【音楽関連の仕事】オススメの職種11選の特徴と求人の探し方!

【音楽関連の仕事】オススメの職種11選の特徴と求人の探し方!

「音楽に関わる仕事に就きたい」「得意の楽器を活かせる仕事を探したい」「音楽のチカラで人に癒しを与えられる仕事をしたい」音楽が好きで、音楽にいつも触れ合っていられる仕事に就きたいと考えておられる方もいらっしゃることでしょう。ここでは、音楽に関わる仕事の代表的なものをご紹介していきます。音楽といっても色んな職業があるんだということがきっとお分かりいただけるでしょう。自分の性格に向いているものや、希望する条件に合っている職について考える助けになれれば思います。

音楽関連の仕事に就きたい方のために

Abstract woman hands playing music notes on dark background, music concept

「音楽に関わる仕事に就きたい」「得意の楽器を活かせる仕事を探したい」「音楽のチカラで人に癒しを与えられる仕事をしたい」

音楽が好きで、音楽にいつも触れ合っていられる仕事に就きたいと考えておられる方もいらっしゃることでしょう。

音楽の仕事といっても、ミュージシャンのように人前で歌ったり、楽器を演奏することだけがすべてではありません。音楽に関わる仕事には、さまざまな職種や業界の人が関係しており、裏方に回ってサポートをする仕事もたくさんあります。

ここでは、音楽に関わる仕事の代表的なものをご紹介していきます。音楽といっても色んな職業があるんだということがきっとお分かりいただけるでしょう。

自分の性格に向いているものや、希望する条件に合っている職について考える助けになれれば思います。

音楽に関連するさまざまな職種11選!

音楽の仕事といっていちばん初めに頭に浮かぶのは、ミュージシャンなどアーティスト関連の仕事かもしれません。

しかし実は他にもさまざまあって、現場スタッフや裏方でサポートする仕事であったり、営業や販売に関わる仕事もあります。雑誌やメディアで音楽を伝えていく仕事もあります。

では、いくつかのジャンルに分けて、それぞれどんな仕事があるか取り上げてみることにしましょう。

<ミュージシャンや演奏に携わる仕事>

Stage lights.Abstract musical background.Playing guitar and concert concept.Live music background.Music festival.Instrument on stage and band

○歌手・ボーカリスト・シンガーソングライター

これらに共通しているのは、自分の「声」を使って音を奏で、人々を元気づけたり感動を与える仕事である、ということでしょう。

この仕事で有名になって稼げるようになるのは、ほんの一握りの人かもしれません。それほどハードルの高い仕事でありますが、やりがいや充実感を見いだせる職でもあります。

歌手やボーカリストを目指すためには、歌のオーディションに何度もトライしたり、トレーニングをしっかり積んで実力を身に着けることが求められます。

シンガーソングライターであれば、自分で作った曲をレコーディング会社に持ち込むこともできるかもしれません。

○楽器の演奏家

ずっと習ってきたり弾いてきた、得意とする楽器を使って仕事をしたい方もいらっしゃると思います。

楽器のジャンルは、ギタリストやベーシスト、ドラマー、ピアニスト、サックスプレイヤー、トランペット奏者、キーボード奏者など色々です。

ポップスやロック、ジャズやクラシックなど、自分の進みたい分野に合わせてどこでも必ず必要とされるのが楽器の演奏ですし、聴く人に力や感動を与える夢のある仕事だと言えるでしょう。

<楽器そのものに関わる仕事>

a group of musical instruments including a guitar, drum, keyboard, tambourine.

○調律師や修理師

ピアノはきちんとした音を奏でるために、正確な調律を定期的に行なわなければなりません。そのためには、ピアノの種類や構造に関しての専門的な知識をきちんと持つことも求められます。

他にもギターなど、さまざまな楽器の修理や音の調節を行なう仕事もあります。楽器にいつも触れていたいと思う人にはうってつけの職業といえるかもしれません。

○楽器をクラフトする仕事

ギターやベース、バイオリンなどいろんな楽器を作り出す仕事もあります。楽器に関する専門的な知識も必要ですし、きちんとした音感を持っていることも必要でしょう。

<曲を作る仕事>

Piano keyboard with headphones for music

○作詞家

作詞家は、与えられた楽曲を聞いてそれに合った歌詞を考えます。プロの作詞家になるためには、オーディションに応募したり、YouTubeやSNSなどに上げて自作を売り出す方法、レコーディング会社などに持ち込みする方法などがあります。

豊かな語彙力や表現力、音楽そのものをよく知っていること、トレンドに敏感であることなどが作詞家になるために求められることでしょう。

○作曲家

アーティストやプロデューサーからの依頼を受けて、与えられたイメージに沿った曲を作り出すのが作曲家としての仕事です。

歌のジャンルはポップスやロック、バラードなどさまざまですし、曲の提供もドラマや映画の主題歌、CMソング、アニメやゲームのサウンドトラックなど多岐に及びます。

音楽に関する知識はもちろんのこと、発想力や想像力、表現力などが求められる仕事であると言えるでしょう。または音楽のトレンドに敏感であることも必要です。

○プロデューサー

プロデューサーは、売れる歌手を見つけることから、音楽のテーマや方向性を決めて作詞家や作曲家を探すこと、実際にできた曲を売り出すまで、すべてに関わるのが仕事です。

売れっ子プロデューサーにもなると、年収ウン千万円という人もいる夢の大きい仕事です。

<現場に関わる仕事>

Man with a Walkie Talkie or Portable radio transceiver for communication at event

○コンサートスタッフ

コンサートで使用するセットや道具を準備したり、ステージの音響や照明、機材などの搬入やセッティング等を行なうのがコンサートスタッフの仕事です。

クレーン操作やスモークなど、コンサートの盛り上がりに欠かせない演出を陰で行なっているのも、コンサートスタッフの大切な役割なのです。

実際にはすべての技術に専門のスタッフがいて、たとえステージエンジニアやコンサートプロモーター、照明スタッフやローディー、舞台機構調節技能士などと呼ばれる人たちがいます。

○イベントプランナー

結婚式や展示会、発表会やレセプション、ファッションやスポーツ等のイベントなど、さまざまなジャンルのイベントを企画するのがイベントプランナーの役割です。

すべてのイベントに欠かせないのは“音楽”です。どんな音楽を使用すればイベントを盛り上げられるか、人々の心をとらえられる音楽のアイディアを出し、企画していきます。

イベントプランナーが活躍できる会社は、全国で8000社もあると言われていますし、ますます将来性を期待できる魅力的な音楽関連の仕事と言えるかもしれません。

<音楽を伝えていく仕事>

Children In Singing Group Being Encouraged By Teacher

○教師

子どもたちに音楽の楽しさや喜びを教えていくのが、音楽の先生としての仕事です。

現代の音楽だけでなく、名曲と呼ばれる音楽に触れさせたり、さまざまな楽器の演奏の仕方を教えることで、音楽に興味を持ったり親しむのを助けます。

○雑誌記者・編集者

いまの音楽のトレンドをウェブや紙面で発信したり、新しく出るアーティストや新曲の情報を人々に伝えていく仕事です。

音楽に関する詳しい知識も求められますし、トレンドに敏感であることも必要とされます。

音楽関連の仕事探しに役立つサービス

いま取り上げた職業の他にも、まだまだ音楽に関わるジャンルの仕事はたくさんあります。

もし、音楽に関する何らかの資格やスキルを持っていたり、人とは違った手に職のようなものを持っているのであれば、そうした資格をうまく活かせる仕事を探すことで、自分の求める条件や希望に合った就職先を見つけることが可能です。

では、いろんな求人情報を比較しながら、自分に合う職業を検討していきたいと思う場合はどうしたら良いでしょうか。

そんな時に役立つのは、「転職サイト」や「転職エージェント」と呼ばれる、転職支援サービスを使って求人を探す方法です。

では「転職サイト」と「転職エージェント」はそれぞれどのようなサポートを受けられるのでしょうか。またどんな人におすすめのサービスなのでしょうか。

転職サイトと転職エージェントの違い

A businessman in doubt, having to shoose between two different choices indicated by arrows pointing in opposite direction concept

簡単に言うと、自分でサイトを見て求人情報を探して、応募や面接、内定に至るまでをすべて自分の力で行なうために利用するのが「転職サイト」です。

転職サイトを見ると、たくさんある求人の中から、自分が求めている職業や企業を見つけることができます。全国規模で展開している大手の転職サイトがたくさんありますから、自分の条件や希望にかなった仕事を探すことができて、たいへん便利です。

一方で転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいつつ、転職活動を進めていくのが「転職エージェント」と呼ばれるサービスです。

何らかの専門的なスキルや資格を持っているなら、せっかくならそうした資格やスキルを活かせる仕事に就きたいと思われるかもしれませんし、せっかくならキャリアアップにつながる仕事先を見つけたいと思われることでしょう。

しかし、自分の持つ資格や経験を必要としてくれる就職先を独自で見つけるのは、なかなか難しいですし、自分の能力やスキルに合う職業を客観的に見つめるのが難しいという場合もあります。そんな時はぜひ「転職エージェント」を活用することができます。

転職エージェントを利用すれば、転職のプロであるコンサルタントにアドバイスやサポートをしてもらいながら、求人探しを進めていくことができます。

転職サイトを使った方が良いタイプ

・たくさんの求人をじっくり見きわめたうえで転職先を探したい人

・とりあえず情報だけ気軽な気持ちで探したい人

・自分のペースで就職活動を進めていきたいと考えている人

転職エージェントが合っているタイプ

・就職や転職が初めてであるなどの理由で、不安や悩みがある人

・転職を考えているものの、現在の仕事ととの兼ね合いやスケジュール調整を一人でこなすのが大変だという人

・効率よく就職活動を進めていきたいと考えている人

・キャリアをいま一度見つめ直したいと考えている人

・未経験の分野にも、積極的にチャレンジ・アプローチしていきたい人

転職サイトで受けられるさまざまなサービス

Job Search, Business Concept

大手の転職サイトであるなら特に、全国規模で支社を持っていたり、各地の優良求人の情報もたくさん保有しています。

自分で求人を探す方法とは言え、転職サイトの中には就職に役立つたくさんのサービスがありますから、そうしたサービスを積極的に利用しながら、スマートな求人探しを目指しましょう。

各転職サイトによってそれぞれ多少の違いはあるものの、大まかにどんなサービスを提供しているかを取り上げてみます。

<その①WEB履歴書の添削を無料で受けられる>

転職専任のキャリアアドバイザーがWEB履歴書を無料で添削してくれるところもあります。具体的な改善点などをアドバイスしてもらうことで、就職をスムーズに進められることでしょう。

<その②条件にマッチする求人の情報をすぐに見つけることが可能>

希望する条件を設定しておくだけで、条件に合った最新の求人情報が、週に1日か2日メールで更新されて届くので、求人情報を逃すことが無くなります。

<その③検索リストにリマインドしておける>

検索リストに気になった求人をリマインドしておくだけで、忘れずにチャンスをモノにすることができます。それにより、円滑かつスピーディーな応募が可能となります。

<その④スカウトサービスを利用できる>

WEB履歴書を登録しておくと、あなたのスキルや経歴、キャリアを必要とする企業から、直接スカウトのオファーが届くのが「スカウトサービス」と呼ばれるものです。

匿名で利用できるので安心ですし、うまくいけば条件の良い企業に就職できる可能性も開けるので、積極的に活用しましょう。

<その⑤セミナーなど転職に役立つサービスが満載>

転職するのに役立つセミナーを随時開催している支援会社がたくさんあります。転職に役立つノウハウを、転職のプロから無料で直接伝授してもらうことができます。

転職サイトを有効活用するために

○気になる求人にはどんどんアプローチしよう

たとえ未経験の業種や職種でも、あるいは特に資格を持っていないとしても、自分で気になる求人があるなら積極的にアプローチしてみてください。

求人情報は気軽に検索できますし、会員登録も手軽にできるようになっています。サイト上に職務経歴や、自己PR、志望動機などを登録することで、複数の気になる求人にすぐにアプローチできます。

○ウエブから転職ノウハウに役立つ情報を得よう

転職エージェントのように、キャリアアドバイザーと直接対面してアドバイスをもらうことはできませんが、履歴書の添削や面接対策に役立つノウハウを、ウエブサイトから知ることができます。

ノウハウを知ったうえで、自分で就職対策ができますし、書類選考の通過率アップにもつながるので、積極的に活用してみてください。

転職エージェントの利用方法

Side view of female applicant introducing herself during job interview, talking about working experience, multiracial recruiters hr managers interviewing listening to candidate, considering cv resume

ではプロのコンサルタントにサポートをお願いできる「転職エージェント」の利用方法を簡単にご紹介しましょう。

エージェントによって多少の違いはあるものの、転職が決まるまで、おおよそこのようなステップで手順を踏んでいくようになります。

◇ステップ①ホームページから登録して申し込む

まずは自分が利用したいと思うエージェントのホームページを開き、サイトの専用ホームからエントリー(登録)します。

そののち、コンサルタントの方から電話やメールにて連絡が来るので、面談する時間や場所等の打ち合わせをします。

◇ステップ②カウンセリング(面談)

予約した日時と場所で、コンサルタントと直接もしくは電話で面談することになります。

現在の状況、転職に望むこと、職歴や経験、スキルなどのヒアリングを詳しく行なった後、個々の求職者に合った求人企業を紹介してもらいます。

◇ステップ③企業にエントリーする

応募したい企業が決まれば、コンサルタントの推薦状と共に、企業にエントリーすることになります。

履歴書や職務経歴書などの、書類の上手な添削方法のアドバイスもしてもらうことができます。待遇や条件面での交渉などの打ち合わせもします。

企業へのセッティングが済み次第、面接の日時や場所の案内をしてもらうことになります。

◇ステップ④企業での面接

面接を受ける日時をコンサルタントが調整してくれます。

コンサルタントは企業から直接聞いている情報をたくさん持っています。面接が通過しやすいように、そうした企業情報や面接官の情報、想定される質問など、面接に役立つアドバイスを教えてもらうことができます。

◇ステップ⑤内定と入社の手続き

面接の合否連絡は、企業の人事担当者からコンサルタントのほうに連絡がいき、コンサルタントから連絡が入る手順となっています。

無事に採用が決まった場合には、給与条件や入社日などの条件等の交渉をコンサルタントが代わりに企業と行なってくれるので、それが済み次第入社の手続きになります。

いま現在勤めている会社での退職に伴うアドバイスや、入社までの手続き、さらには初出社のアドバイスに至るまで、転職した後も安心して働けるように細かくサポートしてくれるのです。

転職エージェントはどうやって選んだら良いか

転職エージェントとひとくちにいっても、大手の総合エージェントから、専門分野や地元に特化したエージェントに至るまで、さまざまな会社があります。

どこのエージェントでも同じ量や質の求人数を持っているというわけではなく、アドバイザーの質や評判もピンキリです。

ですから登録する前に、評判を良くチェックすることは大切です。特に、「求人量と質」「アドバイザーの評価」「サポート体制の口コミ」は必ずチェックするようにしてください。

大手の総合エージェントであれば、幅広い分野での求人を保有していますし、全国展開しているので、大手に一つ登録しておくのは良いかと思います。

それに加えて、音楽業界など、特定の職種に特化しているエージェントもありますから、そうしたところにも登録しておくことで、自分の希望や条件に見合う企業や就職先に関する情報を入手できて、より就職への近道となるに違いありません。

まとめ

a group of musical instruments including a guitar, drum, keyboard, tambourine.

音楽の仕事といっても、職種やジャンルはさまざまあるので、自分の適性に合った職業を見つけることは大切です。

「この業界での仕事に進んでいってみたいけれど、自分の適性に合っているか分からない」という人や、「どこの会社が良いか判断に迷う」といった方がいるなら、一人で悩まずに、就職のプロにアドバイスを求めながら探していくことをお勧めします。

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事