょう。

まとめ

転職するにあたって、必ずしも学歴が必要ではないことがお分かりいただけたと思います。学歴不問の職種もたくさんありますし、自分の持つキャリアやスキルを必要としてくれる企業や会社はいっぱいあります。

学歴がたとえ低くても、転職を成功させることは必ずできます!自分にとって最高の居場所をあなたもきっと探せますよ◎

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事