退職届を出す時によく使われる「一身上の都合」って何?

退職届を出す時によく使われる「一身上の都合」って何?

「一身上の都合」という言葉には、そもそもどんな意味があるのでしょうか。また、どんな時に使ってよい言葉なのでしょうか。当たり前のように使うものだけれど実は奥が深い、この「一身上の都合」に隠された意味や使い方について学んでいくことにしましょう。

一身上の都合って??

Retirement Plan Loan Liability Tax Form Concept

会社を退職する時に一般的によく使われる理由の中でいちばん多いのが、「一身上の都合により辞めさせていただきます」という理由です。

退職届を出す時や、退職願を書く時に、あまり深く意識することもなく使える便利な言葉ではありますが、退職状況によっては使ってはいけない、あるいは使わない方が良い場合もあるので注意が必要です。

では古くから使われてきた、この「一身上の都合」という言葉には、そもそもどんな意味があるのでしょうか。また、どんな時に使ってよい言葉なのでしょうか。

当たり前のように使うものだけれど実は奥が深い、この「一身上の都合」に隠された意味や使い方について学んでいくことにしましょう。

「一身上の都合」の意味とは

「一身上」というのは、自分の身の上に関する事柄すべてを指して用いられる言葉のようです。「身の上」という言葉の上に「一」が付くことで、「自分の~」という意味になります。

退職届

また国語辞典を見てみると、「その人自身の身の上や境遇に関すること。個人的な問題や事情のこと」ともなっています。

つまり、自分の個人的な事情や都合により退職する場合は、どんな理由であれそれは「一身上の都合」と言えるということになります。

「一身上の都合」の同義語や類語

ビジネスに関することでよく使われる「一身上の都合」という言葉ですが、日常において他に同じ意味で似たような、どんな表現を使っていることがあるでしょうか。

辞書で「一身上の都合」の類語あるいは同義語を調べてみると、「自己都合」とか「家庭の都合」「家庭の事情」「私事」「プライベート」といった表現が出てきます。

また、「個人的な事柄」「個人的な都合」「個人の事情」といった表現もあります。

すべてにおいて共通しているのは、公的なことや仕事などとは関係のない、個人的な事情のことを指して使われているということです。こうした類語や同義語からも、「一身上の都合」にはどんな事が含まれるかを推察できるのではないかと思います。

退職届に「一身上の都合」と書いてよいのはどんな時?

では具体的に、個人的な事情や都合の中に含まれる理由には、どんな理由があるでしょうか。

たとえば、親の介護や家族の転勤など家庭の事情により、退職せざるを得ない場合があります。また、結婚や出産、体調不良、転職が決まった、独立して起業するといった理由もすべて、自身の都合による退職理由となるでしょう。

他にも、社内の人間関係がストレスであるとか、仕事内容が自分には合っていない、上司が嫌いだといった事情で辞めることを考える方もいることでしょう。こうした事情も「個人的な問題や事情」に含まれると言えます。

会社側に辞める理由は具体的に言わなくても良いの?

bullying, education, friendship and people concept - two teenagers having a fight at school

基本的に、個人的な都合により退職を願い出る際に、具体的な理由を会社側に伝えなければいけない義務はいっさい生じません。

言いたくなければ具体的に理由を言う必要はなく、会社側からたとえしつこく理由を聞かれたとしても、「一身上の都合」以外のことは言わなくても大丈夫です。

退職届や退職願に、具体的な理由を書かずに「一身上の都合」とだけするのがマナーとする考え方の会社もあれば、詳細な理由をきちんと記載してほしいと言われるところもあるようです。

実際にどう書くかはその人に任される部分ではありますが、上手に「一身上の都合」という言葉を使うことで、円満退社に至れるケースもあると言えます。

具体的な理由を聞かれたらどうしたらいいのか

家庭の都合や結婚・出産などの理由であれば、仮に具体的に理由を聞かれたとしても答えやすい事でしょう。でもその理由が、じつは人間関係や仕事内容への不満である場合や、それに関連した転職である場合は、詳細な理由までは言いたくないと思うかもしれません。

実際に退職した人に聞いたアンケートによれば、会社側に伝えた退職理由と「ほんとうの」退職理由は違ったという人が多いことが分かりました。

会社側に伝えた退職理由としていちばん多かったのは、「結婚や家庭の事情」という回答で、全体の23%を占めています。家庭の事情といっても人によって違いますよね。でも会社側としては、個人の家庭の事情に踏み込みにくいという実情をうまく活用しているようです。

その次に多かった理由として「体調を崩した」というのが18%、「仕事内容がやりたいものではなかった」という理由が14%と続きました。

しかし、その同じ退職者に「ほんとうの」退職理由を尋ねたところ、いちばん多かった理由は「人間関係が悪かったため」という回答が、全体の25%を占める結果となりました。

続いて「人事制度や評価に対する不満」が12%、「給与が低かった」「社風や風土が合わなかった」「残業・休日出勤など、拘束時間が長かった」が11%で同列で続きました。

ほとんどの人が、仕事や会社の実情に不満を持ち、それが「ほんとうの」退職の理由となっていることが分かりますね。詳しい理由を聞くと、「上司からのパワハラやセクハラに耐えられなかった」とか、「同僚との関係が良くなかった」というホンネが見えてきました。

それとは対照的に、会社側に伝えた理由でいちばん多かった「結婚や家庭の事情」は、わずか2%という結果であることが調査で明らかになりました。

会社側に伝える理由と「ほんとうの」理由に占める割合は、真逆となったようです。ほとんどの人が「ホンネとタテマエ」を使い分けていることが見て取れます。

「ホンネとタテマエ」が違う人が多いのはどうしてか

「一身上の都合」のほんとうの理由は、職場での人間関係が悪いことや、会社への不満である人が多いのに、退職理由を聞かれてホンネを話さない人がほとんどなのはどうしてでしょうか。

同じ調査で聞いた「ホンネを話さなかった理由」としていちばん多かったのが、やはり「円満退社したかった」という理由が34%とトップを占めました。円満に退職して、心機一転次のスタートを新たに切りたいという人が多いようです。

次に多かったのが「話しても理解してもらえないと思ったから」が21%、「会社批判になってしまうから」が11%、「建設的な話し合いにならないから」「退職慰留や引き留めに合うから」が10%と続きました。

「ほんとうの」理由を言ってしまったら、会社との関係もギクシャクしたり悪化させてしまうことにもなりかねないし、面倒なことはなるべく避けたいから、「ホンネとタテマエ」を使い分けたいということなのでしょう。

いずれにしても、会社側に退職理由を詳しいことまで言わなければならない義務はない、というのが前提です。「一身上の都合」という、定型句として使われる便利な言葉がそのために存在するわけですから、自己都合による退職の場合はそれだけで十分と言えます。

「一身上の都合」と書けない場合もある

organization and team structure symbolized with cubes

結婚や出産、親の介護や家族の転勤、転職や体調不良、いまの仕事への不満などは、すべて個人的な事情や都合に含めて「一身上の都合」とすることができますが、反対に「一身上の都合」にはできない場合もあるので注意が必要です。

それは、退職することになる事情や理由が「会社の都合」による場合です。「会社の都合」にはたとえばどんなものが含められるでしょうか。

たとえば、会社が業績不振により倒産した場合やリストラされた場合などが含められます。早期退職を勧告されたことにより退職することになった場合も「会社の都合」になるでしょう。

また、事業所が別の場所に移転したことで通勤が困難になった場合や、一定の基準を超える長時間の時間労働や残業を命じられた場合、パワハラなどが原因で退職した場合も「会社の都合」に該当することもあるようです。

「会社の都合」なのか「一身上の都合」なのかはハッキリさせておくべき

退職理由を書く際に、面倒くさいからすべて「一身上の都合」で済ませちゃえばいいや、なんて軽く考えてはいけません。

理由が「会社側にあるのか」それとも「自分側にあるのか」では、雇用保険の失業給付金の受付開始日や、給付期間に大きな違いが出てくるからです。

・自己都合による退職の場合 退職した後にハローワークに離職票を出してから待機期間が7日間あります。その後、3ヶ月経たないと失業給付金をもらうことができません。

それに対して ・会社都合による退職の場合 離職票を提出してから7日間の待機期間は同じですが、その後1ヶ月で失業給付金をもらうことができるという違いがあります。

また、失業給付金の支給日数も大きく変わってきます。

・自己都合による退職の場合 給付日数は90日から長くても150日間までとなっています。それに対して

・会社による退職の場合 給付日数は90日から330日間となっています。

自分の都合でなく会社の都合で辞めさせられた形の場合は、事情が事情なので生活を保護してあげようという優遇措置になっているため、給付日数も長くなっているようです。

失業給付金が3ヶ月後になるか、1ヶ月後にはもらえるのかではずいぶん違いますし、どれだけの期間給付してもらえるかも大きいですよね。

すぐに次の仕事が見つかる場合は良いですが、体調不良や転勤など事情によってはすぐに転職して働けない場合もあることでしょう。それでも、その間も生活していくにはお金が必要ですし、失業している間の給付金は生活を支えるのに大きな役割を果たします。

面倒だからとか、問題を大きくしたくないからと安易に「一身上の都合」で済ませてしまわずに、退職することになった理由が少しでも会社の側に責任があるのなら、会社側にかけあって、理由が「会社都合」と書いてもらえるようにすべきです。

ハローワークのホームページなどで調べれば、自分の退職事情が「会社の都合」に当てはまるかどうかが分かります。もし会社と折り合いがつかない場合でも、ハローワークで異議申し立てをすることができるので、慎重に行動するようにしましょう。

履歴書に書く退職理由はなんと記載したら良い?

退職したい

では、次の就職先を探す際に書く履歴書には、退職理由についてなんと記載したら良いでしょうか。退職理由は「職歴」の欄に書くものですが、具体的な理由を書いた方が転職には有利に進むのでしょうか。

結論から言うと、基本的には退職理由を履歴書に詳しく記載する必要はなく、退職届や退職願を出す時と同じように、「一身上の都合により退職」あるいは「会社都合により退職」「契約満了のため退職」などと、おおまかに記載するだけで良いでしょう。

退職届の時と同じで、自分の方から辞める意思を示して会社側に伝えた場合は、理由はいかなるものであれ「一身上の都合により退職」と書きます。

派遣社員や契約社員など、入社する時から契約期間が決まっていて、契約満了期間まで働いた場合は、「契約満了により退職」と書くようになります。契約期間が満了する前に自己都合で辞めた場合は「一身上の都合」になりますので、注意してください。

倒産や早期退職勧告、リストラなどの会社事情により退職した場合は「会社都合による退職」となります。

転職の回数にもよりますが、基本的に履歴書の記載スペースは限られています。学歴と職歴を履歴書に記載しますが、これはあくまでも会社側がその人のキャリアの概要を知るためのものです。

具体的に退職理由を書いた方が、転職に不利にならない場合もありますが、そうでない場合は「個人の都合なのか」それとも「会社側の都合による退職なのか」さえ分かれば構いません。

もし具体的な退職理由を記載したいと思うなら、その際は履歴書にではなく職務経歴書に記載すればよいでしょう。あるいは面接で人事の担当の人から聞かれる場合もあるので、その時に伝えることもできると思います。

ただし応募者の多い企業だと、職務経歴書にじっくり目を通す時間がない場合もあり、履歴書の職歴欄で面接選考に進めるかを決める時もあるので、少しでも心象を良くしたいと思うなら、「一身上の都合」のあとでカッコ書きで簡単に理由を書くことも可能です。

履歴書に退職理由を書く上でいちばん大切なのは、「自己都合による退職なのか」それとも「会社都合によるものなのか」をウソ偽りなく記載すべき、ということだけです。

虚偽の内容を履歴書に書くと、経歴詐称に当たってしまいますし、そうした虚偽が後からバレてしまった時に、信頼や信用問題にも関わってきますので注意しましょう。

退職理由を履歴書に具体的に記載した方が良いケースとは

基本的には、履歴書に書く退職理由は、「一身上の都合」や「契約満了のため」「会社都合のため」だけで良いわけですが、理由を詳細にしておいたほうが雇用に有利に働くケースもあります。

<退職理由を具体的に記載したほうが良いケース>

①転職した回数が多い場合 ②これまでの経験業種や職種がバラバラで、一貫性がない場合 ③職務経歴にブランクがある場合

では、それぞれのケースにおいて、なぜ詳細な退職理由を記載しておいた方が良いのか、その理由と、それぞれの退職理由の書き方のポイントを見ていくことにしましょう。

ケースその① 転職した回数が多い場合

Concept of confused businessman with different direction arrows

転職した回数が多いと、採用担当者は「なぜこんなに次々と仕事を変えているのか」と不審に感じてしまいます。

「嫌なことがあるとすぐに仕事を辞めてしまう、責任感のない人なのでは…?」とか、「採用したとしても、またすぐに辞めてしまうのではないだろうか」と思われてしまう可能性がある、ということです。

個人的な事情や都合とひとくちにいっても、その理由はさまざまであることでしょう。すべて退職した理由を「一身上の都合によるもの」と片付けてしまうのではなく、もし履歴書に簡単に書けるスペースが空いているなら簡単に理由を記載しておきましょう。

たとえば、「出産のため」とか「結婚のため」、「親の介護に伴い退職」「家族の転勤に伴い退職」、「会社都合により」、「契約満了のため」などと書いておくことで、印象を少しでも良いものにすることができるに違いありません。

もし「人間関係の悪化」とか「上司への不満」など、退職した理由がマイナスなものだった時はどうしたら良いでしょうか。

確かにこれも「一身上の都合」に当てはまる理由にはなりますが、そのまま記載してしまうと、次の志望先の会社でも問題を起こす人なのではないだろうか、と良くないイメージをもたれかねません。

そのような場合でも、「他の業界にチャレンジしたいと思い退職」とか、「キャリアアップを目指し退職」などと、前向きな理由で退職したことをアピールすると良いと思います。

ケースその② これまでの経験業種や職種がバラバラで、一貫性がない場合

いろんな業種や職種での経験があるというのは、よく見てもらえれば「さまざまなジャンルにおけるスキルや知識、経験を持っている」とみなしてもらえて、優遇される可能性も高くなります。

しかし、逆を返すと「この人は経験もスキルも、知識もすべて中途半端な人なのではないだろうか」と採用担当者に思われてしまうことにもなりかねません。

営業職をやったと思えば、事務職をやってみたり、SEだったかと思うと販売員もやっていたり…

これまでの業種や職種がバラバラな人だと、「いったいこの人はどこに行き着きたいんだろうか」「目指すキャリアは何だろうか」「何のジャンルが得意なんだろうか」と、人事担当者も採用すべきか困ってしまうということです。

そうならないためにも、それぞれ実は目標があっての転職だったのだということが明確になるように、履歴書上にそれぞれの転職先での仕事内容や、配属先などを詳しく明記することで、一貫性を持たせるようにすると良いと思います。

ケースその③ 職務経歴にブランクがある場合

退職した日から現在までの期間にだいぶブランクがある人だと、その空いている期間この人は仕事をせずに何をしていたのだろうか、という疑問をもたれかねません。

確かに次の転職先が決まるまでに数か月かかってしまうことはあり得ます。転職活動をやっていて、思った以上に転職に時間がかかってしまったという人もいることでしょう。

しかし、半年以上とかそれ以上働いた形跡がないと、「この人は社会人としてすぐに環境に慣れて、順応してくれるだろうか」と思われてしまう可能性もあります。

職務経歴にブランクがある理由もいろいろあると思います。キャリアアップを目指すために、何らかの役立つ資格の取得を目指していた人もいることでしょう。

出産育児のために長期休職していた人もいれば、親の介護などの事情が生じ、休職せざるを得なかった人もいることと思います。病気やケガのために、長期で療養していたという方もいることでしょう。

そうした事情を簡単に履歴書に書いても良いですし、職務経歴書の方に詳しく記載することもできると思います。

「育児や介護」「病気による療養」などが理由の場合は、現在は働ける環境や状態が整っているということも、きちんと強調しておいた方がベストです。

面接で「一身上の都合」の理由を聞かれた時は何と答えたら良いの?

Businesspeople raising their hands with letters showing Q & A sign

履歴書に「一身上の都合による退職」と書いても、面接で詳しい事情や理由を聞かれることもあるので、前もって準備しておくようにしましょう。

退職届や退職願を出す時は、たとえ聞かれたとしても「一身上の都合」以上の理由を言う義務は生じませんが、面接の時は「言いたくないです」では済まされないですし、採用されるか否かに大きく影響してしまう場合もあります。

採用する側は、以前の会社の退職理由を尋ねることで、「この人は自社で長く働いてくれる人材だろうか、それとも何かあればすぐに辞めてしまう人ではないだろうか」というのを見きわめようとしているのです。

ということは、面接の際に「一身上の都合」の理由を述べる際には、前向きな退職理由を挙げた方が良い、ということです。

「前の仕事が自分には合わなかった」「会社の雰囲気が悪くて、居心地が悪かった」「上司とぶつかって辞めた」というような、マイナスに感じられる理由をダラダラと述べまくるようなことだけはしてはいけません。

それは、あなた個人の印象やイメージを損なってしまうだけで、採用には絶対に有利に働きません。

それよりも、「御社の○○のような仕事み魅力を感じ、キャリアを積みたいと思いました」とか、「以前の○○の仕事をする中で、御社が行なっている□□のような業種にチャレンジしたいと思い、転職を決意しました」

といったような、新たな挑戦や目標を持っての前向きな転職であることや、面接している会社でどうしてもやりたい、あるいは積みたいキャリアやスキルがあるというような、前向きな理由が転職に至った理由であることを言ったほうが、良い印象につながります。

まとめ

「一身上の都合」という言葉は、退職する際に、自己都合による事情や理由をまとめて使える、たいへん便利な言葉であるということが分かりました。

退職する時は、上司や会社側にどんな風に理由を言えば納得してもらえるだろうか、詳しく退職理由を言わないと辞めさせてもらえないのだろうか、と心配に思うかもしれません。

ですが基本的には、個人の都合による退職はすべて、「一身上の都合」で済ませて良いということですから安心ですよね。また、「ホンネとタテマエ」を上手に使い分けている人が多いということも分かりました。

履歴書の職歴を書く欄も、自らの意思で辞めた退職理由はすべて「一身上の都合によるもの」とすることができます。しかし、ケースによっては詳細な理由を書いた方が、採用に有利になることもあります。

または面接の時に詳しい理由を聞かれることもある、ということも心に留めておくと良いでしょう。便利な言葉ではありますが、ビジネスは信頼で成り立っていることも踏まえて、よく考えて使うようにしたいものです。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事