【雑貨業界の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【雑貨業界の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

雑貨とは、食料品などを含めない、日常生活を営むために必要な生活雑貨のことを言います。ハンドバックや靴、文具類、金属洋食器、ハンカチやマットなどの布製品などを含みます。雑貨の中には、細かな手作業によって作成されるものがあり、作成者によって異なる個性ある雑貨があります。自分の好みの雑貨を見つけるならば、手に取って見てみたくなるのではないでしょうか?雑貨の店舗によっては、店長になることを目指したり、エリア店舗を担当するスーパーバイザーや、ブランドマネージャーになる方もいます。バイヤーになるために、本社に移動する方もいます。

雑貨関連とは?

雑貨

見ているだけで温かみを感じる魅力的な雑貨はたくさんあります。近年、北欧雑貨などの雑貨が人気が高くなっています。北欧雑貨は、色鮮やかな商品が多く、部屋にインパクトを与えることでしょう。

自分へのご褒美に雑貨を買い集めたり、友だちや大切な家族へのプレゼントなどで雑貨を購入したことが一度はあるのではないでしょうか?そんな雑貨関連の仕事をしたいと思う方は多いようです。

雑貨店で働く魅力は、自分の好みの雑貨商品に囲まれながら仕事ができることです。自分の好きなブランド商品の新商品をいち早く見ることができるでしょう。

様々な雑貨商品を見ていくため、センスも良くなりますし、友だちに流行の雑貨をいち早く教えることができるでしょう。雑貨関連の仕事は、手先が器用な方が多く、包装の仕方やディスプレイ方法も凝った店舗が多いです。

雑貨店のスタッフは、女性の方が多く、スタッフ全体の半数以上を占めます。雑貨店によって異なりますが、店舗によっては売り上げノルマがあります。一日の売り上げノルマをスタッフ一団となって達成していくことになるでしょう。

雑貨店に入社当時は、売上ノルマを達成できず、がっかりすることもあるかもしれません。しかし、仕事に慣れてくるならば、努力が実を結んで売り上げを伸ばし、ノルマを達成することができます。

ノルマを達成し続けるならば、表彰されるケースもあるため、達成感を感じることができることでしょう。また、雑貨店でお客様の接客をしている際に「良い買い物ができた」と喜んでもらえたならば、やりがいを感じることができます。

お客様に常連のリピーターになってもらうならば、さらに頑張ろうと感じることでしょう。また、雑貨関連の仕事の場合、働く店舗の商品を安く購入するメリットがあります。店舗によって異なりますが、40%~60%割引で雑貨を購入することが可能です。

自分の好きな雑貨をいつでもセール価格で購入することができるのは、雑貨店員の特権ではないでしょうか?購入の際は、給料から天引きにしてもらうことも可能です。

雑貨関連の仕事に向いているのは?

雑貨関連の仕事に向いているのは、社交的な方と言えます。雑貨店に来店される方の中には、常連の方やリピーターの方もいますが、お客様のほとんどは初めて来店される方と言えるでしょう。

そのため、初めて会うお客様に声をかけて商品を説明し、販売しなければならないからです。また、お客様の顔や名前を覚えるなど、記憶力がある方は向いています。売り上げ成績が良いスタッフは、お客様の顔をよく覚えています。さらに、コミュニケーション能力がある方が向いていると言えるでしょう。

そして、雑貨店は体力勝負の仕事です。セールの時期などは8時間ずっと立ち仕事になるでしょう。重い雑貨やダンボールを運ぶこともあります。雑貨店の仕事は、本的にシフト制で仕事をすることになりますが、誰かが休むとお店が回らなくなります。そのため、体力がある方が向いていると言えるでしょう。

雑貨関連の仕事種類

仕事の種類

大手の雑貨店になるならば、待遇が良いところが多く、女性社員の産休や、復帰後の時短勤務などサポートが受けられるでしょう。これから雑貨関連の仕事にはどんなものがあるのか、詳しく見てみましょう。

店長の仕事

店長の仕事は、雑貨店舗にある商品の販売計画を考え、商品を陳列したり、売り上げを管理します。

また、店舗の清掃や、スタッフの指導・教育、サポートをしていきます。店舗の管理・運営の仕事を任せられたならば、責任が重く感じますが、やりがいを感じられることができます。

一つの店舗を自分のアイデアを取り入れつつ、動かすことが可能だからです。しかし、いつも周囲のスタッフと連携しつつ、信頼関係を培い、スタッフをまとめるリーダーシップが求められるでしょう。

また、店舗運営も順調にしなければなりません。お客様に対しておもてなしの心を忘れず、何を必要としているかをすぐに理解し、新しい商品の知識も求められます。店舗においてトラブルや事故に対応することも必要になるでしょう。

コミュニケーション能力や、経営を長期的に考え先を見て行動する能力も求められます。

商品の陳列の仕事

店舗により異なりますが、商品の陳列の仕事があります。雑貨商品をどのように陳列すれば魅力的に感じることができるのかを考えながらディスプレイしていきます。大きな雑貨チェーン店になると、本社からどのように雑貨商品を陳列するのか指示書が送られてくることがあります。

タグ付けの仕事

小規模な雑貨屋の場合、店舗でタグ付けをする仕事があります。店舗で印刷したり、手書きで書くなど、タグ付けは様々なやり方があります。大手の雑貨チェーン店舗では、雑貨が納品された時点で既にタグ付けがされているところが多いです。バックヤードで作業します。

品出しの仕事

本社から届いた雑貨商品を店舗の倉庫などに保管する仕事です。商品の数が間違っていないかなどチェックしていくことになるでしょう。

接客の仕事

接客の仕事は、お客様の要望を聞き、それに合う雑貨を選んで販売する仕事です。雑貨店の一番メインの仕事と言えるでしょう。接客の仕事は、商品がどこにあるのか把握しておく必要があるでしょう。そのため、接客は商品の知識は必要です。新商品や売れ筋の雑貨を知っておくと良いでしょう。お客様に質問されることがありますので、勉強が必要です。

レジ打ちの仕事

お客様が購入する際に会計のレジ打ちをします。現金払いや、カード払いで会計をします。そして、会計前後に雑貨商品を包装します。自宅用かプレゼント用か確認します。プレゼント用であれば、リボンを付けるなど貰って嬉しい包み方をすることでしょう。

包み方は入社前に研修で勉強するケースが多いです。雑貨店によっては、ポイントカードを作成し、ポイントを追加したりします。ポイントが貯まった場合、合計金額から値引きする作業もあります。

その他にも、雑貨商品を空き時間に並べ替えたり、雑貨商品を整えたりする仕事もあります。また、雑貨店の開店前や閉店前の掃除の仕事、閉店してからの片づけ、お客様の問い合わせの電話対応、DM送付などがあります。雑貨関連の仕事内容は、全体の仕事を覚えるならば、要領良くこなすことができるでしょう。

雑貨関連の会社はどんなところがあるの?

雑貨関連の会社には、どんなところがあるのでしょうか?これから、雑貨関連の会社を見てみましょう。

株式会社良品計画

無印良品

株式会社良品計画は、「無印良品」を運営している企業です。衣料品や家庭用品、食品などを製造し、販売しています。キャンプ事業でキャンプ場の運営や森林の管理なども行っています。また、「cafe&Meal MUJI」の飲食店を運営するカフェ・ミール事業も行っています。

株式会社Franc franc

フランフラン

株式会社Franc francは、「Franc franc」などのインテリア雑貨の販売や店舗の運営をしている企業です。セブン&アイ・ホールディングスの関連会社になり、インテリア雑貨、寝具、家具、ソファーなどを提供しています。さらに、オンラインショップを運営しています。

株式会社東京インテリア家具

東京インテリア

株式会社東京インテリア家具は、ソファーやベッド、リビングアイテム、ダイニングテーブルなどの家具を販売しているインテリアストアの企業です。インテリア雑貨や、照明器具、収納用品、小物など幅広く取り扱っています。株式会社東京インテリア家具で取り扱っている商品を自社のホームページサイトで販売も行っています。

雑貨関連の仕事のオススメ転職サイト

仕事する女性

雑貨関連の転職事情はどうなっているのでしょうか?雑貨関連の企業の求人情報に「未経験者でもOK」と書かれているところがあります。しかし、やはり販売経験があると優遇されるでしょう。

ジャンルを超えた転職であっても問題はありません。しかし、同じ業種の転職は歓迎されるでしょう。待遇や給料が良くなるケースもあるため、転職する方も多く見られます。

カリスマスタッフになるならば、競合企業から引き抜きにあうケースもあります。転職する際に有利になるのは、接客業の経験です。雑貨の仕事は、基本的に立ち仕事が多いです。

体力的にも若い方の方が向いているかもしれません。雑貨店で重視されるのは、雑貨店のコンセプトに合った人材です。20代に人気がある雑貨店であれば、20代の方が採用されやすいでしょう。ファミリー向けの雑貨店であれば、幅広い年齢層のスタッフが必要になるため、20代~40代まで様々な年齢層の転職が可能です。

また、観光などで外国から来たお客様に接客したり、バイヤーとして仕事をするためには、TOEICの良い点数や、語学力があれば安心と言えるでしょう。

「求人ボックス」

求人ボックスは、カカクコムが運営している、アグリゲート型の求人検索エンジンです。求人ボックスは、基本的な絞り込み機能だけでなく、「こだわり条件検索」機能が付いているため使いやすいです。そのため、求人ボックスから雑貨関連の仕事を探すことが可能です。

「はたらいく」

はたらいく

地域密着型求人を設けており、中小企業の求人案件を主軸に掲載されている求人サイト。中小企業を目指して就職・転職する人には必須!

「はたらいく」とは、リクルートが運営している転職サイトのことです。「はたらいく」は、心から良かったと思える仕事との出会いを応援する地元や地域密着型の求人・転職サイトというのがコンセプトです。「はたらいく」の特徴は、地元・地域に密着した求人情報がたくさんあることです。地元に帰って雑貨店で転職したい方などにはおすすめです。

「マイナビ転職」

マイナビ転職

掲載されている求人の80%以上が マイナビ転職のみに登録されているので、競争率の高い若手の転職希望者にオススメの転職サイト!

マイナビ転職とは、常時約8,000件以上の転職や求人情報を掲載する転職サイトのことです。マイナビ転職には、転職マイコーチというコンテンツがあり、専任のアドバイザーがついてくれて個別にサポートをしてくれます。雑貨メーカーなど、自分の要望に合った求人を紹介してくれますし、面接のアドバイスをしてくれることでしょう。

さらに、履歴書の添削も行ってくれます。マイナビ転職は、第三者機構評価ナンバーワンに選ばれるほどの正社員の転職情報を持っています。マイナビ転職でしか見ることができない求人情報が載っていることもありますので、自分の希望に沿った雑貨関連の仕事の求人を探すことができることでしょう。

「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している人気の高い転職サイト。人気の大企業だけでなく優良な中小企業の案件も豊富ながら、条件に合った案件を検索しやすい、必須の転職サイト!

リクナビNEXTは、リクルートを母体とする「リクルートキャリア」が運営している、社会人向けの転職サイトです。無料登録も簡単に行うことができます。

リクナビNEXTは、転職希望者の約8割が利用していると言われており、人気の秘密は、業界最大級の求人数、そして魅力的なサービス内容を挙げることができます。

リクナビNEXTを運営するリクルートキャリアは、就職情報が掲載された「就職ジャーナル」、新卒採用に関連したリクナビや、人材紹介のリクルートエージェントなど、人材関係のサービスを提供している大きな企業です。そのため、リクナビNEXTには小さな転職サイトではかなわないほどの充実したサービスが提供されていると言えるでしょう。

リクナビNEXTでは、例えばWeb上で気軽に読むことができる転職支援コンテンツや、便利な機能が充実しており、掲載求人数は約10,000件、新着や更新の求人は週で考えると毎週1,000件を超えることもあります。そのため、雑貨の仕事も見つけやすいでしょう。

さらに、リクナビNEXTでは「転職フェア」を開催しており、数多くの企業が参加し、ブースを出展しています。直に採用担当者と話をできれば、サイトの情報だけでは分からない企業の情報も入手することが可能でしょう。

「BIZREACH」

BIZREACH(ビズリーチ)

通常の求人サイトと同じ機能に加え、登録することでヘッドハンターからのスカウトを受けることもできる年収600万円以上のハイクラス転職に必須の転職サイト!

BIZREACH(ビズリーチ)とは、株式会社ビズリーチが運営している管理職や専門職向けのハイクラス転職サイトです。BIZREACH は、大手企業などの転職を目指す方向けの転職サイトです。BIZREACH は、登録段階では無料プランとなっています。

会員登録が終了した後、職務経歴や希望条件を登録して行きます。これまでの経歴、希望の業種、年収などの登録をします。この情報を見て、ヘッドハンターなどがスカウトの連絡を入れてくれるケースがあるため、丁寧に作成しておきましょう。BIZREACH は、雑貨に関する仕事で経験を積んでいる方や、キャリアアップを目指す方には良いと言えるでしょう。

BIZREACH は2009年から運営しており、経営幹部、幹部候補、次期社長などの募集の求人を扱っています。年収1,000万円以上の公開求人が1万件以上あります。雑貨メーカーにおいてスキルアップをしたい方にはおすすめです。

このように、インターネットのサイトを活用すれば、雑貨関連の求人は手軽に見つかることでしょう。

まとめ

雑貨小物

利用するのがおすすめです。なぜなら、転職エージェントは、それぞれのキャリアと意向に合わせ、自分に適した雑貨用品の会社をセレクトしてくれるからです。

転職エージェントは、人材紹介会社と呼ばれ、無料で登録することが可能です。雑貨メーカーに転職したくても、不定期に募集が行われるケースが多いため、一人での転職活動は、企業情報の収集や、待遇の交渉などに限界が生じることでしょう。

しかし、転職エージェントに登録するならば、雑貨メーカーの求人情報の紹介をしてくれるだけでなく、履歴書や志望動機の応募書類の作成をサポートしてくれますので、おすすめです。また、雑貨ーカーの転職についてのアドバイスしてくれますので、安心できるでしょう。

面接日程の調整、採用条件などの取りまとめ、入社日調整など転職活動の一連を無料でサポートをしてくれます。さらに、転職エージェントの強みは、転職サイトや求人情報誌に掲載されない「非公開求人」も扱っている転職エージェントが多く存在していることです。そのため、雑貨メーカーに転職したい方は、転職エージェントを利用する価値があります。

転職エージェントはそれぞれ得意とする分野が違いますので、自分に合った転職エージェントを利用することは、大切です。転職エージェントを選ぶ際は、1社だけでなく、3社くらいは登録する方が良いでしょう。

転職エージェントを利用し、自分の希望に合った、雑貨関連の転職を考えてみるのはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事