金融業界への転職に使うべきエージェントはこれだ!

平均年収が高い金融業界。転職先の理想であると思いますが、証券、為替、銀行やファンドなど様々な会社が存在します。理想的な職場に転職するには高度な知識が求められます。今回は近業業界への転職を実現したい人のために、おすすめの転職エージェントとその方法論をまとめました。

金融業界への転職が人気の理由

金融業界へ転職

誰もが一度は考える転職の中で人気のある業界のひとつが、金融です。なぜなら、金融業界には高収入の企業が多く、その多くがホワイト企業だからです。また、業績が安定していること、福利厚生が充実していることなどの人気の理由となっています。さらに、身近な業界なので仕事のイメージがしやすいことも関係しているようです。しかし、金融業界と言っても銀行や証券会社、保険会社、ノンバンク、資産運用会社などの総称になるので数多くの職種が関係していきます。ですから、転職活動に志望が金融業界と言っても、さまざまな職種があるので方向性を明確にしておくことが転職を成功へと導きます。これら金融業界全てのビジネスが、お金を扱うビジネスという共通点があるため、年収が高い傾向があります。そのため、年収アップのために金融業界への転職を希望する方も少なくありません。では、金融業界への転職を成功するためにどうしたらよいのでしょうか?それは、転職エージェントを利用することです。数多くの転職エージェントが存在していますが、その中には金融業界全体をカバーしているエージェントもあれば、特定の業界のみを特化としているエージェントもあります。ではここで、それぞれの業界を専門とする転職エージェントをご紹介しましょう。

金融業界全体に強い転職エージェント

大手総合型転職エージェントは、金融業界にも強みを持っています。それは、保有している求人案件数が圧倒的多くということです。そのため、登録する価値がある転職エージェントとなっています。

「リクルートエージェント」 リクルートエージェントは、さまざまな業界の求人案件を豊富に扱っている日本最大手の転職エージェントです。もちろん、それには金融業界の求人案件も多く扱われており、日本各地に支店を構えて転職活動をサポートしています。業界最大級とも言われている約9万件以上の非公開求人を抱えています。金融業界の求人案件の中にはメガバンクや地方銀行、信託銀行、政府系金融機関、生命保険、損害保険、投資銀行、投資ファンド、消費者金融、事業者金融、クレジットカード、信販、などの数多くの業種が含まれています。これらの求人案件を紹介してくれる在籍キャリアコンサルタントは、すでに30万人以上の転職を成功させた実績を持つ転職のプロです。そのため、提供されるサービスの質や、求人の質も最良のものとなっています。すでに希望している職種が決まっている方はもちろんのこと、金融業界という方向性は決まってはいるものの職種が明確になっていない方など、金融業界への転職を考えている全ての方にとって、リクルートエージェントは登録必須の転職エージェントとなっています。

「JACRecruitment(ジェイエイシーリクルートメント)」 JACリクルートメントは、さまざまな業界や業種の求人案件を扱っている大型転職エージェントですが、金融業界に関して力を注いでいることで知られています。なぜそのように知られているかというと、在籍しているキャリアコンサルタントの30名強が、金融業界を専門としているからです。その数が業界トップクラスとも言われています。また、銀行、証券、保険、コンサルティングファーム、ノンバンク、ファンド、M&Aなどの各分野のプロフェッショナルのコンサルタントが在籍しているので、より専門的なアドバイスを受けることができます。これらに加えて、外資系企業も特化しているので、外資系金融機関を希望している方もおススメの転職エージェントとなっています。

外資系の金融業界への転職に強い転職エージェント

外資系金融業界への転職は、非常に難関と言われています。たとえ入社することができても離職率がとても高いので、入社する前に転職先の企業の社風や社内制度などさまざまな点を事前に調査することは欠かすことができません。それらの情報を自分で全て収集するには限度があるので、相性が合うキャリアコンサルタントを見つけて、情報を供給してもらうことが大切になってきます。そのためにも、外資系金融業界への転職を目指している場合、転職エージェント選びには慎重さが必要となってきます。 「ウィルハーツ」 ウィルハーツは、外資系金融機関を勤務して得た知識やスキル、経験を持つ代表者が起こした金融業界専門の転職エージェントです。金融業界専門のプロのキャリアコンサルタントから、的確で実際的なサポートを受けることができるので、効率よく転職活動を進めていくことができます。また、応募する職種のポジションに合った履歴書や職務経歴書の書き方と添削、面接対策など細かな点までアドバイスを受けることができます。ウィルハーツでは公開されている求人案件に加え、一般には公開されていない非公開求人や、企業幹部から直接依頼を受けた求人など他の求人エージェントでは得ることができない情報の求人案件を数多く保有しています。このように良質な案件を特徴とするウィルハーツですが、利用することができるのは、すでに金融業界である程度の経験を積んでいるスペシャリストや、エグゼクティブを対象としていると限られています。なので、残念ながら、金融業界の経験が浅い方や未経験者は登録したとしても、求人案件を紹介してもらえないことがあります。

「ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職」 ムービンストラテジックキャリアは、金融機関、ファンド、M&A、会計士などを強みをする金融業界専門の転職エージェントです。在籍しているキャリアコンサルタントの多くは、大手金融機関の出身者なので、金融業界のプロとして転職活動をサポートしてくれます。転職をするかしないかで悩んでいる段階だとしても親身になってキャリアプランの相談に応じてくれます。金融業界のどの職種についたらよいか方向性に悩んでいるなら、ムービンで転職について相談してみることができるでしょう。また、面接対策も徹底的な指導をしてくれるので、外資系金融を希望している方は、登録必須の転職エージェントです。

「コトラ」 コトラは、外資系金融に特化している転職エージェントです。在籍しているキャリアコンサルタントは、全員金融業界の出身者なので専門性がとても高く、金融業界への転職を希望する人の気持ちをよく理解し、転職を成功させるために適確なアドバイスをくれます。一般的に外資系金融への転職は時間を必要としますが、コトラはそれを想定し、中長期的に渡っての転職活動を徹底的にサポートしてくれるので、自分のライフスタイルに合ったスピードで転職活動を進めていくことができます。

「Spring転職エージェント(アデコ株式会社)」 Spring転職エージェントは、日本で30年以上の事業実績を誇る老舗の大手転職エージェントで、外資系の企業を専門としています。世界で人材業界売上高2位という位置に属するSpring転職エージェントは、金融業界の求人案件も豊富に扱っています。その職種は多種多様で国内・外資系も含めて銀行、証券会社、保険会社、アナリスト、トレーダー、リテールなどの専門分野のスキルを活かすことができる求人案件を抱えています。世界第2位というネットワークの強さと情報収集を活かした非公開求人案件も豊富に持っています。外資系金融業界への転職を希望している方は登録必須の転職エージェントです。

金融業界へのキャリアアップ転職に強い転職エージェント

金融系の専門職への転職は、どの職種も転職市場価値が高い傾向にあります。そのため、転職することで年収が1〜1.5倍アップするということも珍しくありません。では、金融系専門職に特化している転職エージェントをみてみましょう。 「ビズリーチ」 ビズリーチは、管理職や専門職などのハイキャリアやハイクラス向けの求人案件を専門としている転職エージェントです。金融業界の求人案件は、年収2,000万円を超える案件を豊富に扱っています。すでに高収入を得ている方や、金融業界での経験や実績などに自信がある方に特にお勧めとなっています。

「アンテロープ」 アンテロープは、金融転職とコンサルタント転職に力を入れている転職エージェントです。それには投資銀行、不動産金融、PEファンド、アセットマネジメント、戦略系コンサルタントなどの求人案件数は、業界でも大手に負けないくらい豊富となっています。国内・外資系問わず利用することができます。

「アスパイア」アスパイアは、金融業界に特化している転職エージェントですが、その中でも金融、外資系、コンサルトなどに力を入れています。特にコンサルファームと外資系投資銀行の転職には特化しており、経営幹部や管理部門、金融、コンサルトなどの職種の求人案件を得意分野としています。1,000以上の有名企業との取引実績もあるので、安心して利用することができます。

未経験から金融業界への転職に強い転職エージェント

未経験から金融業界への転職へ挑戦することを考えているなら、「JACRecruitment(ジェイエイシーリクルートメント)」や「リクルートエージェント」などの大手総合型転職エージェントを利用することができるでしょう。その際には複数のエージェントを登録して、キャリアコンサルタントの質を見極め、自分に合うエージェントへと絞ることができます。また、次の転職エージェントも未経験から金融業界への転職にお勧めの転職エージェントです。

「DODA」 DODAは、人材業界国内第2位の売り上げ実績を誇るパーソルキャリアが運営している大手転職エージェントです。証券会社の求人を多く抱えていますが、未経験でも応募可能な求人を豊富に扱っています。非公開求人も豊富に持っていて、良質で独占求人が多いことで知られています。金融業界の転職に精通しているキャリアコンサルタントが在籍しているので、未経験の方でも安心して相談をすることができます。

「パソナキャリア」 パソナキャリアは、金融業界が未経験の方にお勧めの転職エージェントです。約21,000以上の求人案件をいつも抱えており、その中には金融業界の案件も数多くあります。特に初めての転職でも安心して利用することが出来るよう、キャリアコンサルタントの育成にも力をいれているので、きめ細かいサポートを受けることができます。それにはキャリアの方向性の相談、求人案件の紹介、履歴書や職務経歴書の添削などを丁寧にサポートしてくれます。異業界や異業種からの転職を考えているなら、悩みや不安を解決することができるのでお勧めの転職エージェントです。

金融業界への転職で転職エージェントを利用するメリットとは?

金融業界への転職で転職エージェントを利用することにはさまざまなメリットがあります。具体的にどのようなものがあるのでしょうか?

非公開求人の情報を収集することができる。

転職エージェントは、大量の非公開求人案件を保有しています。非公開求人案件の多くは良質なもので、ハイクラス向けのものも中にはあります。企業側が内部情報を知られたくないために発生する非公開求人ですが、転職エージェントを利用するならこれらの非公開求人を紹介してもらうことができます。それだけでも転職エージェントを利用する価値はあると言えるでしょう。

自分では調べることができない金融業界の状況を知ることができる。

金融業界を専門としている転職エージェントには、金融業界出身のキャリアコンサルタントが数多く在籍しています。業界出身者なので情報に精通しているため、金融業界の状況や内情などを教えてもらうことができます。

未経験から金融業界への転職を徹底的にサポートしてくれる。

転職エージェントを利用するなら、担当のキャリアコンサルタントがつきます。キャリアコンサルタントは一人一人の状況に合ったサポートを提供してくれるので、金融業界が初めての分野の転職だとしても、転職が成功するように履歴書や職務経歴書の添削や面接対策などを徹底的にサポートしてくれます。

転職に必要なサポートをすべて無料で受けることができる。

転職エージェントのサポートはすべて無料で受けることができます。なぜなら、求職者の採用が決まると、企業側からエージェント側に内定先の年収30%前後の報酬金が支払われるからです。そのため、必要なサポートを無料で受けることができます。

転職エージェントを利用する際に注意すべきこと!

転職エージェントを利用する際には、注意すべき点がいくつかあります。それらを気を付けることで転職を成功へと導くことができます。つまり、転職エージェントを正しい方法で利用しないなら、失敗してしまう可能性があるということです。では、どのような点に注意することができるでしょうか?

担当のキャリアコンサルタントとの相性が悪ければ必ず交代してもらうこと。

転職エージェントを利用する場合、担当のキャリアコンサルタントがつきます。このキャリアコンサルタントに転職を成功させるかどうかがかかっています。ですから、担当のキャリアコンサルタントとの相性が良くないと感じたり、金融業界に関する専門の知識やスキルに欠けていると感じるなら担当を変更してもらうようにしましょう。

定期的に連絡を入れること。

転職エージェントは、企業側から求人の依頼を受けると、データベースの中からその条件に適した人を探していき紹介します。その際に優先されるのは更新日が新しい人からです。ですから、連絡をせずに情報を更新しないなら転職先が決まったと判断されてしまい、新しい求人案件を紹介してもらえなくなる可能性がでてきます。そのようなことを避けるために、登録後からは、2週間に1回程度割合で、定期的な連絡を入れて情報を更新することは大切です。

良いところがあればすぐに紹介して欲しい旨を伝えること。

転職エージェントへ初めて訪問する初回の面談で、担当のキャリアコンサルトから転職時期について必ず聞かれます。その際に、良い求人案件があればすぐにでも転職したい、という旨を伝えることで、求人を紹介する優先順位を上げてもらえることができ、良質な求人案件が発生したらすぐに紹介してもらうことができるでしょう。

推薦文を必ず確認すること。

書類選考の際、履歴書や職務経歴書と一緒に、担当のキャリアコンサルトが求職者を紹介する推薦文を企業側に書いてくれます。キャリアコンサルトによってはひどい内容の推薦文を書く人も中にはいます。そのようなことを避けるためにも、推薦文の中身を確認したい旨を伝え、推薦文を確認するようにしましょう。

まとめ

金融業界への転職を成功させるために転職エージェントの利用は必須です。しかし、担当のキャリアコンサルタントの質はピンキリなので、自分と相性の合ったコンサルトを見つけるためにも、転職エージェントは必ず複数登録して利用することで、その質の善し悪しを見極めるようにしましょう。