【電子部品関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【電子部品関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

電子部品とは、電気機械類が正常な動作をするために内蔵されている電子回路の部品のことです。電気製品の機械の中には、緑色の基板の上に黒い四角のものや、小さな部品です。日本の電子部品業界の転職は、電子部品の技術の習得などを考えても、やりがいを感じやすいと言えます。作業工程の担当する職種によって資格や実務経験有無が異なってきます。習熟するのに時間がかかる仕事のため、集中力がある方や、ものづくりが好きな方が向いています。

電子部品とは?

Close up on tweezers holding chip on computer circuit board.

ゲーム機やテレビ、デジタル家電や自動車など、私たちの周りには電子部品が活躍しており、電子部品は私たちの生活に欠かすことが出来ないものと言えるでしょう。毎日持ち歩く携帯電話の中には、およそ1,000の電子部品が働いています。

太陽光発電や風力発電など、システムのエネルギー変換の効率を上げたり、電子回路の消費電力を最小限に抑えたりするなど、電子部品は地球環境問題にも貢献しています。そのため、電子部品は私たち人間にとって、豊かな生活を実現してくれるものと言えるでしょう。

電子部品の5つの特徴

happy young-man number five

電子部品は、主に5つのカテゴリーに分類されており、電子部品の中の半導体は「能動部品」と呼ばれています。コイルや抵抗器、コンデンサなどは「受動部品」と呼ばれており、スイッチや端子、コネクタなどの「接続部品」、小型モーターなどの「交換部品」などがあります。「機構部品」にはコネクタやスイッチ、基板などがあります。

しかし、半導体を含めた能動部品をデバイスとして区分して、それ以外のものを電子部品とするケースもあります。電子部品メーカーは、2008年頃までは業績を伸ばしてきました。

しかし、円高による輸出量の減少や東日本大震災の影響などによって、電子機器の需要が少なくなり、減少してきました。2012年頃からは、景気が回復し、電子機器の需要が増え、業績が良好になってきました。

現在、日本の電子部品メーカーが世界で高いシェアを誇っており、日本製品が重要な立場を確立しています。その理由の中には、日本の電子部品メーカーは高度な素材技術を持ち、技術対応力があるからです。

生産拠点を物価が安い国外に移すなど、コストを抑えたことも要因の一つと考えられます。また、電子部品メーカー各社は、同族を幹とする会社が多く存在し、経営層にリーダーシップがあることも要因の一つと考えられるでしょう。

セラミックコンデンサーを扱う村田製作所、HDD用磁気ヘッドを扱うTDKや、スピンドルモーターの日本電産など、電子部品メーカー各社は、それぞれ得意分野を持っています。

しかし、中国などの他国が技術を上げてきているため、電子部品関連の業界は、大きく動いてきていると言えるでしょう。半導体技術の面では、日本の発展が低迷しているため、他国に押されてきています。

また、格安な機器の需要が高くなっており、これから電子部品メーカーは、今までとは違ったやり方で方針を立てていくことが求められるでしょう。

日本の発展を支えてきた技術力

日本の電子部品の技術を支えてきたのは、電子部品関連の研究開発や技術職の人たちです。電子部品の半導体や集積回路などは、専門的な知識が求められます。

電子部品の製造では、工場で勤務することになり、夜勤を含め3交代制を取っている会社もあります。そのため、体力も求められるでしょう。電子部品メーカーの検査や検品などの簡単な作業の場合、未経験者でも問題はありません。

しかし、難易度が高い検査作業の場合、資格を取得する複雑な作業が求められます。

また、マシンオペレーターの場合、機械操作をするため、機械操作ができる方が転職しやすいでしょう。大手の電子部品メーカーであれば、海外赴任になることもありますし、配属される部署によっては、英語が必要になります。

そのため、TOEICなど英語力があれば、転職にも有利になることでしょう。電子部品の製造の仕事は、クリーンルームと呼ばれる部屋で作業することになります。

電子部品関連の仕事の種類

製造の仕事

製造の仕事の中に、スマートフォンの部品を扱う仕事があります。

例えば、製造の仕事の中のチップ積層セラミックコンデンサの部品の製造の仕事の場合、誘電体シートに内部電極印刷をし、誘導体シートの積み重ねをし、プレス工程を行います。

その後、カット工程、焼成工程、外部電極塗布し、焼付けます。測定し、包装工程をします。れそれから、各部品メーカーから製造されたスマートフォン部品を組み立てている会社に出荷します。それ以外にも、機械清掃やメンテナンス業務、報告書の作成などの仕事もあるでしょう。

マシンオペレーターの仕事

マシンオペレーターの仕事は、マニュアルに沿って機械を操作する仕事です。製造用の機械の管理や操作、機械が正常に作動しているか監視する重要な業務と言えるでしょう。

検査業務の仕事

検査業務の仕事は、目視検査や拡大鏡・顕微鏡検査などを行います。目視検査の場合、部品や完成した製品を目視でキズや汚れがないか確認する仕事です。拡大鏡・顕微鏡検査の場合は、電子部品などを目視で検知できない小さな傷や汚れ、変形などを確認します。

営業の仕事

営業の仕事は、自社製品を営業先に売り込むことが仕事です。自社製品の細かい原理説明などが出来なければなりません。そのためにも、電子部品に関する基礎知識が求められるでしょう。

電子部品と言っても様々な製品がありますので、それぞれの製品の専門知識が必要です。海外にも販売先を展開していくためにも、語学が求められていくでしょう。

研究開発の仕事

Coding software developer work with augmented reality dashboard computer icons of scrum agile development and code fork and versioning with responsive cybersecurity.Businessman hand working  VR screen

自社製品の商品開発やテスト、研究などを行う仕事です。競合他社の製品情報を集め、顧客のニーズを知ることも大切です。

経営企画の仕事

経営企画の仕事は、企業経営の中枢になりますが、電子部品の経営戦略や事業戦略に関する企画をし、遂行していく仕事です。

人事の仕事

人事の仕事は、新卒や中途採用、人事評価、人事制度の策定し実行、人事育成などを行います。

総務の仕事

総務の仕事は、法務や庶務、経営管理などの事務をする仕事です。

経理財務の仕事

Developing programming and coding technologies. Website design. Cyber space concept.

経理財務の仕事は、電子部品関連の経理業務を行い、資金調達をしたりします。

電子部品関連の仕事の平均年収は?

Business development to success and growing growth concept, Businessman pointing arrow graph corporate future growth plan

電子部品関連の仕事の平均年収はどれくらいになるでしょうか? 電子部品メーカーの平均年収は、約700万円となっており、他の業界と比較しても高い傾向にあります。

ただし、電子部品メーカーの規模の大きさによって年収が高い会社と、低い会社があるようです。また、電子部品の中の職種によっても年収は異なってくるでしょう。

例えば、スマートフォンの製造の仕事の場合、経験者であれば、月収約25万円~28万円ですし、顕微鏡を用いた製造物の検査やチェックの仕事の場合は、月収約25万円~30万円になるでしょう。

電子部品関連の会社を見てみよう!

電子部品関連の会社には、どんなところがあるのでしょうか?これから、大手の電子部品関連の会社を見てみましょう。

京セラ

京セラ

www.kyocera.co.jp

京セラ株式会社は、電子部品、セラミック、スマートフォンなど繊維製品を扱っている会社です。電子部品メーカーの中でナンバーワンの売上高を誇っている最大手の企業と言えるでしょう。京セラ株式会社の企業方針に「組織の一体感を重視」を掲げているため、創立記念式典など、社内行事を大切にしています。

村田製作所

村田製作所

www.murata.com

村田製作所は、材料技術や設計技術、プロセス技術、生産技術などの技術を蓄積し、電子デバイスの研究開発をしている会社になります。電子部品メーカーの業界では有名な企業と言えるでしょう。

村田製作所では、新市場の開拓を目指しているため、社員一人一人が改革者として自ら仕事を変革する姿勢が求められます。今後も新たな分野において活躍が期待される企業の一つです。

TDK

TDK

www.tdk.co.jp

TDK株式会社は、電子部品だけでなく、磁性材料を扱っている技術力のある企業です。電子部品の小型化などの技術力があります。TDK株式会社は、海外生産や販売が多く、アジアやヨーロッパ、アメリカなどで研究開発も行われています。福利厚生も整っています。

日本電産

日本電産

www.nidec.com

日本電産株式会社は、電子部品だけでなく、モータなどの部品も取り扱っている企業です。日本電気株式会社の技術力は海外でも認められており、モータ事業は、世界を牽引するほどの実力があります。

日本電産株式会社は、世界各地にグループ会社があり、創業当初からグローバルな事業を行っているため、海外で活躍することも可能と言えるでしょう。

電子部品関連の仕事の転職事情と求人の探し方

African man browsing work opportunities online using job search computer app, black jobless seeker looking for new vacancies on website page at laptop screen, recruitment concept, rear close up view

電子部品関連の転職事情はどうなっているのでしょうか?電子部品は、スマートフォンや自動車などの電気製品に必要なものです。様々な分野で電子部品の研究開発が行われており、今後はますます電子部品の需要が高まると思われます。

そのため、電子部品関連の転職は、職種を選ばない場合は特に転職しやすいと言えるでしょう。電子部品を取り扱う企業は大小様々な企業があり、それぞれ環境も異なります。電子部品の製品の中には、コンデンサ、半導体や集積回路、スイッチ、LEDのパーツ、液晶を用いるパネル関係、照明器具などがあります。

ですから、電子部品関連の企業に転職したい方は、どの分野に転職したいのか、しっかりと把握しましょう。自分が希望するものとは異なる電子部品メーカーに転職するならば、今までの経験やスキルを活かせなくなります。悪くすると、時分が希望する職種のものではないため、働く意欲がそがれてしまうかもしれません。

そのようなことにならないために、自分が希望する電子部品関連の仕事ができるよう、よく調査するならば、転職後は意欲を持って知識や技術をスキルアップすることができることでしょう。

電子部品メーカーが求人募集する職種は色々ありますが、主に工場での製造や、研究開発、事務職、営業職などがあります。製造の仕事は、夜勤を含めた3交代制の工場もあります。開発などの技術が求められるものや、製造する仕事は時期を問わずに求人があるようです。

貿易事務や国内外の特許申請を経験したことのある弁理士などは転職に有利になるでしょう。営業スキルや英語力があれば、評価されて中途採用される可能性があります。日々、こまめに求人募集をチェックすると良いでしょう。

「日経キャリアNET」

日経キャリアNETは、日経新聞社グループの日経HRが運営しており、日本経済新聞読者にアプローチができる転職サイトです。

ブランド力を誇る、日経新聞のため、企業からの信頼度が高く、幅広い業界の大手企業や有名企業の求人情報が載せられています。日経グループの転職サイトのため、有能な人材がいると思う企業からの期待が高く、他の転職サイトと比較して未経験者OKの求人は少なめで、特定の職種では、3~5年のスキルが求められるケースがあります。

日経キャリアNETは、企業からのスカウトメール機能や、年収査定サービスだけでなく、Web サイト上で履歴書や職務経歴書が作成することができます。その他にも、日経新聞社が調査した「平均年収ランキング」、「職場環境・コミュニケーションランキング」などが掲載されています。そのため、転職先を比較して検討することが可能です。

「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している人気の高い転職サイト。人気の大企業だけでなく優良な中小企業の案件も豊富ながら、条件に合った案件を検索しやすい、必須の転職サイト!

リクナビNEXTは、リクルートを母体とする「リクルートキャリア」が運営している、社会人向けの転職サイトです。無料登録も簡単に行うことができます。

リクナビNEXTは、転職希望者の約8割が利用していると言われており、人気の秘密は、業界最大級の求人数、そして魅力的なサービス内容を挙げることができます。

リクナビNEXTを運営するリクルートキャリアは、就職情報が掲載された「就職ジャーナル」、新卒採用に関連したリクナビや、人材紹介のリクルートエージェントなど、人材関係のサービスを提供している大きな企業です。そのため、リクナビNEXTには小さな転職サイトではかなわないほどの充実したサービスが提供されていると言えるでしょう。

リクナビNEXTでは、例えばWeb上で気軽に読むことができる転職支援コンテンツや、便利な機能が充実しており、掲載求人数は約10,000件、新着や更新の求人は週で考えると毎週1,000件を超えることもあります。そのため、電子部品の仕事も見つけやすいでしょう。

さらに、リクナビNEXTでは「転職フェア」を開催しており、数多くの企業が参加し、ブースを出展しています。直に採用担当者と話をできれば、サイトの情報だけでは分からない企業の情報も入手することが可能でしょう。

「マイナビ転職」

マイナビ転職

非常に質の高い求人が10,000件近く掲載されており、新着・更新求人が毎週2,000件以上ある上に、マイナビが主催する転職イベントで採用担当者や先輩社員から詳しい仕事内容や社風などのリアルな情報を得ることも出来る、登録必須な転職サイト!

マイナビ転職とは、常時約8,000件以上の転職や求人情報を掲載する転職サイトのことです。マイナビ転職には、転職マイコーチというコンテンツがあり、専任のアドバイザーがついてくれて個別にサポートをしてくれます。電子部品関連など、自分の要望に合った求人を紹介してくれるだけでなく、面接のアドバイスをしてくれることでしょう。

マイナビ転職は、第三者機構評価ナンバーワンに選ばれるほどの正社員の転職情報を持っているため、マイナビ転職でしか見ることができない求人情報が載っていることもあります。

このように、インターネットのサイトを活用すれば、電子部品関連の求人は手軽に見つかることでしょう。

電子部品関連の仕事を探すなら「転職エージェント」

Real Estate: Agent Ready To Sell Home

電子部品関連の仕事に転職するためには「転職エージェント」を利用するのが、おすすめです。それは、転職エージェントは、それぞれのキャリアと意向に合わせ、自分に適した電子部品の会社をセレクトしてくれるからです。

「転職エージェント」とは、人材紹介会社と呼ばれ、無料で登録することができます。一人での転職活動は、企業情報の収集や、待遇の交渉などに限界が生じることでしょう。

しかし、転職エージェントに登録するならば、求人情報の紹介をしてくれるだけでなく、履歴書や志望動機の応募書類の作成をサポートしてくれますから、おすすめです。また、転職のアドバイスしてくれますので、安心できるでしょう。

転職エージェントでは、面接日程の調整、採用条件などの取りまとめ、入社日調整など転職活動の一連を無料でサポートをしてくれます。さらに、転職エージェントの強みは、転職サイトや求人情報誌に掲載されない「非公開求人」も扱っている転職エージェントが多く存在していることです。そのため、転職エージェントを利用する価値があります。

転職エージェントはそれぞれ得意とする分野が違いますので、自分に合った転職エージェントを利用することは、大切です。転職エージェントを選ぶ際は、1社だけでなく、3社くらいは登録する方が良いでしょう。

転職エージェントを利用し、自分の希望に合った、電子部品関連の転職をしてみるのはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事