【鉱業業界の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【鉱業業界の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

鉱業とは地中にある鉱物を採掘する産業のことです。鉱物の中には人間の生活に有用なものがあります。例えば金や銀などの金属は昔から価値が高いものとして重宝されてきました。さらに石油や石炭などは燃料鉱物として今でも私たちの生活に欠かせないものになっています。他にも硫黄やリン、原油などの非金属鉱物とがあります。現在では石灰石が主に採掘されています。鉱業業界に従事する会社の中には精錬や加工までを手掛ける企業が多いのが特徴です。

鉱業業界の基本情報

Coal mine workers in an open pit

非鉄金属分野に関連して言うと、鉱山を採掘うして精錬を行った後、鉱物を板にしたり合金にしたりする1次加工を行なうのが通常です。その後メッキなどにする2次加工を行ない、最終的に電子部品メーカーや科学メーカーなど様々なメーカーに販売されます。過去された鉱物は製品として売り出されます。

ちなみに日本標準産業分類によると、金属工業と石炭・亜炭鉱業、原油・天然ガス鉱業、非金属鉱業との4つに分類されています。日本ではそれほど多種多様な鉱物資源は算出していません。以前は金や銀や銅、鉄、亜鉛などがかなりの規模で採掘されていました。しかし資源の枯渇や採掘にかかる費用が上昇したことなどで鉱山の操業が相次ぎました。

経済に左右される鉱業

鉱業業界はわりと世界の政治情勢や経済状態に左右されやすい業界の一つです。物資価格や需給変動には弱さがあり、状況が悪化すると企業の倒産も見え隠れしてしまうほどです。また今後の鉱業業界の大きな課題として、資源確保の問題があげられます。

低予算で安定して資源を確保する必要があります。例えば銅の消費が今後世界的に拡大する可能性がありますが、銅の埋蔵量はあと数十年と言われています。銅はIT機器によく使われるため、新興国の台頭によって今後どうなるかが分かりません。

最近では都市鉱山という言葉が注目されています。都市鉱山とは「廃棄された家電製品などに含まれるレアメタルなどの有用資源」を指します。例えば携帯やパソコンなどから希少な資源のことです。これらの資源を回収する事で資源を再び活用する事が可能です。

独立行政法人「物質・材料研究機構」によると、2008年の時点で日本の都市鉱山における金はあ6,800トンにもなるとされています。銀は60,000トンです。すでに日本では2013年に小型家電リサイクル法が施行されていて、金属回収が進んでいます。

年収

Government budget / public spending concept : Dollar bag, coins, color wood bar graph on a table, depicts the increment in annual financial budget or revenues that government collects from tax payer.

年収に関して言うと、役職についている場合は800万円から1,400万円ほどの年収をもらえるようです。また学歴では高卒程度が500万円~600万円、大卒が700万円~800万円といったところです。鉱業業界の従事者の平均年齢は42歳ほどで、平均勤続年数は16年くらいです。

役立つ資格は?

鉱業業界にも海外事業の展開をしている会社があります。そのため英語力は非常に役立つ可能性があります。また場合によっては中国語やその他の言語を活用できる場面も出てくるかもしれません。

実際非鉄金属分野の企業の中には南米のチリや中国やアメリカに鉱山調達で乗り出しているところがあります。また新卒採用募集要項の中には、大卒や大学院卒を明記している企業もあります。修士号や博士号の取得者が給与面で有利になることもあります。

鉱業業界の代表的企業

鉱業業界の主要な企業を簡単に紹介して、企業に関する口コミ情報も合わせて参照したいと思います。各社の求人情報も合わせてご紹介します。

国際石油開発帝石

国際石油開発帝石

www.inpex.co.jp

国際石油開発帝石は石油開発の最大手の企業です。国内はもちろんオセアニアや中東、中南米、アフリカなど全世界における石油天然ガスの探鉱や開発、生産、販売などを行なう会社への投資、融資を手掛けています。2019年3月期の連結売上高は1兆10億円ほどでした。過去5年間の平均年収は930万円ほどでした。社員の口コミ情報も見てみましょう。

「主たる株主は日本政府(経済産業省)であって安定的である。また、日本では数少ない石油・天然ガスの開発を専業とする会社であり、地質学等の専門分野を持つ人は特にその強みを活かしやすい。加えて、足元の低油価にもかかわらず、引き続き給与水準が高い。」

「付き合い残業などの習慣はなく、サービス残業も基本的にはする必要性なし。月45時間以上の残業では別途申請書が必要。また、あまり利用しないが、長時間労働者に対する医務室、産業医の面談など、注力している模様。」

「海外語学研修や海外事務所研修など、やりすぎなほど充実している。また、社外の講師を招いての各種セミナーなど頻繁に実施しているので、他社と比べて充実していると思う。また社外で行われる比較的高価なセミナーへもいかせてもらえる。」

「【一番やりがいを感じる点】プロジェクト一つ一つが非常に長期であるため、短期的なやりがいを見出すのは難しい。優秀な先輩社員が多く、彼らから一定の評価が得られると次へのモチベーションとなる。」

求人情報 2019年1月時点で公式サイトにキャリア募集情報なし

石油資源開発

石油資源開発

www.japex.co.jp

石油資源開発は石油開発の大手企業です。主に原油・天然ガスなどの請負事業を行なっています。また石油製品の購入や販売、原油・天然ガスの輸送も行なっています。2019年3月期の連結売上高は2883億円ほどと予想されています。過去5年間の平均年収は813万円ほどでした。社員の口コミ情報も見てみましょう。

「必然的に英語力は向上するが、自分でも努力をする必要がある。プロジェクトのマネジメント力は必要だが、実際にリーダーシップを持った人材は非常に少なく、自分でいくつかのプロジェクトを遂行していく中で、段取り力、企画力、マネジメント力を向上させた。」

「相対的に、世間一般の給与水準の中では悪くないレベルになっている。じわじわと昇給していくシステムなので、長期間在籍していれば、ある程度の給与水準には達することができる。海外駐在等の場合は、相応の手当てがある。」

「高卒のわりに給料はトップクラスで良いように感じた。賞与と月収のバランスも良く、どっちかに偏ることもなかったので、不満はなかった。」

「さほど必要とは思われない残業でも、若手社員が残業手当を生活費の補助に得ようとする場合には、許容する必要があるが、近年は残業そのものに対する監視が厳しく、かつてのように自由に残業できる環境がなくなってきている。」

「英語教育に注力しはじめ、多人数の英語教育を実施している点は素晴らしい。特に、スカイプによる英会話のレッスンは、毎日英語を話す機会を与えるという意味で、非常に有効と考える。短期の研修、中期、長期の研修もある。」

求人情報 勤務時間 フレックスタイム制:始業及び終業の時刻は社員が選択。 (コアタイム10:00~15:00、始業7:00~10:00、終業15:00~21:00、休憩12:00~13:00) 標準勤務時間7時間35分 ※生産鉱場・プラントを除く

休日休暇 ■完全週休2日制(土・日)祝日※作業場等シフト勤務を行う勤務場所もあります。 ■年末年始休暇■創立記念日■有給休暇(初年度12日、以降17~20日) ■ボランティア休暇(年間5日以内・有給)、子の看護休暇(年間5日以内・有給)、育児、看護・介護休業制度があります。 ※嘱託・有期雇用契約の条件は別途の定めによります。

給与 当社規程により個別に決定します。なお、賃金制度は変更となる場合があります。 ※嘱託・有期雇用契約の条件は別途の定めによります。 諸手当 ■地域手当(本社、北海道勤務の場合)■ライフプラン手当■管理職手当 ■扶養手当■別居手当 ■通勤手当■時間外勤務手当■休日勤務手当 ■深夜勤務手当■海外勤務の場合、駐在に係る諸手当が支給されます。 ※嘱託・有期雇用契約の条件は別途の定めによります。

昇給 正社員:年1回(4月に行います。) 賞与 正社員:年2回

保険 ■帝石健康保険組合■厚生年金保険■雇用保険■労災保険 福利厚生 ■財形貯蓄制度■住宅融資制度■企業年金制度(確定給付企業年金、確定拠出年金) ■共済会 ■従業員持株会 ■独身寮・社宅完備(廉価で入居できます)■社員クラブ(東京麻布) ■各種クラブ活動がさかんです。(野球、テニス、フットサル、茶道、釣、囲碁・将棋、他) ※嘱託・有期雇用契約の条件は別途の定めによります。 教育制度 ■階層別研修■英語研修■自己啓発支援■その他各種講習

試用期間 あり(入社後1ヶ月。その他条件は採用時と変更なし)

日鉄鉱業

日鉄鉱業

www.nittetsukou.co.jp

日鉄鉱業は石灰石の採掘や集塵機などの作業機器の製造や販売を行なっている会社です。石灰石鉱山を各地に有していて、生産量については国内トップです。チリでの事業展開も行なっています。2019年3月期の連結売上高は1,190億円と予想されています。過去5年間の平均年収は688万円ほどでした。社員の口コミ情報も見てみましょう。

「【社員同士のノウハウ共有の多さ】私の所属する経理部門は各支店ごとに担当者が決まっていて、同じ条件や内容で業務を進める為に常に情報を交換し合い分からないことは教えあって共有するようにしています。」

「一般事務の場合、覚えるまでが大変であるが、覚えてしまえば割と簡単だと思える仕事内容だったと思う。電話対応や来客対応、あとは配属された部署でのサポート業務となる。毎月がほぼほぼ同じルーティンなので、それが苦にならない人であればまぁ」

「暦通りのお休みが取れるので、そこはとても良いと思う。有給と割と自由に取ってる社員が多い。時たま飲みすぎて来れずに、次の日休んでしまう社員もいるくらい。何かと休みに関しては寛大に許してくれる会社ではある。」

「【業務の効率化を求められる環境か】業務内容が業務時間に対して著しく多い内容なので、効率化は考えざるを得ない状態で日々鍛えられています。」

求人情報 2019年1月現在、公式サイトに中途採用情報なし

三菱マテリアル

三菱マテリアル

www.mmc.co.jp

三菱マテリアルはセメントや非鉄金属精錬、金属加工、資源開発などを手掛けている会社です。リサイクルにも力を入れています。2019年3月期の連結売上高は1兆6,600億円と予想されています。過去5年間の平均年収は723万円ほどでした。社員の口コミ情報も見てみましょう。

「自分で意識して、新たな業務にチャレンジしやすい風土がある。関連資格を取るなど、自己研鑽に勤めれば職場で頼られる存在となっていく。」

「業種がセメント、ベースメタルのため、昔から何も技術革新がないまま、同じ製品を造り続けており、良くも悪くも、顧客も決まっており、成長は望めませんが、低利益率で安定していると感じます。 但し、セメントは東日本大震災特需が終わり、メースメタルも北京オリンピック特需が終わり、需要より供給が多くなってきているので、早晩、業界の統廃合に至ると思います。」

「仕事の質に対して、給与水準が高いこと。何十年も品質や性能が変わらない製品を同じ工程で製造し続けているため、仕事を通じて専門性やスキルなどの向上を要求されず、命令に従って、「単純作業」「肉体労働」を 永延と続けるだけで、一般的な大企業と同じ水準の給与が稼げる。」

「高卒の基幹職(操業オペレーター)は、ライフワークバランスも良く、まったり高給です。休日出勤手当、夜勤手当など様々な手当てが付くため、30代前半で、年収500万円を超えて、50代では年収800万円程度稼げます。同年代の大卒の総合職の方が年収が低い位です。」

「残業時間は毎月平均42時間程度であった。法令順守の意識は高く、36協定などを遵守していた。また、残業はすべて上司に申請して承認を受けて行っており、状況に応じてある程度柔軟に調整可能であった。また、100%残業代が出ていたことも良かった。」

求人情報 2019年1月時点で、公式サイトに中途採用情報なし

鉱業業界のオススメ転職

鉱業業界に収縮したい方は、転職サポートサービスを使って案件を探すと良いでしょう。なぜなら転職サービスに登録すると、自分一人では見る事の出来ない非公開求人を多数閲覧できるようになるからです。

非公開求人は、非公開求人は企業がよりマッチング率の高い求職者を求めている場合に提供されることがある求人です。また好条件のため、一般公開されないという場合もあります。いずれにしても選択肢を大きく拡げる事ができるため、転職サイトを使わない手はありません。

さらに転職サービスに登録すると、エージェントやコンサルタントなどと呼ばれる転職サポーターからのヘルプが期待できます。書類作成や面接対策などはもちろん、相手企業との条件交渉などでも活躍してくれます。それでいて利用料はかからないため、積極的に登録しましょう。以下におすすめできるサイトをいくつかご紹介します。

DODAエージェントサービス

DODA

業界最大手のリクルートエージェントに次ぐ、第2位の実績を誇るエージェント。求人の数の多さや質の高さ、エージェントの細かい対応と情報量の多さに加え、スピード感のある転職活動が可能な転職エージェント!

まずはDODAエージェントサービスです。このサービスには非公開求人を含む10万件以上の求人情報が含まれています。アドバイザーが必要書類や面接対策、年収の交渉など様々なサポート体制を整えています。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

常に10万件以上の非公開求人を保有している、他のエージェントと比較するトップクラスの案件数を抱えている必須の転職エージェント!

リクルートエージェントは業界最大級の非公開求人数を持つサービスです。非公開求人だけでなんと10万件以上という圧倒的な求人数が魅力です。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

第二新卒などの若い世代の転職や優良な中小企業への転職に力を入れている転職エージェント!平成27年度に厚労省の厳しい審査基準をクリアして職業紹介優良事業者認定マークを取得したので、きめ細やかな安心のサービスが期待できる!

約8割が非公開求人というマイナビエージェントでは、独占求人も豊富に揃えています。自分ではなかなか聞きにくい条件面の交渉もサポートしてくれます。

まとめ

鉱業業界の将来性についてははっきりしたことは分かりません。地球資源を使う以上、枯渇の問題や政治・経済情勢に伴う動乱がいずれ起こる可能性は否めません。資源の安定確保がどれだけ進むか、新しい代替エネルギーがどれだけ進歩するかといった要素も関係するでしょう。

今後官民一体となって資源リサイクルやエネルギー開発が進む事で、より発展する可能性もあります。非鉄金属の市場成長率の推移が住友金属鉱山から出されていますが、これによると腫瘍金属は確実に需要が伸びています。

非鉄金属はありとあらゆる分野で活用されるためです。市場規模の伸びは確実なため、業界全体としては盛り上がりを見せるでしょう。とはいえ受給問題や他社との競争という「かせ」もあるため、市場規模拡大=企業の将来性の高さとは一口には言えないかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事