【通信業界の仕事】職種や求人の探し方や給料・待遇なども解説!

【通信業界の仕事】職種や求人の探し方や給料・待遇なども解説!

通信業界の仕事は情報の伝達や処理、加工、提供などを行うのが主な仕事です。通信業や情報サービス業、放送業、インターネットに付随するサービス業、音声や映像・文字情報制作業などに分類されます。日常生活やビジネスには欠かせないインフラを提供する業界になりますので、業績は好調です。また、通信業界は常に最先端の技術を追求しますので、変化が早く、伸び率も良いため、国内最大級の一大産業の業界と言えるでしょう。そんな通信業界の仕事に就くにはどうしたらよいのでしょうか?仕事の内容や求人の探し方について詳しく取り上げたいと思います。

通信業界の仕事の種類や特徴とは?

Global world telecommunication network with nodes connected around earth, concept about internet and worldwide communication technology, image from space furnished by NASA

情報の伝達や処理、加工、提供などを行うのが主な仕事です。通信業や情報サービス業、放送業、インターネットに付随するサービス業、音声や映像・文字情報制作業などに分類されます。

そのため、通信業界は、IT関係の事業とマスメディア関係の事業と繋がっていると言えるでしょう。通信業界の中の通信業は、有無線や他の方法による電気通信により、情報伝達をする会社になりますし、情報サービス業は、情報処理や情報提供等のサービスをする会社になります。

さらに、放送業は有無線や他の放送設備を使用することにより、視聴者に視聴してもらう放送事業を展開する会社になります。また、インターネットに付随するサービス業は、インターネットにより通信や情報サービスを運営したり提供する事業をする会社になります。

音声や映像・文字情報制作業は、ビデオや映画、テレビ番組の製作と配給をする会社、新聞や本などの発行や出版をする会社、レコードやラジオ番組の製作をする会社などがあります。通信業界は、このように様々な種類があり、それぞれの仕事の内容は似ているところもあることでしょう。

通信業界は、日常生活やビジネスには欠かせないインフラを提供する業界になりますので、業績は好調です。また、通信業界は常に最先端の技術を追求しますので、変化が早く、伸び率も良いため、国内最大級の一大産業の業界と言えるでしょう。

通信業界の好調の理由は、スマートフォンの普及にあります。近年、格安スマホが出てきており、これから通信業界の各社がどのような動きをみせるかが注目されるポイントになることでしょう。

通信業界の会社を見てみよう!

Mobile communication network concept. Abstract double exposure.

通信業界の会社にはどんなものがあるのでしょうか?激しい価格競争や新しいサービスを展開している企業など、様々な通信業界の会社があります。大手の通信業界の会社を見ていきましょう。

NTTドコモ

NTTドコモの親会社は、NTTになります。NTTは以前、日本電電公社として国内電話事業を独占していましたが、1985年に民営化され、日本電信電話(NTT)になりました。その後、NTTドコモは、移動体通信事業として1991年に分社しました。

ソフトバンク

ソフトバンクは、PCソフトの販売会社として孫正義氏が創業した会社です。2006年、携帯電話事業を日本国内で行っていた、英ボーダフォン日本法人を買収しました。その後、モバイル通信事業に参入してきました。

KDDI

KDDIは、2000年に誕生した会社です。国際電話事業を独占していた国際電信電話(KDD)の会社、京セラが出資して設立された第二電電(DDI)、トヨタ自動車が出資した日本移動通信(IDO)が合併しました。移動通信の「au」を有していますし、「JCOM」(CATV事業)も参加に有しています。

他の通信業界の会社の中には、NTT、日本テレビHD、TBSHD、フジ・メディア・HD、テレビ朝日HD,テレビ東京HD,朝日放送、スカパーJSATHD、WOWOW、USENなどもあります。

通信業界の仕事の魅力とは?

Close-up Of A Human Hand Attracting Red Human Figures With Horseshoe Magnet On White Background

通信業界の仕事の魅力の一つは、最先端の技術を身に付けることができ、自分の技術を磨けることです。スマートフォンやタブレット、パソコンなどは、新機種がどんどん出てきます。そのような新機種に関わり、最先端の技術についていきながら仕事をしていくことができることでしょう。

通信業界は、景気に影響を受けにくいため、求人が常に多く求められます。そのため、技術を身に付けた後にステップアップして、転職することも可能な職種と言えるでしょう。また、通信業界は人々の日常生活に欠かせないビジネスのため、人々の生活や社会に影響を与える仕事になります。

そのため、社会生活を自分の仕事が支えている、といったやりがいを見い出すことができる職種とも言えるでしょう。また、通信業界の平均年収は他の業界と比較しても、高い水準にあります。会社ごとに年収に違いはありますが、基本的に高い年収をもらっている人が多いと言えるでしょう。

有名企業であれば、年収1,000万円を超えるケースもあります。このように、通信業界は年収も比較的高いため、長く仕事に携わる人が多く見られます。

通信業界の仕事の転職事情

Laptop computer with magnifying glass, concept of search

通信業界の仕事は、同世代間で比較すると年収が良く、転職しやすい傾向にあります。就業時間に自由がきく雇用形態の会社もあるため、自分のライフスタイルに合わせて仕事をすることができるところもあります。

通信業界の仕事を探すために、インターネットで通信業界の仕事求人を探すならば、多くの求人情報を見つけることが可能でしょう。

「ハローワーク」

ハローワークとは、厚生労働省が管轄している職業安定局のことを言います。日本全国各地に事業所があり、住んでいる地域の求人案内だけでなく、障害者雇用など色々なサービスを提供してくれます。ハローワークでは、正社員の求人が多いため、通信業界の仕事を探している人に最適です。

現在では、ハローワークインターネットサービスを行っており、家にいながらハローワークの求人情報を検索することが可能です。

「DODA」

DODAは、業界大手のパーソナルキャリア株式会社が運営している求人サイトのことです。DODAは、転職したい人と会社を多岐にわたる手段でマッチングしてくれます。転職のプロフェッショナルが自分の希望に合うところを紹介してくれますので、転職先を優良会社から選びたい人には、おすすめです。

DODAに登録するならば、通信業界の仕事も見つかる可能性が高いでしょう。

「マイナビ転職」

マイナビ転職とは、常時約8,000件以上の転職や求人情報を掲載する転職サイトのことです。マイナビ転職には、転職マイコーチというコンテンツがあり、専任のアドバイザーがついてくれて個別にサポートをしてくれます。自分の希望に合った求人を紹介してくれ、面接のアドバイスをしてくれることでしょう。

さらに、履歴書の添削も行ってくれます。マイナビ転職は、第三者機構評価ナンバーワンに選ばれるほどの正社員の転職情報を持っています。マイナビ転職でしか見ることができない求人情報が載っていることもありますので、自分の希望に合った通信業界仕事の求人も探すことができることでしょう。

「リクナビNEXT」

リクナビNEXTは、転職者8割が利用している転職サイトです。リクナビNEXTでは、Web上で気軽に読むことができる転職支援コンテンツや便利な機能が充実しています。

さらに、リクナビNEXTでは、求人検索や会社への応募ができるだけでなく、経歴を登録しておくならば、興味を持った会社などからオファーが届くこともあります。非公開の求人もありますから、通信業界の転職にもおすすめです。

「indeed」

indeedは2004年に米国で創業した求人情報に特化した検索エンジンです。indeedは登録しなくても各サイトに掲載されている求人情報を閲覧することができます。また、indeedでは検索履歴を残すことができますし、履歴を消すこともできます。

自分の希望条件に合う検索履歴が残ることにより、自分だけのオリジナル求人ポータルサイトが作ることができるでしょう。さらに、indeedでは、掲載日から何日が経過したかも記載されます。そのため、情報の鮮度のチェックをすることもができますから、通信業界の会社への転職も可能でしょう。

「キャリコネ」

キャリコネ求人では、幹部候補求人や海外進出求人、マネジメント求人やIT求人、メーカ関連など様々な優良友人情報が載せられています。「転職ガイド」では、転職に関するTIPSもあるため、転職活動をしている人や、転職を検討している人に役立つことでしょう。

「エン転職」

エン転職は、エン・ジャパンが運営している転職サイトのことです。日本最大級の転職情報数を誇っており、豊富な転職情報から探すことができます。

毎週月曜日と木曜日に更新されます。エン転職の取材担当者が求人企業を徹底取材し、口コミ情報などが掲載されます。自分の希望する職種や業種、勤務地、年収、企業のタイプを基にしてマッチ度の高い求人を検索することができます。

会員登録するならば、レジュメアドバイスや、応募先企業の面接内容が事前に分かる面接対策レポートなど無料でサービスを利用することが可能です。さらに、職務経歴書を匿名で公開することにより、企業からスカウトされることもありますので、転職成功の可能性が広がることでしょう。

このように、インターネットのサイトを活用すれば、通信業界の求人は手軽に見つかることでしょう。

通信業界の仕事を探すなら「転職エージェント」

Young woman arriving for a job interview. Business people handshake in modern office. Greeting deal concept

求人サイトに登録することにより、転職することは可能ですが、転職エージェントを活用することをおすすめします。「転職エージェント」とは、人材紹介会社と呼ばれることもあり、無料で登録できます。

転職エージェントに登録するならば、求人情報の紹介をしてくれるだけでなく、履歴書や志望動機の応募書類の作成をサポートし、アドバイスしてくれることでしょう。また、転職エージェントは、面接日程の調整、採用条件などの取りまとめ、入社日調整など転職活動の一連を無料でサポートしてくれます。

転職エージェントは、転職サイトや求人情報誌に掲載されない「非公開求人」も扱っている転職エージェントが多く存在します。そのため、自分が希望する通信業界の仕事について公開されていない会社も教えてくれることでしょう。「転職エージェント」を利用することにより、自分一人で転職活動をするよりもより満足した転職活動をすることが可能です。

転職エージェントはそれぞれ得意とする分野が違いますので、自分に合った転職エージェントを利用することが大切です。転職エージェントを選ぶ際は、1社だけでなく、3社くらいは登録すると良いでしょう。まずは、自分のスキルアップを目指して登録してみるのはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事