【食品メーカー関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

【食品メーカー関連の仕事】求人の探し方や待遇なども徹底解説!

食品メーカー関連の職種をご存知でしょうか?どのようなイメージがありますか?今回は、食品メーカー関連の仕事はどのような内容なのか、またどのように働く事ができるのかを詳しく書いていきたいと思います。初めて食品メーカーという言葉を聞かれた方も、食品メーカー関連の仕事を検討され頑張っておられる方も、参考にしていただければと思います。

食品メーカー関連の仕事の種類や特徴とは?

table with food, top view

食べ物とは、私たち人間にとってとても必要なものです。「食品」とは、養分を含んでおり、食用として提供されるものです。食品は、農作物や水産物、畜産物から成っています。

食品の成分は6成分あり、水分、脂質、無機質、タンパク質、糖質、繊維があります。食品は、生で食べたり、簡単に調理をする必要があったり、工場製品となっているものがあります。加工食品の場合、菓子類、麺類、パン類、香辛料、調味料などがありますし、レトルト食品、冷凍食品など多くの種類があります。

調味料の食品メーカーの場合、醤油・味噌・みりん・マヨネーズ・ドレッシング・ケチャップなどを製造します。醤油の食品メーカーは、中小企業も含めると日本では、1,500社はあります。

食品メーカーの特徴

「食品メーカー」は、人間が生きていくために必要な食品を作って届ける企業と言えるでしょう。食品メーカーは、原料を入手し、加工するなどして製造し、出来上がった商品を消費者に販売することにより、利益を得ることができます。食品は私たちが口にするものですから、原材料は生ものになるため、品質管理には気を付けなければなりません。

消費者に商品が安全に届くための流通経路など、時間との勝負と言えるでしょう。その点、日本の食品業界は、安全性が他の国と比較しても高いと言えます。それは、食の安全に対して消費者の関心が高いことが理由に挙げられます。

良く見える商品であったとしても、安全性に不安を感じる商品であれば、消費者は購入することはしないでしょう。そのため、食品業界の一番のテーマが「食の安全と安心」となっています。

仮にある食品メーカーにおいて偽装事件が発覚した場合、消費者の信頼を回復することができず、会社としては成り立たなくなる恐れがあります。食は人間にとって必要不可欠なものであるため、食品メーカーは信頼できる経営が求められることでしょう。

また、食品メーカーは消費者のニーズに合わせて新商品の開発もしています。昔からあるロングセラーだけでなく、新商品を開発しなければ、企業として衰退してしまう恐れがあるでしょう。

さらに、既存の商品を改良することも必要です。近年、高齢者向けの介護食の需要が高まっており、食品メーカーとしての市場拡大が期待されています。

食品のニーズは海外まで広がる

Global and Business Concept. Businessman miniature people figure standing on mini world ball model.

食品業界は今まで拡大傾向にありましたが、日本の人口減少と共に、今後は減少することが考えられます。人口が増加したいため、消費者の数と共に売り上げも減少するからです。

そのため、海外展開をする食品メーカーも多くなってきています。例えば、キッコーマンは、世界100ヶ国以上でしょうゆが販売されています。日本食ブームに伴い、食品メーカー各社が海外進出を果たしています。

食品メーカーの勤務時間は、どうなっているのでしょうか?食品メーカーの企業によって異なることがありますが、本社勤務になると、朝9時頃から夕方18時位までの実働7時間30分~8時間の勤務となるでしょう。しかし、食品メーカーの工場で勤務する場合は、シフト制の勤務になり、夜勤が入ったり、朝早めに勤務することがあります。また、製造過程でトラブルが生じると、残業する可能性が高いでしょう。

休日は、週休二日制のところが多く、企業によっては月に1~2回ほど土曜日に出勤するケースがあります。食品メーカーの消費者窓口を担当する方は、休日であっても交代で出勤することになるでしょう。

食品メーカーの仕事の種類

Confectionery factory workers in white coats making pastry with chocolate cream and putting it into boxes.

食品メーカーに向いているのは、どんな人でしょうか?食品メーカーに向いているのは、新商品に関心を持ったり、食が好きな方です。食品メーカーの多くは、開発担当に官能評価試験をしています。合格できなければ、業務に携われないケースもあるため、味覚が優れている方は向いていると言えるでしょう。

企画の仕事

企画の仕事は、新商品の開発や企画をします。消費者のニーズを知るために、市場調査をしたり、データ分析をします。その後、消費者にヒットするような商品を考えていくことでしょう。さらに、売り上げが伸びていない商品について原因を調べ、課題を克服するためにどうすべきかを考え、改善を図る方法を考えます。

開発の仕事

研究開発の仕事は、基礎研究や新商品の開発などを行う仕事です。食品メーカーの多くは、研究所を併設しています。たくさんの原材料や添加物の中から商品の味の改良を行い、食品に関わる最先端の研究に携わることになるでしょう。

また、企画部門が考えたものを商品化するためにどの原料を用いるか、調合などの検討をします。商品開発されたものを実際に工場で生産を開始することになるでしょう。

管理の仕事

管理の仕事は、経営企画や経理、人事、法務などの組織を管理します。また、マスコミ対応や、消費者からの問い合わせやクレームなどを担当する仕事になる方もいるでしょう。

工場管理の仕事

工場管理の仕事は、工場の生産計画作成をしたり、商品を生産、進捗管理などを行います。細菌検査業務や、工場の各工程の検査、従業員の衛生管理、教育活動などもすることになるでしょう。

営業・販売促進の仕事

営業の仕事は、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、店舗など新しい顧客に赴き、自社の商品店舗を置いてもらうように営業をする「新規開拓」と、商品を実際に置いてもらっている「既存顧客フォロー」があります。

営業の仕事で特に必要なのは、顧客との信頼関係です。顧客の所に何度も赴き、自社の商品を説明するなどして信頼関係を築いていくことになるでしょう。そのためにはまず、自社の商品を良く知り、商品の良さをアピールするために、コミュニケーション能力も必要です。

さらに、店舗で売り場の演出を行うこともあります。自社の商品をできるだけ目立つ場所に陳列するようにお願いします。商品をより多く販売するために、メディア戦略、広告枠の買い付けなどもすることでしょう。そして、スーパーマーケット担当の営業の仕事の場合、朝早く現場に行くことが度々あるため、体力が求められるでしょう。

人事の仕事

man and woman interview at office

人事の仕事は、新卒や中途採用、人事評価、人事制度の策定し実行、人事育成などを行います。

食品メーカー関連に転職するためにあると有利な資格とは?

Diploma, close up of paper scroll with red ribbon isolated on white background

食品メーカー関連の仕事をするために、有利となる資格があるでしょうか?食品メーカーの部門や仕事内容によっては、資格などにより、有利に働くこともあります。

管理栄養士

管理栄養士の資格があれば、食品に関する専門知識を持っているため、商品企画や開発などに役立てられるでしょう。

調理師

料理ができた方が商品開発に役立てることが可能です。自分で調理した試作品を自分で味ったり、他の社員にチェックしてもらうためです。

食品衛生責任者

そのため、飲食店で調理師をしていた方が、食品メーカーに転職することが可能です。また、食品の製造や加工、調理、販売が衛生的にできるよう指導する役割を果たす「食品衛生責任者」の資格があります。食品を製造する工場では、食品衛生責任者の資格を持った方を置くことが義務付けられているため、役立てられるでしょう。

食品衛生責任者は、各都道府県の養成講習会に行く必要があります。また、海外進出している、食品メーカーに転職するならば、「TOEIC」があると安心です。語学力があれば、信頼され転職しやすいかもしれません。さらに、食品メーカーのデスクワーク業務の場合、パソコンスキルや、簿記の資格も役立ちます。

食品メーカー関連の仕事の平均年収は?やりがいを感じる瞬間とは?

business man writing question about 2014 on graph

食品メーカー関連の仕事の平均年収はどれくらいでしょうか? 食品メーカーの中でも大手の場合、平均年収は約900万円~1,000万円になります。日本の調味料や食品が海外でもブームになっており、大手の食品メーカーの平均年収は高めと言えるでしょう。

やりがいを感じる瞬間は、どんな時でしょうか?大手の食品メーカーに勤務するならば、自社の商品を目にすることが多いでしょう。スーパーマーケットやコンビニエンスに行く時、自社製品が陳列されていれば、喜びを感じることができます。

また、食品メーカーの商品開発に携わる仕事であれば、ヒット商品を開発することもあるでしょう。ヒット商品が子どもの世代までのロングセラー商品になれば、満足感を感じるに違いありません。

食品メーカー関連の会社を見てみよう!

食品メーカー関連の会社には、どんなところがあるのでしょうか?これから、大手の食品メーカーを見てみましょう。

日本ハム

日本ハム株式会社は、東京証券取引所第一部上場の食肉加工品メーカーです。

また、プロ野球球団日本ハムを経営しています。日本ハム株式会社は、1942年に徳島食肉加工場として創業しました。第二次世界大戦災により1945年廃業しましたが、1948年営業を再開し、合併などを経て1963年に現在の社名になりました。その後、日本ハム株式会社は、工場や営業所を拡大し、ハムやソーセージのシェアがトップクラスになります。

明治ホールディングス

明治ホールディングス株式会社は、食料品製造業になり、東京証券取引所第一部上場に会社です。食品メーカーの明治や、製薬会社であるMeiji Seikaファルマを傘下に持つ持株会社になり、全身企業の明治製菓と明治乳業は、昔の大日本明治製糖から派生した企業です。

2009年に明治乳業株式会社と、明治製菓株式会社が経営統合しました。

味の素

味の素株式会社は、食料品製造業になり、化学東京証券取引所第一部上場の調味料最大手の企業です。味の素株式会社は、1907年に鈴木製薬所が前身で、1925年、鈴木商店が設立されて、味の素を製造販売しました。

1962年には、複合調味料「ハイ・ミー」を発売しました。その後、冷凍食品やマーガリンにも進出し、現在は食品総合メーカーだけでなく、医薬の分野まで展開しています。

山崎製パン

山崎製パン株式会社は、国内最大であり、世界で第二位の規模を誇る製パン業者の企業です。「ランチパック」や「タブルソフト」などの商品を生み出し、グループ会社も国内外に50以上の会社があります。

マルハニチロ

マルハニチロ株式会社は、日本大手の食品会社です。マルハの持株会社制移行により、2004年マルハグループ本社として設立しました。2007年には、ニチロと経営統合し、現社名に変更しました。水産物、畜産物、冷凍食品、缶詰などの生産や加工、買い付け、販売などを展開しています。

食品メーカー関連の仕事の転職事情と求人の探し方

食品メーカー関連の転職事情はどうなっているのでしょうか?食品メーカーは新卒だけでなく、中途採用も人気があり、採用倍率も高くなる傾向にあります。

食品メーカーの中途採用は、研究開発や営業などの仕事の需要が多く見られます。前の職場において、生物やバイオなど専門の研究開発をしていた方などが有利になるでしょう。また、営業の場合、前の職場での営業経験や、コミュニケーション能力などが求められることでしょう。

中途採用は、不定期で採用を実施するケースが多いです。食品メーカーに採用される方の多くは、協調性や誠実な人柄などのある方です。食品メーカーに転職を希望する際は、その点や、どう仕事をしたいかをアピールすると良いでしょう。近年、大手の食品メーカーは、海外進出しているところも多く、これからも可能性が感じられ、働き甲斐のある仕事と言えるでしょう。

「リクナビNEXT」

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している人気の高い転職サイト。人気の大企業だけでなく優良な中小企業の案件も豊富ながら、条件に合った案件を検索しやすい、必須の転職サイト!

リクナビNEXTは、転職者8割が利用している転職サイトです。食品メーカー関連の色々な求人があります。リクナビNEXTでは、Web上で気軽に読むことができる転職支援コンテンツや、便利な機能が充実しています。

さらに、リクナビNEXTでは、求人検索や会社への応募ができるだけでなく、経歴を登録しておくならば、興味を持った会社などからオファーが届くこともあります。非公開の求人もありますから、食品メーカーの転職にオススメです。

「求人ボックス」

求人ボックスは、カカクコムが運営している、アグリゲート型の求人検索エンジンです。求人ボックスは、基本的な絞り込み機能だけでなく、「こだわり条件検索」機能が付いているため、便利です。そのため、求人ボックスで食品メーカー工場の仕事を探すことが、可能です。

「BIZREACH」

BIZREACH(ビズリーチ)

通常の求人サイトと同じ機能に加え、登録することでヘッドハンターからのスカウトを受けることもできる年収600万円以上のハイクラス転職に必須の転職サイト!

BIZREACH(ビズリーチ)とは、株式会社ビズリーチが運営している管理職や専門職向けのハイクラス転職サイトです。BIZREACH は、大手企業などの転職を目指す方向けの転職サイトです。食品メーカーに関する仕事で経験を積んでいる方や、キャリアアップを目指す方には良いと言えるでしょう。

BIZREACH は2009年から運営しており、経営幹部、幹部候補、次期社長などの募集の求人を扱っています。年収1,000万円以上の公開求人が1万件以上あります。

「ハローワーク」

www.flickr.com

ハローワークとは、厚生労働省が管轄している職業安定局のことを言います。日本全国各地に事業所があり、住んでいる地域の求人案内だけでなく、障害者雇用など色々なサービスを提供してくれます。ハローワークでは、正社員の求人が多いため、食品メーカー関連の仕事を探している人に最適です。

現在では、ハローワークインターネットサービスを行っており、家にいながらハローワークの求人情報を検索することが可能です。

これらのように、インターネットのサイトを活用すれば、食品メーカー関連の求人は手軽に見つかることでしょう。

食品メーカー関連の仕事を探すなら「転職エージェント」

食品メーカー関連の仕事に転職するためには、「転職エージェント」を活用するのがおすすめです。なぜなら、転職エージェントは、それぞれのキャリアと意向に合わせ、自分に適した食品メーカーの会社をセレクトしてくれるからです。

「転職エージェント」とは、人材紹介会社と呼ばれ、無料で登録することができます。一人での転職活動は、企業情報の収集や、待遇の交渉などに限界が生じることでしょう。しかし、転職エージェントに登録するならば、求人情報の紹介をしてくれるだけでなく、履歴書や志望動機の応募書類の作成をサポートし、アドバイスしてくれます。

また、転職エージェントは、面接日程の調整、採用条件などの取りまとめ、入社日調整など転職活動の一連を無料でサポートしてくれます。さらに、転職エージェントの強みは、転職サイトや求人情報誌に掲載されない「非公開求人」も扱っている転職エージェントが多く存在していることです。

転職エージェントはそれぞれ得意とする分野が違いますので、自分に合った転職エージェントを利用することが大切です。転職エージェントを選ぶ際は、1社だけでなく、3社くらいは登録する方が良いでしょう。

転職エージェントを利用してこの機会に、食品メーカーの転職を考えてみるのはいかがでしょうか?

転職サイト・転職エージェントおすすめランキング2018【選び方のすべて】

転職する際には、「転職サイト」や「転職エージェント」といった求人サービスを有効活用する方は多いと思いますが、そもそもこの二つにはどんな違いがあるのでしょうか。今回は転職する際に必ず利用したい2つサービスの特徴や使い方、年代別・分野別などおすすめサービスを一挙に紹介していきます。

https://career-step.fun/%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%BB%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E9%81%B8%E3%81%B3%E6%96%B9%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6

この記事が気に入ったらシェア
おすすめ記事
関連記事