面接で逆質問をしよう!実は合否を左右する効果があります!

面接の逆質問とは、採用担当者から一通りの質問を受けた後、一番最後に聞かれる質問が「最後に何か質問はありますか?」と、採用担当者から応募者へ聞かれる最後の問いかけのことです。実はこの逆質問が面接の合否を左右するこちらから働きかけが出来るいいチャンスなんです!

面接の「逆質問」とは?

面接で逆質問する

面接の逆質問とは、採用担当者から一通りの質問を受けた後、一番最後に聞かれる質問が「最後に何か質問はありますか?」と、採用担当者から応募者へ聞かれる最後の問いかけのことです。。多くの応募者がこの「逆質問」を苦手としているようですが、実は、応募企業に対しての興味や関心の強さをアピールすることができる機会でもあります。

ですから、「特に何もありません。」と答えることは、とてももったいないことです。大きな機会を損失している、とも言えるでしょう。では、「逆質問」をどのようにアピールする機会へとすることができるでしょうか?

「逆質問」は「熱意」を伝えることができる絶好のチャンス!!

応募した企業に対して本当に興味があるなら、いくつもの質問があるはずです。

ですから、「何か質問がありますか?」と聞かれて、「ありません」と答えることは、「あなたの企業には興味(関心)がありません」と答えているのと同じようなものです。実際、多くの企業は、本当にうちの会社に入社したいなら知りたいことはたくさんあるはずだろう、と考えています。

なので、「特にありません」と答えることで、マイナス印象を残してしまいます。面接を完璧に行うことができ、好印象を与えることが出来ていたのに、最後の逆質問でマイナス印象を与えてしまうことは、とても残念なことです。もちちん、「特にありません」という答えが悪いわけではありません。

しかし、この最後の「逆質問」は、応募先の企業に対して熱意ややる気、意欲などを伝えることができる絶好のチャンスでもあります。自分から自分のペースで質問することができる機会を見逃すことはとてももったいないことです。もし採用担当者に対して、鋭い質問をすることができるなら、企業側もその質問に感心し、好印象を与えることができるかもしれません。

ですから、「逆質問」は、絶対に活用すべきもので、それには準備が必須となります。しかし、逆質問の答え方は「ありません」だけがマイナス印象を捉えられるわけではありません。ほかにもいくつかのNGな答え方があります。では、失敗例について具体的にみてみましょう。

逆質問でしてはいけないNG例

転職活動の面接において、応募者の多くが、最後の「何か質問がありますか?」という逆質問の対策をせずに、面接に失敗している方も少なくありません。では、逆質問でNGな答え方とはどのようなものが含まれるのでしょうか?それには、以下のような例を挙げることができます。

「特にありません」

転職希望者の多くが準備不足や緊張のため、最後の逆質問に「ありません」と答えてしまう傾向がありますが、これは企業側にマイナスイメージを与えるのでNGな回答です。その理由は大きく3つあります。

1、会社への興味や関心の深さ・意欲の高さ知りたいから。

採用担当者は、応募者の疑問や不安を和らげるために逆質問をしているのではなく、会社への興味や関心の深さや、入社や仕事に対しての意欲をその答えから測ろうとしています。なので、上記でも少し触れましたが、「特にありません」と答えることで、うちの会社に興味がないのだろうか?他にも希望している企業があるのだろうか?と応募者の志望動機についてマイナスで判断してしまいます。

2、最後の自己アピールをするチャンスをどのように利用するかを知りたいから。

逆質問は、応募者が自分をアピールすることができる絶好の機会です。良い質問をすることができるなら、採用担当者から的確な会話をすることができる人材と判断してもらうことができます。

3、コミュニケーション能力の高さを知りたいから。

採用担当者は、逆質問を通して応募者のコミュニケーション能力も測ろうとしています。なぜなら、逆質問には応募者側の自発的な発言が求められているからです。それにより、どの程度の会話をスムーズにすることができるのかが判断されます。

会社のホームページを見ればすぐにわかるような質問はNG

会社のホームページを見てすぐに確認することが出来るような質問をするなら、応募した会社に対して興味や関心がないことを示していることになります。それには応募先企業の企業理念を聞く質問や、どのような商品を扱っているかなどの基本的なことを質問することが含まれます。

抽象的な質問

今後の経営方針を質問することや、応募先の強みなどに関する質問は、採用担当者を悩ます質問でもあります。また、採用担当者の多くは平社員なので、経営に関する質問をすることはNGです。しかし、役員面接や社長面接なら、経営に関する質問をしても問題はありません。

YES/NOで終わってしまう質問

「はい」「いいえ」で答える質問をするなら、話は膨らまずにすぐに終わってしまいます。たとえば「○○はやりがいのある仕事ですか?」と逆質問するなら「はい、ありますよ。」とすぐに終わってしまうことでしょう。

給料や福利厚生など待遇を気にし過ぎる質問

給料や福利厚生などは、各企業のホームページや、インターネットで検索することで調べることができます。また、企業によっては、「住宅手当はありますか?」とか「いつから有給休暇をとることができますか?」などのデリケートな質問に答えることを好みません。

逆質問の準備の仕方

面接の逆質問を考える

では、逆質問はどのように準備をすることができるでしょうか?以下のポイントを踏まえて準備することができます。

逆質問の目的を理解しておくこと。

逆質問の目的は、応募者が持つ企業に対する興味や関心の深さや意欲ややる気をみています。

また、入社してほしいと感じた人材に対しては、疑問を解決し入社意欲をさらに高めてほしいという目的もあります。その点を踏まえて、仕事に対してポジティブな姿勢を持っていることや、入社後の具体的な目標やイメージしていること、また、その企業について調べたことなどを話すことで自分をアピールすることができるでしょう。

面接官によって臨機応変に質問を変える。

採用担当者、つまり、面接官には、人事担当者、現場責任者、役員、社長といった立場の方が担当します。このうちのだれが面接官になるのかは、面接の場になってみないと分かりません。ですから、どの立場の人が面接官でも対応することができるよう、その立場に合った質問を準備する必要があります。

最低5つの質問を準備すること。

面接の場はいつも予期せぬ事態が発生するものです。それには面接官が想定していたよりも多かったり、準備していた質問が面接中に行われたなどの状況が生じるかもしれません。なので、そのような状況に遭遇しても慌てることがないように、最低でも5つ以上の質問を準備することは大切です。

当日は時間があれば2つ以上の質問ができるように準備する。

何度も触れていることですが、逆質問は自分をアピールすることができる絶好のチャンスです。その機会を最大限に活用するためにも、許されている面接時間を有効的に活用するようにしましょう。それには、1つの質問ではなく2つ以上の質問をする心構えでいることが大切です。また、聞きたい質問がたくさんある場合や、許されている時間を越してしまいそうな場合には、「お時間が差し支えなければ・・」などの一言を添えることで社会人としてのマナーを示すことができ、好印象を与えることができるでしょう。

好印象を与えることができる「逆質問」

好印象を与えることができる逆質問は、大きく分けて3つのタイプに分けることができます。それは㈰意欲ややる気、熱意をアピールする質問、㈪長所やスキルをアピールする質問、㈫企業との相性、入社後のイメージを持たせる質問、3種類が採用担当者に好印象を与えることができます。では、ひとつづつ確認してみましょう。

1、意欲ややる気、熱意をアピールする質問

逆質問で具体的に仕事の中身を質問することで、仕事に対する取り組み方や意欲、やる気や熱意などの姿勢を伝えることができます。

たとえば、入社したらどこの配属先になるのか?配属先はどのような社員で構成されているのか?など具体的な質問をするなら、好印象を与えることができるでしょう。

これらの質問をする際には、”もし自分が入社したら・・”という自分が入社したことをイメージして、どのようなことを具体的な業務をしているかをイメージすることができます。また、スキルアップのために何をしておく必要があるか?などの入社までどのような準備をしておくべきかを尋ねる質問も、働きたいという意欲や入社したいという熱意をアピールすることができます。

一方、「○○の企画の○○キャンペーンに参加することはできますか?」などの内定することが前提となっているような質問はNGです。

そのような内容を聞きたい場合は「もし内定を頂けたとしたら・・」と一言前置きすることができるでしょう。

また、「研修制度はどのようなものですか?」という質問は受け身の姿勢が強いと判断されてしまう可能性もあるので注意が必要です。さらに「海外戦略を予定していますか?」などの会社のない状態を探るような質問もマイナス印象を与えるので注意しましょう。では、ここで意欲ややる気、熱意をアピールすることができる質問をいくつかご紹介しましょう。

「もし採用していただいた場合、配属先はどの部署になるでしょうか?」

「志望している部署の業務について、詳しく教えていただけますか?」

「入社後、すぐに貢献することができる企画やプロジェクトなどはありますか?」

「配属されるチームの1日のスケジュールはどのような感じですか?」

「わたしと同年代で入社している方は、どのように活躍をしていますか?何か事例がありますか?」

「入社まで勉強しておくべきことや、身につけておくべきスキルなどはありますか?」

「今まで私が積んできた経験で足りないものがあれば教えていただけますか?」

「○○の仕事には、どのような難しさがありますか?」

2、長所やスキルをアピールする質問

逆質問で自分の長所やスキルをアピールする場合、積極性と責任感、協調性を組み込ませながら質問することが大切です。

求められている経験やスキルなどを加えながら、自分が持つ強みをアピールすることができるでしょう。また、具体的な資格や数字を述べることも効果的です。最後の質問となるので、アピールすることができなかった部分を強調するように心がけることができるでしょう。

しかし、そのアピールが、露骨な自慢話とならないように気を付けましょう。たとえば「○○が得意です」と述べるのではなく、「○○を○○に活かしたいのですが・・」と言葉を言い換えることで、謙虚な姿勢を見せることもできます。いずれにせよ自分の長所やスキルは何なのか?という点を前もって準備することは大切です。

では、ここで長所やスキルをアピールすることができる質問をいくつかご紹介しましょう。

「今まで○○を得意分野として○○してきましたが、募集している○○ではどのようなことが求められていますか?」

「わたしは○○の資格を取得しています。この資格を役立てることができる業務はありますか?」

「わたしな粘り強い性格を長所としていますが、ほかにもどのような特質が必要ですか?」

「体力には自信がありますが、勤務時間はどのようになっていますか?」

「今まで○○のキャリアを積んできましたが、御社でこのキャリアを活かすことができる業務はありませんか?」

「わたしは誰とでも打ち解ける性格をしていますが、配属先の雰囲気はどのような感じですか?」

3、企業との相性、入社後のイメージを持たせる質問

面接は企業側が応募者を優秀な人材かどうかを見極める場ですが、それと同時に、応募者側が転職先として自分にふさわしいかどうかを逆質問で見極めることができる場でもあります。入社することが自分にとって本当に価値があるかどうかを逆質問してみることができます。では、企業との相性、入社後のイメージを持たせるためにどのように質問することができるでしょうか?

「○○職の成果は、どのような観点で評価をしているのですか?」

「多くの従業員の方は、御社のどのような仕事に対してやりがいを感じていますか?」

「従業員の方は、御社に対してどのような魅力を感じていますが?」

聞きにくい労働条件について聞きだす「逆質問」

労働条件は、入会前に確認すべき大切な確認事項のひとつですが、採用が確定していない面接の段階で、労働条件について踏み込んだ質問をするならマイナス印象を与えてしまいます。その中でも特に、残業や休日に関する質問をするなら、仕事をあまりしたくないのでは?と判断されてしまうことでしょう。

なので「前職では○○時間残業をしてきましたが、御社ではどのくらいの残業がありますか?」「月に〇回程度休日出勤をしていましたが、御社では何回くらい休日出勤がありますか?」などと今まできちんと会社のために貢献してきたことをアピールしつつ、工夫して質問することができます。

また、仕事の繁忙期を尋ねることで、おおよその残業状況を推測することができるでしょう。それに加え、給与に関する質問をしたいなら、仕事よりもお金に興味がある人材と判断されてしまうので、具体的に金額を質問して確認するのではなく、昇給システムなどを質問することができるかもしれません。では、聞きにくい労働条件についてどのように質問することができるでしょうか?

「前職では○○時間残業をしてきましたが、御社の残業平均時間は何時間くらいですか?」

「部署ごとに休日は異なっていますか?」

「仕事の繁忙期は、1年のうちどの時期になりますか?」

「年末年始の勤務形態はどのような感じになっていますか?」

「本社は○○ですが、どのくらいのサイクルで転勤はありますか?」

「わたしの年齢の場合、平均年収はどのくらいになりますか?」

実際にあった好印象な質問と悪印象な質問

採用担当者は、数多くの応募者の面接を担当し「最後に何か質問がありますか?」という逆質問を何度も受けています。その中でも実際にあった好印象な質問と、悪印象な質問をいくつかご紹介しましょう。

実際にあった好印象な質問

「面接官の方たちが今までの経験してきた仕事の中で、一番嬉しかったことは何ですか?」

喜びを共有したいという思いを伝えることができるので好印象を残すことができます。

「わたしは○○を勉強していますが、頑張り次第では○○にも挑戦させてもらえるでしょうか?」

自分の目指したい目標や目的がある姿勢は、効果的です。

実際にあった悪印象な質問

「いつから働けますか?」

自分が採用されたという前提の態度は、マイナス印象を残します。

「長期休暇はとることができますか?」

仕事内容よりも休暇について質問することで、仕事の姿勢に対する甘さが見えNGです。

「キャリアをたくさん積んでいるので、それに合ったポジションにつけますか?」

経歴を自慢している態度や、過去にこだわっている態度がマイナスとなります。

まとめ

多くの転職希望者が、「逆質問」の面接対策をするのを忘れる傾向があります。しかし、「逆質問」は自分をアピールすることができる絶好のチャンスでもあり、採用の合否が決まる大切な質問でもあります。ですから、徹底的な準備を欠かすことはできません。最低でも5つ以上の逆質問を用意して、面接に臨むようにしましょう。