【電機メーカー関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【電機メーカー関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

電機メーカー関連の職種をご存知でしょうか?どのようなイメージがありますか?今回は、電機メーカー関連の仕事はどのような内容なのか、またどのように働く事ができるのかを詳しく書いていきたいと思います。初めて電機メーカーという言葉を聞かれた方も、電機メーカー関連の仕事を検討され頑張っておられる方も、参考にしていただければと思います。 サムネイル

電機メーカー関連の仕事の種類や特徴とは?

Concept of presentation new business project.Group of young coworkers discussing ideas with each other in modern office.Business people using electronic devices.Horizontal, blurred background

電機メーカーの「電機」は電気機械の略になり、「電機メーカー」とは、家電と言われるテレビや洗濯機、照明、電気調理器具などの軽電製品と、発電機や変圧器などの重電製品、スマホやコンピューター、プリンターなどのコンピューター製品オフィス機器などを手掛けているメーカーのことを言います。

電機メーカーが誕生したのは、19世紀ごろで、電球など色々な電化製品が発明されてきました。日本の電機メーカーは、第二次世界大戦後の高度経済成長期に、様々な電機メーカーを生産してきました。

日本の経済成長の要

日本の電機メーカーは、日本の経済を成長させてきた、と言っても過言ではありません。三種の神器(テレビ・冷蔵庫・洗濯機)と言われるように、これらの家電メーカーを揃えることが一種のステータスになり、多くの人々に販売されるようになりました。

そのため、電機メーカーは、大量生産をし続け、成長し続けてきたと言えるでしょう。電機メーカーは、事業内容により分類されますが、総合電機メーカーの場合、家電製品、電子部品などの製品を扱っているだけでなく、重電部門を扱っており、その企業の中には、日立製作所・三菱電機・東芝が含まれます。

大手電機メーカーの場合、総合電機メーカーに、ソニー・パナソニック・シャープ・NEC・富士通などが含まれるでしょう。電機メーカーの職種は大きく分けて2つに分けられます。

多種多様な職種

技術系の仕事と事務系の仕事です。

・技術系の仕事 研究開発や設計開発、生産技術、品質管理、物流管理などが含まれます。

・事務系の仕事 企画、経理、総務、人事、営業などが含まれるでしょう。

電機メーカーの仕事の種類

Young manager working with notebook in the office

電機メーカーの勤務時間は、本社の場合、労働時間は8:30~17:30まで、7時間半~8時間ほどになります。しかし、工場や研究所、事業所によって勤務時間などが異なってくるでしょう。

電機メーカーは、企業によって異なりますが、年末や半期・年度末の締めの時期、忙しくなることが多く、残業が多くなることがあります。

ほとんどの電機メーカーでは、完全週休二日制が導入されています。企業によっては、年間休日が約120~130日あるところがあります。ある企業では、フレックスタイム制度が導入されており、柔軟に勤務できるところもあります。

研究開発の仕事

Smiling young manager helping senior worker with funny computer work in office, mentor teacher training happy older employee at workplace, colleagues of different age laughing looking at pc monitor

新商品の開発に向けて基礎研究をし、素材や成分の探索・開発などの仕事をします。また、環境技術の研究や開発などをします。

エンジニアの仕事

Engineer in the front of the control panel

エンジニアの仕事は、プログラミング言語を使用してソフトウェア開発や設計をしたり、回路設計などをする仕事です。高度な知識と技術力が求められることでしょう。

経営企画の仕事

Business of Japan concept.

経営企画は、経営戦略、事業戦略の企画し、遂行します。経営資源の最適配分などをし、企業経営の中枢部の仕事を行います。

生産や品質管理などの仕事

Standard Quality Control Certification Assurance Guarantee Internet Business Technology Concept.

生産ラインをチェックし、生産された製品の品質管理したり、在庫管理をし、発注予測をするなどの仕事を行います。

企画する仕事

Analysts studying opinion poll statistics, preparing election campaign strategy

新商品の企画をしたり、コンセプトを立案、消費者の動向調査などを行う仕事です。

営業の仕事

営業は、家電量販店等の販売店、家電卸の商社などに商品を説明したり、価格交渉をし、商品を売ることになるでしょう。商品展示や、イベントなどを提案する仕事も行います。

人事の仕事

人事の仕事は、新卒や中卒者の採用をしたり、人事評価、人材の育成、人事制度の策定や実行をする仕事です。

総務の仕事

総務の仕事は、経営管理や庶務、法務などの一般的な事務をする仕事です。

経理の仕事

経理の仕事は、資金調達や投資など財務業務や、企業の経理業務を行う仕事です。

家電メーカー関連の会社に転職するメリットとは?

Businessman offer positive thing (such as profit, benefits, development, CSR) represented by plus sign.

電機メーカー関連の企業は、商品を企画する部門や、開発する部門、販売する部門など、多くの部門に分かれています。配属後も、別の部署へ移動になるケースが多いため、様々な種類の仕事にチャレンジできる機会があります。

新商品に触れ合うことができる

しかし、新しい部門で一から仕事を覚えていかなければならないでしょう。しかし、自分の可能性を広げるチャンスと捉えることができます。配属される部門によっては、多くの方と一緒に仕事をしていくことになるため、協調性が求められることでしょう。

現代社会の役立つアイテムを提供できる

転職して電機メーカーで働くことになれば、私たちの身近な製品を作るモノづくりに携わることができるため、やりがいを感じることができるでしょう。また、現代社会に役立つ仕事をしている実感を味わうことができます。

大手の電機メーカーの場合、全国各地に働く場所があり、職種によっては転勤の可能性があります。多い方は、2年~3年ごとに転勤することがあったり、海外に赴任することもあるでしょう。自分自身のスキルアップを目指すチャンスにも繋がるでしょう。

電機メーカー関連に転職するために必要なものとは?

personnel recruitment, no employee blue tone drammatic effect

電機メーカーに転職するためには、何か必要な資格があるのでしょうか?電機メーカーに転職するために絶対に必要な資格というのはありませんが、大手の電機メーカーの場合、以前の職場の経験が求められることがあるでしょう。

希望職種以外のキャリアアップも可能

以前の職場の部門が営業であれば、営業の知識やスキルが強みになり、営業に配属されることでしょう。大手の電機メーカーに転職すれば、社内教育体制がしっかりしており、階層別に研修を受けることが可能です。

そのため、必要な技術や知識を転職後に身に付けることができるでしょう。また、会社で資格取得が必要になった際は、資格取得にかかる費用を会社が負担してくれる企業もあります。

電機メーカー関連の仕事の平均年収は?

電機メーカー関連の仕事の平均年収はどれくらいでしょうか?電機メーカーの平均年収は、約600~650万円です。企業によって年収に差があり、大手の電機メーカーであれば、年収1,000万円以上のところもあります。

中小企業は、平均年収より低くなるところもあるでしょう。大手の電機メーカーであれば、社会保険や企業年金制度、持ち株制度、社宅、医療施設、運動施設、保養施設など、福利厚生も安心できるでしょう。

近年、電機メーカーは欧州の債務危機や円高の影響で経済状況が不安定になってきました。そのため、大手の家電メーカーであっても、業績悪化に陥る傾向にあり、東芝、ソニー、パナソニックは大幅な人員をカットしてきました。

その後の企業努力もあり、過去最高益を更新した電機メーカーも出てきています。今後、日本のモノづくりの技術を活かし、グローバル展開したり、他の業種にチャレンジする必要があることでしょう。

これからも電機メーカーは、激しい競争になると考えられるので、これからの会社経営方針などを見極めていく必要があります。

電機メーカー関連の会社を見てみよう!

電機メーカー関連の会社には、どんなところがあるのでしょうか?これから、電機メーカー関連の中でも大手企業を見てみましょう。

日立製作所

日立製作所の製品の技術が優れており、「技術の日立」と言われる企業です。日立製作所は、全世界に製造や販売拠点を広げています。リーマンショックなどにより、経営不振に陥りましたが、不採算部門の売却、廃止、統合などにより、2014年の決算は、過去最高益を上げました。

三菱電機

三菱電機は、海外に関連会社を多く所有しており、家電だけでなく、宇宙開発まで展開している企業です。三菱電機の業務用モニターは、飲食店やショールーム、空港などに設置されており、業務用モニターは、販売促進や店舗のスマート化が期待できると好評です。

ソニー

ソニー株式会社は、ソニーグループを総括する事業持株会社になり、パソコンや携帯電話、デジカメ、エレクトロニクスが主力となっている会社です。ソニー株式会社のブラント力は、世界でもトップクラスとなっており、映像素子で首位となります。ソニー株式会社の連結子会社数も、日本でトップになります。

パナソニック

パナソニックは、家庭用電子機器、電化製品などを生産し、販売している電機メーカーの会社です。松下幸之助によって松下電気器具製作所として1918年に創業されました。

第二次世界大戦後に家庭用電器製品を開始し、世界各地に製造販売の拠点を拡大してきました。2003年に海外向け製品商標を「パナソニック」に統一し、2008年に国内向け製品の商標も「パナソニック」に統一しました。2011年には、三洋電機を完全子会社としました。

シャープ

シャープ株式会社は、電気通信機器、電気機器、電子応用機器全般、電子部品の製造や販売をしている会社です。早川徳次により、1912年東京で創業しました。1962年に日本家電企業の中で初めて電子レンジを販売しました。現在、日本の大阪府堺市に拠点があり、台湾の鴻海精密工業傘下の電機メーカーになります。

NEC

NECの正式社名は、「日本電気株式会社」です。NECは、電気通信機器やコンピューターなどの製造や販売、インタネット事業などをしている国内最大のコンピューター会社です。1899年に創業し、日本初の個人用パソコンを販売しました。その後、業務用パソコンを開発するなど、国内のパソコン市場の中で拡大してきました。

富士通

富士通株式会社は、日本の総合エレクトロニクスメーカーの会社です。通信システムや情報処理システム、電子デバイスの製造や販売、サービスを行っています。発電機と電動機を日本で国産化するため、古賀電気工業とドイツのシーメンス社(電機メーカー)が合弁会社として富士電機製造株式会社を設立しました。

東芝

株式会社東芝は、パソコンや通信機器、家庭電化製品などを製造販売している会社です。1875年に株式会社芝浦製作所として創業しました。1939年に東京電気株式会社と合併をし、1984年に社名を東芝に変更しました。

東芝は、製品の製造からサービスまで多くの子会社や関連会社を形成しており、東芝グループの中核の企業です。しかし、2015年粉飾決算事件が発覚しました。

電機メーカー関連の仕事の転職事情と求人の探し方

電機メーカー関連の転職事情はどうなっているのでしょうか?電機メーカー関連に転職を希望する方は、今でも多くいます。なぜなら、電機メーカーの企業の中には、知名度が高いものや、グローバルな世界で活躍できる可能性がある企業が多いからです。

電機メーカー各社では、新卒だけでなく、中卒採用をしているところが多いです。しかし、中途採用の場合、不定期で採用するため、最新の情報をいつもチェックする必要があるでしょう。電機メーカーの募集職種としては、技術系と事務系と比較すると、技術系の募集が多く見られます。中途採用は、開発やマーケティング、営業などの職種が募集されるケースが多いようです。

中途採用は、求人内容によっては、以前の職場での経験や技術が求められることがあります。電機メーカーの開発や研究の場合は特に必要になるでしょう。電機メーカーの多くが海外展開をしています。そのため、語学力があるならば、アピールすることができます。電機メーカーとは異なる職種から転職する方もおり、以前の仕事で培った技術を活かすことが可能です。

転職サイト・転職エージェントおすすめランキング2018【選び方のすべて】

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。今回は転職する際に必ず利用したい2つサービスの特徴や使い方、年代別・分野別などおすすめサービスを一挙に紹介していきます。

https://career-step.fun/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している人気の高い転職サイト。人気の大企業だけでなく優良な中小企業の案件も豊富ながら、条件に合った案件を検索しやすい、必須の転職サイト!

リクナビNEXTは、転職者8割が利用している転職サイトです。電機メーカー関連の色々な求人があります。リクナビNEXTでは、Web上で気軽に読むことができる転職支援コンテンツや、便利な機能が充実しています。

さらに、リクナビNEXTでは、求人検索や会社への応募ができるだけでなく、経歴を登録しておくならば、興味を持った会社などからオファーが届くこともあります。非公開の求人もありますから、電機メーカーの転職にもおすすめです。

「BIZREACH」

BIZREACH(ビズリーチ)

通常の求人サイトと同じ機能に加え、登録することでヘッドハンターからのスカウトを受けることもできる年収600万円以上のハイクラス転職に必須の転職サイト!

BIZREACH(ビズリーチ)とは、株式会社ビズリーチが運営している管理職や専門職向けのハイクラス転職サイトです。BIZREACH は、大手企業などの転職を目指す方向けの転職サイトと言えるでしょう。電機メーカーに関する仕事で経験を積んでいる方や、キャリアアップを目指す方には良いでしょう。

BIZREACH は2009年から運営しており、経営幹部、幹部候補、次期社長などの募集の求人を扱っています。年収1,000万円以上の公開求人が1万件以上あります。

「ハローワーク」

ハローワーク

www.flickr.com

ハローワークとは、厚生労働省が管轄している職業安定局のことを言います。日本全国各地に事業所があり、住んでいる地域の求人案内だけでなく、障害者雇用など色々なサービスを提供してくれます。ハローワークでは、正社員の求人が多いため、電機メーカー関連の仕事を探している人に最適です。

現在では、ハローワークインターネットサービスを行っており、家にいながらハローワークの求人情報を検索することが可能です。

これらのように、インターネットのサイトを活用すれば、電機メーカー関連の求人は手軽に見つかることでしょう。

電機メーカー関連の仕事を探すなら「転職エージェント」

Real Estate: Confident Agent With Home Sellers Behind

電機メーカー関連の仕事に転職する場合、知識やスキルも大切ですが、仕事の探し方も大切です。では、電機メーカー関連の仕事を探し方には、他にどんな方法があるのでしょうか?

電機メーカー関連の仕事に転職するためには、「転職エージェント」を活用するのがおすすめです。転職エージェントは、それぞれのキャリアと意向に合わせ、自分に適した電機メーカーの会社をセレクトしてくれます。

「転職エージェント」とは、人材紹介会社と呼ばれることもあり、無料で登録することができます。一人での転職活動は、企業情報の収集や、待遇の交渉などに限界が生じることでしょう。しかし、転職エージェントに登録するならば、求人情報の紹介をしてくれるだけでなく、履歴書や志望動機の応募書類の作成をサポートし、アドバイスしてくれます。

また、転職エージェントは、面接日程の調整、採用条件などの取りまとめ、入社日調整など転職活動の一連を無料でサポートしてくれます。転職エージェントの強みは、転職サイトや求人情報誌に掲載されない「非公開求人」も扱っている転職エージェントが多く存在していることです。

非公開求人は、少人数の人しか知ることができないため、良い条件・良いポジションであっても競争倍率が高くなりすぎないという、メリットがあります。そのため、「転職エージェント」を利用することにより、自分一人で転職活動をするよりもより満足した転職活動をすることができます。

転職エージェントはそれぞれ得意とする分野が違いますので、自分に合った転職エージェントを利用することが大切です。転職エージェントを選ぶ際は、1社だけでなく、3社くらいは登録する方が良いでしょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事