【金型関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【金型関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

工場で生産される様々な製品は、金属やプラスチックの部品でできています。そうした部品をつくるためには金型が必要です。金型は金属などを使って、部品、製品の形に合わせて作った金属の型のことです。プラスチックやゴムなどの素材を使う場合もあります。金型があれば製品を安く、そして早く均一な仕方で作ることができます。日本には最高レベルの金型職人がたくさん存在しています。世界から注目されるような町工場も存在しています。

金型関連の仕事の種類や特徴とは?

Metal Letterpress Types. A background from many historic typographical letters in black and white with white background.

「金型設計」の仕事においては、その型、金型を設計します。依頼を受けると、依頼主の担当者と話を進め、完成品の図を作成することから始めます。依頼主が何を実現をしたいのか丁寧に話を聞いて、実際にできるかどうか、検討して行きます。

作りたい物が決まれば、実際に金型の設計の段階に入ります。金型の設計の場合には、CADを使ってコンピューターで設計図を書くことがほとんどです。

金型には例えば次のような種類があります。はじめに「ゴム金型」を挙げることができます。ゴムの部品は家電製品などを作るためにも必要とされています。自動車に欠かせないタイヤなどのこうしたゴム製品はゴム金型を活用して作られています。

「ガラス用金型」もあります。ビールの瓶、ウイスキーのボトル、ガラス製の皿やコップを作るためにも金型が使われています。

さらに、「プラスチック金型」も存在しています。プラスチック金型を活用して、飲み物のペットボトル、パソコンの外枠、テレビの外枠などが作られています。

このように金型は様々な場面で活用されていますので、金型の出来不出来は、部品や製品の品質に直接影響を及ぼすと言えます。例えば、電子機器の分野では、小型化そして軽量化が進んでいますので、金型の分野でかなりの精度が必要とされています。

金型設計において、スピードが求められる場合もあります。例えば、携帯電話の業界では、新機種開発がどんどん進んでいます。それで、新しい金型が早く欲しいというニーズも存在しています。

金型関連の企業の勤務の様子はどのようなものですか?

もちろん企業や勤務地によって違いは出ますが、ここでは一例として、プラスチック製品の金型を作成する職場の仕事の様子に注目します。ある職場では、技術を一から身に付けることができます。

そこでは、ボール盤などの手動で動かす機械で金属素材を削ったり、穴を開けたり、自動機を使用して細かい金属加工を行ったり、加工した金属どうしを組み合わせて金型を作成させたりする作業が行われています。

様々な前職を持たれる未経験の方たちがその職場で技術を身に付けています。入社後1ヵ月から2ヵ月、座学での勉強を行い、金型や金属加工の技術を勉強します。その後約1年間、ボール盤などの手動機を使用した業務を行って行きます。入社後2年から3年目は手動機の技術を身につけつつ最終工程の組み付け、仕上げ加工の技術を磨いて行ったり、自動機による金属加工を行ったりと、適性に応じた仕事を行って行きます。

入社後4年から5年目には、一つの工程を極める努力を払って行きます。このように、4年から5年かけて、経験を積み、1人前になって行きます。

金型関連の会社にはどのような会社があるの?

これから、幾つかの金型関連の会社に注目してみましょう。

株式会社ROKI

株式会社ROKI

www.roki-jp.com

株式会社ROKIでは、量産金型の設計から製作そして改修、金型新技術の構築、金型設計標準のグローバル展開などの業務が行われています。世界トップクラスシェア製品を有するグローバル企業であると言えるでしょう。

不要物を除去し、必要物質を抽出する濾過技術、フィルトレーションの専門メーカとなっています。二輪車、自動車、汎用エンジン用エアクリーナーを核とし、独自のノウハウを積み重ねて、世界のマーケットを視野に入れた事業展開を行っています。

1958年4月に設立されました。1989年には米国に海外拠点も設立し、その後、海外拠点を増やしています。世界の優れた企業と共同開発、研究や技術提携を進めて行こうとしています。

1998年には環境宣言を行いました。化学物質の管理強化、省エネルギー化、鉛・六価クロムフリー化、公害防止対策などにの環境保全活動にも積極的に取り組んできました。

株式会社ROKIでは社員間の交流の場も大切にされています。サッカーやソフトボールのクラブもあります。アットホームな会社です。

株式会社富士機工

株式会社富士機工

www.fuji-kiko.co.jp

創業は1973年、簡単に扱うことができるアイデア金型を生み出してきました。シンガポール、ベトナム、タイ、中国などの展示会にも参加しています。本社は東京都の武蔵村山市にあります。名古屋や大阪にも営業所があります。

持ち家の従業員が多く、会社もその点を推奨しています。社長が自ら現場に来て、社員に気軽に話しかけてくれる職場です。他部署への異動も行われており、様々な業務を体験することにより、多能工化も図られています。製造現場では製造に必要な資格の取得も奨励されています。

株式会社フジタ

株式会社フジタ

www.fujita.co.jp

アルミ鋳造金型、プレス金型など、複数の金型を作る企業です。富山県高岡市にある会社で、製品モデルや金型の設計図の作成、放電加工機などを使用した金属加工などが行われています。

1961年に創業がなされました。他社に断られてしまった仕事、複雑な形状で高精度な試作品製作、部品加工をお粉割らなければならない場合にも相談できる会社です。「ものづくり補助事業成果事例集」にも掲載されたことがあります。

金型関連の仕事の転職事情はどうなっているの?

金型関連の転職事情はどうなっているのでしょうか。金型設計分野で専門性を持っている方への採用ニーズは高い水準にあると言えます。一方、未経験者の募集もあります。

ただ、中には35歳迄と年齢の制限を設けている企業もありますので注意が必要です。1人前になるためにはそれなりの時間が必要ですので、若い人を育てて、長く働いて欲しいのでしょう。そのため、未経験の状態から転職するならば、20代や30代前半の方が有利であると考えられます。

金型関連業界の求人を探すには

金型関連業界の求人を探す際に、求人誌などで仕事を探してみるのも1つの方法であると言えるしょう。しかし、インターネットを活用できる環境にあるならば、仕事を探す場合に大変便利です。次のようなサイトを活用して、求人を探してみることもできます。

金型設計転職ナビ

金型設計転職ナビは、アスタミューゼ株式会社と株式会社メイテックネクストが共同で運営、管理している金型設計分野の転職活動を支援しているサイトです。

アスタミューゼ株式会社が金型設計分野の最新の動向を、メイテックネクストが非公開求人の情報やキャリアコンサルタントのアドバイスを提供することによって転職活動へのサポートがなされます。

金型設計の分野に特化することによって、専門求人案件を幅広くカバーし、希少案件も紹介できるようになっています。大手企業、有料企業の求人案件も多数紹介することが可能です。独自に交渉して創出した案件を紹介できる場合もあります。そして、企業との連携を密に図っているため、募集開始したばかりの新鮮な案件を紹介できる場合があります。

専門のキャリアコンサルタントが金型分野特有の事情もふまえて求人の紹介から内定した後のフォローまで全面的に支援してくれます。非公開求人も含めて情報収集を行ってくれます。応募書類や面接についてのアドバイスを受けることもできます。スケジュール交渉や条件交渉についても相談できるようになっています。

タウンワーク

タウンワークのサイトも活用できます。タウンワークは、リクルートグループが運営しているサイトです。それで、大手であることからの安心感があります。検索方法ですが、エリアや職種から探すことができる検索機能もあります。

例えば、東京で金型関連の仕事をしたい場合には、関東の「東京」という項目を選びます。すると、東京での仕事を検索できるページに移りますので、検索欄に「金型」と入力すれば、東京での金型関連の求人を探すことができます。タウンワークの情報が更新されるのは毎日朝7時となっています。その頃にアクセスすれば、新鮮度の高い求人を見つけられる可能性があります。こまめにチェックすることができるでしょう。

「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している人気の高い転職サイト。人気の大企業だけでなく優良な中小企業の案件も豊富ながら、条件に合った案件を検索しやすい、必須の転職サイト!

リクナビNEXTは、リクルートを母体とする「リクルートキャリア」が運営する社会人向けの転職サイトとなっています。無料登録も簡単に行うことができます。

登録の時間は5分ほどです。ちょっとした空き時間に登録できてしまうので、便利です。登録内容ですが、例えば、経験した職務やスキル、過去の職歴、氏名、希望条件などを登録することになります。リクナビNEXTは、転職希望者の約8割が利用していると言われています。人気の秘密として、業界最大級の求人数、そして魅力的なサービス内容を挙げることができるでしょう。

リクナビNEXTを運営するリクルートキャリアは、就職情報が掲載された「就職ジャーナル」、人材紹介のリクルートエージェントや、新卒採用に関連したリクナビなど、人材関係のサービスを提供している大きな企業ですので、リクナビNEXTには、小さな転職サイトではかなわないほど充実したサービスが提供されています。

リクナビNEXTでは、例えばWeb上で気軽に読むことができる転職支援コンテンツや、便利な機能が充実しています。掲載求人数は約10,000件、新着や更新の求人は週で考えると毎週1,000件を超えることもあると考えられています。これは、国内の転職サイトの中でもトップクラスに入る数字です。

掲載されているバリエーションも、リクナビNEXTの強みであると言えます。様々な業種の求人があり、企業の規模も上場企業、ベンチャー企業、中小企業もあります。気になる求人を開くと、仕事内容などが詳しく書かれています。

リクナビNEXTで求人を探す際には、求人を絞り込むができるようにもなっています。とても便利です。掲載求人数が多いサイトですと、たくさんありすぎてかえって見るのが大変になってしまうのではないかと心配になるかもしれませんが、リクナビNEXTは絞込みができるので安心です。例えば、正社員か派遣社員なのかなどの雇用形態、そして希望年収、未経験でも歓迎か、学歴不問かなどのこだわりに沿って、絞り込み可能となっています。

求人を見ていると、この企業は気になるのだけれど、もう少し時間をかけて検討してみたい、まずは、他の企業の情報も吟味したいと思うような時もあることでしょう。リクナビNEXTでは、そのような時に役立つ、気になるボタンがあります。気になるボタンを活用して、情報を保存することができます。

気に入った求人が見つかったなら、ボタンから簡単に応募可能です。応募した後、数日から1週間ほどで書類選考の結果はその企業から届くことになります。もし、事前の断りなくあまりにも書類選考の結果が届くのが遅い場合は、例えば1週間以上届かないような場合には、その企業に問い合わせてみましょう。

さらに、リクナビNEXTには、会社への応募、求人検索ができるだけでなく、スカウトサービスという機能もあります。転職サイトは一般的には自分で仕事を探し、自分から企業に応募して行きますが、このスカウトサービス機能とは、企業の方から登録した人にスカウトが届くサービスのことです。スカウトサービスを利用するためには、自分の経歴や転職時の希望条件を登録しておきます。企業の担当者がそれを見て、興味を持てば、スカウトメールが届くことになります。

リクナビNEXTから届くスカウトメールには、次の2種類があります。はじめにプライベートオファーです。これは非公開求人です。スキルや職歴に興味を持った企業から送られてくる個別の面接の案内となります。プライベートオファーを受け取ると、書類選考なしで面接を受けることができます。

次にオープンオファーがあります。これは公開求人で、企業から求人情報や会社説明会の案内が届きます。案内された求人に応募すると、そこで、書類選考が行われることになります。いずれにしても、企業の側から興味を持ち、スカウトメールを送付するわけですから、内定の可能性は高いことでしょう。

このスカウトサービスですが、登録内容によっては次々と連絡が届く場合があり得ます。しかし、もちろん自分が望んでいるのと違う職種のスカウトメールが次々と届くこともあり得るわけです。その種のスカウトメールを連日のように確認しなければならないとすれば、もしかると、期待外れで面倒だと感じてしまうこともあるかもしれません。

逆に、自分が希望していた職種のスカウトメールが見事に届くならとても嬉しいですし、中には希望している職種と異なるスカウトメールがたくさん混ざっていても、たくさんの企業からスカウトメールをもらうことにより自信が湧いてくるという場合もあり得ます。

自分が望んでいるのと違う職種のスカウトメールが次々と届いても、それにより新たな自分の可能性について考え、実はその職種が自分に合っていることに気づかされるということもあることでしょう。

とりわけ、自分が希望していなかった業種の企業から、プライベートオファーが届いた場合、真剣に一考してみるのも良いでしょう。なぜなら、そのプライベートオファーは、企業側が職を探している人へ一斉送信で送ったメールではなくて、自分の経歴などに魅力を感じた企業の人事担当者が個別に送信したメッセージだからです。

その企業にとって、自分が必要とされている人材であることの証拠とも言えるでしょう。自分では真剣に考えたことのない業種であったとしても、考慮してみる価値は十分にあることでしょう。自分自身がわかっていなかった可能性や市場価値に気づく機会になるかもしれません。

リクナビNEXTは転職エージェントではなく、転職サイトですので、専属のエージェントが付き、転職のサポートをすることはありません。転職サイトの良さは、エージェントが付きませんから、しばられたり、せかされたりすることなく、自らのペースで就職活動を進められるというところにあるのかもしれません。

そして、リクナビNEXTでは、こうした全てのサービスを無料で利用できるので安心です。

こうしたサイトを活用すれば、インターネットで金型関連業界の求人を見つけることは難しくないでしょう。自分に合った転職先を見つけたい場合は、転職エージェントを活用してキャリアアドバイザーの支援を受けることもできるようになっています。こうしたサイトを活用して、金型関連業界の仕事を見つけてみるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事