【銀行業界の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【銀行業界の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

日本国内にはたくさんの銀行が存在しています。私たちに身近な銀行は、お金を預かってくれる場所という側面が強く、どこでお金を稼いでいるのかイメージしづらいかもしれません。銀行の利益の源泉、それは金融という業務にあります。金融業務とは「貸し手」「銀行」「借り手」の三者間で成り立っています。金融は銀行・借り手・貸し手の三者によって成り立ちます。これが理解できると、銀行の業務も自ずと見えてくるでしょう。銀行はおもに「貸付業務」「預金業務」「為替業務」の3つの業務に分かれています。ひとつずつ見ていきましょう。

銀行の仕事の特徴や種類とは?

Bank building

銀行が私たちからお金を預かります。次に、私たちから預かったお金を、融資(資金を貸し出すこと)を受けたい個人や企業などの借り手に貸し出しているということです。つまり私たちが何気なく預けているお金は、銀行を通して誰かに貸し出されているのです。

しかし、銀行はお金を無条件に貸し出すわけではありません。銀行は借り手に返済能力があるか判断した上で、貸した金額に上乗せして、利子をつけて返却することを借り手に求めます。銀行はお金を貸し出し、返却に上乗せされる利子によって収益をあげているのです。

銀行にお金を預けて通帳に記録すると利子と書かれたうえで、少しお金が増えているのを見たことがあるかと思いますが、これは銀行が融資によって得られた利益を貸し手である私たちに還元したものです。銀行にお金を預けるのは個人だけではなく、企業やほかの銀行もお金を預けています。

預金業務

預金業務とは、企業や個人からお金を預かる業務のことです。先ほどの金融の相関関係でいうと、「貸し手」と「銀行」との間で発生する業務です。私たちが用事があって銀行を訪れたときに、対応してくれる人たちは、預金業務を行なっている人なんだと理解すると分かりやすいでしょう。

銀行に入行したならば、最初はこの預金業務から仕事を始める銀行が多いと言えるでしょう。しかし、主な業務の遂行者は一般職の方が多いようです。

貸付業務

貸付業務とは、法人に対する業務と個人に対する業務とに分かれ、それぞれ高度な金融知識と営業力が必要となるのが特徴です。企業が事業拡大のための運転資金を確保するときや個人が家を建てたりするために大金を必要とするときに、その資金繰りの土台を支える役割を果たします。

万が一にも融資先が倒産したり破産したりして資金を返せなくなってしまったら、銀行は大損害を被ることになります。そのため、融資にあたっては、金額や貸付の期間が妥当かどうかの判断を含めて、銀行員の調査や審査が大変重要な意味を持ちます。会社の業績が悪くなり、改善の見込みがなければどんなに長い付き合いでも追加融資を断ったり、回収したりと厳しい態度を取らないといけないです。

お客様が新しいことにチャレンジするお手伝いができるのは魅力的ですが、融資を担当する銀行員はとても重い仕事をすることになるのです。

為替業務

Investors are receiving large amounts of banknotes.
Wealth or money from the investment Concept

為替業務とは、口座の送金や小切手や手形の受け取りをお客さんに依頼されることによって行なう業務です。身近な例としては、電気代や水道代の引き落としがあります。もし銀行が為替業務を行なってくれなければ、電力会社は電気を利用する家庭一軒一軒を訪問して、料金を徴収しなければなりません。

しかし、銀行が代わりに利用者から電力会社の口座に送金することによって、手間をかけずに料金を徴収することができているのです。このような業務のほかにも貸金庫の管理など、銀行にはお金に関するさまざまな業務があります。

銀行業務において大変なことにはどのようなことがあるの?

よく銀行に就職するとノルマが大変で、親族などに頼み込んで口座を作ってもらったというような話を聞きますね。銀行での仕事にはどのような大変なことが予想されるのでしょうか。

ノルマ

銀行、特に支店に配属になりますと、貸付目標、預金獲得目標、口座獲得目標など厳しいノルマを課される場合が多いと言えます。そのためには、支店のエリアをの主要顧客を精力的に回る必要がありますし、地域の名簿を見ながら知らないお宅にも訪問して口座の獲得や預金の獲得を行なう必要があります。特に、地方銀行や信用金庫などの地域に密着した銀行ではそのような傾向が強いと言えるでしょう。

また、メガバンクの場合は、どちらかというと貸付目標のノルマが厳しく、支店エリアの企業を回って貸付の需要を掘り起こしていく必要があります。個別のお宅や企業を回れば、追い返される経験をすることもあるでしょう。プライドが高い方にとっては大変な経験になると考えておいたほうが良いでしょう。

最近は、サービス残業に対する社会の見方や規制が強くなっていますが、銀行員の場合には、会社を退社してから戸別訪問をしたり、企業との付き合いも行われます。したがって、時間的には制約が大きいことも覚えておき、覚悟しておく必要があるでしょう。

ハイレベルな正確性が要求される

Handsome smiling man showing OK or approval sign with thumb up in creative people office portrait. High level and quality service, job offer, excellent education, advisor, serious business concept

銀行は正確でなければ、利益が出ない商売です。1円でも計算が合わなければ、夜遅くまで残って原因の追究が行われます。そのために、日頃の業務や定期検査の際には厳しくチェックされて、ミスに対する追求も徹底的に行われるのです。その追及に嫌気がさして、辞める方も出るほどで、精神的な負担はかなり大きいです。

数字にちょっとした間違いがあった場合に企業全体の信用を失いかねないことを考えると正確さは要求せざるおえないでしょう。几帳面な方であればよいですが、金銭にいい加減な姿勢で過ごしてきた方にとってはそれなりの覚悟をして仕事に取り組むことが必要になるでしょう。

研修や学習すべきことが多い

銀行の仕事は思った以上に研修が多く、就職後も学習すべきことが多くある仕事でもあります。そのため、忙しい仕事の合間を縫うようにして新しい知識を得たり、研修や学習するための時間を作らなくてはいけないという部分があります。自己鍛錬が求められるので、予想以上に大変と感じることでしょう。

銀行で働く前から、新しく何かを学習したり、知識を身に着けるのが好きなら大変ではあってもそこまで苦痛に感じることにはならないでしょう。仕事に対して向上心を持って取り組むことに喜びややりがいを感じることができるのであれば、充実した仕事につながっていくことでしょう。

銀行員の給料や年収は?

business man writing question about 2014 on graph

昔から銀行員というと「高給取り」「安定職」というイメージが強く、銀行に就職する人=エリートと考えられる傾向がありました。実際、銀行は一般企業として知られています。東京商工リサーチのデータによると、2015年3月期の国内銀行101行の平均年間給与は6,120,000円でした。ただし、これはあくまでも平均の年収です。

銀行と一言でいっても「地方銀行」なのか「ゆうちょ銀行」なのか「都市銀行」なのか「日本銀行」なのか「外資系投資銀行」なのかによって規模や給料が大きく異なります。データを見ても、大手都市銀行の平均年収が7,477,000円に対して、地方銀行59行の平均年収は6,325,000円となっていることからもそれぞれの銀行によって差は明らかにあります。

また職種別だと、一般の事務では約4,000,000円で、営業職では7,500,000円でした。銀行員の平均生涯年収を調べてみたところ、大手銀行(メガバンク)か地方銀行かで差は大きくでますが、平均は270,000,000円でした。都市銀行になると300,000,000円を超えるようです。

銀行員は、常に「金融のプロフェッショナル」であることを求められます。そのため、金融商品や社会経済に関する幅広い知識を身に着けるために、さまざまな資格試験や検定試験にチャレンジすることになるのが特徴です。代表的なものとしては、会計に関する実務について問われる「日商簿記2級」や金融・証券・保険・年金などについて幅広い知識が必要な「ファイナンシャルプランナー」の資格があります。

さらにこれ以外にも、不動産の取引について問われる「宅建(宅地建物取引主任者)」や銀行業務全般に関する知識が問われる「銀行業務検定試験」などがあります。こうした資格・検定試験への合格は、単に知識を身に着けることができるだけではなく、資格手当につながることがあります。いつもの給料にプラスして月々の手当てがもらえるようになるので、年収で考えると大きな収入アップにつながるでしょう。

就活生に人気の銀行

安定していて社会的に信用できるというイメージが強く、女性が活躍しやすい職場としても銀行で働くことはメリットが多いと考えいる方も多いことでしょう。人気の銀行には働きやすいどのような環境が整えられているのかを見ていきましょう。

1位:三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行

www.bk.mufg.jp

人気のある銀行ランキングのトップを占めている企業は、どれも大手銀行のいわゆるメガバンクであるようです。そのメガバンクの中でも、ランキング1位になったのは三菱UFJ銀行となっています。三菱UFJフィナンシャルグループは銀行だけではなく、信託銀行など様々な事業展開を行なっているグループでもあります。

そういったグループ企業の規模の大きさもあって、三菱UFJ銀行は人気が高いようです。三菱UFJ銀行は、労働時間の調整のしやすさも高く、休暇制度も充実しているため、産休や育休も取りやすい企業でもあります。残業や休日出勤も基本的にないため、働きやすい企業であることも三菱UFJ銀行の企業としての人気が高い理由のひとつと言えるでしょう。

2位:みずほフィナンシャルグループ

みずほフィナンシャルグループ

www.mizuho-fg.co.jp

みずほフィナンシャルグループも、メガバンクでは複数の事業展開を行なっている企業のひとつです。同じ系列の銀行としては、みずほ銀行が挙げられます。みずほ銀行を含め、いくつかの事業がテレビCMとして認知していることもあり、就活生への認知度が高いということが言えるでしょう。

またそれだけでなく、1位の三菱UFJ銀行と同じく基本的に働きやすい企業であることも、人気の高い理由になっています。また、若いうちからでもある程度の給料をもらえるということもあり、働き方次第では将来に備えて給与を多めに貯蓄しておくことも難しくないようです。人生設計を明確に持って働く人にとってメリットがあると感じられるのでしょう。

3位:三井住友銀行

三井住友銀行

www.smbc.co.jp

三井住友銀行も複数の金融事業を行なっているグループ企業であり、知名度も高い銀行です。社内では若いうちから大きな金融事業に関わることができることもあり、仕事にやりがいを感じることができるという社員の声もあるそうです。

また福利厚生も充実しており、結果として給与面でもほかのメガバンク以上にあるように感じられるという点も大きいでしょう。独身寮も完備されているため、一人暮らしを始める就活生にとって働きやすい企業と言えるでしょう。

4位:りそなグループ

りそなグループ

www.resona-gr.co.jp

メガバンクのりそな銀行を含めたりそなグループも人気があります。人気のあるメガバンクの中では低めのランクですが、離職率が低く、労働時間への満足度は比較的高いと言えるでしょう。風通しの良い社風であることが働く上で満足度を高めていることにつながっていると考えられます。

その分、給与面などではランキングの上位に食い込んだ銀行には及ばない部分がありますが、長く気持ちよう勤め続けることができるという点において、働くことに不安を持っている就活生にとって好意的に捉え、利点につながっていることでしょう。

5位:三井住友信託銀行

三井住友信託銀行

www.smtb.jp

ランキング5位にランクインしたのは、メガバンクではない三井住友信託銀行でした。三井住友信託銀行は3位の三井住友銀行にグループ企業でもあります。就活生に人気の銀行のランキングの中で、同じグループ内から複数の企業がランクインしているのはこの三井住友グループのみになっているのは興味深いと言えるでしょう。

三井住友グループは、それだけグループ全体を通して働きやすい企業であることが言えるかもしれません。ランキング上位の中では唯一メガバンクではない三井住友信託銀行ですが、信託銀行としての強みを生かしてメガバンクとは一線を画した事業展開を行なっている企業でもあります。資産運用業界はメガバンクと比較しても将来性が高いことも評価されていると言えるでしょう。

銀行への転職事情と求人の探し方

大手銀行が人員削減の発表をした理由には、どの大手銀行も利益のほとんどを海外業務で計上していて、国内業務はマイナス金利の影響もあり、ほぼ利益が出ていない厳しい状況にあると言えるからです。このようなことから今、銀行業界への転職は非常に厳しい状況にあると言えるでしょう。

そのような中で、ネット専門銀行や新興の金融機関では、専門知識を有した人材がまだまだ不足しているとう側面もあります。転職するにあたり、どんな銀行が、どういった職種の募集を行なっているかを調べことから始めることができるでしょう。各銀行の採用ページには、中途採用の最新情報が掲載されていますし、直接応募が可能な場合にはそこから必要な情報をもとに応募することもできるでしょう。

銀行への転職活動を有利に進める上で、金融的な資格を持っていると大きな武器になります。代表的なものとして、証券外務員や日商簿記、ファイナンシャルプランナーなどが挙げられます。特に証券外務員は、金融商品を取り扱う場合に法律上、必要な資格ですし、ファイナンシャルプランナーは投資信託業務に従事するのに有益な資格になります。

それ以外にも、中小企業診断士や宅地建物取引主任士については、合格率の低い資格で、企業に対して土地を担保に融資を行なう上で的確な評価や判断をするのに重要な資格として重宝されています。これらの資格を有しているのであれば、迷わずに積極的にアピールしましょう。国際業務であれば、英語力も必要となってきますので、TOEICやTOEFLの点数も評価の対象になるでしょう。

銀行業界へ未経験で転職することはかなり難しいと思いますが、可能性はゼロではありません。例えば、銀行の営業職と呼ばれる渉外担当といった職種であれば、営業職の経験を活かして働くことができるかもしれません。IT戦略の立件やサイバーセキュリティの対応をしていたなどシステム関連業務への従事経験や投資銀行、証券会社、保険会社での勤務経験は、優遇される傾向にあります。

自分のこれまでの経験や有している資格が転職には重視されることが多いでしょう。自身のキャリアと応募する銀行の利益が結びつくような志望動機を具体的な事例も交えながら、組み立てていくことによって自分が活躍することができる仕事を探していきましょう。自分で探すことだけでなく専門家に助けを求めることもできるでしょう。

銀行系の求人を抱えているような転職エージェントに登録する方法もあります。銀行の大々的な中途採用はほとんど目にしたことがありませんので、転職エージェントの非公開求人として、登録されている可能性もあります。転職エージェントでは、このような銀行系の求人を見つけることができるだけでなく、銀行業界の転職事情を知ることもできますので、是非登録することをお勧めします。

ただし、転職エージェントの中でも、銀行業界にあまり強くないというエージェントもありますので、インターネット等によって下調べしてから登録するようにしましょう。

幅広い職種や様々な業界を紹介して欲しい方には業界トップの「リクルートエージェント」がおすすめです。転職サポートが充実していて、職務経歴書・履歴書などの書類の添削、業界・企業情報の提供、志望企業への推薦の面でとても評価が高く、安心感につながっているエージェントです。

転職活動に不安を抱いていて、サポートがたくさんあるところを希望しているのであれば、dodaエージェントサービスはどのように転職活動を進めていけば、効率的に結果を出すことができるかリードしてくれるのでおすすめです。担当者によって個人差があるものの面談時以外のメールや電話対応も丁寧で疑問も解消してくれます。

転職のサポートを行なってもらうことによって、自信を持って選考に臨むことができ、望むような結果につながることを期待することもできるでしょう。ぜひ、活用して新しい仕事にチャレンジしてみてください。

リクルートエージェント

常に10万件以上の非公開求人を保有している、他のエージェントと比較するトップクラスの案件数を抱えている必須の転職エージェント!

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事