面接で第一印象を好印象にするための服装と態度を知ろう!

面接で第一印象を好印象にするための服装と態度を知ろう!

面接での服装とマナーがあります。面接で好印象を与えるために、面接に適した服装と身だしなみをすることは大切です。加えて、立ち振る舞いなどのマナーも大事です。今回は転職面接で気をつけるべき服装と面接官に好印象を与えるための態度などをまとめました!

面接で好印象を残す第一印象

面接で好印象な服装

転職を希望する企業との面接日が決まったなら、それに向けて確認すべきこととして、面接での服装とマナーがあります。面接で好印象を与えるために、面接に適した服装と身だしなみをすることは大切です。それと同時に、転職に必要な立ち振る舞いなどのマナーは、社会人として必須です。では、転職を成功させるためにそれぞれのチェックポイントを確認してみましょう。

好印象を残すことができる服装のポイントとは?

多くの方が、面接に行く時の服装について悩みます。そこで、面接官んと初めて会うことをビジネス、または商談を考えるなら服装で失敗することはないでしょう。では、そのようなシーンで好感を与えることができる服装とはどのようなものでしょうか?それは、間違いなくスーツを挙げることができるでしょう。

女性の場合は、上下揃ったスーツではなくても、ジャケットを着用するだけでも相手に好印象を与えることができます。これらのこと踏まえながら、以下のポイントを抑えて面接時の服装選びをすることができます。

就職活動で着用したリクルートスーツは使用しないこと。

好印象を与えることができる服装はスーツですが、リクルートスーツは問題外です。そもそも就職活動と転職活動は全く異なるもので、リクルートスーツを着用することで社会人として見えず、仕事ができる人材というイメージを与えることが難しくなります。特に女性の場合は、リクルートスーツを着用することで年齢が現れマイナスイメージとなります。特に20代後半からの転職活動の場合には、リクルートスーツはNGです。

業種や業界に合った服装をする。

金融系などの固いイメージがある業界への面接なら、ダークスーツを着用することができます。一方、アパレル系などのファッション業界なら、センスをだしたそれにふさわしい服装で面接に臨むことができるでしょう。

清潔感があること。

面接官は袖から少し見るワイシャツ、女性のジャケットの中のインナー、靴下、靴、バック、爪先、ヘアスタイルなどすべての点をチェックしています。もちろん、すべて新品である必要はありませんが、清潔であることは大切な点です。

サイズが合ったものを着用すること。

スーツは体型を考慮して自分を魅力的に見せることができるジャストフィットのものを選択することが必須です。たとえば、ジャケットのボタンの数やデザインなどで体型により似合うものは異なってきます。また、男性の場合は、ネクタイ1本で印象が全く異なります。たとえ新しく購入したものであったとしてもサイズが合っていないならだらしない印象を与えてしまいマイナス評価となってしまいますので、自分にピッタリのサイズで似合うものを選ぶようにしましょう。

「TPO」に合った服装とは?

TPOに合った服装とはどのようなものでしょうか?そもそもTPOとは、T(Time)時、P(Place)場所、O(Opportunity)場合の略称となっています。つまり、時・場所・場合を意識した服装をしていくことができます。なので、上記でも触れましたが、ビジネスや商談をするつもりで、自分の好みではなく相手、つまり面接官の印象をアップさせることを意識した清潔感のある服装で面接に臨むことができます。

転職活動の面接に最適な服装とは?男性編

Male model in a suit posing in front of wooden doors with hes hands crossed

男性が転職活動の面接に臨む際には、どのような点に注意することができるでしょうか?

スーツ

面接の際に着用するスーツは、黒や紺、また、グレーなどのダークカラーのスーツを選ぶことができます。スーツ自体にストライプなどの柄が入っているなどの目立つものは控えることができるでしょう。また、清潔感を印象付けるために、シミやしわのチェックも必要です。

新品を着用する場合はほとんど問題ありませんが、自宅にあったスーツを着用する場合は念のためクリーニングに出すことができるでしょう。また、スーツを着用する際には、ボタンの留め方にも注意しましょう。スーツにボタンが2つ、または3つとボタンの数は問題ではありませんが、留め方にはマナーがあります。2つボタンなら上のみを、3つボタンなら真ん中だけを留めることが社会人としてのマナーです。

ワイシャツ

面接の際に着用するワイシャツは、白色が基本です。なぜなら、清潔感をアピールすることができるからです。ですから、色物や柄物は控えるようにしましょう。また、襟が高すぎるデザインのワイシャツは、ネクタイとのバランスが難しくなるので避けた方が無難かもしれません。

ワイシャツの袖口

腕の隙間から見える袖口は、面接官のチェックポイントでもあります。特に袖口の汚れは目立つので、きちんと洗濯をして汚れがないかどうかを確認し、アイロンをしっかりかけることが必要です。また、シャツの袖口は、スーツの袖よりも1�p程度出ているのが理想的な着こなし方と言われています。

もしシャツが袖口から出ていないなら子どもっぽい印象を与えますし、それとは逆に長く出し過ぎるならだらしない印象を与えてしまいますので、適度な長さを出すことができるように着こなしましょう。また、その際には、ボタンをしっかり留めることも必須です。

ネクタイ

どのようなネクタイを着用するかで、与える印象が異なるといっても過言ではないでしょう。男性の服装の中で唯一明るいカラーを使用することができるのはネクタイですが、派手過ぎるカラーは控えるほうが無難でしょう。企業の雰囲気や自分の好みのカラーをTPOに合わせて選ぶことができるでしょう。

柄は無地やストライプ、小さめのドットなどシンプルで一般的なものを選ぶことができます。ネクタイは、結び方までチェックされていますので、気を引きしめて取り組みましょう。

アンダーシャツ

ワイシャツの下には、必ずアンダーシャツを着用するようにしましょう。なぜなら、上着を脱いだ際に肌が見えたり、汗をかくと肌にワイシャツが張り付いて清潔感を与えることができないからです。だからといって、プリントされているTシャツなど着用することもNGです。アンダーシャツは、必ず無地で白色のものを着用することが必須です。

ベルト

ベルトは、スーツとのバランスが取れたシンプルなデザインのものを選ぶことができます。皮が傷んでいるものや、バックルの穴が広がってしまったものの着用は避けましょう。

靴は、黒やこげ茶色をしているシンプルな革靴を選ぶことができます。汚れている靴や、くたびれている靴はマイナス印象を与えますので、しっかり磨くなどの手入れを面接前に必ずするようにしましょう。また、かかとの減りがないかも確認することは大切です。

靴下

靴下は、スーツの色と同じカラーのものを選ぶことができます。白色の靴下や、派手な色の靴下、また、くるぶしまでのデザインのカジュアルなものの着用はマイナス評価となるので控えましょう。

時計

最近は、スマートフォンを時計として使用している人が増えていますが、ビジネスシーンでは腕時計の着用は常識となっています。シンプルなデザインで社会人としてふさわしいものを選ぶことができるでしょう。

カバン

面接の前後に、パンフレットなどの資料をもらう場合もあるので、それを踏まえてA4書類が入るビジネスバックを持参することがふさわしいでしょう。面接中は足元に置いておくことがマナーですので、手を放しても立つデザインのカバンを選ぶことができるでしょう。面接はビジネスシーンですので、リュックやトートバッグなどのカジュアルな雰囲気のカバンや、高級ブランドのカバンなどの使用は控えることが賢明です。

男性の服装について1点づつ確認しました。それらのポイントを踏まえながらベルト、カバン、靴などの小物は同系色で揃えるなら統一感を出すことができ、スマートな好印象与えることができます。

転職活動の面接に最適な服装とは?女性編

women dress

女性が転職活動の面接に臨む際には、どのような点に注意することができるでしょうか?

スーツ

面接の際に着用するスーツは、黒や紺、また、グレーなどのダークカラーのスーツを選ぶことができます。女性の場合、ベージュなどの薄いカラーのスーツを着用するなら女性らしい柔らかい雰囲気を醸し出すこともできますが、ダークカラーを着用することで顔の表情をよく見せることができるので、多くの女性がダークカラーを着用するのが一般的となっています。

また、清潔感を印象付けるために、シミやしわのチェックも必要です。新品を着用する場合はほとんど問題ありませんが、自宅にあったスーツを着用する場合は念のためクリーニングに出すことができるでしょう。

ボトム

ボトムで注意したい点は、極端なスリットが入ったデザインのアイテムです。また、カジュアルすぎるデザインのものも控えましょう。ボトムスをパンツスタイルで決めたい時は、ヒールの付け根よりも数ミリ下の丈にすることで、全体をバランスよくきれいに見せることができます。また、スカート丈は、椅子に座った時に、ひざ上5�p以内がベスト丈と言われていますので、スカート丈にも注意してボトムを選ぶことができるでしょう。

インナー

インナーは、シャツでもカットソーでも問題ありません。しかし、フリルのついたデザインや、レース素材のインナーは控えることができるでしょう。また、カラーは白を選択することで、清潔感のある印象を残すことができます。

ベルト

女性の場合、ベルトは着用してもしなくても問題ありません。もし着用する場合は、シンプルなデザインのものを選び、カジュアルなものは避けましょう。

ストッキング

ストッキングは、スーツの色を問わず、自然な肌色に近い無地のものを選ぶことができます。自分の肌よりも若干色が濃いものを着用するなら、脚を細くきれいにみせることができるでしょう。黒色のストッキングは、喪服のイメージがありますので避けることができます。また、柄入りや装飾入りのストッキングも面接にはふさわしくありません。

靴は黒のシンプルなパンプスで、5�p程度の太めのヒールがあるものがベストです。ピンヒールやオープントゥ、サンダル、ミュール、ブーツなどはNGです。また、汚れや傷はマイナス評価となるので注意しましょう。

時計

最近は、スマートフォンを時計として使用している人が増えていますが、ビジネスシーンでは腕時計の着用は常識となっています。シンプルなデザインで社会人としてふさわしいものを選ぶことができます。

カバン

面接の前後に、パンフレットなどの資料をもらう場合もあるので、それを踏まえA4書類が入るビジネスバックを持参することがふさわしいでしょう。カバンは面接中、足元に置いておくことがマナーですので、手を放しても立つデザインのカバンを選ぶことができるでしょう。面接はビジネスシーンですので、リュックやトートバッグなどのカジュアルな雰囲気のカバンや、高級ブランドのカバンなどの使用は控えることが賢明です。

アクセサリー

面接の際に着用してもよいアクセサリーは、結婚指輪のみと言われていますので、どんなシンプルなアクセサリーだとしても外すようにしましょう。

メイク

派手なメイクはもちろん、面接には適していません。しかし、薄いメイクでも印象を残すことができません。ですから、ほどよく健康的で前向きなイメージを与えることができる明るくて華やかなメイクをすることができるでしょう。

季節に対応した適切な服装とは?

Clean dress

夏場の服装マナー

今や日本全国で推奨されているノーネクタイ、ノージャケットなどのクールビズな服装を多くの企業でも採用していますが、面接の際にもクールビズファッションで臨むことはできるのでしょうか?結論から述べるなら、NGです。転職面接には、クールビズは関係ないので、面接に適したふさわしい服装で臨みましょう。

冬場の服装マナー

冬場の面接で注意したいことは、コートです。社員の多くがダウンコートやジャンパーなどを羽織って出勤している傾向がありますが、面接の際には、ビジネスカジュアルコートの着用がマナーとなっています。また、女性の場合、タイツを着用したくなりますが、タイツは野暮ったい印象を与えるのでNGです。どんなに寒くてもストッキング、または厚手のストッキングを着用するようにしましょう。

面接で不採用になる可能性が高いNGマナーとは?

面接での適切な態度とマナー

上記でも見てきたように、面接なのにスーツを着用してこないならマイナス評価となるでしょう。また、どんな職種であっても清潔感がない人とはだれも働きたいとは思いません。アイテムひとつひとつが清潔で汚れていないかの確認は必須です。それに加え、ヘアスタイルがぼさぼさだったり、肩にフケがあるなどもNGマナーとなりますので、気を付けましょう。また、以下の点にも気を付ける必要があります。

ニオイ

一番よく見られるのが、タバコのニオイです。それに加え、体臭、口臭、付けすぎの香水などニオイが原因でマイナス評価となるケースもよくあります。特に医療関連の仕事の面接の場合は、タバコのニオイがするだけでNGとなることもあります。いずれにせよニオイはよい印象を残すことができません。ですから、面接前にはタバコを吸わないこと、歯を磨いたりうがいをしたりすること、服に消臭スプレーをかけるなどのニオイ対策をすることができるでしょう。

面接官の目を見て話すこと。

面接の際、相手の目を見て話すことは社会人としてのマナーです。緊張のあまり練習してきたことを上手に話そうとするあまり、目が泳いだり、上の空をみて話したり、うつむきがちで話す方も少なくありません。しかし、目を見ないで話すことは、自信のなさや、人と接することへの恐怖心、コミュニケーション能力の欠乏などとネガティブな人材と判断されてしまいやすくなります。そのようなことを避けるためにも、必ず目を見て話すように努力しましょう。

言葉使い

転職面接で、敬語を使用することは常識です。面接の間はしっかり敬語で受け答えができていても、プライベートな話題に触れると、敬語ではなく、馴れ馴れしい話し方になる方も中にはいます。プライベートな話なので和やかな雰囲気になるかもしれませんが、面接のシーンということに変わりはありません。急に話し方の態度が変わるなら、ビジネスマナーが無い人材と面接官は評価することでしょう。ですから、当たり前のことですが、面接中はどんな話の内容になるとしても敬語を使用することは大切です。

まとめ

転職の際の面接で、好印象を与えることができる服装について詳しくみることができました。

面接で行う質問の受け答えももちろん大事なことですが、どのような服装を着用して臨むか、という点も、面接官にとって第一印象となり、イメージ象となるのでとても大切です。面接はビジネスシーンであるということを忘れずに、清潔感あふれ、自分を魅力的に見せることができる服装で臨むようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事